☆まるごと愛して☆喜びアセンション☆

★ 光 ★

★ 変容 ★

★ 丸ごと ★

★ 新しい扉 ★

★ 母なる地球 ★

★ 大いなる喜び ★

★ 神聖なるAha!!!

★ 何をどう学ぶのか ★

★ 異常気象からのレッスン ★

 

★ ジョナサン・リヴェイングストン ★

★ JONATHAN LIVINGSTON SEAGULL ★

★ リチャード・バックもセスのセッションに!★

★ 新潮文庫刊リチャード・バック著『カモメのジョナサン』★

★ ナチュラルスピリット刊『個人的現実の本質』 セス・ブックス★

 

2重人格(オーガスタス)のケースをベースに!

「そのようにネガティヴな考えだと思うものを抑圧したり、

それをとても恐ろしいと決めつけたりしても、何の解決にならないのです。」

ーーーナチュラルスピリット刊『個人的現実の本質』セス・ブックスp231よりーーー

 

 

簡単に楽になるフリのゲームは、もうお終い!!!

もう、自分自身の中でのかくれんぼごっこゲームなどしている場合ではないのです。

どうぞ、勇気をもって、自分自身の感情と向き合ってみませんか?

 

〜☆光の☆贈り物☆〜

マーリンありがとう♪ ★

レディ・ナダありがとう♪ ★

 

クリスタル意識の目覚め♪神聖なるAha!★

 

第77号

~☆ハートを開いて☆~

2017年、わたしたちは、さらなる一歩を踏み出す時♪

 

第78号

ピュアな意図こそがわたしたちをさらなる成長へと導いてくれる♪

人生に☆ミラクルを招き入れる☆変容の鍵は☆わたしたち自身が持っている

 

第79号

☆新しいリアリティーの世界へようこそ♪

ミラクルの鍵は、聖なるハートを自由に羽ばたかせること

 

~☆わたしたち自身が輝くと惑星地球も輝きだします♪☆~

 

大いなる光と共に心からの愛を込めて

 

☆ハートの微笑みメッセンジャー☆み~ファ♪

 

母なる地球はわたしたちに何を伝えたがっているの?

 

前号より、早1ヶ月が過ぎました。

その間、日本列島は、様々な天候異変がありましたが、皆様はお元気でいらっしゃいますでしょうか?

わたしのところは、今年は例年にないほど雨量が少なかったのですが、ようやく、昨日は、雷の来訪とともに、雨が到来!

最初は、かなり盛大な雷鳴とともに、バシバシ、雹が降っていたのだろうというすごい音!

そして、一旦、雷は立ち去ったのですが、戸外を見ると、えっ?これしか雨が降らなかったの???というほど、あの音のすごさからは想像もできないほどのお湿り程度!

途中、太陽が照ったり、小鳥のさえずりが聴こえてきたりして、もう、完全に雷は立ち去ったと思って、戸外に行こうと思うと、また雷!

その後も、何度か雷鳴は、行ったり来たり!

さすがに、もう、大丈夫そうと思って、外に出てみると、まるで台風一過のようなすばらしい光!

雨のおかげもあって、また、雷のマイナスイオン効果もあって、こんなにすばらしい時はそうそうないと、彼と外出することに。

すると、山の向こうから、それはすばらしい太陽の輝きが、光のシャワーとなって、降り注いでいました。

ならば、このまま海まで足を伸ばそうかと思いきや、海方面の空はどんよりしていて、もしかしたら、西方面は、まだ雨がちらついていそうな気配!

真上の空を見上げると、それは美しい水色の空で、そこに真っ白な雲が浮かんでいて、本当にきれいな空でした。

というわけで、昨日は、再び別のルートから、小高いところを越えてぐるっとまわって途中、スーパーに立ち寄ってからわが家に。

帰宅する途上、またまた、どこからともなく雷鳴が。

ちょっと早足で、なんとかわが家に着いた途端に、またまた、雨が降ってきました。

きっと最初の雨量では、なんの足しにもならないことがわかって、再び、雨を降らせに雷さんが舞い戻ってきてくれたのでしょう!

もし幼い子供がいたら雷の物語を話してあげられそうな午後から夕方に向けてのユニークな空模様でした。

雨が多すぎる地域、少なすぎる地域と、なんだか、かなりのアンバランスな日本列島!

これは、地上の人間たちの心模様の写し絵?なのでしょうか?

