青春時代と言って良いのかどうか分かりませんが、私が小学校・中学校の頃のTVのアイドルタレントといえば、花の中三トリオ(さすがに古いですが...)をはじめ、その殆どが10代であったように思います。

成人という言葉には、確実な意味と重みがあり、20代は確かな大人との感覚がありました。
30代は、完成された大人。
40代以上は、その区別もつかず、大人と老人っていうような括りの感覚が未だに残っています。

そんなことをフト思いながら、TVで活躍するタレントを見てみると、30代でも若者代表(的に)としてイメージされる活躍を見せている方々がとても多い感を受けます。
そして、それに違和感を感じていない自分もいます。


  情報ボーダレス社会の結果、子供達が大人びた?
  自分探しの結果、大人達が子供返り?し始めた?


世の中には、「憧れ」の対象が少なくなり、「絶対」が少なくなった。とも感じます。
多様化する価値観が蔓延するということが、この原因の一端となっているのでしょうか?
良い意味で、各人が共通するところの「絶対値・物事の機軸(ex.守るべき文化やイズム・倫理観・尊厳への価値観 等々)」が失われつつある気もします。

昨今のニュースを見ていると、どうも社会全体が「低年齢化」しつつあり、誤った自由・個人主義へ向いている気がしてなりません。


組織においてもある意味同じ現象があるかと感じています。

成果・能力主義の偏った価値観により、ゼネラル指向が排除され後継者を描き難い
組織全体主義に対し、注意喚起や指導力が弱くなりマネージメントレベルが低下している
仕事/組織に対してのロイヤリティが低くなり、推進力の低下から生産性が上がり難い
義務より権利の主張が先に立ちがちとなっている                       
etc

これらの一例も社会(個人)の低年齢化の結果の一端のように思えてならないのです。

自由とは本来、規律のなかで求められることだと思うのですが、そのフレームを外した中で謳歌を繰り返しているように感じるのです。
個と全体との調和が一番重要なことだと思うのですが、どうもどちらかへ偏りすぎていて最適バランスを見失っているような・・・


年功序列制の崩壊から、成果・能力主義制へ移行し、今まさに次の組織の価値観へ変わろうとしている最中なのではないかと思います。

 前回、「働く女の会 君島圭さんから学ぶ」については、「多様性の融合・活用の意である、ダイバーシティ(diversity)」の実際例としてお伝えを致しました。
特にカウンセラーマインド+ファシリテーション(スキル)の発揮がとても良く活かされているとのことで、キャリアカウンセラーとして非常に興味深かったことと、人事担当者における社内のマネージスキル開発や活性化した組織作りのための一策として、参考に出来る事が溢れていると感じてご紹介をさせて頂きました。


低年齢化し始めている個人・社会の変化に対応する今後の人事的な経営課題としては、

 社員ひとり々が、自己効力感や自己成長を個人・組織の両面で体感できるマネジメント
 モチベーションを喚起できる人事・労務の環境づくりとマネージメントシステム
 ボトムアップ型でもトップダウン型でもない、エンプロイアビリティ型経営へのシフト

と言えるのではないでしょうか。

成果主義の良い面を残しながらも、社員のキャリア開発に焦点を当てた経営環境や人材マネジメントが求められているのだと思います。

個性溢れる個々人が、個人と社会(組織)のなかで、適材適所に基づき、自分の最大限の能力を発揮できること。
結して理想論ではなく、今だからこそ、ここに向かう必要があるのではないかと感じます。


組織にとっての機軸は、理念であり事業計画です。
これを元にダイバーシティ的な組織風土作りを目指し、各マネージが、カウンセラーマインド+ファシリテーション的手法として労務管理・人材育成を行なっていったら、個人・社会の低年齢化による種々の問題を解決出来るかも知れません。


子供の感性と大人の頭脳とは、個人にとっても組織にとっても魅力的なことだと思います。


自立型社員を強く求められる組織の現状において、
あなたの組織・会社の「精神年齢」と「体力年齢」はいかがでしょうか?


Career wing    tadashi yoshida
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)所属
厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格 キャリア・カウンセラー

 

注) ダイバーシティとは、

性別・年齢・国籍・身体障害の有無などの外面的な違いだけでなく、宗教・生き方・価値観・考え方・性格・態度・などの内面的な違いなどにも捕われない人材活用を行ない、画一的な型にはまることを強要するのでなく、各自の個性を活かし能力を発揮できるような組織を創ることをいいます。
また、これは、個人にとってのプラスと組織にとってのプラスと考えられ、経営戦略の一端として考えられるモノであり、コンプライアンスのみならず、組織・社会と人権をも含んで考えられています。

 


気が向いたら、ぜひぜひポチッとしてみて下さい!

◇ キャリアウィングのオフィシャルHPです!                      ・・・>ぜひ!
 キャリア形成支援をお考えの個人の方にご覧頂きたいページです。・・・>GO!
◇ キャリアカウンセラーの方にご覧頂きたいページです。            ・・・>GO!
 企業(経営・人事)の方にご覧頂きたいページです。              ・・・>GO!
◇ こんなところにも徒然にコラム書いています。                    ・・・>あは!
 各種のご連絡・叱咤激励?はこちらに・・・                      ・・・>GO!


お知らせ!

◇ 過去のメルマガをカテゴリー&コメント付きに分けて一覧にしました。         <覗く!>
 キャリアカウンセリング・トレーニングで使用可能な資料も随時更新しています!<使う!>
◇ ハワイに行けない・・・の思いを、プルメリアの育成に切り替えました。         <見る!>
       「Plumeria <プルメリア> 日記 」
 各業界でご活躍中の方々より「キャリア」をテーマのメッセージを頂いています!<読む!>