2011.2.6

2011.春に向け*キャリア形成支援業界への徒然なる雑感

私事ながら、新年早々に横浜オフィスの売却が正式に決まり、2月末日を以って、茅ヶ崎の本店に活動拠点の一本化を行うこととなりました。
多くのクライエントとの出会いと、旅立ちの泣き・笑いも、 カウンセリング・セミナールームのシェアを通じて関わりを持たせて頂いた多くのキャリア・コンサルタント/カウンセラー諸氏とのやり取りも、 廃業を決めたキャリア形成支援の対人支援者の方々との喧々諤々も、この環境を通じて実施が出来ていたことを振り返ると寂しさを隠し切れません。

有償支援ゆえの依存心の壁への対応と経営収支バランス。
期待感を持って見つめ続けてきたキャリア形成支援業界の行く末。
机上論に縛られ続けてもがいた本当のキャリア形成支援とは何なのかの答え。etc.

目には見えぬ何かが詰まり切った静かなオフィスを眺めていると、寂しさよりも無力感の方が勝っているなぁなどとも感じるのでした。

人事・経営の人生の軌跡を通じて感じ続けていた「個人が組織に依存することをしない生涯設計と歩み」のヒントをキャリア・コンサルタントの資格の誕生に見出し、 小社の活動のナレッジ&シェアこそが市場形成に少しでも役立てられると思い続けていました。

キャリア形成支援に係わる方々へのある種の純粋性に期待感を大きく持ち過ぎたのかも知れません。
過ぎ行く月日を客観的に眺めて見れば、支援者の本来の実践力を問うこともなく、市場ニーズへの対応の形とは違うキャリア・コンサルタント資格の内容。
机上論の資格の内容・養成だけが一人歩きを行い、社会効果としての目的に繋がることのない悪戯な状況だけを形作っただけなのかと振り返るのでした。

それでも多くの志を持って頑張り続けるキャリア形成支援者が生まれ、必死にクライエントに向き合う姿を見るにつけ、心の底から頑張れとエールを送りたくなるのでした。


雇用関連の状況は未だ出口が見えず、新卒者の内定状況の改善も程遠い状況があります。
キャリア形成支援者は、雇用開発を行う者ではないでしょう。 が、個人的には、それをも含む職掌を持つのが本来のキャリア・コンサルタントであると思ってもいます。

現在、ある企業の経営・人事のご協力を得て、採用支援の関係ではなく、ひとりでも多くの労働力の社会的な適正確保(マッチング含む)のためのボランティア活動を実施 しています。

新卒者に限ったことになりますが、本来詳細を伝えられることは無いであろう「不採用の際の結果判断の理由・内容を客観的な第三者として、可能な限り 求職者にフィードバックして次に活かす」形の支援を実践しています。

これは、ある種の経営リスクやタブーを乗り越えた一策であり、ご協力先企業が、雇用を地域振興の大きな要素だとお考え頂いた背景があって可能となったものです。

新卒者のレディネスを育み続け、エンカレッジの実施を基本として、次へ繋げていく支援になりますが、学生諸子に対して相応の手応えを感じています。
この件に関しては、ご協力を頂戴しているお相手先企業との兼ね合いがあり、残念ですがこれ以上の詳細を申し上げることが出来かねます。

が、採用活動を地域全体(産・学・行)で捉え、ジョブクラブ形式の支援スタイルや、キャリア形成支援の対応フロー(対企業・対学生)を調整し、 切り替えることによって、悪戯に未就労者を生ませない、セーフティネットのモデルとなり得るのではないかとの感覚を得ています。
もちろんジョブカード制度の拡大版や助成金対象行為として、企業協力を仰ぐシステムがなければ、その効力は限りが生まれてしまいますが、 何かの切っ掛けになればと大まか過ぎる内容ですが開示をさせて頂きました。


本来の支援とは机上の資格で図れるものではなく、実践力が伴わなければ危険行為ともなりかねません。
キャリア・コンサルタントに係わる資格を見るならば、資格取得に必要とされる時間数も他の資格に比較して異常と思える程に少なく、本気でクライエントに向き合う、 キャリア・コンサルタント諸氏においては、いかに資格内容が机上のモノであるか一目瞭然の状況でもあろうかと思います。

もうこの辺については語る意味も少ないのかと思っていますが、対人支援者としての実践力を育むための取り組み・社会の中で問題解決に繋がる カウンセリング・カウンセラーの活動実践に本気で力を入れている先として再度、下記の団体をご紹介いたします。