前号ご紹介をしたセスも、本の中で、天候について語ってもいます。

この異常気象のレッスンを毎日の生活にどう生かすのか。

わたしは、時々、思います。

こうした猛烈な天候の変化は、わたしたち人間に、自然界を簡単にコントロールできるだなどと甘く考えることはしないで!という警告のようにも感じます。

こんなに天候異変の多いこれからも、原発が稼働し続けるというのは???!!!???

母なる地球はいったい何をわたしたちに伝えようとしているのでしょう?

 

ナチュラルスピリット刊『個人的現実の本質』セス・ブックスはなかなか面白かった!

 

前号、ご紹介をしていた分厚いセスの本!

なかなか面白く、その後もスイスイ、読み進めることができました。

『個人的現実の本質』の後ろから逆遡りで読んでいったのですが~笑~そのおかげで、前半は、様々なエピソードがあって、楽しみながら、読むことができました。

この本の頃は、本当にジェーンが乗りに乗っている時期だったのがよくわかりました。

この本の中で、ジェーンたちも大洪水を体験しています。

万人向きの対処法ではないかもしれないのですが、彼女たちにとっては、そういう風になっていたようで、ジェーンたちの住んでいたところもギリギリまで水がきています。

この本の前半には、様々な方々が個人セッションに訪れていることも書かれています。

たとえば、ヘミシンクのモンロー研究所のモンローや、『カモメのジョナサン』の著者や、とってもわかりやすい二重人格タイプの方などなど。

機会があれば、どうぞ、ナチュラルスピリット刊『個人的現実の本質』を実際に、手にとって、読んでみていただけたらと思います。

日本におけるセスの最初の翻訳本でもある一冊目の『セスは語る』でちょっと引いてしまわれた方であっても、この二冊目の翻訳本の『個人的現実の本質』は、もしかしたら、また別のおもしろさを感じることができるかもしれません。

そして、わたしは、最近、時々、思うのです。

2017年の今は、かつてとは比べ物にならないほど理解力が増しているので、これまでは、何度、読んでも、スイスイと理解できなかったような難解なチャネリング情報であっても、今、読み返すと、かなり理解できるようになっていて、本当にわくわくしています。

わたしには、宝物のようなチャネリング本が何冊かあります。

その一冊は、やはりナチュラルスピリットさんからの出版で続編もの。

最初、あまりに感動してしまって、以前は、非常用の持出袋にまで、新品の本を一冊入れていたほどです。

一冊目は、ほぼ理解できて、おめでとう♪

今は、続編の二冊目にトライ中!

あまりにもぶっとび情報が満載だと、一度に読み進めることはできなくて、時々、インターバルを置いて、また、ふっと思い出した時に読み始めるのですが、なんともすばらしくて、わたしにとっては、宝物のような本でもあります。

何度も、何度も、読んでいるうちに、その真髄に光があたりはじめることがあって、ある時、神聖なるAha!!!状態に!!!

このわかった!!!という、大いなる喜び!!!は、とうてい、言葉に表現することはできません。

つい先日も、夜中に、ある箇所を読み進めていて、Aha!!!

これまでに、何度も、何度も、読んでいたものの、なかなか、アハッには、たどりつくことができずにいたのです。

おそらくは、なぜ、今回、神聖なるAha!!!にたどりつくことができたかというと、それは、ここ最近、わたしが、同時に、時々、パラパラ、読み進めていたチャネリング本がそれぞれに応援してくれていたからのように思います。

今、興味しんしんのチャネリング本は、どれも、量子物理学的見地を交えながら語ってくれているので、おもしろいと同時に、最初はなかなかとっつきずらいこともありますが、と同時に、だからこそ、探求しがいがあるということも。

おそらく、たった一冊のみにフォーカスしてかじりついていたとしても、今回のタイミングでわかった!!!にたどりつくことはできなかったように思います。

今、再び読み進めている二冊は、かなり読み込んでいるとはいうものの、そのすべてをパクパク理解できたとは言えそうにないので、これらについては、またいつか。

一方、『個人的現実の本質』は、ほぼ、理解できたので、喜びもひとしお!!!

セスがこんなに丁寧に、親切に語ってくれていたなんて、ちょっとびっくり!!!

引き寄せの法則をマスターしたい方、エイブラハムのそのまた奥の院を知りたいという方々にとって、『個人的現実の本質』は、まさに必読書になりそうです。

それから、先にもちょこっと触れましたが、もし、『カモメのジョナサン』のファンの方々がいらしたなら、『個人的現実の本質』の中に、なかなか興味深いエピソードが登場しています。

ご存知の皆様も多いことと思いますが、『カモメのジョナサン』では一羽のカモメが語り始めるのですが、そのカモメの名は、〈ジョナサン・リヴェイングストン〉。

新潮文庫刊、リチャード・バック著の『カモメのジョナサン』の最初のところには、「われらすべての心に棲むかもめのジョナサンに」と、あります。

今、わたしの手元にある『カモメのジョナサン』は、五木寛之訳。

実は、わたしは、この本を中学生の時、読んだのですが、その頃は、わかったようなわからないような???

同じクラスのある男の子などとても感動していて中学校の卒業前の交換ノートのお気に入りの本の中に、『カモメのジョナサン』と書かれていたのを思い出します。

わたしも読書は好きだったのですが、当時のわたしには『カモメのジョナサン』や『星の王子さま』などは、まだ、そのすばらしさが、いまひとつ、理解できなかったのを思い出します。

今、わたしの手元にある『カモメのジョナサン』は、平成12年5月30日第58刷。

きっと今も、続々、印刷されているのかもしれません。

今、本をよくよく眺めていたら、原文のタイトルらしきものがわかりました。

Title : JONATHAN LIVINGSTON SEAGULL

だから、わたしの手元にある文庫本のカラーの表紙の一番上のところに、Jonathan Livingston Seagull、と書かれているのでしょう。

この本は、1970年に出版されているようです。

そして、著者が、編集者と、ともに、ジェーン・ロバーツのところを訪ねているのが、1972年9月のこと。

カモメに、ジョナサン・リヴィングストンというような立派な名前があるだなんて、ちょっと驚きですものね。

時に、こんな風にして、メッセージがダウンロードされてくることもあるのでしょう。

 

抑圧しすぎると!

 

『個人的現実の本質』の中の興味深いエピソードとして、2重人格の方が個人セッションに訪れたことが書かれています。

そして、このテーマについて、セスがさらに光をあてて解説してくれているのがなかなか圧巻!

詳しくは、実際に、『個人的現実の本質』をご覧いただくことにして、今日は、このセスからのメッセージをヒントに、わたしが、理解したことにほんの少し、光をあてたいと思います。

わたしは、しばしば、セッションの中でお伝えすることがあるのですが、それぞれに、いまだに未熟なままの側面を持っているというこのことをまず理解しておくことがとっても大切なようにも思います。

なぜなら、そうでないと、周囲の誰かが、自分に対して、最高のあり方で接してくれないというそれだけで、落ち込んだり、悲しんだり、怒ったりすることもあるかもしれませんし、それのみならず、本人が、自分の理想とはかけはなれた感情を抱いた際に、即座に、その感情を打ち消してしまうことが往々にしてあるからでもあるのです。

これまでも、ほぼ、理解していたとはいうものの、今回は、セスのチャネリングの中で、どのようにして、別の人格が生まれてしまうのかについて言及もされていて大いに参考になりました。

そして、この時の例を参考にしながら、セスは、わたしたちが、わたしたち自身のリアリティーを形作っているということと関連づけて語ってくれます。

健康でさえ、わたしたち自身がクリエイトしているということになるのですが、このことを理解し、健康でい続けたいと、そう思えば思うほどに、もしかしたら、ポジティブシンキングをしてしまうかもしれない傾向についても光があてられています。

思いが現実をつくっていて、健康もそうであるのであれば、これを理解すると、人は、よいことのみを思い描きたくなってしまうかもしれませんものね。

ところがなのです!!!

できもしない、現在の自分の状況とかけはなれたポジティブシンキングをし続けているとすると、ちょっと困ったことが出現してしまうかもしれないそうな。

セッションの際に、しばしば、わたしは、等身大の自分自身を見つめ抱きしめることをお伝えすることがあります。

その人本人が自分で自分を騙せないことを知ってりつつも、もし、あまりにも、よい人を演じようとしてしまうと、そのことがかえって、現実とはかけはなれた理想の別人格の登場を促してしまうことさえ、あるかもしれないというのは、これまでの経験上、予測していたことでもありました。

多重人格的なことと、多次元的というのは、まったく別の観点なので、ぜひ、まぜこぜにしないでいたいものです。

ハイアーセルフとつながっているのか、どうか、ここをしっかり見極めてみると、よいようにも思います。

確か、ジェーンの著書の中に、そのようなことに関してのヒントがあったように記憶しているのですが、3Dのリアリティーの中で、しばしば、多重人格とそう呼ばれる場合には、それらのどの人格もハイアーセルフとはつながっていないからこそ、そのような別人格が登場するのだと、現時点において、個人的には、そんな風に理解しています。

この本の中では、2重人格のクライアントさんにある仮名をつけて呼ぶのですが、もし、健康を求めるあまり、行き過ぎたポジティブシンキングをしようとすると同様のことが起きてしまうことが語られています。

これは、見逃せないところです!!!

はやり、この箇所は、そのまま引用しようと本を持ってきました!

ーーーナチュラルスピリット刊『個人的現実の本質』セス・ブックスp231よりーーー

「あなたがもし、”そうか、それなら今から良い考えだけを抱いて健康になろう。そして、悪い考えは排除するか、とにかく一切考えないことにしよう”と思うなら、やり方は違うにせよ、あなたもオーガスタスこと同じこになります。」

「自分の思考の中にとても”悪い”ものがあるので、何としてもそれらを消滅させなければならないと、彼が思ったことが事のはじまりでした。」

「そのようにネガティヴな考えだと思うものを抑圧したり、それをとても恐ろしいと決めつけたりしても、何の解決にならないのです。」

ーーーナチュラルスピリット刊『個人的現実の本質』セス・ブックスp231よりーーー

ここで、オーガスタスと呼んでいるのが、2重人格のケースのクライアントさんの仮名です。

わたしたちが、今日から、良い考え方のみを抱いて健康になろうとして、悪い考え方を排除したり、考えようとしないようにするとすると、このケースと同様の方向を招いてしまうというのは、かなり驚愕!!!

やっぱりそうだったのね!!!

セッションの中などでは、しばしば、その方ご自身の状況を見つめることさえも恐れていたり、罪悪感や、やるせなさや、時には劣等感さえも抱いているケースに遭遇。

なぜ、できもしない悟りの状態に自分を追い詰めてしまうのでしょう???

まだ悟っていないからこそ、今回、地上に生まれて様々な学びをしているのだと、そんな風にとらえれば、皆が、レッスンをしているその途上なので、そう気取ることもないと思うのですが。

高みを目指すあまり、現在の自分を見失ってしまったり、あるいは、あえて、見ないようにしたり、それどころか、自分のダークサイドを後生大事に押入れに入れて厳重にロックをかけてしまいこんでしまうなどとしたところで、目覚めの道から遠のくばかり!!!

もし、はっと心の中で、そう感じられた方がいらしたなら、どうぞ、今この瞬間から、そのままの自分の感情を恐れないで、まずは、自分に寄り添い、自らをまるごと抱きしめ見つめることからはじめましょう。

たとえ、どんなすばらしいヒーラーに出会ったとしても、その方ご自身が、自らの中に認めたくないダークサイドな側面をはじきっ飛ばしてしまうという、あたかも自分の中におけるイジメを許容してしまうと、癒された瞬間に、またまた、分裂を繰り返してしまい、いつまでたっても、真の意味における統合に至るのは、なかなかもって、、、

ここ最近、とっても強く感じることがあります。

それは、この2017年が、本当に本当に重要な時期でもあるということなのです。

もう、自分自身の中でのかくれんぼごっこゲームなどしている場合ではないのです。

どうぞ、勇気をもって、自分自身の感情と向き合ってみませんか?

そんなに恐れなくても大丈夫ですよ!

なぜなら、それらのどの感情であっても、皆様ご自身の一部であるのですから。

自分の中で、あっちに行って!!!などと、喧嘩をし合っているような時期ではないのです!!!

イジメの構造は、何も、学校の中のみにあるのではないのです。

わたしは、セッションをしている最中に、難問を抱えられている方々の中に、イジメの構造を垣間見ることがあるものです。

あまりにも理想だけは高くて、でも、それは、まったく手も足も出ないような理想ゆえに、その理想にまで行き着けないからこそ、プチっと、別の側面が顔をもたげてしまうのだと思うのですが、そんなことをしていたところで、いったい何になるのでしょう?

これも、よくお伝えすることですが、自分自身を騙すことなどできないのです!!!

だからこそ、苦しいのだと思います。

本当は、心の奥深くで、この方向性は、なんだか、ゆがんでいて、間違っているかもしれないと、そう薄々気づいているのにもかかわらず、これまでの癖、いつものパターン、いやな側面はあっちに行け!とばかりに、自分の抱いた感情を忌み嫌って蹴飛ばしたり、見て見ぬフリをしていたとしても、それは、表面上にすぎないので、実際のところは、そうたやすく、自分を騙すことなどは、とうていできないのです!!!

それどころか、セスによれば、そのようなことばかりしていると、別の人格を作り出してしまうかもしれないのです!

簡単に楽になるフリのゲームは、もうお終い!!!

いくらゲームをし続けたとしても、フリ!!!するゲームから、統合への道は、開かれないように思います。

続々とメッセージが到来中!!!

 

前回、まるごと愛して喜びアセンション♪のメールマガジンを発行してからも、思いの外、たくさんのメッセージを発信してきました。

今、ちょこっと振り返ってみたところ、なんと、クリスタル意識の目覚め♪神聖なるAha!メールマガジンは、2017年6月21日、6月24日、7月14日と発行していました。

こんな短い期間に、どうして、これほどたくさんのメッセージを発信していたのか、まか不思議で確認してみたところ、第77号と、第78号には、またまた、セスにも光があてられていました。

今は、『個人的現実の本質』を読み終えて、随分、経過したので、落ち着きましたが、読進めている最中は、本当に、どっぷりセスワールドにはまっていたように思います。

メールマガジンは、いつも、突き動かされるようなエネルギーとともにアップしているので、おそらくは、今、高次の領域から、本当にあふれるほどのサポートがもたらされているがゆえに、こんなにいくつものメールマガジンを発信しているのだと思います。

たくさんの光の応援に心からのありがとう♪を伝えたいと思います。本当にどうもありがとうございます。

第77号~☆ハートを開いて☆~

2017年、わたしたちは、さらなる一歩を踏み出す時♪

第78号ピュアな意図こそがわたしたちをさらなる成長へと導いてくれる♪

人生に☆ミラクルを招き入れる☆変容の鍵は☆わたしたち自身が持っている

第79号☆新しいリアリティーの世界へようこそ♪

ミラクルの鍵は、聖なるハートを自由に羽ばたかせることを発行していました。

それから、テキスト形式のメールマガジンも。

ご購読をいただいている皆様、ありがとうございます。

2017年7月1日は、マーリンのおかげで、新しい扉が開きました。そして、思いもかけず、えいやっと、音声をアップ♪

先日、2017年7月16日には、レディ・ナダからのメッセージと、ほんの少し、わたしのおしゃべりの音声をアップ♪

今、少しずつ、エンジェリックハーモニーライトのHPをアップしている最中です。

いろいろな箇所を調整しているところなので、時々、HPの内容が変化しているかもしれませんが、よかったら、アクセスしてみていただけたらと思います。

わたしたち自身も自らのエネルギーをクリアにする必要があると思いますし、それと同時に、惑星地球もさらなる浄化が必要なのでしょう。

先日、ヴァイオレット☆ミラクル☆紫色の変容の炎というページをアップしたのですが、今日も紫色のワークについてのメッセージがダウンロードされてきています。

これについては、また、何かの機会にどこかでアップしたいと思っています。

どうぞ、今、この時期生まれた意味に大いなる光をあててみていただけたらと思います。

よろしければ、星からやってきた深遠なる意味に思いを寄せて☆今こそ宇宙の叡智と地球体験をさらに超えて光輝く時!や、毎瞬が新鮮〜and so it is〜なども、ぜひ、どうぞ♪

今は、本当に考えられないほどの応援がやってきています。

今こそ、すべてをまるごと抱きしめて、新しい扉を開く時!!!

 

~☆わたしたち自身が輝くと惑星地球も輝き出します♪☆~

さらなる癒しと輝きの時代に向けて☆今できることを丁寧に大切にLOVE

 

皆様との出会いに心からの喜びと感謝の気持ちを込めて

 

☆大いなる光と☆心からの喜びと共に
ハートの微笑みメッセンジャー
☆み~ファ♪☆meefa pranaより

 

 

☆エンジェリックハーモニーライト♪

 

Joyful Ascension☆Loving Wholly

 

☆まるごと愛して☆喜びアセンション☆

 

Copyright © 2017 Angelic Harmony Light All Rights Reserved.