本からいただく言葉…魂の止まり木として

読書普及協会メルマガけったさんの巻【小さくても、本と人が集まって一緒に楽しめる場を】


カテゴリー: 2017年06月07日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

      本からいただく言葉・・・魂の止まり木として
     〜小さくても、本と人が集まって一緒に楽しめる場を〜
      第195号 2017年6月7日 発行

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今回の目次===========================================================
1 ■【今週の読書道☆小さくても、本と人が集まって一緒に楽しめる場を】
2 ■【本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻】のお知らせ
3 ■【次回予告】
====================================================================

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、おげんきですか~?
さて、今週はけったさんの登場です!
お楽しみくださいませ~!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1 ■【今週の読書道:小さくても、本と人が集まって一緒に楽しめる場を】

「本がある空間で、笑顔の人たちと会話を楽しむ」
読書普及協会の読書会に参加して知った
とても贅沢なひととき。
 
  
兵庫県JR伊丹駅のすぐそばにある書店「ブックランドフレンズ」。
そこで、毎月開催されている「ひとしずく読書会」に参加したのをきっかけに
この協会に入った。
本の紹介を通して、その人の人となりにふれられるおもしろさに惹かれ
読書会にはまっていった。
 
どこかのすごい人の講演会なんて聞きにいかなくたって
どこにでもいそうな普通の人たちの話のおもしろいこと、おもしろいこと。
 
もっといろんな人と出会って、いろんな人の話を聞いてみたい!
 
一人で楽しむ読書から、みんなと楽しむための読書に変わっていった。
 
  
二人目出産を間近に控えた臨月。
ひとしずく読書会にいけなくなった。
産後もしばらくいけないだろう。
寂しくて、行きたくて、ため息が出る。
  
そんなとき、
「私が行けないなら、自宅で読書会をすればいいんじゃないか」
と、思いついた。
いろいろ不安はあったけど
協会SNS「doxi」で、全国で読書会をしている人たちに
どんなふうに運営してるのかいろいろ教えてもらったり、
応援してもらってるうちに、できそうな気がしてきた。
 
こうして、自宅で、協会員4名と私の友人1名と
初めての読書会を開くことができた。
みんなに楽しんでもらえるか心配だったけど
杞憂に終わる。
読書会は私が一方的にみんなを楽しませる会じゃない。
お互いに楽しみあえる会なんだ。
 
自宅なので、産後1か月でも、第2回目を開くことができた。
ただ、本好きな友達7人くらいにしか案内できず
この時は3人にしか来てもらえなかった。
これからも開催していきたいが
なにもかもが手探り状態。
 
チーム釧路の読書会みたいに
公共施設で毎回20名以上集まるような読書会にも憧れるけど
幅広く告知すること、それに反応して来てもらうこと、公共施設を借りること
どれもハードルが高く感じた。
 
自宅で小さなイベントを開催してる人たちは、どんな風にしてるんだろう。
ネット検索しても、運営の詳細が書かれているものは見つけられなかった。
  
そんなときに出会ったのが
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
『住み開き 家から始めるコミュニティ 』 アサダ ワタル 著
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
個人宅をちょっと開くことで小さなコミュニティを作ってみないかという提案と
たくさんの事例が紹介されている本だ。
自宅を開いて
家庭文庫、ギャラリー、まちのお茶の間 を開催する人たち、
さらには、水族館を開いちゃった人までいたり、おもしろい事例がたくさん載っている。
 
主催者の思いに触発され
「じゃあ、うちではこんなふうにしてみようかな」と
ワクワクしてくる。
 
この本に書かれていた
「住み開き実践のコツ」には
「徐々に輪を広げていく」とあった。
「最初からじゃんじゃん知らない人を招き入れることはない」と。
そこを読んでなんだかほっとした。
 
「たくさんの人に来てほしいけど
Facebookに広く告知して、まったく知らない人が自宅に来たら怖いなぁ」
と思っていたところだった。
 
いろんな人に来てほしいけど、欲張らずに
友達と、その友達までOKというところから始めよう。
 
この本にたくさん載っている事例をヒントに
読書会のコンセプト、対象、会費、開催頻度等を決めていく。
 
いろんな「住み開き」の事例が集まったこの本に
どれだけ後押ししてもらったかわからない。
 
自宅で始めた読書会も
この本と、協会員や参加者のみなさんに支えられて
先日31回目を迎えることができた。
読書会のついでに、蔵書の貸し出しもしている。
始めてから2年半の間に
本を通じた交流が少しずつ広がって
気の合う読書仲間がたくさんできた。
  
17年5月からは新たに、
娘の友達を中心に、小学生向けの子ども読書会も自宅で始めた。
 
この子ども読書会も
思いついたら、「とりあえず1回やってみよう」と
すぐ行動に移せたのは、自宅で開催しているからだ。
自宅なら、会場料はかからないし、団体登録、部屋の予約、日程調整など
面倒な手続きも不要。
自分の好きなようにできるので、とっても気楽だ。
 
全く知らない多くの人に告知できるような、大きな会ではないけれど
小さくても、本と人が集まって一緒に楽しめる場をこれからも作っていきたい。
 
 
 
自宅のリラックスした雰囲気の中で
近しい人たちと自分の好きなことを一緒に楽しむ。
それは本当に贅沢な時間です。
 
 
あなたの好きなことはなんですか?
いつかできたらなぁと思っていることは、ありませんか?
 
映画鑑賞でも、日本酒でも、ピアノ演奏会でも、なんでもいい。
 
 
同じことが好きな人を自宅に招いて
一緒に楽しんでみませんか?
 
気軽に「住み開き」を始めてみてはどうでしょう。
 
 
その時には、きっと
この本が、あなたの後押しをしてくれます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

みなさま、最後までお読みいただき、ありがとうございました~♪
けったさん、すてきな「住み開き」の事例をありがとうございます。

さてさて、今回紹介された本も、そうでない本も、
こちらまで↓ご注文ください ね~♪

 お気に入りの本は読書のすすめでどうぞ♪
 http://www.dokusume.net/
 http://dokusume.com/modules/store/

 こんぶ店長のブックランドフレンズでもどうぞ♪どうぞ♪
 http://www.honyakamo.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2 ■【本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻】のお知らせ
お待たせいたしました!
昨年の6月に開催した「本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻」が
帰ってまいりました。
理由は、その時参加できなかった方々から
「ぜひもう一度ダンディさんの本の力をやって欲しい、ダンディさんの話が聞きたい!」
と何度も催促されていたからです。
そして、僕自身も前回のお話が終わったとき
「もっともっと聞きたいなぁ~」という思いがありました。

ということで、
「現役警察官のどんでもない裏話が聞けるかもしれないここだけの話」再開催です!

参加ご希望の方は奮ってご応募ください。

なお、会場は片町文化センター2階の「談話室」です。


開催日時  2017年6月24日
時間   
受付   17:20~
プログラム
     佐伯の本の紹介  
     17:30~18:00
     右曲りのダンディさんの話
     18:05~19:35

会費  読書普及協会員  1000円  一般 3000円
2次会  あり。詳細は別途に告知いたします。
募集期日    2017年6月24日
募集人数  30人
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
3 ■【次回予告】
さてさて、来週のメルマガは、お~ちゃんの登場で~す。
お楽しみに!!

みなさま、メルマガに載せたいイベントがあればぜひ、
ドクシー2でメッセージください♪
新しいドクシー2で盛り上がりましょう~!
http://www.c-sqr.net/

こちらでは「やっこ@なんでやねん」という名前で出ていますよ~♪
http://www.c-sqr.net/cs78042/

ドクシィに入れないという方、
新しいドクシー2の招待メールがまだ行っていないという方も、
このメルマガに返信すると、メルマガ発行者にメールが届くようになっています。

ご感想もどしどし、返信でお送りくださ~い♪
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      発行: NPO法人 読書普及協会
      編集人: 高橋康子

  TEL.03-5666-0969  FAX.03-5666-0968 

   〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1-403-4 
         サクシード・シゲゼン一階「読書のすすめ」
   URL:  http://www.yomou.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/19
部数 265部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/19
部数 265部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング