ボードゲーム通信

週刊ボードゲーム通信 37号「連合艦隊」


カテゴリー: 2001年10月16日
週刊ボードゲーム通信 37号「連合艦隊」 1
 (分量が多いため2回に分割して送信します)

 今週はWeb版週刊通信のほうで、「個人的評価:1」の例として挙げた「連合艦隊」を再び取り上げます。
「連合艦隊」は?バンダイの「GAME for ADULT if series」第一弾として発売されました。
太平洋戦争における日米海軍の戦いをシミュレートした、二人用戦略級ゲームです。
時期的には、真珠湾攻撃直後から終戦までを含んでいます。
地理的には、北はアラスカから南はオーストラリアまで、東はサンフランシスコから西は上海までを扱っています。
戦力には、戦艦・空母・巡洋艦・駆逐艦・艦載機があり、巡洋艦までは艦名が入っています。(日82ユニット、米95ユニット)
 余談になりますが、五段階評価の尺度は「1:絶対やらん」になっていまして、
面白くないけど「誘われたから」「暇だから」等の理由でプレイしないでもないゲームはこれに当たらないと私は考えています。
しかしそうすると必然的に、1度しかしていないゲームを「最悪」だと評価してしまうわけです。
プレイするごとに楽しさは変わってくるので、フェアでないかなとは思います。
ですからどうしても「2−4」あたりの評価が増えてきます。

 さて前置きが長くなりましたが、「連合艦隊」も1度しかプレイしていませんし、今後もすることは無いでしょう。
「ここを変更すれば面白くなるだろう」というようなところも無く、良いところを捜すのが難しいのです。
あえて挙げるとすれば、「ルールが簡明で覚えやすく、プレイが容易である」という点でしょうか。
ルールは実質8ページぐらいですぐに把握できます。
プレイも、1番長いキャンペーンシナリオでさえ三時間もあれば終わるでしょう。
もっともこの長所は、「杜撰なゲームシステム」という短所の裏返しですが。
基本となるゲームシステムが崩壊していると(自由度が高いゲームでも基本はしっかりしていないと困る)、
プレイの雰囲気云々以前の問題なので、どうしても点が辛くなります。
ちなみにゲームの進行は、まず日本軍が移動を行い、移動終了後隣接した敵を攻撃、
次に米軍が同じ手順を行い、以後繰り返すというある意味スタンダードなものです。
というかスタンダードなルールを当てはめただけで、このテーマにあったルールを考えなかったのでは?と勘繰りたくなります。
戦闘も、各ユニットの戦闘力に、戦闘毎に出すカードの数字を足して、3以上の差だと負けた方は撃沈、
1、2差だと負けた方が後退、同数だと相打ちで双方撃沈、というどこかで見たようなル−ルです。
各艦の戦闘力は、戦艦5、巡洋艦3−5、駆逐艦2、艦載機4・5で、カードの方は1−9まで。
当然のことながら、恐ろしいまでの消耗戦になります。
キャンペーンシナリオでも進行が早い理由がおわかりいただけますね?
「大和・武蔵」だけは戦闘力が7ありますが、あっさり巡洋艦に沈められたりします。

 国産ゲームはコンポーネントに優れているものが多いのですが、「連合艦隊」はその点でもちょっと…。
六角形の駒立に艦船ユニットを立てて盤上に配置するのですが(無論スタック禁止)、
駒立てがかさばるので、密集隊形にすると大渋滞、両軍主力同士の戦闘時にはもう大変なことになります。
ここから考えるとあの乱暴な戦闘ルールはなかなか合理的なのかもしれません(笑)。
ゲーム開始時の大艦隊は、数百キロにわたって展開することになります。

 これが横氏のいう「少ない時間で業務命令により作らされた」国産ゲームの典型的例でしょう。
このifシリーズには以降「関が原」「二百三高地」「日本列島沈没」(これはどんなゲームだったのか少し興味がありますが)
の各ゲームが出ていますが、第一弾がこれでは内容は推して知るべしというところでしょう。
「連合艦隊」「関が原」などは露骨にそのテーマで人をひきつけようとしていて、広義での「キャラ物」の匂いがプンプンします。
実際に私も惹かれるものがありますし、昔は今に比べてゲームの内容をあらかじめ知ることが格段に困難だったことを思えば、
とりあえず題名で購入を決めた方もいたのではないでしょうか。
私は友人から格安で譲ってもらったので(Thanks Jun)、実際の販売価格がわからないのですが、
購入した人が満足したとは到底思えません。中には二度と買わないと思った方もいるのではないでしょうか。

(続く)

  発行:ボードゲーム通信社

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

ボードゲーム通信

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2010/05/31
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング