2009.4.1

「キャリアコンサルタント*ラボラトリー*」始動します!

■□Career-Consultant * Laboratory * キャリコン*ラボ* 始動です!

キャリアコンサルタント*ラボラトリー* (Career-Consultant * Laboratory * 総称:
キャリコン*ラボ* とは、 『キャリアコンサルタントの・キャリアコンサルタントによる・キャリアコンサルタントのための、事例「研究・検証」SNSコミュニティ』です。
キャリアウィングが運営会社として、活動展開を行って参ります。

予定として、4月1日をキックオフとして関係者間で仮運用を開始し、5月1日(予定)より、一般のご参加希望者の方々を段階的に募って運営していく予定です。

キャリコン*ラボ* の詳細は、こちらをご覧下さい(硬い説明文ですが・・・)


通常のSNSとキャリコン*ラボ* との大きな違いが2つあります。


その1.参加者がキャリアコンサルタント(有資格者)のみであることといえます(専門分野のゲスト招待等を除く)
その2.キャリアコンサルティングの事例の「研究・検証」を主目的としたものであることになります(もちろん・これだけではありませんが・・・)

余談ながら・・・サイトの活用目的を考えた時に「メッセージの発信機能は必要だけど、日記という意味での機能はチョッと違うよね・・・」との話し合いになり、 良し悪しは別としても「日記」という項目は削除し、コミュニティ等で深く考察を深めるほどではないが、チョッと参考意見や情報が欲しい時に使用するイメージでの 機能に変更したりもしています(まだこちらも慣れていないのですが)
また、キャリコン*ラボ* を通じた2次展開のスキームの概要計画も描きましたので、共通の目的に向き合える方とご一緒に鋭意目指していきたいと考えております。


目的は、自己スキルUP = 支援効果を高められること


経験の裏付けである、学問としての諸理論を極めることも大切だと思います。
しかし、理論の実践活用が支援効果を高めるモノでなければ無用な机上論になってしまいます。 目の前のクライエントは、「現実」そのものです。「もっとより良い支援のあり方を見つけたい」と思い続けていました。
そんな思いから、さまざまなクライエントの事例を通じ(仮想も含め)、キャリアコンサルティング・カウンセリングの汎用事例の研究・検証を深めることは、 クライエントへの支援効果を高めるための重要な一策につながると思いました(もちろん、守秘義務の徹底はマスト事項と踏まえています)

自分がひとりで経験できることには自ずと限りがあります。
自分自身の経験と成長こそが、そしてそれをシェアし、共有し、活用し合うことが、自己スキルの向上につながり、結果として、クライエントへの支援効果を高め、 業界形成の一翼をも担うことに繋がると思いました。
愚考を繰り返し、たどり着いたひとつの答えが、この『キャリコン*ラボ* 』の場と機会の提供でした。

「与えよ!さらば開かれん。多くを求める事なかれ。」 ・・・と、シェアの精神(ナレッジマネジメント)によってのみこのサイトは成り立ちます。

ひとりでも多くのクライエントが、キャリアコンサルタントとの関係を得て、
 笑顔を取り戻し歩んでいけるために
もっと々多くの方々にキャリアコンサルティングの有効性を理解して頂くために
終わり無き自己研鑽の旅が、クライエントへの支援効果を高める答えに繋がる
 ように  etc.

胸の内の答えを求めたときに、カウンセリングの密室の壁を少しだけ開いてみる
必要があると思いました。

同じ想いを抱く、キャリアコンサルタントの方々と共に『キャリコン*ラボ* 』の場を通じて成長し合えることが出来れば幸いです。

以後、HPやブログ等でも告知して参りますが、いつもメルマガをご覧頂いているみなさまに先ずは、お知らせをしたいと思い、今回ご案内をさせて頂きました。
また随時、メルマガを通じて、参加受付の告知や活動状況のご報告等もさせて頂きたいと踏まえております。


■□キャリアコンサルタントの今後(業界変遷)

キャリアコンサルタントの業界推移に対して、今後を見つめるのに重要な報告書が発表されました。

平成21年3月30日 厚生労働省発表/中央職業能力開発協会発表

キャリア・コンサルティング研究会等報告書発表
〜「指導レベル」キャリア・コンサルタントに求められる能力要件・評価の枠組み等と、キャリア・コンサルティングが若者のキャリア形成に関わり果たすべき役割を明確化〜

平成21年3月 中央職業能力開発協会

「キャリア・コンサルティング研究会」報告書

ジョブカード制度の実施検討の段階で開示提供されていた情報も一部あるように見受けますが、 国が考える業界形成のマスタープラントして、かなり具体的に示されており、一読の価値が高い書類であると感じます。


※斯様な有意義な情報をタイムリーにご紹介して頂いた、熟練レベル・キャリアコンサルタント「Yさん」にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

常に情報収集〜活用を怠ることのない姿勢に感服の想いを抱きます。
本当にありがとうございました。



■□余談・・・技能検定の結果

3月24日にキャリア・コンサルティング技能検定(2級:熟練レベル)の第一回の結果が発表されました。

既に論述試験で「あ〜・・・」となっていた自分ではありましたが、気持ちを切り替え「何事も経験」として面接試験を受け結果通知を受け取りました。

学科試験免除  :特例講習修了による学科試験免除を適用しています。
実技試験不合格
   論述:到達 :合格基準に到達しています。
   面接:所点未:実技(面接)試験において、得点は合格基準に到達しています           が、所要点に達していない評価項目があります。

との結果を手にしました。
自己評価としては、「論述:未達 面接:到達」かと、勝手な採点をしており、間逆の結果に複雑な思いで時を振り返っています。
後付でとやかく物申すことを潔しとしません。
プレイヤー指向ではないとしても、自己状況を振り返るべきは振り返り、自己認識できている欠点の補填と盲点の発見に努めて先を見つめていこうと思います。


478名のキャリア・コンサルティング技能士(2級:熟練レベル)の方々、
本当に合格おめでとうございました。


引き続き頑張ります!





career wing
仕事を通じて、“自分「らしさ」の実現”を追求する、キャリア形成支援のトータル・ソリューション・サービス
ヨシダの徒然 < 編集後記>

デジタル系は、お恥ずかしくも全くの門外漢で、苦手領域の最たるものですが、 思いに駆られてこの数ヶ月間、キャリコン*ラボ* の準備に奔走していました。 今後、ご参加して頂いた方々の思いに応えるためにも、目的に向かい使いやすいサイト運営に努めていきたいと思っています。

恐縮ながら、まだご参加を頂くことは出来ませんが、メールにてご連絡を頂戴できれば、 可能な限りでご案内申し上げさせて頂きます。


横浜オフィスから見える1本の桜の木があります。
昼は、透き通る青空に薄い桜色が淡く映えて心が癒され、夜は、薄明かりに照らされた不思議な柔らかさで癒されています。
これから1ヶ月の桜前線の動きがひとり気になっています。



「まぐまぐ」から発行中のメルマガ【「個の時代」の、キャリアカウンセラー&人事 】が携帯でもご覧になれるようになりました!
通勤やお出掛けの合間に、ふとお暇になってしまった時に、もっと手軽にいつでもメルマガを読んで頂ければと思います。

ミニまぐ(携帯版メルマガ)の登録は、下記のフォームよりお願い致します!


 





Career wing  tadashi yoshida


特定非営利活動法人 キャリア・コンサルティング協議会 会員
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)所属

厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格
キャリアカウンセラー

Copyright(c) キャリアウィング all right reserved.