最近、立て続けに3人の方より 「キャリアカウンセラーになりたいんですが...」と、 ご相談を受けました。 キャリアカウンセラーに対するイメージは三者三様。 希望される支援ターゲットも、 ニート&フリーター・若年層・女性とこれまたまちまち。 確かにキャリアカウンセラーは、色々な属性の方々に 幅広い対象範囲のキャリア支援を実施します。 良く言えば汎用性が高い資格といえますが、 逆を返せば、資格取得だけではビジネスとして 焦点が拡散傾向になりやすいともいえます。 私が知りうる限りにおいて、 キャリアカウンセリングのみで事業が成り立っている方は、 中々いらっしゃらないのではないかとの認識もしています。 それでもキャリアカウンセラー資格の取得を希望される方が多いのは、 「個の時代」の背景の裏返しの現象なのだろうかとも思います。 しかし、キャリア「支援」への思いの裏側で、 それをどうやって実行するのかの視点に欠けているようにも感じています。 組織に所属して実現するのか、個人で実現するのか。 具体的な内容・方法は、どのようなモノなのか・・・etc ご相談を受ける都度、申し上げるのは、 「クライエントの方々の数だけキャリアがあり、 キャリアカウンセリング(キャリア支援)のあり方も その数だけあるのだと思っています」と。 ゆえにキャリアカウンセラー資格取得のための勉強においては、 キャリア支援の技法や実践よりも、汎用性に応じた基本知識の 取得に焦点が据えられていると思えます。よと。 国内においてキャリアカウンセリング(ビジネス)は、 まだまだ黎明期といえます。 大学入学のための予備校には、高額な金額を掛けるも その目的であるキャリア(発見・開発・歩み・修正・相談 等)には、 コストを掛ける状況には、まだまだ程遠いと言わざるを得ません。 それを以ってしても、 キャリア支援に寄せる思いをどのように遂げるのかをも見つめながら、 ぜひとも資格取得を目指し、職業として活躍して欲しいと思います。 あなたの思いこそが、現状打破に繋がると信じています。 キャリアカウンセリングは、クライエントのキャリア支援の 手段であって目的ではありません。 クライエントがより良い明日への一歩を踏み出せれば、 目的は達成させられたといえます。 ぜひとも、 あなたの目的を極め、そのための手段を極めてくださいね!
Career wing キャリアカウンセラーを目指す方へ キャアリアウィングでは、あなたのご相談にいつでも応じます。 お気軽にご連絡頂ければ嬉しく存じます。 ご相談はこちらへ!