黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編 Vol.047 中国とロシアの動向(後編)


カテゴリー: 2017年03月01日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編
      Vol.047  H29.03.01

        http://rocky96.blog10.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!黒田裕樹です。
通史でたどる歴史講座の「大正編」、今回は「中国とロシアの動向(後
編)」です。ロシア革命によって世界の歴史は大きく変わってしまいま
したが、革命直後に東アジアで起きた悲劇を皆さんはご存知でしょうか
。

(※文章中の「◎」は、教科書において太字などで強調された重要語句
です。文末にもまとめて掲載しています)

「中国とロシアの動向(後編)」
http://rocky96.blog10.fc2.com/blog-category-518.html

日露戦争の敗北は、ロシアを支配していたロマノフ王朝にとって大きな
ダメージとなっていましたが、その後も第一次世界大戦でドイツに敗北
を重ねたことや、生活物資の不足にあえいだことなどによって不満を爆
発させた民衆が、1917(大正6)年3月に大規模な暴動を起こし、
それがきっかけとなって、ついにロマノフ王朝が倒されました。これを
三月革命といいますが、ロシアが当時使用していた暦に合わせて二月革
命とも呼ばれています。

三月(=二月)革命後のロシアは不安定な政治情勢が続きましたが、そ
の中から勢力を拡大したのは、共産主義を標榜(ひょうぼう、主義・主
張や立場などを公然と表すこと)するレーニンでした。マルクスに由来
する「貧富の差を憎むとともに私有財産制を否定して、資本を人民で共
有する」という耳に心地よい思想が、それまでの長い帝政に苦しめられ
てきたロシアの民衆の熱烈な支持を集めたのです。

かくしてレーニンは、1917(大正6)年11月にクーデターによっ
て政治の実権を握ることに成功し、世界で初めての社会主義(=共産主
義)政権であるソビエト政権を樹立しました。これを十一月革命、また
はロシアの暦に合わせて十月革命といいます。

ソビエト政権は、1922(大正11)年にソビエト社会主義共和国連
邦を成立させましたが、その裏でロマノフ王朝の一族をすべて処刑した
ばかりか、共産主義に賛同しないと見なした人民を数百万人も虐殺(ぎ
ゃくさつ)するなど、血にまみれた恐怖政治を行い続けました。

そして、広大な領土を持つ共産主義国家が突然誕生した現実は、我が国
を含めた周辺諸国に甚大(じんだい)な影響を与えることになってしま
うのです。

いわゆる◎ロシア革命を成功させたソビエト政権は、それまで対立して
いたドイツと休戦し、1918(大正7)年3月にブレスト=リトフス
ク条約を結んで、第一次世界大戦の東部戦線から軍を撤退させましたが
、これは、ドイツが西部戦線に兵力を集中させることが可能になったこ
とを意味していました。

ドイツに戦力を集中されることを恐れたイギリス・フランス・イタリア
の三国は、当時シベリアで孤立していたチェコスロバキア軍を救援する
という目的で、我が国にシベリアへの出兵を要請してきましたが、出兵
によってアメリカをこれ以上刺激したくなかった我が国は、これを拒否
しました。

その後、チェコ軍が危機に陥(おちい)っているという情報が流れて、
アメリカ国内でチェコ軍の救援に向けて派兵すべしとの世論が高まり、
アメリカが我が国に共同出兵を要請してきたことで、当時の寺内正毅(
てらうちまさたけ)内閣がようやく重い腰を上げて、大正7(1918
)年8月にアメリカ・イギリス・フランスとともにシベリアへ派兵しま
した。これを◎シベリア出兵といいます。

しかし、出兵に際してそれぞれの思惑(おもわく)を持っていた各国は
意思の疎通(そつう)を欠き、特に我が国はアメリカと激しく対立しま
した。なぜなら、アメリカが出兵した本音が「日本が満州北部やシベリ
アに進出するのを防止すること」であったのに対して、我が国には「ソ
ビエトによる共産主義支配の危機が迫った満州を守る」という強い意思
があったからです。

シベリア出兵は思ったよりもはかばかしい効果があげられないまま、大
正9(1920)年初頭には各国が撤兵を開始しました。我が国もアメ
リカからの共同出兵打ち切りの報を受けて、撤兵への機運が高まりまし
たが、そんな折にとんでもない惨劇(さんげき)が起きてしまいました
。

樺太(からふと)の対岸に位置し、黒竜江(こくりゅうこう、別名をア
ムール川)がオホーツク海に注ぐ河口に位置する沿海州(えんかいしゅ
う)のニコライエフスクには、日本人居留民や日本軍守備隊など合わせ
て約七百数十名が駐留していましたが、大正9(1920)年1月下旬
に、革命軍のパルチザン(=非正規の戦闘集団のこと)が包囲攻撃を仕
掛けてきました。

パルチザンは我が国の守備隊と一旦は講和しましたが、やがて共産主義
に同調しないニコライエフスクの市民を革命裁判と称して次々に虐殺す
るなど乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)を繰り返し、同年3月には日本軍
守備隊を全滅させ、また一部の日本人居留民を捕虜(ほりょ)としまし
た。

日本政府は雪解けを待ってニコライエフスクに救援軍を派遣(はけん)
しましたが、パルチザンは救援軍が到着する前に、捕虜としていた日本
人をことごとく惨殺(ざんさつ)したほか、市民のおよそ半分にあたる
約6,000人を反革命派として虐殺し、最後には市外に火を放って逃
走しました。

ニコライエフスクにいた約七百数十名の日本人全員が、戦死あるいは虐
殺されるという大惨事に対し、我が国内で「元寇(げんこう)以来の国
辱(こくじょく)だ」と対ソ強硬論が高まったのは当然でした。なお、
この悲惨な事件はニコライエフスクの当時の呼称から、◎尼港(にこう
)事件と呼ばれています。

尼港事件に激高した世論を受け、我が国は事件の解決まで北樺太を保障
占領することを宣言しました。なぜなら、事件当時に訴えるべき相手方
たる政府が、シベリアには公的に存在しなかったからです。

後になって、ソビエトの革命政府が事件の非を認めてパルチザンの責任
者を処刑しましたが、我が国が求めた賠償を革命政府が拒否したことも
あって、現地での安全保障を重視した我が国は、大正11(1922)
年までシベリアから撤兵ができませんでした。

シベリア出兵は最終的に当時で約10億円を費(つい)やしたほか、将
兵約72,000人を現地に派遣し、そのうち約3,500名を失うこ
ととなりましたが、結果としては何も得るものがなかったばかりか、領
土的野心を周辺諸国に疑われ、特に日米関係に大きな溝をつくってしま
いました。

ところで、我が国の多くの住民や兵士が虐殺された尼港事件ですが、こ
れだけの大惨事でありながら、なぜか我が国の高校での歴史教科書の多
くが取り上げていません。

そればかりか、チェコ軍の孤立を自国の領土的野心を満たす好機として
、我が国が進んで出兵したとか、あるいは我が国がシベリアでズルズル
と駐留を続けたことで国際的な非難を浴びたというような、余りにも一
方的な記述が見られる教科書もあり、当時の我が国が置かれた深刻な状
況を判断することが極めて難しくなっています。

なお、我が国が保障占領した北樺太ですが、国家としてのソ連が成立し
た後の大正14(1925)年に日ソ基本条約が締結され、両国の国交
が樹立したのを受けて、我が国が撤兵しています。

ロマノフ王朝による帝政ロシアの時代に、当時の民衆は支配者たる王朝
の圧政に苦しめられ続けました。だからこそ、彼らはマルクスによる「
貧富の差を憎むとともに私有財産制を否定して、資本を人民で共有する
」という共産主義思想に憧(あこが)れて、ロシア革命を引き起こした
のです。

しかし、共産党による一党独裁の政治を始めたソビエトは、共産主義社
会の実現を名目として、反対する民衆を、裁判にかけることもなく有無
(うむ)を言わさず大量に虐殺しました。政治や言論の自由を失った民
衆からしてみれば、ロマノフ王朝以上に抑圧された、非民主国家での圧
政の日々と言えたかもしれません。

自国での革命に成功したソビエトは、世界の共産化をめざして、191
9(大正8)年にコミンテルンを組織しました。コミンテルンの主な目
的は、各国の知識人や労働者をそそのかして、共産主義の革命団体を世
界中に旗揚げし、そのすべてをソビエトからの指令によって動かすこと
で、各国の内部を混乱させて共産革命を引き起こそうというものでした
。

コミンテルンはやがて目標の一つを東アジアに定め、中国大陸内で民衆
に共産主義を広めたほか、我が国にも「コミンテルン日本支部」ともい
うべき組織を、◎日本共産党(にほんきょうさんとう)という名で大正
11(1922)年に秘密裏(ひみつり)に立ち上げました。

そもそも我が国は、ソビエトと国境を接した満州に権益を持ち、あるい
は朝鮮半島を自国の領土としていましたから、ロマノフ王朝を皆殺しに
するなど、君主制の廃止を何とも思わなかった共産主義による脅威(き
ょうい)を、天皇陛下に万が一のことがあっては大変なことになると、
世界で最も強く感じていました。

共産主義への恐怖と内部で密(ひそ)かに進んだコミンテルンの工作と
が、大正時代以降の我が国の歩みを大きく狂わせる結果を招くようにな
るのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今回の重要語句(教科書において太字などで強調されたもの)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ロシア革命
◎シベリア出兵
◎尼港事件
◎日本共産党

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  最後までお読みいただき、有難うございました。
  次回(Vol.048)は3月8日に発行します。
  「政党内閣の成立」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 黒田裕樹の「百万人の歴史講座」がスタートしました!
 http://1000000reki.jugem.jp/

 今なら10,000円をお支払いくださるだけで、これまで50回
 にわたる歴史講座(公民授業)のすべてと、今後も展開される講座
 のレジュメをずっと入手できます。

 過去に講座にご出席された方はもちろん、ご多忙あるいは遠方にご
 在住のために、講座へのご参加が難しい皆様にも特にお勧めです。
 ぜひご入会ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

◎発行責任者:黒田裕樹(大阪府内の公立高校非常勤講師)

◎公式サイト:黒田裕樹の歴史講座
http://rocky96.blog10.fc2.com/

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/11/15
部数 314部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/11/15
部数 314部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング