2011.5.30

悩ましい大人の事情

どうした坊。何だか元気がないじゃないか。
あっ・・・爺っちゃん。うん、大したことじゃないんだけどさ、チョッと仕事のことでね・・・

仕事・・・なんだ・ほれ・あの・・・キャリア・・・カウンセラーだか、コンサルタントだか、自分のやってる職種名もハッキリしてない仕事のことかいな。
う・うん・・・まぁね・・・

爺っちゃん、今はこんな皺だらけになっちゃまったけど、まぁ世間様にも知れた会社の経営もしていたんだ、意見くらいは伝えられるだろうから、素直に吐き出してみたらどうだい坊。





爺っちゃんも知っての通り、ボクの仕事は、仕事に関連して悩んでいる人々を支援する訳なんだけど、東日本大震災では、10万人を超える被災者の方々がいて困っているのにも係わらず、厚労省をはじめ、キャリア・コンサルタント、キャリア・カウンセラーに関係する諸団体の業界全体としては、マクロの動きとして何の支援活動も実施しないんだよ。


なに?坊が慌しく動き回っているようだから、復興支援の一翼を担っているのかと思っていたが、対人支援に係わる活動をしているのに何もないのかい?

うん・・・キャリア形成支援の場面では、マクロの動きが必須だと思い、意見具申もしたんだけど、一部を除いて全く動く気がないようなので、個人で走り回っていたんだ。
そんな動きのなかで、実際に被災者の人達から、キャリア形成関連の相談をしたいと思い、関係各団体のHPに訪問してみたら、震災関係のコンテンツなどひとつもなく、そこにある温度差に愕然としつつ、時間が経ったら怒りさえ覚えたと、連絡を受けることもあった位なんだよ。


連日ニュースで仕事関係の悩みを抱く人々の姿が映し出されるが、その方々に対して、自分達が出来ることを業界全体として何もお伝えしていないってことかい?

派遣村問題の時も、ジョブ・カード制度の推進も、東日本大震災についても無言一徹で何も動かず。
クライエント視点で活動をしようとする考えを持つ先は、ほぼ無いに等しいっていえるかなぁ・・・学問としてみただけでも発展途上にあるとはいえ、中途半端なものだしね・・・


なんだい坊。その言い方からすれば、お前さんやお国を含めたキャリア関連の業界全体が、自ら完全な自己否定をしていることになるじゃぁないか。

残念なことだけど、過去からの実際の行動結果の現状を見るならば、社会状況の変動や相談者の方々への視点を持って活動している各団体は無いってことになるかと思うよ・・・


本当かい坊。爺っちゃんには俄かに信じられないが、お前さんだけが知らないだけで、関係団体の皆さんは、本当は色々と奔走なさっているんじゃないのかい。
もしも違うというならば、何か大人の事情があって、キャリア関連の対人支援の実践はしちゃぁならねぇってことの意味にもなろうかと思うが・・・






テレビのニュースでは、カウンセラーによってPTSDへの対応が必要だと何度も聞いたけど、坊はそれをやらんのかい?

うん。それを基本的にやるのは臨床心理士の方々になるかな。産業カウンセラーって方々もメンタル不全の対応はするけど、ボクみたいなキャリア・コンサルタントは、メンタル系の対応は座学として、資格取得上だけでのことでサラッとしかやってないしねぇ・・・


何だそうなのかい。じゃぁ坊のキャリア何チャラっていう資格は、具体的に一体何が出来る資格なんだい?

う・・・うん・・・


なんでぇ急に黙りこくりやがって・・・坊、何かやましいことでもあるってぇのかい?

う・・・うん・・・そういう訳じゃぁ無いんだけど、何が出来る者かって言う点が、曖昧というか、それぞれの支援対象者毎に違うというか・・・ボク自身がやっている業務の内容なら直ぐに詳しく話せるんだけど、キャリア・コンサルタント/キャリア・カウンセラーっていう括りでいうと・・・


カウンセラーだ、コンサルタントだ、職種なのにどっちなんだかハッキリ分からない、歯切れの悪い物言いをしやがったなぁ。
兎も角、キャリアって名前がついてる位なんだから、キャリアについてのプロなんだろう?
つまりはキャリアの勉強をして、高齢者・女性・学生・無職等々の人達の全てに対応が取れるからってことで資格を出して貰ってるんじゃないのかい?


うん・・・本来はそうあるべきだと思うんだけど・・・
資格を取ってみて初めて分かったんだけど、色々な属性の違う様々な人達に対する、より深い学びや・基本形となる支援の方法等が確立されているのかと思っていたら、スタンダード・メソッドなんて無いんだよ。
資格の試験っていっても、カウンセリング・テクニックのスキルって事だけを判断材料として一側面だけしか見ないから、実践活用と資格保有の有無もレベルも全く参考にならないと云える程だし・・・あぁこれはボクの意見じゃなくて、実際に活用された経営や人事等の人達の見解なんだけどね・・・


じゃぁ医者が医療ってモノを学んだだけで、医療は何でも出来ますって云って資格が与えられ、実際に診察すべき専門性を持たないで患者に対応しているようなものだっていうのかい? おいおい・・・そんなんで、困っている人々の相談のに本当に向き合えるのかい?
しかも、対人支援の実践に向き合う資格内容になってもなく、学問としての体系や定まった基本がまとめられてもいないって・・・それでも資格だけがあるってぇのかい・・・
キャリアなんちゃらをより多くの人達に役立たせるなら、臨床心理士の人達にキャリアを学んで貰った方がよっぽどためになるってことじゃねぇのか。


その辺が社会的に支援者を求める状況があるのに、マクロ行動を起こすことがない理由のひとつとも思えるんだけどね・・・


坊。実際に人様に役立つのかどうか効果もハッキリしない資格や、困っている人が目の前にいるのに救おうともしないような輩なんぞに、社会的価値があるっていえるのかい?
いやいや・・・それはなんだか、触れちゃぁならねぇ大人の深い事情があるようだ・・・






しかし坊よ。お前さんは、そのキャリア何チャラって学んだものが、世の中のためになるものだと思っているんだよなぁ?

勿論そうだよ。キャリア形成の前提となる考え方と支援者の存在がしっかり機能することで、社会効果を果たすことが可能だと信じているよ。


うん・・・しかし、実際に困った人達を助ける、もっと言うなら、キャリア何チャラで日本を良く出来るって信念以って活動している先が無いってことかい。
まさか、お上に近い先は、資格を取りたい人や、坊みたいな有資格者だけを相手に経営活動をしている先ばかりってことじゃ無いだろう?


各団体の活動主旨や理念等には、キャリア形成は世の中に必要・そのための活動云々と読めるけど、現実的には、社会啓蒙や実際のクライエント視点による活動対応をしている先は、皆無だよ。
希望者の養成と有資格者のレベルを上げることのみが、自組織の社会的使命だと言い切った先もあるしね・・・


個人と組織の役割機能が全く機能してなく、思いを根底に持たぬ形だけの資格ビジネスの渦のなかにいてもがいているって状況なのかい。人様のお役に立てる仕事をしているのかと思っていたら、魑魅魍魎の世界で働いているってことか・・・
でも、そんな張りぼての業界なら、坊と同じ仲間の人達も「それは違う」と声を上げているんだろう?それでも変わらないってことなのかい?


世の中に既に6万人弱の有資格者の人達がいるんだけど、対人支援の資格と言いながら、実態的には、臨床心理士・産業カウンセラーの方々が通って来た道をビジネスモデルとして踏襲しているのみっていえるのかなぁ・・・技能士検定は別だけど・・・
キャリアに焦点をあてるのでもなく、カウンセリングへの学問偏重で、理論や権威指向に結局偏り、机上論にしてしまっているといったら良いのかなぁ。
少なくとも心理系資格の歩みを見れば、同じことをしていたのでは、世の中も・有資格者も・ご相談者も、みんながWin-Winには成れないって基礎的なマーケティングの発想があれば分かりそうな気もするんだけどね・・・
そんなだから、優秀な人達が去ってしまうことも何度もあったよ・・・これから目指そうと頑張っている人達には本当に心苦しい思いなんだけど・・・


随分と手厳しい見方だなぁ・・・キャリア関係以外の方々の反応や評価はどうなんだい?

うん・・・当初は、社会的な期待感も高くあったし、マスコミの反応もあったけど、いまでは、ニュースにキャリア・コンサルタントの文字を探すことも難しいし、実践主体の資格になっていないから、資格者が何を導けるのかの観点で見た場合、経営・労働各組織においても、冷ややかな評価を受けているっていえるかなぁ・・・


そうなのかい・・・坊だけの私見かとも思っていたんだが・・・なんだか有資格者の人達がマジックに掛かってなきゃぁ良いと素直に思うんだが、大人の深い事情は、とっても深く形付けられているんだろうなぁ・・・





そういえば坊。確か国家資格の技能士検定も出来たんだろう? 坊もそれを目指すのかい?
そうか! そのタイミングで、国を挙げて関係団体もそこへと一緒に向かって歩みを進めているんじゃないのかい?そうだそうだ・・・なんだやっぱり坊のひとり善がりじゃねぇか・・・


ボクは、技能検定は必要を感じないから取らないよ。ここに纏わる色んな話しも入ってくるし、社会的に確かなものなら当然取得を目指すけどね・・・
普通に考えれば、爺っちゃんの言う通りだと思うんだよ。
でももう何年間も足並みは揃わないね・・・表面的にはどうなのか良く分からないけど、それぞれがそれぞれの方向を向いているだけだから、技能検定は出来ても受験者数は伸びないし、そんな中にあってさらに1級ってレベルを新設するってことになってもいるからねぇ・・・実践に向き合う事無く形だけを整備しているって感じなのかな・・・


面従腹背の形だけを整えて、実際は各所毎の独立独歩の動きじゃ、世の中への啓蒙も進まんし、有資格者の人達の職能開発も無理だわなぁ・・・
てことは・・・技能検定の1級ってえのが出来たとしても、各団体のなかで自分達独自の資格基準を設けた新たな資格が生まれることも無きもしもあらずってことなのかい?


