黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編 Vol.111 押しつけられた日本国憲法(前編)


カテゴリー: 2018年05月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編
      Vol.111  H30.05.23

        http://rocky96.blog10.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!黒田裕樹です。
通史でたどる歴史講座の「昭和・戦後編」、今回は「押しつけられた日
本国憲法(前編)」です。日本国憲法制定までの歴史を振り返れば、そ
れがいかに異常な経緯であったかということが良く分かるのではないで
しょうか。

(※文章中の「◎」は、教科書において太字などで強調された重要語句
です。文末にもまとめて掲載しています)

「押しつけられた日本国憲法(前編)」
http://rocky96.blog10.fc2.com/blog-category-562.html

昭和20(1945)年8月15日、我が国は連合国からのポツダム宣
言を受けいれるかたちで終戦を迎えましたが、宣言の内容には「軍隊の
無条件降伏」こそあったものの、宣言文には「私たちの条件は以下のと
おり」と書かれており、決して「全体的な無条件降伏」ではなかったで
すし、また宣言に書かれた条件の中には「新憲法の制定」は含まれてい
ませんでした。

これについては、軍事に関する条文などへの部分的な改正は必要であっ
たとしても、現行の◎日本国憲法のように全面的な改正を、ましてや大
日本帝国憲法の完全否定までは考えていなかったと、ポツダム宣言の起
草者であった駐日大使の経験者のグルーらが後に述懐しています。

さらには我が国側も、終戦直後に成立した東久邇宮稔彦王(ひがしくに
のみやなるひこおう)内閣や、そのあとを受け継いだ幣原喜重郎(しで
はらきじゅうろう)内閣も、戦前までの政治体制を改めるとともに選挙
法などの個別法さえ改正すれば、連合国側が求める我が国の民主化は達
成できると判断しており、基本法である大日本帝国憲法の改正は必要な
いと考えていました。

しかし、GHQはその政策の大きな柱として、ポツダム宣言に違反し、
さらに国際法であるハーグ陸戦条規にも反する「新憲法の制定」を当初
から決定していました。しかも、宣言違反をカムフラージュするために
、あたかも「日本が自主的に憲法を改正、または起草を行う」ように仕
向けることが、当時の基本方針として明示されていたのです。

昭和20(1945)年10月11日に幣原首相が新任挨拶のためGH
Qのマッカーサー元帥を訪問した際に、マッカーサーが口頭で憲法改正
を示唆(しさ、ほのめかすこと)したことに伴い、幣原首相は「憲法問
題調査委員会」を設置して、本格的な調査研究を開始しました。

翌昭和21(1946)年に改正憲法の草案が完成し、2月8日に政府
がGHQに提出しました。この草案は、憲法問題調査委員会の中心人物
であった国務大臣の松本烝治(まつもとじょうじ)の名前から「松本試
案」と呼ばれています。

松本試案の内容は、前年の昭和20(1945)年の帝国議会で松本大
臣が発表した、いわゆる「松本四原則」に基づいていました。その内容
は以下のとおりです。

1.天皇の制度の基本原則を変更しない
2.議会の権限の拡大
3.国務大臣の議会に対する責任の明確化
4.自由及び権利の保護の拡大と侵害に対する国家の保障の強化

政府としては、大日本帝国憲法の基本方針を大きく変更する必要はなく
、部分的な改正だけでGHQが求める民主化に十分対応できると判断し
ていたのです。

しかし、GHQは松本試案の内容は保守的であると見なして2月13日
に拒否通告し、さらにGHQが独自に作成した「マッカーサー草案」を
政府に提示しましたが、GHQの高飛車な対応や、草案の内容に対して
、松本大臣をはじめとする当時の政府の首脳は、唖然(あぜん、あっけ
にとられること)かつ慄然(りつぜん、恐れおののくこと)としました
。

マッカーサー草案でまず目についたのは、「国会を一院制とすること」
でした。大日本帝国憲法においては、衆議院と貴族院の二院制を採用し
ていましたが、これは、多様な民意の反映をもたらすとともに、議会の
多数派による専制政治を防ぐという重要な役割を持っていました。

松本大臣がなぜ一院制なのかをGHQに問いただすと、ホイットニー民
政局長は「日本にはアメリカのように州という制度がないから上院は必
要ないし、一院制の方がシンプルではないか」と答えました。要するに
、憲法草案を作成した立場の人間が、二院制の意義を全く知らないので
す。

さらに松本大臣を驚かせたのが、「土地その他の天然資源は国有とする
」という事項でした。これは私有財産の否定を意味しており、松本大臣
が後に幣原首相に草案を報告した際に「まるで共産主義者の作文だ」と
いう会話が残されています。

なぜマッカーサー草案には二院制に対する認識が欠けていたり、あるい
は私有財産を否定するような内容が含まれていたりしたのでしょうか。
それもそのはず、実はマッカーサー草案は「憲法の素人がたったの一週
間で作った急ごしらえ」のものだったからなのです。

松本試案の提出に先立つ昭和21(1946)年2月4日、GHQの民
政局25人が会議室に呼び集められると、ホイットニー局長が「これか
ら一週間で日本国民のための新しい憲法を起草する」と通告しました。

GHQは事前に松本試案の概要を入手しており、日本政府に先手を打つ
かたちで、自分側からの草案作成を急いでいたのです。

ところが、民政局員の25人のメンバーのうち、弁護士の資格を持って
いる人物こそ存在したものの、憲法学を専攻した者は一人もいませんで
した。このため、民政局は日本の民間憲法草案やアメリカ合衆国憲法ほ
か、世界各国のありとあらゆる憲法を参考として、わずか一週間で急ご
しらえの草案をまとめ上げ、マッカーサーの承認を得たうえで日本政府
に通告したのです。

なお、民政局のメンバーには、ベアテ・シロタ・ゴードン氏のような女
性も含まれており、彼女によって「家族生活における個人の尊厳と両性
の本質的平等」が規定された憲法第24条が起草されたことが知られて
いますが、何と言っても憲法に対する素人が、しかも外国人の手によっ
て作成された草案ですから、我が国にとっては困惑以外の何物でもあり
ませんでした。

しかし、我が国は松本試案を断念して、マッカーサー草案を受けいれる
以外に選択肢は存在しませんでした。なぜなら、GHQが占領という立
場を悪用した脅(おど)しを我が国にかけてきたからです。

この当時、我が国の占領を管理するために極東委員会が設けられていま
したが、委員会では天皇の廃止を求めるという強硬な姿勢が見られまし
た。しかし、天皇を残した方が我が国の占領政策にプラスであると判断
したGHQは、委員会を牽制(けんせい)するためにも、GHQの主導
による憲法改正を急いでいたのです。

そして昭和21(1946)年2月13日にマッカーサー草案を提示し
た際、ホイットニー民政局長は松本大臣に対して、「この改正案(=マ
ッカーサー草案)を受けいれなければ天皇の地位を保証することができ
ない」と通告しました。これはすなわち、昭和天皇のお身柄と引き換え
にマッカーサー草案の受けいれを求めるという、事実上の脅迫(きょう
はく)でした。

さらに、ホイットニーらが会合の場所である外務大臣官邸から一旦庭に
出た際に、一機のB29爆撃機が大きな轟音(ごうおん)を響かせて飛
んでいきました。これも「言うことを聞かなければ日本に爆撃を加える
ぞ」という、政府に対する心理的な圧迫でした。

加えてホイットニーは、GHQと政府との連絡役を務めていた白洲次郎
(しらすじろう)に対して、「我々は戸外に出て原子力エネルギーの暖
(だん)を取っているのだ」と言い放ちました。この発言も、広島や長
崎に次いで三度目の原爆投下を行う可能性があることを示したものであ
ると考えられています。

松本大臣をはじめとする数々の抵抗もむなしく、マッカーサー草案は、
一院制を二院制にすることや、土地その他の天然資源の国有化を削除す
ることなどの細かい変更があったのみで、ほぼ原案どおり閣議で決定さ
れ、帝国議会における審議が始まりましたが、この審議の内容は毎日の
ように英文に訳されてGHQの管理下に置かれ、GHQの了解なしには
どのような修正もできないという有様でした。

また、憲法改正における重要な審議である憲法改正特別小委員会は非公
開とされ、すべてがGHQの思惑どおりに進められたうえで、若干の変
更を加えたのみで衆議院と貴族院で相次いで可決され、昭和天皇のご裁
可を経て、昭和21(1946)年11月3日に「日本国憲法」が公布
されるとともに、翌昭和22(1947)年5月3日に施行(しこう)
されました。この日は「憲法記念日」として国民の祝日となっています
。

新しく制定された日本国憲法が、マッカーサー草案を下敷きとしている
ことは、GHQによって機密事項とされ、我が国が独立を回復する昭和
27(1952)年まで一切公表されませんでした。国民が全くあずか
り知らないところで新しい憲法が誕生していただけでなく、そこには本
来許されるべき日本人による自由な憲法批判が全く認められない、とい
う閉鎖性が秘められていたのです。

「五箇条の御誓文(ごせいもん)」を国政の指針と定めた後、我が国の
古典などを参考にしたうえで、約8年近くの長い歳月をかけて完成させ
た大日本帝国憲法に対して、素人が一週間で書き上げた、しかも外国製
の憲法を、国会での審議とは名ばかりで、GHQによって無理やり制定
させられた日本国憲法。憲法に対する我が国での自由な議論は大いにな
されるべきですが、少なくとも両憲法の成立過程を十分に理解したうえ
で進めるべきではないでしょうか。

なお、日本国憲法の制定は、形式上は大日本帝国憲法の改正手続きに則
(のっと)って行われましたが、枢密顧問官(すうみつこもんかん)と
して改正作業にかかわっていた憲法学者の美濃部達吉(みのべたつきち
)は、大日本帝国憲法下でも民主化は可能であることを理由として、憲
法の全面改正に一貫して反対しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今回の重要語句(教科書において太字などで強調されたもの)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎日本国憲法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  最後までお読みいただき、有難うございました。
  次回(Vol.112)は5月30日に発行します。
  「押しつけられた日本国憲法(中編)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 黒田裕樹の「百万人の歴史講座」をご紹介します。
 http://1000000reki.jugem.jp/

 今なら10,000円をお支払いくださるだけで、これまで60回
 近くにわたる歴史講座(公民授業)のすべてと、今後も展開される
 講座のレジュメをずっと入手できます。

 過去に講座にご出席された方はもちろん、ご多忙あるいは遠方にご
 在住のために、講座へのご参加が難しい皆様にも特にお勧めです。
 ぜひご入会ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

◎発行責任者:黒田裕樹(歴史講演者/大阪府内の公立高校非常勤講師)

◎公式サイト:黒田裕樹の歴史講座
http://rocky96.blog10.fc2.com/

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/05/23
部数 336部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/05/23
部数 336部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング