私が1次試験を受けた会場は、東京の両国会場(雨降り)でした。 正直、茅ケ崎から両国は、ハワイに行く(気分は全く違いますが)位に 遠く感じていたことを思い出します。 あがり&しんぱい症のせいもあって、開始時間の3時間前には、 ハワイ...いや、両国に到着し、早速、地図を片手に会場の下見に。 な・な・な・なん〜と 既にテキスト持った人達が、入口付近に何人も待ってるではないですか! しかも皆さん、頭切れそうに見えるし(不思議な現象?)... 全く意味はないのですが、「ボクは、受験者じゃないよ...」的な表情で 会場前を通り過ぎ、「ヤバイ...最後の追い込みをメシ食いながらやろう」と 会場近くをウロウロしたら、日曜だったせいで店が全く開いてなく、 結局、両国駅まで戻って、レストランの扉を開けたら... 店の1/4位の人達がテキスト読みながら...余裕の表情でティータイム?... Oh Jesus ... 冷凍食品丸出しのピラフは、胸が詰まって入っていかないし、 アイスコーヒーは、なぜか胸焼けするし... どんどん自分でマイナスの方向に追い込んでしまっているようなひと時。 「プルルルル...」携帯に後輩からの激励のメール! 何気ない言葉に、メッチャ嬉しく、落ち着きを取り戻せた自分がいました。 ムォォォ...そうだよこれまで必死にやってきたんだし、 今は、平常心になるように自分を保たなければダメじゃん。 資格取って、職業にしよう!って奴が、一夜漬けしてどうすんだ! まだまだ甘いな、「俺」とファイルを閉じカバンに... 不思議、周りの方々の表情が一気に不安一杯に見えるのです。 まだまだ開場時間には1時間以上もありましたが、店も混んで来たため 早過ぎるのですが会場に向かい、近くの公園で傘をさしながら木の下で雨宿り。 これまでの自分の軌跡を、ひとつ々振り返っていました。 ・意を決めて、ビジネススクールに通った日々 ・講義前に実施される試験勉強の日々 ・中間試験や修了試験への取り組み ・卒業から自習のみで過ごした月日 そして今日。 仕事の忙しさを理由に、勉強が出来なかったと云う様な言い訳は 絶対に自分自身にしたくなかったんです。 「これは仕事だ!」と思って勉強に励みました。 正直、振り返れば、もっと頑張る事は出来たと思います。 でも・・・そう、やり切ったよ「俺!」。 あとは、いままでの成果を白紙に埋めるだけ。 いざ、会場入口へ・・・ 次回予告 「気持ち完璧で問題用紙をめくったそこに...」
Career wing Tyoshida
    
<ぜひ、小社のHPもご覧下さい!>
http://www.career-wing.jp