仮説にしか過ぎないし、厚労省との兼ね合いは良く分からないけど、ボクが各団体の経営なら確実に新設するよ。
何しろクライエント視点を持たず、経営効果のみを考えたら、一人の会員からいかに利益を上げるかってことが正に短期的には経営の正解に繋がるんだし、会員のスキルアップが社会価値を高めることに繋がるとの便利なロジックも適用出来るしね・・・


一丁前の口を利きやがって・・・しかし、生身の命に鈍感であることを机上論というんだ。
目の前にいる、困り・悩んでいる人々に向き合わぬ実践の視点を持たぬなら、坊の学んだものは机上の学問ってことなのかい・・・


キャリア形成・キャリア形成支援は、社会にとって必要だと心から思うんだ。
でも、キャリア・コンサルタント&キャリア・カウンセラーを取り巻く資格ビジネスは、現状のままならいらないとも思うんだ。
手順の是非判断は別としても、世の中にキャリア形成を進める上での資格者の養成により、一定の社会認知を得ることは出来たのだと思うよ。
でも、クライエント視点による諸整備と活動推進をしてこなかったことによる負の影響を将来に拭えるかどうかは、看過出来ない情況だともいえると思うな。


もともと実践なんぞは意識されてはない、机上のものだったと考える方が素直な見方っていえるのか・・・ その思惑を超えてしまった現実があり・・・それらを取り巻く、既得権のなかに過ごす大人の事情を持つ方々が多くいるってことの問題なのか・・・





まぁ色々あるが、仕事ってぇのは机上論じゃない、しっかりした現実のなかに存在するもんだ。
爺っちゃんは、現実を見据えて、妥協せずに頑張れとしか言えないが・・・ところで坊は、幾つになったんだい?


ボクかいもう50歳だよ。


なんだまだ々ハナ垂れ小僧の年齢だ。そういえば、お前が毎日書いているブログってぇのをこの前、はじめて読んで見たが、なんだいありゃぁメルマガってやつとは全く人格が違うじゃないかい。
まぁ、あっちの方が普段の坊らしいってことには違いないが・・・メルマガの方にも少しは、坊らしさって奴を出してみたらどうなんだい。


まぁどちらも自分の顔に間違いも嘘も無いしね・・・少しだけでもキャリア形成支援の業界が良くなるならばと思って、メルマガは書き続けてきたけど、好んで悪態ついて嫌われる必要もないことだし、独り善がりだったのかも知れないね。

まぁ爺っちゃんの教えの通り、我信ずる道 常に王道也 の言葉に嘘はないし、本当に素晴らしい活動をしていらっしゃる、キャリア・コンサルタントの方々にも出会えたし、マクロ形成なんて考えない方が良いのかも知れないね。

まぁ悩みながら自分らしく歩んでみるよ。
また来るね爺っちゃん。ありがとうね。


※お話しは全てフィクションですので、在らぬ誤解は無きように・・・



笑顔の行方を見つめて




【ディスカッション・ペーパー】キャリア・コンサルティング業界形成に向けて
* 笑顔の溢れる社会に向けた*キャリア形成支援の業界形成のための提言 *

 A. キャリア形成支援の全体像から見た課題形成(192 KB)
 B. キャリア形成支援の業界形成に向けた具体的な検討諸案(132 KB)
    キャリア・コンサルタント技能士会に関わる課題形成



career wing
仕事を通じて、“自分「らしさ」の実現”を追求する、
キャリア形成支援のトータル・ソリューション・サービス
ヨシダの徒然 < 編集後記>

避難地域に暮らす被災者のクライエント支援でバタバタとしており、メルマガの発行が遅れてしまいました。

震災から早くも2ヶ月半が経ちます。

支援をしていた避難者の方が、やはり地元に戻ると言って離れて行かれた時には理解が出来なかった感情が、 最近やっと分かりはじめたような気がしています。

関東でも入梅がしたとのこと。
雨の鬱陶しい日々が続くのかと思いますが、皆様に於かれましては、普段以上にご自愛ください。


一日一膳?の思いで書き綴っているブログ* キャリアの翼 *「笑顔の行方を見つめる」キャリア*ノート*あんなことも・こんなことも・・・


「まぐまぐ」から発行中のメルマガ【「個の時代」の、キャリアカウンセラー&人事 】が携帯でもご覧になれるようになりました!
通勤やお出掛けの合間に、ふとお暇になってしまった時に、もっと手軽にいつでもメルマガを読んで頂ければと思います。

ミニまぐ(携帯版メルマガ)の登録は、下記のフォームよりお願い致します!


 





Career wing  tadashi yoshida


特定非営利活動法人 キャリア・コンサルティング協議会 会員
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)所属

厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格
キャリアカウンセラー

Copyright(c) キャリアウィング all right reserved.