黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編 Vol.051 ワシントン会議とアメリカの野望(前編)


カテゴリー: 2017年03月29日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編
      Vol.051  H29.03.29

        http://rocky96.blog10.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!黒田裕樹です。
通史でたどる歴史講座の「大正編」、今回は「ワシントン会議とアメリ
カの野望(前編)」です。アメリカの主導で開かれたワシントン会議は
、結果として我が国の将来に深刻な影響を与えることになりましたが、
その流れを形成したのは、良くも悪くも「平和主義」を貫いた全権大使
の外交姿勢でした。

(※文章中の「◎」は、教科書において太字などで強調された重要語句
です。文末にもまとめて掲載しています)

「ワシントン会議とアメリカの野望(前編)」
http://rocky96.blog10.fc2.com/blog-category-522.html

第一次世界大戦への参戦をきっかけに、世界での発言権を高めることに
成功したアメリカは、大戦後の体制を自国主導の下に構築しようと考え
、イギリスを抜く世界一の海軍国をめざして、艦隊の増強計画を進めま
した。

アメリカの思惑に気付いた我が国は、これに対抗する目的で、艦齢8年
未満の戦艦8隻(せき)と巡洋戦艦8隻を常備すべく、八八艦隊の建造
計画を推進していましたが、果てしない軍拡競争に疲れたアメリカは、
やがて世界各国に海軍の軍備制限を呼びかけました。

かくして大正10(1921)年に、アメリカ大統領ハーディングが中
心となって、海軍軍備制限と極東及び太平洋問題に関する国際会議がワ
シントンで開かれました。これは、今日では◎ワシントン会議と呼ばれ
ています。

ワシントン会議には、アメリカや日本の他に、イギリス・フランス・イ
タリア・中華民国・オランダ・ベルギー・ポルトガルの計9ヵ国が参加
して行われ、我が国からは、当時の海軍大臣で後に首相となった加藤友
三郎(かとうともさぶろう)を全権とする代表団が派遣されました。

この会議によって、アメリカが大きな利益を得たのに対して、我が国は
第二次世界大戦、あるいは(※注)大東亜戦争にもつながる国際社会で
の孤立を招くことになってしまうのです。

(※注:「大東亜戦争」の呼称は、戦後にGHQによって使用が禁止さ
れて「太平洋戦争」と呼ばれるようになりました。最近の歴史教科書で
は「アジア太平洋戦争」という表記も見られるようですが、歴史の真実
を探究するには、特定の重要な事象に関して、後世の人間が勝手に名称
を改めるというようなことをするべきではありません。「名は体を表す
」と言います。「大東亜戦争」という呼び名で戦った戦争の意味は、そ
の名でしか浮かび上がらせる事は出来ません。従いまして、当講座では
今後も「大東亜戦争」と呼称を統一します)

ワシントン会議で、まず槍玉(やりだま)にあげられたのが日英同盟で
した。明治35(1902)年に初めて結ばれた日英同盟は、日露戦争
の終結後も、第一次世界大戦で我が国がドイツへ参戦するきっかけとな
るなど、日英両国にとって価値の高いものでした。

しかし、ハリマンによる南満州鉄道(=満鉄)の共同経営を我が国に拒
否されて以来、我が国を激しく憎むようになっていたアメリカにとって
、将来日本と戦争状態となることを想定すれば、日英同盟は邪魔(じゃ
ま)な存在でしかなかったのです。このためアメリカは、ドイツが敗れ
て同盟の必要がなくなったことを口実として、カナダとともに日英同盟
の破棄を強く迫りました。

イギリスは日英同盟の破棄までは必要ないと考えていましたが、第一次
世界大戦において経済的あるいは軍事的に大きな恩恵を受けたアメリカ
の強硬な態度に抗しきれず、日英同盟を破棄する代わりに、イギリス・
アメリカ・日本・フランスの◎四ヵ国条約が大正10(1921)年に
結ばれました。

