「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】恥も罪悪感も持たない


こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との対話3」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第18章の5回目になります。




高度に進化した存在(HEB)の
特徴についての対話が続いています。


今回は、
HEBが恥も罪悪感を感じないという話です。




「恥というものがない。」
(p.361)


「それに、罪悪感がない。」
(p.361)



これまでにも、
罪悪感は百害あって一利なしなどと、
完全に否定してきました。


したがって、
HEBが恥も罪悪感も抱かないことは、
予想通りとも言えます。



しかし、ニール氏は、
土地の管理者として失敗したら
HEBでも土地を取り上げられる
という神の話を持ち出します。


その土地を取り上げられた人は、
恥ずかしく感じたりしないのでしょうか?



神は、土地を管理する能力がない
と判断された場合に、
土地を取り上げられるだけだと言います。


能力がない人に
管理しろとは言われないからだと。



ニール氏は、
それでも本人が続けたいと言ったら
どうなるのかと尋ねます。


神は、能力がないとわかった人は、
それを続けたいとは思わないと答えます。



「能力のなさが明らかになれば、
欲求がなくなる。
無能だと他に被害を与えるかもしれない
とわかっていれば、当然だ。
彼らは他に被害を与えようとは思わない。
他者に被害を与えることは、
自分を害することで、
それをよく知っているから。」
(p.362)



能力がないのにそれをさせるということは、
それによって誰かが損害を被ります。


たとえば、
運転する能力がない人を運転手にすれば、
事故を起こす確率がUPするでしょう。


私たちは、
もしその事故が自損事故なら、
その人だけが損害を受けたと考えます。


しかしHEBは、
自分たち全体が損害を受けたと考えます。


それがわかっているから、
能力がないとわかった人に運転をさせないし、
その人も運転したいとは思わないのです。



これはつまり、
「自己保存」ではないか
とニール氏は言います。


神もそれに同意します。



「唯一ちがうのは「自己」の意味だ。
人間は自己を非常に狭く考えている。
あなたがたは自分、自分の家族、
自分のコミュニティと言う。
HEBの考える自己はまったくちがう。
彼らは、自分、家族、コミュニティと言う。」
(p.362)



「自己」の意味が違うことは、
容易に想像できます。


しかし、
後半の違いは意味がわかりにくいですね。


神はこう説明します。



「ひとつしかないのだ。
そこが肝心なところだよ。」
(p.362)



つまり、「私の家族」というように、
家族は複数あると考えるのか、
1つしかないと考えるのか
という違いです。


この世界に家族が1つしかない。


まだわかったようでわからない感じです。


神はさらに説明を続けます。



「たとえば、高度に進化した文化では、
自分に
子育ての力がないことが明らかであれば、
決して自分で子供を育てるとは言わない。
だから、高度に進化した文化では、
子供が子供を育てたりはしない。
子供は年長者にゆだねられて、育てられる。」
(p.363)



この話は第1章に書かれています。


2018年2月16日に発行したメルマガ、
「子育ての間違い (18禁)」
で紹介しています。

http://archives.mag2.com/0001680059/20180216180000000.html



私たちは、
子どもを親の所有物かのように思い、
所有者が子どもの養育をすることが
当然だと考えています。


しかし、家族という概念から
「私の」という所有格がなくなれば、
そこにこだわる必要性がなくなります。


「私の」子どもではなくなるのです。



もちろんだからと言って、
生みの親から引き離されて
家族愛が感じられなくなる
というわけではないと神は言います。



「子供の「親」--彼らの言葉で言えば
「生命を与えた者」--が誰か
わかっていても、
自分自身が
生命の基本を学んでいる最中の者から
生命の基本を学べとは言われない、
ということだ。」
(p.363)



子どもを産む親はまだ若く、
親自身が生命の基本を学んでいる最中です。


したがって、生まれた子どもに
それを教える能力がない。


能力がないのに、
それをさせたりはしないし、
やりたいとも思わないのです。



子育てをしたいと思わないことと、
子どもを愛するということは
別のことです。


むしろ愛するからこそ、
子どもの養育を信頼できる年長者に託す。


そういうことになるかと思います。




ここでまた、HEBが恥や罪悪感を
感じないということに話を戻します。



「感じない。罪悪感や恥は、
外部から押しつけられるものだから。」
(p.363)



恥や罪悪感は、自分が抱くものですが、
最初は外部から押しつけられるのだ
と神は言います。



「あなたがたの文化でも、
赤ん坊は「トイレの習慣」を恥じるだろうか?
もちろん、そんなことはない。
教えられるまでは、
恥ずかしいとは思わない。」
(p.363)



たしかに、子どもは恥ずかしがりません。


「うんこ」とか
言葉にするのが好きだったりします。


もちろん中には、
恥ずかしがりの子どももいます。


しかし、注目されて照れることと、
良くないものがあるから恥ずかしく思うのは
まったく別のことです。


排泄物などに「良くない」という概念を、
子どもは持っていないのです。


それが大人になっていく過程で、
「良くない」という概念を抱くようになる。


それは、周りの大人などから、
その考え方を押しつけられていくからです。




「文化の進化の度合いは、
誰に、あるいは何に
「恥」とか「罪悪」というレッテルを
貼っているかでわかるのだよ。」
(p.364)



神は、恥や罪悪感は
外から押し付けられると言いました。


つまり、何かを恥や罪悪だと決めつけ、
押し付ける人がいるということですね。


そこで、何を恥や罪悪とするのか、
それによって進化のレベルが測れる
と言います。



では、我々より少し進化した存在は、
どういうことに恥や罪悪を感じるのでしょう?


何に恥や罪悪を感じるのが、
進化レベルとして正しいのでしょう?


神は、そのことは語りません。


ただ、このように説明します。



「前にも言ったとおり、正邪はないのだよ。」
(p.364)



つまりこれも、
決まったルートがあるわけではない
と言えるのかと思います。


自分の中では、
昨日より今日と思索が深まり、
より自分らしい選択ができるようになった
としましょう。


しかし、昨日選択したことが、
必ずしも万人にとって
遅れていることではありません。


中には、
自分が今日選択したことを昨日選択し、
自分が昨日選択したことを
今日選択する人もいる。


ですから、
他人を判断して批評する必要性はなく、
自分が自分のことをわかればよいのです。



おそらく、いつかは何に対しても、
恥も罪悪も感じなくなるのでしょう。


それらが、
他人から押し付けられるものだとすれば、
それは自由ではありません。


自由でないなら、
本来の私たちとは言えませんから。




◆お知らせ

このメルマガの過去ログの目次を作りました。


まずは1冊目の「神との対話」です。

http://4awasejsn.seesaa.net/article/459546623.html

ご利用ください。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT180525a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================


◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/07/13
部数 47部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/07/13
部数 47部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング