ボードゲーム通信

週刊ボードゲーム通信 37号「連合艦隊」


カテゴリー: 2001年10月16日
週刊ボードゲーム通信 37号「連合艦隊」 1
 (分量が多いため2回に分割して送信します)

 今週はWeb版週刊通信のほうで、「個人的評価:1」の例として挙げた「連合艦隊」を再び取り上げます。
「連合艦隊」は?バンダイの「GAME for ADULT if series」第一弾として発売されました。
太平洋戦争における日米海軍の戦いをシミュレートした、二人用戦略級ゲームです。
時期的には、真珠湾攻撃直後から終戦までを含んでいます。
地理的には、北はアラスカから南はオーストラリアまで、東はサンフランシスコから西は上海までを扱っています。
戦力には、戦艦・空母・巡洋艦・駆逐艦・艦載機があり、巡洋艦までは艦名が入っています。(日82ユニット、米95ユニット)
 余談になりますが、五段階評価の尺度は「1:絶対やらん」になっていまして、
面白くないけど「誘われたから」「暇だから」等の理由でプレイしないでもないゲームはこれに当たらないと私は考えています。
しかしそうすると必然的に、1度しかしていないゲームを「最悪」だと評価してしまうわけです。
プレイするごとに楽しさは変わってくるので、フェアでないかなとは思います。
ですからどうしても「2−4」あたりの評価が増えてきます。

 さて前置きが長くなりましたが、「連合艦隊」も1度しかプレイしていませんし、今後もすることは無いでしょう。
「ここを変更すれば面白くなるだろう」というようなところも無く、良いところを捜すのが難しいのです。
あえて挙げるとすれば、「ルールが簡明で覚えやすく、プレイが容易である」という点でしょうか。
ルールは実質8ページぐらいですぐに把握できます。
プレイも、1番長いキャンペーンシナリオでさえ三時間もあれば終わるでしょう。
もっともこの長所は、「杜撰なゲームシステム」という短所の裏返しですが。
基本となるゲームシステムが崩壊していると(自由度が高いゲームでも基本はしっかりしていないと困る)、
プレイの雰囲気云々以前の問題なので、どうしても点が辛くなります。
ちなみにゲームの進行は、まず日本軍が移動を行い、移動終了後隣接した敵を攻撃、
次に米軍が同じ手順を行い、以後繰り返すというある意味スタンダードなものです。
というかスタンダードなルールを当てはめただけで、このテーマにあったルールを考えなかったのでは?と勘繰りたくなります。
戦闘も、各ユニットの戦闘力に、戦闘毎に出すカードの数字を足して、3以上の差だと負けた方は撃沈、
1、2差だと負けた方が後退、同数だと相打ちで双方撃沈、というどこかで見たようなル−ルです。
各艦の戦闘力は、戦艦5、巡洋艦3−5、駆逐艦2、艦載機4・5で、カードの方は1−9まで。
当然のことながら、恐ろしいまでの消耗戦になります。
キャンペーンシナリオでも進行が早い理由がおわかりいただけますね?
「大和・武蔵」だけは戦闘力が7ありますが、あっさり巡洋艦に沈められたりします。

 国産ゲームはコンポーネントに優れているものが多いのですが、「連合艦隊」はその点でもちょっと…。
六角形の駒立に艦船ユニットを立てて盤上に配置するのですが(無論スタック禁止)、
駒立てがかさばるので、密集隊形にすると大渋滞、両軍主力同士の戦闘時にはもう大変なことになります。
ここから考えるとあの乱暴な戦闘ルールはなかなか合理的なのかもしれません(笑)。
ゲーム開始時の大艦隊は、数百キロにわたって展開することになります。

 これが横氏のいう「少ない時間で業務命令により作らされた」国産ゲームの典型的例でしょう。
このifシリーズには以降「関が原」「二百三高地」「日本列島沈没」(これはどんなゲームだったのか少し興味がありますが)
の各ゲームが出ていますが、第一弾がこれでは内容は推して知るべしというところでしょう。
「連合艦隊」「関が原」などは露骨にそのテーマで人をひきつけようとしていて、広義での「キャラ物」の匂いがプンプンします。
実際に私も惹かれるものがありますし、昔は今に比べてゲームの内容をあらかじめ知ることが格段に困難だったことを思えば、
とりあえず題名で購入を決めた方もいたのではないでしょうか。
私は友人から格安で譲ってもらったので(Thanks Jun)、実際の販売価格がわからないのですが、
購入した人が満足したとは到底思えません。中には二度と買わないと思った方もいるのではないでしょうか。

(続く)

  発行:ボードゲーム通信社

このメルマガは現在休刊中です

ボードゲーム通信

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2010/05/31
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ボードゲーム通信

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2010/05/31
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ゼロから始める不動産投資
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング