本からいただく言葉…魂の止まり木として

読書普及協会メルマガ【ダンディさんの巻:嗚呼、我が愛と青春の読書普及協会 ~縁は異なもの味なもの~】


カテゴリー: 2017年04月12日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

      本からいただく言葉・・・魂の止まり木として
  【嗚呼、我が愛と青春の読書普及協会 ~縁は異なもの味なもの~】
      第188号 2017年4月12日 発行

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今回の目次===========================================================
1 ■【今週の読書道☆嗚呼、我が愛と青春の読書普及協会 ~縁は異なもの味なもの~】
2 ■【2017 5/13 熊本復興 寺田屋会議】のお知らせ
3 ■【次回予告】
====================================================================

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、おげんきですか~?
さて、今週は ダンディさんの登場で~す!
お楽しみくださいませ~!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1 ■【今週の読書道:嗚呼、我が愛と青春の読書普及協会 ~縁は異なもの味なもの~】

人生には、時として不思議なご縁というものがどなたにもあると思うのですが、
私と読書普及協会とのご縁も本当に不思議なご縁であり、
神様が巡り合わせてくれたものと感じないではいられないのです。
 
何かのはずみで、時として思い出すのですが、やはり摩訶不思議としか表現できません。
いつも頭の中で思い出すこのことを、ちょっと形に残しておこうと思い、今ペンを取りました。

どうもこのメルマガは、私の頭の整理という意味合いを持つものとなりそうです。

ですから、毎週毎週やっさん編集のメルマガを楽しみにしていて、
水曜日に感動の嵐につつまれることを期待している読士の方には申し訳ないのですが、
それは一週間お休みにしていただきまして、お付き合いしてもらえたらと思います。

なお、今回のお話しは、私が以前
読書普及協会理事長である佐伯理事長が主催されている「本の力」に
ゲスト出演させてもらった時にお話しさせてもらった内容と
一部内容が重複していることを冒頭でお断りしておきます。
 
それでは、はじまり、はじまり~!

 
約10年前、人生の目標を見失っていた私は、
仕事帰りに職場近くのスーパーの本売場に立ち寄りました。
 
そこで一際光を放っている様に感じる本を偶然手に取ったのです。
 
振り返り今思えば、この瞬間が私の人生を変えた瞬間なのかもしれません。
 
その一冊の名前は『強運道』!
「読書のすすめ」という街中の本屋の店長さんが出した本みたいです。
パラパラとページをめくるとさくらみゆきさんのコミカルなタッチのイラストが目にとまりました。
次の瞬間レジに並んでいる自分の姿がありました。

自宅でその本を読んでみると巻末にさくらみゆきさんのイラストで
「読書のすすめ」までの地図が載っていて、
場所はどうも千葉県境の江戸川区で営業している様です。
 
「横浜に住んでいる自分には、縁がないな」というのがその時の率直な感想でした。
 
本の内容については、良いことが書いてあったと思うのですが、
今となってはあまり思い出すことができません。
 
すみません。

当時の私は、仕事に追われる忙しい毎日が続いていました。
休みも取れそうでいて、なかなか取れない状態でした。
それから暫く経ったある日、仕事も休みで、人と会う予定も何もない一日が、
いきなり降って湧いたかのように目の前に現れたのです。
 
「今日一日くらいは、何もしないで家の中でボーッとしてようかな」
と最初思いました。

そんなときに、ふと頭の中に浮かび上がってきたのです。
いつか読んだあの本の店長さん!
たしか「読書のすすめ」って言ったっけ!!
一度気になると、とことん気になってしまいます。

横浜には何店舗も本屋さんがありますが、
「ちょっと行ってみよう!」って気分になりました。

初めて来た篠崎駅で道に迷い、お巡りさんに道を聞いて
やっと「読書のすすめ」に辿り着きました。
しかし、外見を見る限り、どこにでもある普通の本屋さんです。
軽く深呼吸して、「読書のすすめ」の敷居を跨ぎました。

 「いらっしゃいませ!」
 
大きな挨拶の方向を見ると若い店員が、前掛けをして商売しています。
何だか、酒屋さんの兄ちゃんみたいな粋な格好です。

えっっっ!!
本が野菜みたいに段ボール箱に入れられて売られてる!
現地直売の八百屋さんって感じです!

そして、そして、、、
店内入口横には、ソファが設えられているし、、、

お~~っ!と。
今度は、ビールサーバーが店の中央に置かれています。
何なんだよ、この本屋さんは!?
店内を見ただけで、もうインパクトあり過ぎです。

ちょっと、肝心の売り物の本を見てみるとするか。

どれ、どれ、どれ、、、
えっ!!
待ってよ、待ってよ!!!
自分がこれまで読んで感動してきた本が、ごまんとそこに並んでいるじゃありませんか。
「こんな本屋さんてあるんだなぁ。自分のフィーリングにピッタリだなぁ。」
私の嘘偽りのない本音です。

そうだ!
折角だからあの本を出した店長さんに挨拶だけでもして帰ろう。
さっきの前掛けの店員さんに
「店長さんに挨拶だけさせてもらえませんか。」
と伝えると、
「今日は、講演会に行っているんですよ。」
とのことでした。
 
それは、残念。
だけど、本屋の店長が講演会!?
なんだか頭の中がこんがらがってきました。

それから、私は店内を3周くらいして気に入った本を2、3冊購入することを決めて、
レジで精算をしたわけです。
前掛けの店員とは「お客さん、どこから見えたんですか?」と聞かれたので、
「横浜から来ました。」と答えただけの、それだけの会話でした。
そして、お釣りもしっかり受け取り、買った本をカバンにしまい、
篠崎駅までトボトボと歩いて家路につきました。

これで、この話はおしまいです。



と、ならないところが読書普及協会なんですね!

私は、篠崎駅まで
「何だか不思議な本屋さんだったなぁ!だけど、家からも遠いし、一度来たから十分だなぁ。」
と考えながら歩いていると、後ろから「お客さ~ん!」と大声で走ってくる人の姿が見えます。
さっきの前掛けの店員がすごい形相でこっちに向かって突進して来るのが分かりました。
周りを見ても、私しか人は居ません。

えっ!
俺、買った本も受け取ってるし、お釣りもしっかり貰っているよな!?

思わず走って逃げようかと思いましたが、仕事柄、そんなことは許されません。
間もなく、私に追い付きました。

一体何をされるんだろう?

「ハア、ハア、ハア!」

相手は、かなり息が荒くなっている模様です。

「ハア、ハア、ハア!
お客さん、遠いところからわざわざ来てくれて、これ良かったら食べてください!
すごく美味しいんです!!」

おもむろに向けられた手のひらには、素敵な洋菓子ゼリーが載せられていました。

これを、わざわざ届けるために、私を追い掛けて来てくれたんです。

泣かす、笑かす、ビックリさせる!
鮮やかなNWBに魅せられてしまいました。

私が、「読書のすすめ」そして「読書普及協会」に惹かれた瞬間でした。
今でもあの時の感動を思い出します。

そのゼリーを帰りの電車で食べましたが、格別のおいしさでした。
た、この日購入した本を電車内で読みながら帰ったのですが、
その内容が妙に心に染みてくるんです。
いろんな意味で、私は涙をポタポタこぼしながら都営新宿線に揺られていました。

そして、この時の本がこのメルマガで是非ともみなさんにお薦めしたい本となります。
このメルマガを読んで下さっている読士であれば一度は耳にしたり
、読んだことが必ずあると思います。

 『本気で生きよう!なにかが変わる』
丸山浩路   大和書房

再びこれを書くにあたり、パラパラとページを捲って見たのですが、
やはり感動で目が滲んできて、先が読めなくなりました。
感動する部分のほんの一部を抜粋します。 

  人間は二度死ぬ。
それは、自分がこの世に生きていたということを知っている人が誰ひとりいなくなったとき。
これが二度目の死です。肉体はこの世から消えようと、出会いの灯し火は人の心を灯し続けます。
その灯し火がある限り、人はまだ死んでいないのです。

 人はなぜ人をいじめるのでしょうか。
一人のかけがえのない存在だという自信がないから、他人の存在も認められないのです。
人と違ったことをする人間、人と違って見える人間を受け入れることができないのです。

 「先生、私、こっちの耳聞こえないんです」
私はそれを聞いて、ちょっと憤然とした気持ちになりました。
そして、厳しい言葉だとは承知の上で、彼女にこう言ったのでした。
「お引き取りいただけますか」(中略)
「なぜ失ったものを数えるのですか。どうして残ったものを素敵だとお思いにならないのですか」
等々


後日談として、「読書のすすめ」にお礼の菓子折りを持って行ったときに、
清水店長にも声を掛けていただき、私は正式に読書普及協会の会員になりました。
ちなみに、この話に出てきた前掛け姿の店員は、古株の読士でしたらご存知の磯川大地君です。
夢を抱き、単身北海道から上京して来て、「読書のすすめ」で丁稚奉公していた若き好青年です。
彼が居てくれたから今の自分があると考えると人生は本当に微妙なものなんだなぁと感じますし、
彼とのその時の出会いが無ければ、自分の人生がどうなっていたかを考えると
少しおそろしい気分にも時としてなってくるのです。

読士の数だけ読書普及協会との出会いがあると思いますが、
私と読書普及協会との出会いは、大体そんなところです。
振り返ると、なんだか神様が1本のレールを敷いて下さり、
私はその上をス~ッと走った感じで今に至っている感じがしてきます。

今回の私の話は、以上となります。
いつか、機会があればみなさんの読書普及協会との出会いについても
聞かせてもらえたら良いなぁと思います。
 
縁は異なもの味なもの。
最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

みなさま、最後までお読みいただき、ありがとうございました~♪
ダンディさん素敵なお話、ありがとうございました~!
やっぱり、ダンディさんの本の力第二弾をぜひお願いしたいと思いました~。
佐伯理事長~!お願いしま~す!
さてさて、今回紹介された本も、そうでない本も、
こちらまで↓ご注文ください ね~♪

 お気に入りの本は読書のすすめでどうぞ♪
 http://www.dokusume.net/
 http://dokusume.com/modules/store/

 こんぶ店長のブックランドフレンズでもどうぞ♪どうぞ♪
 http://www.honyakamo.com/

さてさて、一大イベント寺田屋会議が近づいてきましたよ~
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2 ■【2017 5/13 熊本復興 寺田屋会議】のお知らせ

昨年の読書普及協会の総会で、 

今年度から立候補制になった「寺田屋会議」。 

チーム熊本キャプテンが手を挙げ、 

熊本市内で開催する運びとなりました。 

今回はとにかく「会って話す」をモットー?に 

宴会、宿泊のみの設定です。 

肩の力を抜いてお越しください。 


「熊本復興 寺田屋会議」 

【開催日時】5月13日土曜日 18時~ 

【開催場所】 
 和数奇司館 熊本県熊本市中央区上通町7-35 
 http://www.wasuki.jp/ 

【料金詳細】※以下は和室5人部屋の料金です。 

大人1名     1泊2食(夕食飲み放題付き)     15,500円 

中学生・高校生  1泊2食(夕食ソフトドリンク飲み放題付き) 12,500円 

3歳~小学生   1泊2食(夕食お子様用、朝食付き)  5,750円 

添い寝3歳以上  夕食1,700円+朝食650円=2,350円 

添い寝3歳未満  食事が必要な場合 夕食1,700円 朝食無料 

(和室4人利用の場合は各人ごと、1,000円増しとなります。) 


その他、ご不明な点はお問い合わせください。
みなさまのご参加をお待ちしております!!
お申し込みは↓こちら!
http://kokucheese.com/event/index/459005/

お問い合わせ先
ゲジマユ@川口邦則
電話 090-8408-4429
メール k.k.matoi2011@gmail.com

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
3 ■【次回予告】
さてさて、来週のメルマガはふしみさんの登場ですよ~!
お楽しみに!!

みなさま、メルマガに載せたいイベントがあればぜひ、
ドクシィでメッセージください♪
http://doxi.biz/home/

http://doxi.biz/home/member/26
(『笶(や)っ』という名前で出ています~♪)

ドクシィには入れないという方は、
このメルマガに返信すると、発行者にメールが届くようになっています。
ご感想もどしどし、返信でお送りくださ~い♪
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      発行: NPO法人 読書普及協会
      編集人: 高橋康子

  TEL.03-5666-0969  FAX.03-5666-0968 

   〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1-403-4 
         サクシード・シゲゼン一階「読書のすすめ」
   URL:  http://www.yomou.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/19
部数 265部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/19
部数 265部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング