2008.11.5

無題  〜レクイエム〜

大好きだったひとと一緒に過ごしたビーチ。
仲間達と棒倒しの大きな砂山を作ったビーチ。
鏡のような凪の時も、台風の荒れ狂う水壁のような波との出会いも、降り注ぐ夏の太陽の陽射しも、雪が降り湯気立つ真冬の海も風も、 自らが求め「そこ」に立てば、いつでも柔らかく包み込んでくれる茅ヶ崎の海とビーチがありました。


背負い過ぎて疲れてしまった時。
煩わしさから逃げ出したくなった時。
見失っている自分を取り戻したいと思った時。
胸の内を占め、足枷のように身動きを鈍らせている「それ」を身体の中から取り出したい時、砂浜にひとりで座り、時を過ごすことがあります。



遊歩道からは見えないビーチの斜面に腰を下し、パーカーのフードを頭に被り、季節をそのまま映しだす砂の温度を手に確かめて風に翳してみます。
手の平を零れ落ちる砂が、季節と共に風向きと強さを教えてくれます。


大好きな波乗りに興じているひと々。
リードを外して犬と一緒にはしゃぐひと。
靴を手に持ち波打ち際を散歩をするひと。

沖に目をやれば、シラス漁なのか漁船が何艘も浮かび、 広い空には、大きく羽を広げた鳶が獲物を狙っているのか、仲間と遊んでいるのか、何度も々も弧を描き飛んでいます。
さらにその先には、左右に長く・大きく広がった水平線が、どこまでも伸び続いて
地球の丸さを感じさせてくれます。


水平線の向こうは、どこに続いているのか。
辿り着いたその地には、どんなひと達が暮らしているのか。
同じように向こう側からもこちらを思っている人がいるのか。

水平線を見つめ続け、空の果てを思い、銀河と宇宙の果てに遊び「ハッ」として見えたのは、 ビーチに腰掛けてフードを被って水平線を見つめている、丸まった姿の自分の背中でした。


出口が見えず、ため息をつくしか術がないような情況を感じていたのに、 ふと感じた、「どうにかなるさ」との思いと、出口のひと筋の光。
捕われていた悩みと向き合う自分の小ささに込み上げてくる苦笑い。

何かが変わったわけではない。
しかし、確実に何かが変わった感覚だけが残っていました。



リードを解き放たれて力の限りに波打ち際を走り周っていたラブラドールが、砂浜に腰掛けている自分の近くに寄って来てはピタッと止まり、 ジッと顔を見ては、サッァっとまた走り出し、少し走り出したそこでまた立ち止まり、またこちらを見つめてゆっくりと歩き寄って来ました。
遠くを歩いている老夫婦の飼い主が「スミマセン」と、遠くから声を掛け頭を下げています。


揺らめく様に沈み始めた夕日が、水平線の向こうに静かに落ちて行きます。
どこかの街では朝を迎えるのかも知れません。


何度も寄って来ては、走り出し離れていく白いラブ。
腰を上げ、お尻についた砂を払っている時にまた近くに寄って来て、大きくシッポを振りながら顔を見上げます。
何かを言いたげなその仕草。
「そろそろ帰ろう」と一歩を踏み出そうとした時に波打ち際に向かって風を追い掛けるように走り出したラブ。
「そうか。一緒に駆けっこしたいのか」
それに気がついた事が嬉しいのか、シッポを左右に大きく揺らしながら「さぁ」と誘いを掛けて来ます。


笑ったまま見つめ歩いている老夫婦の方に向かい斜面の砂浜を駆け降りました。
足枷を忘れられそうな身体に踏み締める砂の感触が心地よく、思いっきり老夫婦とラブの笑顔に向かって走り出しました。




キャリアカウンセリングとは、キャリアカウンセラーとは何なのでしょうか。
何が出来て、何が出来ない存在なのでしょう。


求められる時にいつでもそこにいる存在
どんな時にでも静かに温かく受容し
抜け出せない悩みを表に解き放ち
存在意義を自己効力感を取り戻せるよう努め
踏み出す機会を自然に用意し、見守り・見送る


何の約束が出来、何を果たす事が出来るのか・・・


限界まで走り切らなければ、限界点を伸ばすことは出来ない。
これを繰り返す事の中でしか、アベレージは高められない。
これまで生きてきた経験を積み重ね、新たな知識と経験を綴り折り重ね合わせる。

動きながら、悩め・もがけ・苦しめ・揺れろ・考えろ・止まるな・・・と、自分に言い聞かせました。

求められることに、可能な限り向き合い、尽くし切ろう。
やったのか・逃げたのかは自分自身が一番良く知っている。
生き方は自分が決める。評価は周りがすれば良い。
歩み続ける事しか出来ない。一歩前に踏み出そう。



命を前にした時に己の無力感だけが溢れ出していました。
キャリア・カウンセラーとして胸を張るには、まだまだ時間が掛かるのかと思います。

支援を行なっていた彼の突然の訃報の手紙をポケットのなかで握りしめ、夕焼けに染まり始めた空に、彼の屈託の無い笑顔を思い出していました。




君のことを忘れはしない。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

ありがとう。





キャリア・カウンセラーを目指していた、若き彼へのレクイエムとしてこの場をお借りして、書き綴らせて頂きました。



career wing
仕事を通じて、“自分「らしさ」の実現”を追求する、キャリア形成支援のトータル・ソリューション・サービス
ヨシダの徒然 < 編集後記>

12月実施のJCDA2次試験対策ロープレ・セッション実施中です(もちろん、他の団体の方も大歓迎です)!

本物志向のため、傾聴のみ等の切り取られたスキルのみに注力する形ではありません。 参加ご希望の方がいらっしゃれば、お気軽にご連絡下さい。
詳細のご案内を申し上げます。

無償で出来る自己訓練方法もメルマガ過去記事に掲載していますので、ぜひご活用下さい。 地方の方に対しては、webカメラ・メール・電話等でも対応しております。

思いが素敵な形になりますように!



「まぐまぐ」から発行中のメルマガ【「個の時代」の、キャリアカウンセラー&人事 】が携帯でもご覧になれるようになりました!
通勤やお出掛けの合間に、ふとお暇になってしまった時に、もっと手軽にいつでもメルマガを読んで頂ければと思います。

ミニまぐ(携帯版メルマガ)の登録は、下記のフォームよりお願い致します!


 





Career wing  tadashi yoshida


特定非営利活動法人 キャリア・コンサルティング協議会 会員
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)所属

厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格
キャリアカウンセラー

Copyright(c) キャリアウィング all right reserved.