本からいただく言葉…魂の止まり木として

読書普及協会メルマガお~ちゃんの巻【豊かさとは、きっと自分の心の中にある】


カテゴリー: 2017年06月14日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

      本からいただく言葉・・・魂の止まり木として
         〜豊かさとは、きっと自分の心の中にある〜
      第197号 2017年6月14日 発行

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今回の目次===========================================================
1 ■【今週の読書道☆豊かさとは、きっと自分の心の中にある】
2 ■【本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻】のお知らせ
3 ■【次回予告】
====================================================================

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、おげんきですか~?
さて、今週はお~ちゃんの登場で~す!
お楽しみくださいませ~!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1 ■【今週の読書道:豊かさとは、きっと自分の心の中にある】

「不便益という発想」川上浩司著
http://dokusume.com/modules/store/index.php?main_page=product_info&products_id=6637

・道端に咲く花
~見ているようで見ていない、気づいているようで気づいていないことがたくさんある。

学生の頃、何かの調べ物をするときに辞書を引いていました。
当時は電子辞書なんてものはないですから、紙の分厚いものです。
ところが、調べようとすると必ず「寄り道」をする癖がいつの間にかついていました。
しかし、この寄り道こそがいい学びにつながっていたようにも思います。
調べなければいけないことよりも興味が湧いた寄り道で出合う言葉の数々のほうが、
吸収できていたように思います。
目的に向かってまっしぐらもいいのですが、
その途中にある寄り道にこそ自分を広げてくれる恵みがたくさんあるように感じています。
ところで、子どもとの散歩は、まぁ~効率の悪いものです。
大人の徒歩で10分のところ、子どもと一緒に散歩をすると30~40分ほどかかります。
でも、その時間の中に貴重な発見がたくさんあります。
一緒に歩かなければ決して見つけることのなかった花、石、木々。
そして、一緒に散歩しなければ出会わなかった人も、触れなかった犬などの動物もいます。
そう考えると効率のみならず非効率の中にも、豊かさはあります。
効率的に車で移動していれば決して見つけることのできなかったもの、出会わなかった人。
まさに不便益の益とは、このような豊かさなのだと実感しました。
散歩に限らず、子どもとの関わりすべてが
非効率の中にある豊かさを発見できる機会なのでしょうね。
随分と便利な世の中になったと言われる昨今ですが、
便利にも不便にも益を見出せる自分でありたいものです。
豊かさとは、きっと自分の心の中にあるものなのでしょう。
 

「子育ての秘伝~立腰と躾の三原則」石橋富知子著
http://dokusume.com/modules/store/index.php?main_page=product_info&products_id=4283

・子育ては親の躾の復習~できないと認識する中に大切な気づきがある。
基本(当たり前のこと)が一番大切で難しい

子育てに役立つかと思いきや、ついギャフンと自分自身に言ってしまった本。
今の自分にとっては、ショーゲキの一冊でした。
読めばどれもこれも今まで読んだ本の中に書いてあるものばかり。
とても基本的なことであり、当たり前のことばかりなのです。

たとえば・・・

・はきものを揃える 席をたったら椅子を入れる。
・はいという返事をする
・挨拶は自分から

これを躾の三原則と呼ぶのだそうですが、何度も書物で目にし、
講演会でも何度も耳にした言葉の数々です。
が、子を持つ親として痛感したのは、「できてねぇ~」という実感そのもの。
子育ての前に自分をなんとかせにゃならんと思ってしまいました。
逆にいえば、子育てという機会が、もう一度、
自分に対しての躾の機会を与えてくれたようなものです。

が、一方でこうも考えます。世の中の全員が、はい!と勢いよく返事をし、
元気のよい挨拶が飛び交い、履物が例外なくきちっと揃っている世の中。
これはある意味、理想的な姿なのでしょう。
が、人間にとっての理想は本当にそこにあるのか?という疑問もわいてきます。
きちんとし過ぎていて、むしろ窮屈に思えるのは自分だけでしょうか?
意識をそこに向けようとする、それをもとに態度を改めようとすることは
もちろん大切なのでしょう。しかし、ゆるみというゆとりも大切に思えます。

「おまえ、出来ていないじゃないか!」と子どもに目くじらを立てて叱るよりも、
お父さんもできていないのだから、一緒にやっていこうなと言ってあげたほうが、
理想なのでは?と僕には思えます。
大人であってもまだまだ道半ば。
そして、子どもも大人も同じ人としての道を歩んでいることには違いはありません。
大切なのはできていることよりも、一緒に歩もうとする姿勢なのではないでしょうか?
自分ができていないと認識するからこそ、思いやりの心も育めるように思えます。

だから、この本はすごくイイと思いました。
子どもを躾けるためだけの本でも、大人に反省を促すためだけの本でもありません。
なぜなら、子どもも親も一緒になって
つまずきながらも共に道を歩んでいくことが大事なのだと諭してくれる本だからです。
子どもがつまずいても、
「お父さんも同じだよ。もう一度立ち上がって一緒に歩こう。」
と言える親でありたいと思います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

みなさま、最後までお読みいただき、ありがとうございました~♪
あれ?お~ちゃん、オチは?
なんちゃって~♪
お~ちゃんの父親ぶりが板について来た感じですね~♪

さてさて、今回紹介された本も、そうでない本も、
こちらまで↓ご注文ください ね~♪

 お気に入りの本は読書のすすめでどうぞ♪
 http://www.dokusume.net/
 http://dokusume.com/modules/store/

 こんぶ店長のブックランドフレンズでもどうぞ♪どうぞ♪
 http://www.honyakamo.com/

さてみんなリアルにお目にかかっちゃおう~!
こんなイベントありますよ~
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2 ■【本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻】のお知らせ
お待たせいたしました!
昨年の6月に開催した「本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻」が
帰ってまいりました。
理由は、その時参加できなかった方々から
「ぜひもう一度ダンディさんの本の力をやって欲しい、ダンディさんの話が聞きたい!」
と何度も催促されていたからです。
そして、僕自身も前回のお話が終わったとき
「もっともっと聞きたいなぁ~」という思いがありました。

ということで、
「現役警察官のどんでもない裏話が聞けるかもしれないここだけの話」再開催です!

参加ご希望の方は奮ってご応募ください。

なお、会場は片町文化センター2階の「談話室」です。


開催日時  2017年6月24日
時間   
受付   17:20~
プログラム
     佐伯の本の紹介  
     17:30~18:00
     右曲りのダンディさんの話
     18:05~19:35

会費  読書普及協会員  1000円  一般 3000円
2次会  あり。詳細は別途に告知いたします。
募集期日    2017年6月24日
募集人数  30人
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
3 ■【次回予告】
さてさて、来週のメルマガは、そゆみさんの登場で~す。
お楽しみに!!

みなさま、新しいドクシー2で盛り上がりましょう~!
http://www.c-sqr.net/

こちらでは「やっこ@なんでやねん」という名前で出ていますよ~♪
http://www.c-sqr.net/cs78042/

ドクシィに入れないという方、
新しいドクシー2の招待メールがまだ行っていないという方も、
このメルマガに返信すると、メルマガ発行者にメールが届くようになっています。

ご感想もどしどし、返信でお送りくださ~い♪
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      発行: NPO法人 読書普及協会
      編集人: 高橋康子

  TEL.03-5666-0969  FAX.03-5666-0968 

   〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1-403-4 
         サクシード・シゲゼン一階「読書のすすめ」
   URL:  http://www.yomou.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/19
部数 265部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/19
部数 265部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング