本からいただく言葉…魂の止まり木として

読書普及協会メルマガ【easy師匠の巻:やさしさが、みんなの間を ここちよく めぐっていく】


カテゴリー: 2017年05月10日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

      本からいただく言葉・・・魂の止まり木として
    〜 やさしさが、みんなの間を ここちよく めぐっていく〜
      第192号 2017年5月10日 発行

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今回の目次===========================================================
1 ■【今週の読書道☆やさしさが、みんなの間を ここちよく めぐっていく】
2 ■【2017 5/13 熊本復興 寺田屋会議】のお知らせ
3 ■【清水克衛講演会「真の大人になる読書」】のお知らせ
4 ■【次回予告】
====================================================================

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、おげんきですか~?
さて、今週はeasy師匠の登場で~す!
お楽しみくださいませ~!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1 ■【今週の読書道:やさしさが、みんなの間を ここちよく めぐっていく】

こんにちは。
京都で 古本屋 兼 語らいサロンをやっている井尻と申します。
 
ここだけの話、実は最近、
日雇いや短期のアルバイトに こっそり 行っております (笑)
 
トラックの荷下ろし仕分け現場では、馬車馬のように走らされっぱなし!
 
料亭の調理場では、親方や怖い兄さんに怒鳴られまくり 右往左往!(>_<)
 
ゴミ分別の作業場では、うっかり踏んだ 生ゴミの沼に 足めりこみ 
生ゴミ汁 や ●●●虫が 靴の中に入ってきて 絶叫したり・・・!!!
 
まあ、世間では これくらいの事は珍しくはないのかもしれませんが(笑)
 
従業員の人たちが 気持ち良く働けるように 気をくばっている職場は
本当に 少ないんだろうなあ・・・ と、 ほとほと 実感していた頃、
 
一冊の本に 出会いました。
 
●「生きる職場  小さなエビ工場の人を縛らない生き方」   
         (武藤北斗/著 イースト・プレス/刊)
著者の武藤さんは、宮城県で小さなエビの加工工場を営んでおられた方です。
2011年の 東日本大震災で 被災し、工場は全壊 従業員はほぼ全員解雇
多額の二重債務を 抱えながら、 移転先で 工場を再スタートされて――
 
人が集まらない、定着しない、という パートさんたちの確保に 
死ぬほど悩まれた結果、考えついた ユニークな 労働条件スタイルが
最近 話題になって 各界で 波紋を呼んでいるそうです。
 
この会社では、なんと パートさんたちは
・好きな日 好きな時間だけ 出社して 働けばいい(連絡不要)
・嫌な仕事はしなくていい(数ある作業から 好きな作業だけやればいい)
他にも、パートさん同士の人間関係を良好に保つ ちょっとした工夫が
いっぱい 取り入れておられます。
 
「こんな条件で、会社が立ち行くの?」と誰もが思いそうなスタイルですが
試行錯誤を経ながらも パートさん達の定着率は上昇(ほとんど 辞めない)
作業効率も 予想外に向上して 会社の業績は 上がり続けていて
 
新しい雇用スタイルの一つとして 賛否両論ながら注目されているそうです。
 
従来の多くの会社の 雇用スタイルは、
会社側にとって 都合よく (できれば楽に)従業員を“管理”するか?
という視点のみでしか 考えられていなかったようですが
 
武藤さんの会社では、
どうしたら 従業員の方々が 気持ちよく そして幸せに働いてもらえるか?
を 第一に 考え、新しい雇用スタイルを つくりあげてきたそうです。
 
( パートさん等 現場の従業員同士の人間関係は、
放任していると どんどん陰湿になる傾向が あるそうで、
上の人がちゃんと 見ていてあげる事は 不可欠だと指摘されています)
 
 
気持ちよく 働けるよう 会社に 気を配ってもらっている
と 感じる従業員さんは、自然と
この会社のために、自分も 何かしてあげたい!
という気持ちになって がんばってくださるものです、
と 
武藤さんは言い、
自社で起こっている 業績向上というプラスの循環の事例をもとに 
世間に対し 問題提起の声を 上げ続けてこられて―――
 
今、賛同される方々 が 少しずつ 増えてきている そうです。
 
読んでいて  嬉しい 気持ちになりました。
 
 
雇う側と 雇われる側の関係は、 
〔管理・命令する側〕 と 〔される側〕という 捉え方が 
世間では いまだ主流かと思いますが・・・
 
役職上の上下関係はあっても、思いやりが循環する会社はいいですね。
 
 
上下の関係のみならず、
横の関係でも 思いやりを持つべきだ、と提唱する本も あります。
 
●「利他性の経済学」(舘岡 康雄/著 新曜社/刊 )
 
著者の舘岡さんは、日産自動車で研究開発に携わっておられた方です。
同社が 経営危機に瀕していた 十数年前には
経営再建プロジェクトに 中心メンバーとして関わり、
同社の経営危機を切り抜けてこられた経験から
 
〔従業員 同士〕 や〔部署 部門 同士〕においても、
お互いに助け合える方が、
働く人たちが幸せになって 結果的に効率もあがる、
という〔相互支援関係〕のスタイルを提唱されています。
 
日産自動車では、かつて 
各部署が、上が決めた業務の流れを 忠実に実行するだけで 満足して、
他の部署を応援せずに、相手方の業務のミスを攻撃する、等の風潮があり、 
その部署間の対立・コミュニケーション不足が 悪影響をもたらしていた、
という反省から
 
上から一方的な〔管理型〕のスタイルは、
もはや 時代に あっていないのではないか、と 指摘し
 
部署間で、 問題点や要望などの情報交換をしあって 助け合う
〔相互支援型〕のスタイルの有効性を 説かれています。 例えば、
 
設計の立場では、 現場の作業員の人を思いやって 
作業時の肉体的負担が軽くなるように 設計に 配慮してあげる。
 
一方、生産現場の方は、設計者を思いやって
彼らが考えている将来の構想に ちゃんと耳を傾けておいて、
早めに手配に取り掛かって 将来への対応力を高めてあげる
 
など、部署間でコミュニケーション・情報交換のできるような
そんな〔仕組み〕があれば、
お互いに助け合えて、全体として会社に利益をもたらせるのだ
と、著者は 実例を挙げて 説明します。
 
実際に、日産自動車は 
絶望的な状況から奇跡的に 再建を果たされているらしいので、
 
著者のいう〔相互支援型〕のスタイルに 興味を抱かされます。
 
(この本は、学術書タッチの本で少々読みづらいので、同じ著者の
 
●「世界を変えるSHIEN学 ──力を引き出し合う働きかた」
           (舘岡 康雄/著 フィルムアート社/刊)
が、学生さんや若手ビジネスマンや 主婦の方でも 
やさしく読めて 実践できる内容になってますので オススメです)
 
大国に対して テロが 起きるのは、
大国が、(小国の自主性を尊重した)支援を行っていないから。
 
職場で、ミスばかり起こす人がいるのは
その人が気持ちよく働けるような 心の支援を行っていないから。
 
と考える 舘岡さんは、
立場の強い側が、弱い側に対して 
上から一方的に手を差し伸べるような 従来型の支援を否定し、
 
上下の関係をこえて、 互いに 助け合い 高め合う
〔相互支援〕(SHIEN) のスタイルを 国際的に提唱されています。
 
この点、読んだ私も、いたく共感しました。
 
そして、自分が世の中に対して少しでも支援できる事は あるだろうか?
と ちょっと真剣に考えました。
 
スゴい見識や情報をもって 世間をリードするような事は到底できませんが、
 
みんなが 楽しみながら 文化交流して 高め合えるような
〔場〕を つくる事は できるかなあ・・・ と思いつきました。
 
(読書会を毎月主催してきましたので、雰囲気づくりは得意なのです)
 
―――「本の語らい処」―――
 
みんなで語りあう 常設の 交流の場を、
5月から 古本屋 と 並行して 店内にスタートする事にしました。
 
やさしさが、みんなの間を ここちよく めぐっていく、
街の語らい空間 が出来ればいいなあ、と思っています。
 
街づくり・文化交流・人と人との語らいの場
 
そういったものに興味のある方、いらっしゃいましたら、
 
ちょっと遠いかもしれませんが
お好きな本を持って、いつでも語りに来て下さい(笑)
http://kotokaraya.on.omisenomikata.jp/
 
街の小さな交流空間に人が集って、文化や語らいを楽しみながら 高め合う
 
これも ひとつの〔相互支援〕の形式だと思いますし、
このスタイルは、 たぶん 日本各地で 広まっていくのではないかなあ、
と思っています。 (もう すでに、かなり 広がっているかも・・・)
 
という訳で(笑)、「ことから屋」の挑戦、あたたかく見守って ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

みなさま、最後までお読みいただき、ありがとうございました~♪
easy師匠!新生「ことから屋」スタートおめでとうございます!!

さてさて、今回紹介された本も、そうでない本も、
こちらまで↓ご注文ください ね~♪

 お気に入りの本は読書のすすめでどうぞ♪
 http://www.dokusume.net/
 http://dokusume.com/modules/store/

 こんぶ店長のブックランドフレンズでもどうぞ♪どうぞ♪
 http://www.honyakamo.com/

さてさて、一大イベント寺田屋会議が近づいてきましたよ~
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2 ■【2017 5/13 熊本復興 寺田屋会議】のお知らせ

いよいよ今週末です。体調は万全ですか?
13日土曜日は18時から宴会ですが、
宿泊の方のチェックインは15時からOKです。
大浴場も15時から利用できますし、
宴会で出し物等される方は、
事前に打ち合わせもできます。
スタッフも15時にはいますので、
練習などもできますよ。^^
また、早めにお越しの方はフロントで
荷物も預けることができますので、
その後、街中散策などいかがでしょう?^^
質問などがありましたらお気軽に♪
では、みなさまのお越しをお待ちしております。

※フロントでは「熊本復興 寺田屋会議」もしくは
 「読書普及協会チーム熊本」の〇〇です、と言って
 くださいね。^^
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
3 ■【清水克衛講演会「真の大人になる読書」】のお知らせ

清水克衛講演会「真の大人になる読書」

 今月は逆のものさし講の4周年を記念して、
 「読書のすすめ」清水店長の講演会としました。

 講演タイトルは「真の大人になる読書」

 最近は大人が幼稚化していると言われている(言っている?)なか、
 今読んだほうがいい本、本を通して学ぶこと、在り方や生き方など、
 幅広く、5%の人、真の大人になるための読書について語っていただきます。

 皆様の参加をお待ちしております。

■日 時/5月17日(水)19時〜21時(開場18時)
■場 所/エルプラザ 大研修室A
     〈札幌市中央区北8条西3丁目〉
■定 員/50名
■参加費/3,000円(逆のものさし講成員は1,000円)
■申込み/エイチエス斉藤和則 ksaito@hs-prj.jpまで。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

4 ■【次回予告】
さてさて、来週のメルマガは、うるいちゃんの登場で~す。
お楽しみに!!

みなさま、メルマガに載せたいイベントがあればぜひ、
ドクシィでメッセージください♪
http://doxi.biz/home/

http://doxi.biz/home/member/26
(『笶(や)っ』という名前で出ています~♪)
ただし、こちら↑のドクシィは5月いっぱいで閉鎖となります。

新しいドクシー2で盛り上がりましょう~!
http://www.c-sqr.net/

こちらでは「やっこ@なんでやねん」という名前で出ていますよ~♪
http://www.c-sqr.net/cs78042/

ドクシィに入れないという方、
新しいドクシー2の招待メールがまだ行っていないという方も、
このメルマガに返信すると、メルマガ発行者にメールが届くようになっています。

ご感想もどしどし、返信でお送りくださ~い♪
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      発行: NPO法人 読書普及協会
      編集人: 高橋康子

  TEL.03-5666-0969  FAX.03-5666-0968 

   〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1-403-4 
         サクシード・シゲゼン一階「読書のすすめ」
   URL:  http://www.yomou.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/19
部数 264部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/19
部数 264部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング