素敵な可能性に満ち溢れた学生の方々とお会いするのは、 ある種、刺激に満ち溢れ、とても大切にしてる時間です。 今となっては笑い話のエピソードを・・・ その1. 面接時の服装チェックをするから、(ビジネス)フォーマルで来てね! 確かにそう伝えていたのです。 「いらっしゃい!」 「お!決まってるねぇ!」 「ムン・・・」 なぜに君は、胸にポケットチーフを入れてるの・・・ 「フォーマルって言ったじゃぁないですか・・・」
その2. グループワークの際に、面接官の方から上着を脱いでも良いですよと言われたら、 状況に応じてジャケットを脱いでも大丈夫だよ! 脱いだジャケットは、こうしてたたんで・・・ ワイシャツの下のTシャツは、大目にアリだとしよう。 「 ウンがぁ・・・」 背中一面に浮き上がった、風神と雷神は・・・ 「和テイストって、好きなんですよ・・・」 胸には、シルバーアクセのロザリオも見え隠れし・・・
その3. 数名のメンバーと模擬面接訓練の実施。 「遅れそうだったんで、思いっきり走って来ちゃいました!」 場所分かり難かったかな? 「じゃぁ、冷たい飲み物用意するから、座って待っていてね!」 「ムン・・・中嶋美嘉?」 汗でマスカラが黒い涙のように・・・ゴス系模擬面接か・・・
その4. 手書き郵送のエントリーシートのチェック。 随分と、自分らしいアピールが出来るようになったよね! でも、感嘆符(!)は、止めた方が良いのと、 句読点(。)を、ティアドロップ型にするのも止めようね。 メッチャ成長を遂げているのだが・・・
ビジネス常識(マナー・マインド等)を会社に入ってから学ぶ風潮は以前からあります。 個人的には、「それでは遅い」と常に反対の意を唱えています・・・ ライフキャリアにおいては、学生時代より何倍も多くの職業時間を過ごします。 ゆえに、ビジネス上の常識をどの段階で会得するかは、 その後の職業キャリアの目標到達スピードに大きく影響を与えます。 また、エンプロイアビリティ(市場価値)を機軸にした、ワークライフバランスを、 企業・個人の相互利益において考えた時に、戦力評価は重要な要素となります。 これからしても、戦力評価の基礎となるビジネスの常識をいつの段階でいかに身につけ いかに経験として活かしていけるようになれるのかが、 キャリア形成の可能性を長期的に大きく広げるひとつの要素となることが伺えます。 限られた時間の中で学生時代を各々が様々に謳歌する事は、 社会への見聞を広げ・深める意味において大賛成です。 その際に、早い時期より、ビジネス上の常識を情報・知識として与え、 ビジネス世界へ向かう目的意識をしっかりと持ちながら 日々を過ごす必要性を理解させ、情報・知識を経験へと認識させられるような、 継続的な支援を行なう必要性を強く感じるのです。  ex)  チューター制度・ビジネスメンター制度 等 激化する労働市場のなかで、この単純なロジックの実践を行う事でも、 適正なキャリア形成のための一助をなす、大切なポイントになると実感しています。 もっともっと、「キャリアとは、組織とは、企業とは、社会とは、」を彼等と語り合い、 社会・企業・個人にとって最適な接点を描いていかなければならないと考えさせられます。
今よりも少しだけ、ここに注力するだけで、結果は大きく変化すると思いますよ。
「吉田さん カップヌードル大丈夫ですか?」 「ムン・・・」 「あ・・」 話しに熱中していて、お湯を注いで早15分・・・ 蓋を開けたそこには、不思議な物体がそこに・・・ 純粋な刺激を受け、学ばせて貰う事も多いのです!! 弛まぬ精進を・・・
Career wing tadashi yoshida 特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)所属 厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験合格 キャリア・カウンセラー
  ○ 自分「らしさ」にこだわる Career wing のサイト入口 ● 徒然に綴る 「 Wing colum 」 ○ yoshidaとは「 Wing voice 」 ● yoshidaのあゆみ ○ yoshidaのポリシー ● キャリアカウンセラーのあなたへ! ○ キャリアカウンセラー志望のあなたへ! ● 人事ご担当のあなたへ! キャリアウィングでは、 ◇ 「キャリア・カウンセラーズ・ネットワーク」を構築(募集)中!     お気軽にご連絡下さい! ◇ 「求人誌サリダ」 とコラボを行ない「 女性のキャリア支援 」を実施中です。 ◇ 「働く若者ネット相談事業」 を支援致しております。