2010.07.20

キャリアウィング*吉田目の夏の戯言

HP・メルマガ・ブログを通じて、直接お会いしてお話しをさせて頂くと、殆どの方々に「抱いていた印象と違う」と共通して言われる。
問題は、1.Web上の印象 2.リアルな印象 3.ギャップの+-状況 の印象管理の3点・・・敢えて詳細は控えようと思うのだが・・・


今迄にお伝え頂いたお話しのなかで、個人的に大笑いをしたのが、「こんなことを書いているぞ~ご注進~」という御仁がいらっしゃるとの事だった。
いつの世でもどんな組織でも消えることのない悲しい処世術しか術として持たぬ斯様な御仁のことを耳にし、それが事実なら、「Call Me!or是々非々」と書かれた御札(どこで購入出来るのか情報は無いが)をおでこに貼り付けて「可愛いぞ~」と、強烈なハグをしてあげたくなったのであった。

いや、キャリア形成に触れる者なら「あなた自身の見解を人生の立脚点とされた方が素敵ですよ」と、伝えてあげたくもなった。
面倒臭いことは大嫌いな性分であるが、プライドを守るためには、逃げ隠れすることもないし、元来がアホアホのため、間違いに気が付けば、素直に心から「ゴメンナサイ」と言える性分・奴なのだが・・・・不徳の致すところと括れば良いのか・・・

そう云えば『【ディスカッション・ペーパー】キャリア・コンサルティング業界形成に向けて』を書き、関係先にお送りさせて頂いた時も、必要な説明や解釈への反駁等々があれば、一切の手を加える事無く、お伝えをさせて頂く旨も記させていただいた。
書類を印刷・製本し、受け取り証明のある郵送手段でお送りし、確実に先方の手に届いたとの確認のなかで「一切無言」の回答を頂くに至っている。
これを以って、人・社会人としての礼節さえ知らぬのだろうキャリア・コンサルティング関係先があると確定・判断が出来たのだから、それ以上を望むこともなく、それはそれで良いと思った・・・そんな性分なのだが・・・

売名行為・立身出世が大好きな御仁達と一緒にだけはして欲しくないものだし、そういう印象があるとしたら踏まえなければいけないかと思うのであった。



分かり難いのかとは思いながらも、自分自身の機軸は至って単純&明快で、「より多くの人々が幸せになるためにどうあれば良いのか」の一点に尽きる。
より多くの人々が幸せになるためのひとつの解がキャリア形成の概念の社会認知の拡充であり、それを具現するためには、積極的なマクロ活動を行う必要があるために業界形成の必要を是々非々で唱え続けているだけのことだ。

キャリア・コンサルタントやキャリア・カウンセラーが幸せになるためだけの業界形成などに興味も無ければ意味もないと愚考する(言葉の御幣はあるが・・・結果の+を享受出来るとの順序の問題)
あくまでも主役は、社会でありクライエント・・・そこへの視点によるものだ。

少子高齢化・自己責任社会・経済状況の背景・生き残りのための企業経営 etc. を考えた時にキャリア形成の機軸を持った支援者の存在は必至であり、社会に認知を受けた必然の結果としてキャリア形成支援者の機能・役割・支援効果・地位保全が叶うと信じて止まない。

マクロとミクロの両輪が合致して進まぬ限りは、キャリア形成支援者の多くは、将来的にじり貧へと向かうのみの結末となるだろうと思っている。それは、クライエントへの不利益に繋がることだと思っている。が、ゆえに是々非々の愚考を投げ掛けているだけなのだが・・・



己のキャリア形成への機軸が構築されたのは、今は、人材派遣関連で叩かれ続けている、フルキャストの黎明期から一部上場を果たすまでの10年間の月日、砂を噛み締める思いのなかで血の汗を流し続け、業界形成と組織構築に奔走し、戦い続けてきた勤務の歩みに起因する。
キャリア形成の言葉も情報なども無かったあの頃、人事・経営企画・人材開発の責任者として新たなテーゼを形にするためにもがき続けて辿り着いた答えは、現在のキャリア形成の概念に近かいものだったといえる。
個人と組織との新たな労使関係のあり方を見つめ続けて、悩み・搾り出し・創り上げていったモノの多くの共通点をキャリア形成の概念に見出すことが出来た。
あの時、キャリア形成の考え方・メソッドが手元にあれば、社員も経営ももっと々より良い状況へ導くことが出来たのにと、資格取得の勉強中に何度も悔やむこともあった。


もともとカウンセラー・コンサルタントとしてのプレイヤー指向ではなく、「より多くの人々が幸せになるためにどうあれば良いのか」を考える上でのマネージ指向のみがベースにある。
キャリアウィングの設立以降、全てを手弁当でありん子の一歩々を重ねて来たが、それでも世間の一部では、大きな誤解があることをお話しを通じて聞かされ、「もう、ため息しか出るものは無いよ」と思うのだった。



どこかの誰かに何かが伝わることを願いながら・・・

今年の9末までは、1日1記事をと心に決め書き綴っている、*** キャリアの翼 ***「笑顔の行方を見つめる」キャリア*ノート* のこの1ヶ月間のログを残したい。
幾つかの記事が、各ランキングのなかでも高順位を得ており、何かの検討の際のヒントに繋がれば嬉しいと思う。

 ・キャリア・コンサルタント/カウンセラーのアイデンティティ
 ・プル満開・夏・Startのセットリスト
 ・キャリア・カウンセラーは悩み無き者の如し!?
 ・大人の男の「別れ方」・・・それは突然に・・・

 ・嗚呼・日々・・・反省&成長
 ・「誰も語らないキャリア形成」・・・を、綴り思う備忘録
 ・サンタナおじさんと、誰も語らないキャリア形成
 ・然る人事マンが追い求めた「企業内キャリア形成」

 ・政権とキャリア・コンサルティングと・・・と
 ・大人の振りした子供と、大人の振りした大人
 ・Fore~アメリカン・モーニングとバンシャガランでLet's do it!
 ・一夜限り・・・夕萱(ユウスゲ)の想い出

 ・人事&キャリア・コンサルタントのIN/OUTPUT
 ・ウタタタタ・・・ポーン!は、親子の証
 ・キャリア形成の成功ポイント*Working Readinessを育む
 ・めっちゃ・レモンハートやねん・・・

 ・自分色を染め上げて
 ・キャリア形成・転機には、スペース確保と環境整理
 ・夏祭りの「しおり」
 ・七夕の星物語*湘南夏の風物詩

 ・All Along The Watchtower
 ・明日へ繋がる今日を
 ・リソースのレイアウト・チェンジ
 ・時代&キャリア・コンサルティング業界の「解」

 ・カウンセリング&マネージメントの真理 ~ 『ナース効果』
 ・転機へのRestart ・・・ 熱く走り切るために
 ・キャリアコンサルティング業界へのひとり言
 ・大人への儀式と忘れ物


先月、大切な家族を天に見送り、メルマガを通じても多くの方からメッセージを頂戴しました。私事のお礼とひとり言 の記事をお礼にさせて頂きたいと存じます。

ありがとうございました。



時代&キャリア・コンサルティング業界の「解」より、キャリア形成支援の業界に対比させられるだろう、涙が毀れる思いで頷いたナイチンゲールさんの言葉を最後に記したい。


「天使とは、美しい花をまき散らす者でなく、苦悩する者のために戦う者である」

マザー・テレサと同様、ボランティアによる救護団体の常時組織の設立には真っ向から反対しており、「構成員の自己犠牲のみに頼る援助活動は決して長続きしない」ということを見抜き、「構成員の奉仕の精神にも頼るが、経済的援助なしにはそれも無力である」という考え方を持っていたとのことだ(前後割愛)




笑顔の行方を見つめて





【ディスカッション・ペーパー】キャリア・コンサルティング業界形成に向けて
* 笑顔の溢れる社会に向けた*キャリア形成支援の業界形成のための提言 *

 A. キャリア形成支援の全体像から見た課題形成(192 KB)
 B. キャリア形成支援の業界形成に向けた具体的な検討諸案(132 KB)
    キャリア・コンサルタント技能士会に関わる課題形成




career wing
仕事を通じて、“自分「らしさ」の実現”を追求する、
キャリア形成支援のトータル・ソリューション・サービス
ヨシダの徒然 < 編集後記>

梅雨明け同時に夏本番・・・溶けます・・・熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい!

横浜オフィスは、売却して閉めようかと動き始めました。
吉田を買ってやるぞ!の先があれば、考えちゃいます・・・秘密にレス下さい!?


一日一膳?の思いで書き綴っているブログ* キャリアの翼 *「笑顔の行方を見つめる」キャリア*ノート*あんなことも・こんなことも・・・


「まぐまぐ」から発行中のメルマガ【「個の時代」の、キャリアカウンセラー&人事 】が携帯でもご覧になれるようになりました!
通勤やお出掛けの合間に、ふとお暇になってしまった時に、もっと手軽にいつでもメルマガを読んで頂ければと思います。

ミニまぐ(携帯版メルマガ)の登録は、下記のフォームよりお願い致します!


 





Career wing  tadashi yoshida


特定非営利活動法人 キャリア・コンサルティング協議会 会員
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)所属

厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格
キャリアカウンセラー

Copyright(c) キャリアウィング all right reserved.