2008.12.16

キャリア・コンサルティング技能(国家)検定・・・ヨシダの徒然

然るカウンセリングルームにて (CO:カウンセラー CL:クライエント)



CO:今日はどんなご相談でいらっしゃたのでしょうか。
CL:はい。実は、毎週発行しているメルマガで国家試験についての話しを書くべきかどうか悩んでいまして・・・

CO:毎週メルマガを発行していらっしゃる。そこに国家資格と云うテーマについて書いて良いのかどうかをお悩みなのですね。
もう少し詳細をお話し頂けますか?
CL:実は現在、キャリア形成支援事業を営んでおります。
業界の黎明期ということもあってか、実際の現場の情報が少ない事から、可能な限り偽りのない生身の情報発信をしていこうと思い、 キャリア形成をテーマにしたメルマガを発行しているんです。


CO:ご自身の経験を参考情報としてメルマガを届けたいと考えていらっしゃるんですね。
CL:はい。そうなんです。
で、長らく保留になっていた国家資格化が決まり、この12月から第1回目の実技試験が開始される事になったんです。


CO:なるほど・・・
CL:で、国家試験の内容は誰にとっても初めてのことであり、全く情報がない状態なんですが、何人もの方々から何か情報がないのかと尋ねられているんです。
しかし、それは私自身も同じ事でして・・・


CO:求められる情報提供をしたい自分と、正確な情報が無くて、書きたいが書けないというような葛藤。 それは・・・使命感に近いお気持ちなのでしょうかね。
CL:使命感・・・う・・・ん(沈黙)

CO:いま、使命感・・・の言葉の後に沈黙がありましたが、どんな事が頭のなかをよぎっていたのか、よろしければお話し頂けますか?
CL:・・・はい・・・自分の言動には責任を持ちたいと思っていまして・・・
仕事の忙しさを理由にして、ろくな勉強も出来ていないのに偉そうにあーだ・こーだと綴るって云うのがどうかと・・・(沈黙)



/// 中略 ///



CO:キャリア・コンサルティング協議会で実施されている講習の講師もやっていらっしゃる、 「キャリア研修センター」田中春秋さんをご存知ですか?
CL:はい。仲間内からの話しで、お名前だけは存じ上げております。

CO:たしか国家試験に関する内容のブログも書かれていたような気がするんですが・・・チョッと一緒にWEBサイトを見てみましょうか。
CL:はい。ぜひとも見てみたいのでお願いいたします。

CO:HPの方には、「熟練検定の「論述」の例題と参考回答作りました」とありますね。 「キャリア研修センター<企業・個人・カウンセラー向けた情報」ブログの方にも 「2008年10月31日 検定の「論述」の例題作りました」とありますね。
CL:うわぁ。これは内容的に物凄く参考になります。凄いです。
検定試験に対する内容も然ることながら、キャリア・コンサルティングに対する、田中さんご自身のお気持ちも、 私の稚拙な言い回しで何度もメルマガに書いていたことが、端的に要約されていて胸に響いてきます。



/// 中略 ///



CO:今日のお話しをまとめてみると、ポイントは3点でしょうか。
1.ご自身の勉強状況も一つの情報としてメルマガに書くことに意義を見出せた
2.責任を以って行動するためには、自己一致の必要があると再認識が出来た
3.さっそく次回のメルマガで実行に移してみようと考えている
いかがでしょうか。
CL:はい。いまの3点で間違いありません。何だかとてもスッキリした気分です。

CO:それは、良かったです。とても笑顔が爽やかになっていらっしゃいますよ。
CL:そうですよね・・・笑顔で悩むことを忘れていたかも知れません。
あの・・・もし宜しければ、残りの時間で、少し今の勉強状況のお話しをさせて頂いてもよろしいですか?

CO:もちろん構いませんよ。


/// 中略 ///



2級試験科目及びその範囲並びにその細目の読み込み
  学科試験と実技試験の内容比較
  論述試験の予測
  下記、調査研究報告書との比較検討
資格内容の全体像の見誤りがないように学科試験の対象事項の再点検
論述試験の対応のためカウンセリング理論の再点検
参考書籍や情報の獲得
  キャリア・カウンセリング(木村周著) 全体掌握
  キャリアの心理学(渡辺三枝子著) 理論掌握
  キャリア・カウンセリング入門 (同著・同意)

   ※いずれも詳細は、こちらをご覧下さい。

※木村周氏は、同試験の調査研究委員会の座長でもいらしたことから選択を行った。また、同書の前提となっているのかと私見推察している 平成13年5月17日厚労省発表 「キャリア・コンサルティング技法等に関する調査研究報告書の概要」を総論の手引書として位置付けてみた。

発言小町を使用しての論述対策・一人訓練の実施

その他、参考書籍として(本実技に向けて

 カウンセリングテクニック入門(大谷彰著)
 対人支援のための相談面接技術(岩間伸之著)
 マイクロ・カウンセリング技法(福原眞知子著)
 キャリア発達の心理学(宗方比佐子・渡辺直登著)
 構成的グループ・エンカウンターと教育分析
   (國分康孝・國分久子・片野智治編著)
 認知行動療法に関するもの数冊

等の熟読を予定(詳細レビューは、後日HPUP予定)。

※上記は、あくまでも個人的な試験対策の予想(他から一切の判断情報はありません)から描いているものになります。
個々のお考えや諸状況により、試験対策内容等には違いが生じるかと存じますので、全て自己責任によるご判断を願い・ご注意下さい。



/// 中略 ///



CO:随分と盛り沢山のようですが、無茶はされていませんか。大丈夫ですか?
CL:お恥ずかしいのですが、仕事のバタバタに乗じて、意気込みだけで勉強の時間が止まってしまっていました。 論述試験まで数日しかありませんが、仕事との兼ね合いのなかで、出来る限りやってみようと思っています。

CO:そうですか。うん。頑張りがより良い結果に繋がれば嬉しいことですね。
インフルエンザも流行っているようですので、お仕事との兼ね合いで大変でしょうが、 時に無理はしても無茶はされないように、笑顔で試験を迎えて下さい。
CL:はい。ありがとうございます。
試験結果の自信など微塵もありませんが、笑顔のままやり切ってみたいと思います。 今日は、本当にありがとうございました。頑張ります。




超高速回転ピッチ走法で21日まで走り切ってみたいと思います。




今回、ご活動に於ける共感と尊敬の思いから、「キャリア研修センター」田中春秋氏のWEBサイトのご紹介をさせて頂きました。
誠に勝手ながら、この場をお借りし、心からお礼申し上げます。

ありがとうございます。




career wing
仕事を通じて、“自分「らしさ」の実現”を追求する、キャリア形成支援のトータル・ソリューション・サービス
ヨシダの徒然 < 編集後記>


サブプライム問題で・・・と・・・未払い発生。
こんな横浜のちびっ子会社にまで世界経済の影響が・・・
お正月の餅代確保に奔走していましたが、もう試験に集中に決めましたよ(揺らぐ想いを胸に秘め?)!
・・・って、ここからのダッシュでリカバリー出来るのか・・・結果を考え縛られるのは止めよう・・・と・・・
しかし・・・ベンツ乗りながら資金繰りがと言われても共感的理解は難しい・・・
ここは、論理療法@Albert Ellisで責めるか・・・いかん・・・責めては・・・カウンセラーマインドが崩れる・・・いや・今は経営の自分か・・・正月には餅が食べたい。

いかん・・・勉強・勉強・・・トホホ

メルマガは、水曜発行を最近の基本としていましたが、出張・年末年始の諸状況により、今回は一日でも早くと思い、繰上げて発行させて頂きました。



「まぐまぐ」から発行中のメルマガ【「個の時代」の、キャリアカウンセラー&人事 】が携帯でもご覧になれるようになりました!
通勤やお出掛けの合間に、ふとお暇になってしまった時に、もっと手軽にいつでもメルマガを読んで頂ければと思います。

ミニまぐ(携帯版メルマガ)の登録は、下記のフォームよりお願い致します!


 





Career wing  tadashi yoshida


特定非営利活動法人 キャリア・コンサルティング協議会 会員
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)所属

厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格
キャリアカウンセラー

Copyright(c) キャリアウィング all right reserved.