財団法人関西カウンセリングセンター オフィシャルHP
関西カウンセリングセンタースタッフ日記
関西カウンセリングセンターの古今堂です


過ぎた時を振り返ることは出来ても、引き戻すことは出来ません。
今後のキャリア形成支援業界に必要なことは、社会との接点の中に描く、カウンセリング・カウンセラー実践力・問題解決力への取り組み以外にはないのだと思います。

キャリア形成の火を社会から消して欲しくないと願い続けます。


笑顔の行方を見つめて



ブログ 「キャリアの翼」より

「さようなら」も言えずに別れるところだった。
Noise と Smell
母さんとGran Torino
タンポポの綿毛の如し*キャリア形成
純潔日本人のぷるん

元気の源・・・それは笑顔とタンメン也
I believe that I can do it.
Hawaiian sea breeze.
The smile is a balancer of the hearts.
Hello! Good-Bye *キャリアウィングからのお知らせ

澄み渡る青空*冬の朝の徒然  *立て! 立つんだ・・・
わたしゃも少し・・・ワォ*ワォ!
PRIDE*
好好爺と風と枯葉のダンス
【発掘!】 *カール・ロジャーズからの贈り物

「酒」を学ぶ
悲しみのJesus・・・「ふぞろいのバナナたち」
事実の解釈と三猿うっきぃ
忘れなければならぬ思いにレクイエムを
「忘れる」スキル

真っ白い世界を目指して*
Counseling city Osaka*
お父さん・・・心から「頑張れ!」のエールを*
そして君は、「潤いが好き・・・」と言った。
ニート予防をめざした金銭基礎教育プログラム*MoneyConnection(R)

理解を行う想像力*「見る・感じる・考える」
大阪*戎様の祭りに、商売繁盛を願い藁を望む。
似たもの親子の反省文
My Career.
キャリア形成とは、自他を踏まえる必要がある*

その時「男」の真価が問われる・・・のだろうか。
夢話*「野菜と果物好きのガルルと*Delicacy」
もうひとつのエール
24H*365日の使い方
美味しかったが、朝には似合わない味だった。

1/365のぷるんと「う」
Hello! Good-Bye & Requiem.
Career 誰のため*何のために走り続けるのか
ひとりで迎えるお正月を楽しみに*



【ディスカッション・ペーパー】キャリア・コンサルティング業界形成に向けて
* 笑顔の溢れる社会に向けた*キャリア形成支援の業界形成のための提言 *

 A. キャリア形成支援の全体像から見た課題形成(192 KB)
 B. キャリア形成支援の業界形成に向けた具体的な検討諸案(132 KB)
    キャリア・コンサルタント技能士会に関わる課題形成



career wing
仕事を通じて、“自分「らしさ」の実現”を追求する、
キャリア形成支援のトータル・ソリューション・サービス
ヨシダの徒然 < 編集後記>

「ケイコとマナブ(首都圏版)」に転職のポイントについて掲載をさせて頂きました。お時間があれば覗いてみてください。

現状分析のような内容ではなく、キャリア形成支援の良い内容を書きたいと思い続けていますが、キャッチ・アップが悪いのか う~んと唸る事ばかりに目が行ってしまっています。
昨年12月より、2月頭まで非常事態の対応のような業務に嵌っていたため、メルマガの発行が遅れてしまいましたことお詫び申し上げます。

小社の今後も熟考中ですが、マクロ形成が整わぬなかで、今後の事業計画を描き切るのは難しいかとも思い悩んでいる最中です。
経営のための経営と、クライエントのための経営と信念とプライド。
大きな判断をする年なのだと思います。



一日一膳?の思いで書き綴っているブログ* キャリアの翼 *「笑顔の行方を見つめる」キャリア*ノート*あんなことも・こんなことも・・・


「まぐまぐ」から発行中のメルマガ【「個の時代」の、キャリアカウンセラー&人事 】が携帯でもご覧になれるようになりました!
通勤やお出掛けの合間に、ふとお暇になってしまった時に、もっと手軽にいつでもメルマガを読んで頂ければと思います。

ミニまぐ(携帯版メルマガ)の登録は、下記のフォームよりお願い致します!


 





Career wing  tadashi yoshida


特定非営利活動法人 キャリア・コンサルティング協議会 会員
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)所属

厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格
キャリアカウンセラー

Copyright(c) キャリアウィング all right reserved.