しかし、同盟というものは「1対1」だからこそ威力を発揮するのであ
り、数ヵ国が連帯すれば責任の所在が分からなくなることから、何の意
味もなくなってしまうのが常識でした。まさに「共同責任は無責任」で
あり、太平洋の現状維持を取り決めた四ヵ国条約が、この後に役立つこ
とはなかったのです。

我が国が日英同盟を破棄することに応じたのは、軍縮問題を会議の中心
と考え、四ヵ国条約が世界平和につながると単純に信じた、全権大使の
幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)による軽率な判断があったからだ
といわれています。なお、幣原はこの後に「◎協調外交」という名の「
相手になめられ続けるだけだった弱腰外交」を展開し、我が国に大きな
影響を与えることになります。

理由はどうあれ、日英同盟の破棄によって、我が国は強力な同盟国であ
るイギリスを失うことになりました。この後、アメリカは事実上孤立無
援となった日本を狙い撃ちし、我が国をますます追いつめるようになる
のです。

一方、日英同盟の破棄はイギリスにとっても致命的でした。日英同盟が
あったからこそ、イギリスはアジアに気を配らずに済み、第一次世界大
戦においてヨーロッパ大陸に兵力を集中させることができたのです。

しかし、日英同盟が破棄されてからわずか20年で大東亜戦争が始まり
、イギリスは戦艦プリンス・オブ・ウェールズが日本によって轟沈(ご
うちん)させられるなど大きな損害を受けました。さらには、同じ有色
人種である日本の奮戦に勇気づけられた、インドやシンガポールなどが
戦後に次々と独立し、気が付けば植民地の大半を失ってしまいました。

一つの外交同盟の存在の有無が、世界中にかくも大きな影響をもたらす
ようになってしまうのです。日英同盟の終わりこそが、その後の我が国
と世界の運命に甚大な影響を与えたことを、現代の日本人は忘れてしま
っていますが、この事実はもっと意識されるべきことです。

さて、四ヵ国条約が結ばれた翌年の大正11(1922)年には、条約
を結んだイギリス・アメリカ・日本・フランスにイタリアを加えた5ヵ
国の間に◎ワシントン海軍軍縮条約が結ばれ、主力艦の保有総トン数を
アメリカ・イギリスが5、日本が3、フランスとイタリアが1.67の
割合に制限しました。

我が国の海軍は、米英への対抗のため対7割(米英5、日3.5)を唱
えましたが、海軍大将でもあった全権の加藤友三郎が、これを抑えるか
たちで調印しました。また、条約締結後は各国が10年間戦艦を建造し
ないことも取り決められました。

軍縮条約によって、西太平洋における防備に関して各国が制限を受ける
ことになりましたが、なぜかアメリカのハワイとイギリスのシンガポー
ルはその例外とされました。つまり、「日本だけが西太平洋における防
備を一方的に削られた」格好となったのです。

後に我が国が大東亜戦争の際に、ハワイの真珠湾を最初に攻撃し、また
シンガポールにも激しい攻撃を加えた理由には、この不平等ともいえる
条約がもたらした軍事的な不均衡(ふきんこう)もその一つがありまし
た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今回の重要語句(教科書において太字などで強調されたもの)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ワシントン会議
◎四ヵ国条約
◎協調外交
◎ワシントン海軍軍縮条約

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  最後までお読みいただき、有難うございました。
  次回(Vol.052)は4月5日に発行します。
  「ワシントン会議とアメリカの野望(後編)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 黒田裕樹の「百万人の歴史講座」がスタートしました!
 http://1000000reki.jugem.jp/

 今なら10,000円をお支払いくださるだけで、これまで60回
 近くにわたる歴史講座(公民授業)のすべてと、今後も展開される
 講座のレジュメをずっと入手できます。

 過去に講座にご出席された方はもちろん、ご多忙あるいは遠方にご
 在住のために、講座へのご参加が難しい皆様にも特にお勧めです。
 ぜひご入会ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

◎発行責任者:黒田裕樹(大阪府内の公立高校非常勤講師)

◎公式サイト:黒田裕樹の歴史講座
http://rocky96.blog10.fc2.com/

ついでに読みたい

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/03/29
部数 280部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング