キシュランガイド 覆面調査

小倉大賞典は川田将雅が絶対的優位を生かすか/フェブラリーSはR.ムーアの豪腕唸る


カテゴリー: 2018年02月18日
おはようございます。
キシュランガイド覆面調査です。
本日も競馬で良い思いが出来るように、頑張りましょう!

2月18日(日)、今日のラインナップは・・・

【1】小倉大賞典
 ◇小倉11Rの狙い目・買い目

【2】大和ステークス
 ◇京都11Rの狙い目・買い目

【3】フェブラリーステークス
 ◇東京11Rの狙い目・買い目

・・・となっております。



☆キシュランガイドのつぶやき☆
昨日、自宅のエレベーターが止まりました。
閉じ込められた人は居ませんでしたが、原因が基盤の故障。
幸い復帰はしましたが、基盤が壊れるまでギリギリでやるしかないって言うのが、賃貸でも分譲でもマンションの怖いところ。
比較的暖かいのは良いんですけどねぇ。

あ、新人騎手レビューを公開しています。
水曜日にグリーンチャンネルで特集をするので、そこで追記すると思いますが今年は3人だけですよ。
例年以上にスケールを感じません、今のところは。
http://jockeykeiba.com/2018-jockey-debut/



【1】小倉大賞典
いろんな厩舎・いろんな競走馬の引退前興行になってしまいました。
一抹の寂しさを覚えるところではありませんが、あまりそのあたりの感情移入はしないようにして予想に入りたいと思います。

さて、特別戦の騎手実績ですが、このコースは数字に騙されそうになること、この上ありません。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
  集計期間:2015. 2. 7 ~ 2018. 2.13
  限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
北村友一  4- 0- 0-16/20   20.0%  20.0%  20.0%    269     63 
和田竜二  3- 2- 1- 8/14   21.4%  35.7%  42.9%    727    252 
川田将雅  3- 2- 1- 3/ 9   33.3%  55.6%  66.7%    104    104 
吉田隼人  1- 3- 0-11/15    6.7%  26.7%  26.7%     54     62 
小牧太    1- 2- 2- 6/11    9.1%  27.3%  45.5%     30     94 
------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/kokura-dai-shoten-2018-entry/#i-9

勝ち星としては北村友一騎手が稼いでいますが、率で考えるとやはり川田将雅騎手がかなり優勢。
しかも特別戦で複勝率66.7%ですよ。
外国人騎手が不在である事が多い小倉競馬場であっても、これはかなり異次元の数字ですよね。

でも、中身を見ると決して嘘ではない事が判ります。

◆クラス別集計
  集計期間:2015. 2.14 ~ 2018. 2.13
--------------------------------------------------------------
クラス      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
--------------------------------------------------------------
北村平場    2- 3- 4-29/38    5.3%  13.2%  23.7%     32    107 
北村特別    4- 0- 0-16/20   20.0%  20.0%  20.0%    269     63 
--------------------------------------------------------------
和田平場    1- 3- 4-31/39    2.6%  10.3%  20.5%     11     42 
和田特別    3- 2- 1- 8/14   21.4%  35.7%  42.9%    727    252 
--------------------------------------------------------------
川田平場    7- 5- 3-17/32   21.9%  37.5%  46.9%     73     68 
川田特別    3- 2- 1- 3/ 9   33.3%  55.6%  66.7%    104    104 
--------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/kokura-dai-shoten-2018-entry/#i-10

まず、北村友一騎手は平場がスッカスカ。
なので、特別戦の成績はこんなものでしょう。
複勝率を見れば妥当なところです。

続いて和田竜二騎手。
特別戦で随分ハッスルしています。本来はこうあるべきなんでしょう。
ただ、今回のマサハヤドリームは平坦巧者ではあっても、ちょっと重賞で馬券に絡むには苦しい状況が続いています。
まずは掲示板に乗れたら御の字ではないでしょうか。

そこ行くと川田将雅騎手。
もともと平場でもガンガン活躍している舞台ですので、コレぐらいの成績はもはや当然と言うべきでしょう。
たまにしょーもないミス騎乗で4コーナーでモタモタして、手応えの割には勝ちきれない騎乗もありますが、それを込みでも隔年で小倉大賞典を制しているコース巧者。
順番どおりなら2014年・2016年に続く小倉大賞典勝利は間近でしょう。

本来なら小倉で気合が入るはずの浜中俊騎手ですが、特別戦の上位に名を残してきていません。
それもそのはずで、特別戦では取りこぼしが非常に多くなっています。

◆クラス別集計
騎手:(複数)/騎手:浜中俊 
  集計期間:2015. 8. 1 ~ 2018. 2.13
------------------------------------------------------------
クラス    着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
  平場    6- 6- 3-23/38   15.8%  31.6%  39.5%     38     57 
  特別    1- 0- 5- 7/13    7.7%   7.7%  46.2%     76     95 
------------------------------------------------------------
 500万下  1- 0- 2- 2/ 5   20.0%  20.0%  60.0%    198    148 
 500万上  0- 0- 3- 5/ 8    0.0%   0.0%  37.5%      0     62 
------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/kokura-dai-shoten-2018-entry/#i-11

特に1000万より上のクラスに行かれると、ガクッと成績が下がっていきます。
信頼すべきは未勝利や500万でのレースであって、このコースでダッシングブレイズの力を借りても57kgのハンデでは、かなり厳しいでしょう。ましてや以前のように唸るような騎乗馬の勢いがありませんし。

さて、そんな1強ムードですが気になるのは馬主さんのお話と、
ハンデ重賞には「鬼」と化した騎手が居ると言う事。

まずは馬主さん。
KTレーシング(黒川オーナー)ですが、確かに重賞はまだ勝っていません。
ただし、セリ市で3億近い価格でスーパーフェザー(先週小倉で3歳500万を勝ちこぼしましたなぁ)を競り落とすなど、プチ里見治モードになっています。
保険業界ですからお金は潤沢にあるでしょうし、3歳春ならまだしも4歳以降で軌道に乗った状態なら十分勝ち負けをしてくれるはずです。
まして新進気鋭の馬主さんが須貝厩舎にポンと入れているぐらいなんですから、これならどうにかなるんじゃないかと。むしろ負けたら誰の目にも明らかなぐらい、川田将雅騎手が凡ミスをしたって事でしょう。

続いて、ハンデの鬼が居る話を。
もともと川田将雅騎手やC.ルメール騎手、それから武豊騎手はハンデ重賞に滅法強いタイプでした。
しかし最近、柴山雄一騎手が重賞にまでその強さで侵食を開始しています。

比較のために下のデータを御覧下さい。

◆年・年月別集計
騎手:柴山雄一
  集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 2.13
-------------------------------------------------------------------
年・年月    着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
-------------------------------------------------------------------
2018年       1-  5-  1- 29/ 36    2.8%  16.7%  19.4%     12     79 
2017年       8- 18- 20-231/277    2.9%   9.4%  16.6%     70     69 
2016年      27- 31- 27-278/363    7.4%  16.0%  23.4%     64     61 
2015年      38- 34- 33-302/407    9.3%  17.7%  25.8%     65     76 
-------------------------------------------------------------------
2018特別    0-  4-  1-  8/ 13    0.0%  30.8%  38.5%      0    196 
2017特別     3-  6-  4- 78/ 91    3.3%   9.9%  14.3%    118     84 
2016特別     9- 12- 15-106/142    6.3%  14.8%  25.4%     84     66 
2015特別    9- 21- 14-119/163    5.5%  18.4%  27.0%     38     99 
-------------------------------------------------------------------
2018重賞     0-  1-  1-  1/  3    0.0%  33.3%  66.7%      0    273 
2017重賞     1-  1-  1- 15/ 18    5.6%  11.1%  16.7%     50     62 
2016重賞     0-  1-  0- 27/ 28    0.0%   3.6%   3.6%      0     12 
2015重賞     3-  4-  3- 31/ 41    7.3%  17.1%  24.4%     43     99 
-------------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/kokura-dai-shoten-2018-entry/#i-12

まぁ、そうですよね。
芝の成績だけで言うと、やはり年々悪くなっていく。
ただ、今年は特別戦や重賞で勝ててないとは言えかなり優秀な連対率・複勝率をマークしています。
2・3着で良いなら、確かに怖い存在。

その内容をハンデ戦に限定して抽出してみます。
もともと芝で行われているハンデ戦では、黙って買わなきゃいけないぐらいの騎手なんですが、昨年あたりから回収率が尋常ではなくなっています。
例え人気薄でも、理解不能な展開でどうにかしてしまうような不気味さがありますね。

◆年・年月別集計
騎手:柴山雄一
  集計期間:2015. 3.21 ~ 2018. 2. 3
  限定条件:[簡易絞り込み:芝・ハンデ戦 のみ]
--------------------------------------------------------------
年・年月    着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値  
--------------------------------------------------------------
2018年H     0- 1- 1- 0/ 2    0.0%  50.0% 100.0%      0    660 
2017年H     2- 2- 1-12/17   11.8%  23.5%  29.4%    591    244 
2016年H     4- 2- 7-20/33   12.1%  18.2%  39.4%    272    115 
2015年H     1- 6- 3-22/32    3.1%  21.9%  31.3%     19    170 
--------------------------------------------------------------
2018年HG    0- 0- 1- 0/ 1    0.0%   0.0% 100.0%      0    540 
2017年HG    1- 0- 0- 2/ 3   33.3%  33.3%  33.3%    300    110 
2016年HG    0- 0- 0- 8/ 8    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
2015年HG    0- 1- 0- 5/ 6    0.0%  16.7%  16.7%      0     26 
--------------------------------------------------------------
※H=ハンデ戦全部、HG=ハンデ重賞のみ

参照URL → http://jockeykeiba.com/kokura-dai-shoten-2018-entry/#i-13

ただ、さすがの鬼にも泣き所はあります。
それは枠順。
重賞では4・6枠でしか馬券になっていません。
今回は偶数枠番ですから、まだマシなんですけどね。それでももともと2枠はインパクト薄めです。
この分だけ印は割り引きますが、本来は川田-柴山の騎手データだけで2頭軸にしたいぐらいですよ。

◆枠番別集計
騎手:柴山雄一
  集計期間:2015. 3.21 ~ 2018. 2. 3
--------------------------------------------------------
枠番  着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
--------------------------------------------------------
1枠  1- 0- 2- 2/ 5   20.0%  20.0%  60.0%    584    252 
2枠  0- 0- 1- 2/ 3    0.0%   0.0%  33.3%      0     63 
3枠  1- 4- 0- 9/14    7.1%  35.7%  35.7%     86    133 
4枠  1- 3- 2-10/16    6.3%  25.0%  37.5%     28    122 
5枠  0- 1- 2- 8/11    0.0%   9.1%  27.3%      0    372 
6枠  2- 1- 3-12/18   11.1%  16.7%  33.3%    295    114 
7枠  0- 1- 0- 8/ 9    0.0%  11.1%  11.1%      0     16 
8枠  2- 1- 2- 3/ 8   25.0%  37.5%  62.5%   1221    392 
--------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/kokura-dai-shoten-2018-entry/#i-14

相手には騎手自体のハンデ戦データは決して良くないですが、昨年夏以降良い走りをしている騎乗馬に恵まれた
藤懸貴志騎手
川須栄彦騎手
吉田隼人騎手を加えて、若干でも配当の上積みを狙ってみたいところです。

 ◇小倉11Rの狙い目・買い目
(予想)
◎13トリオンフ
○2ダノンメジャー
▲4ストレンジクォーク
△15ハッピーユニバンス
△5サトノアリシア
△1スズカデヴィアス

(買い目)
馬連または馬単1頭軸ながし(5点)
13ながし→2・4・15・5・1

3連複1頭軸ながし(10点)
13ながし→2・4・15・5・1

3連単1・2着2頭軸流し(推奨4点)
13→2ながし→4・15・5・1


【2】大和ステークス
今回もシルバーコレクターと化した、コウエイエンブレムが出てきました。
鞍上はいつものように松山弘平騎手。
となると、コウエイエンブレムを本気で潰しに行く存在がいるのかどうか、そこが大きなポイントになってきます。

騎手実績を見てみますと・・・

◆騎手別集計
騎手:(複数)
  集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 2.11
  限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
池添謙一  2- 0- 1-12/15   13.3%  13.3%  20.0%     74     45 
松山弘平  1- 3- 0-19/23    4.3%  17.4%  17.4%     13     60 
太宰啓介  1- 1- 1-11/14    7.1%  14.3%  21.4%    510    170 
国分恭介  1- 1- 1- 8/11    9.1%  18.2%  27.3%    425    193 
秋山真一  1- 0- 1- 8/10   10.0%  10.0%  20.0%     77     68 
------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/yosou-201802/#i-49

特別戦では誰も抜け出せていません。
健闘しているのは国分恭介騎手、あとは数字も寂しい限り。
これなら松山弘平騎手も、余程の大ポカさえなければ馬券にはなってくれるでしょう。
ハンデが57.5kgと憎たらしいほどドンピシャな斤量を背負っていますが、マイナスにはならないはずです。
57kgだと勝てる確率は更に高まるんですが、0.5kg重くしただけで混戦度合いが出るんですから、ハンデキャッパーの匙加減だけは天下一品ですよ、本当に。

◆脚質上り別集計
騎手:(複数)/騎手:松山弘平
  集計期間:2015. 1.10 ~ 2017.11.26
--------------------------------------------------------
脚質上り    着別度数        勝率  連対率 複勝率  平均着 
--------------------------------------------------------
平地・逃げ  0- 0- 0- 2/ 2    0.0%   0.0%   0.0%   8.0着 
平地・先行  1- 2- 0- 2/ 5   20.0%  60.0%  60.0%   3.8着 
平地・中団  0- 0- 0- 9/ 9    0.0%   0.0%   0.0%  10.4着 
平地・後方  0- 1- 0- 6/ 7    0.0%  14.3%  14.3%  10.0着 
--------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/yosou-201802/#i-50

松山弘平騎手のデータを参照すると、ほぼ先行でしか馬券になっていません。
またコウエイエンブレムを除くと、極端に成績は悪くなります。
複勝率が2/21、つまり9.52%でしかないのですからね。

しかもこの先行が「相手のペース任せ」なところが困ったところ。
阪神の1400mで大負けした時のように、ガンガン飛ばされると脆さ全開。
だから同じ1200mでもカペラステークスのようなレースには遠征してきませんし、スピードの質が若干違う盛岡のクラスターカップにも見向きもしない。

ところがコウエイエンブレムに関して言えば、京都・ダート1200mは2戦して【1.1.0.0/2】と完璧な成績。
唯一先着したニットウスバルみたいに、ダート1200mの良馬場で35秒台前半の上がりで差してくる馬もいません。
一頭だけ居るとしても、4コーナーの反応が遅くなってしまったナガラオリオンだけですかね。
もう9歳馬ですし、差し屋としての技術がある四位洋文騎手ですら持ってこられなくなっているので、馬券圏内にギリギリ届くかどうかはまだしも、単勝で買えるほどではないでしょう。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
  集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 2.11
  限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
藤岡康太  1- 0- 1-12/14    7.1%   7.1%  14.3%     94     74 
鮫島良太  1- 0- 0- 3/ 4   25.0%  25.0%  25.0%    240     90 
四位洋文  0- 2- 2-10/14    0.0%  14.3%  28.6%      0     78 
酒井学    0- 1- 1-13/15    0.0%   6.7%  13.3%      0    122 
松田大作  0- 1- 0- 3/ 4    0.0%  25.0%  25.0%      0    217 
岩崎翼    0- 0- 1- 1/ 2    0.0%   0.0%  50.0%      0    245 
------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/yosou-201802/#i-51

特別戦で馬券になっているメンバーの中でも、複勝率2割超が目安になってくるかと思うんですが、取捨選択は杓子定規では出来ないところ。
松田大作騎手は1年前の輝きが失せてしまったサイタスリーレッド。
正直騎手の腕でどうにかできるレベルではないと考えていますし、これはダノンシャンティと言うピークの短い血統の成せる業なのかもしれません。本来ならもう一回復活しなきゃいけないはずですが、このまま終わってしまうかも。

一方で7歳以上ながら一瞬見所を作っているヒカリブランデーには、回収率をしっかり残す酒井学騎手。
それからゴーインググレートには岩崎翼騎手が居ます。
コウエイエンブレムにとってそこまでプレッシャーにならないレースだとすると、付け入る隙は十分。中団からしっかり脚を伸ばしてきた時はそこそこの配当を演出してくれるでしょうし、このメンバー相手なら今回はチョイスしておきたい存在です。

鮫島良太騎手は、複勝回収率を考えれば今回は少し荷が重いと言う印象。
時折とんでもない勘違い騎乗をするので、さすがに単勝3~4倍台はやりすぎだと思います。
相手として印は打ちますが、位置取りの悪さをコーナリングの悪さが駄目を押す場合もありますので、人気で堅いとは言い切れないのはそう言う理由です。

いま丁度脂が乗っているドリームドルチェは、丸山元気騎手じゃなかったらもう少し重い印を打ちたかったんですが、いつもより仕掛けを若干早めてくれればチャンスはあるでしょう。
もしコウエイエンブレムが大ポカして負けるとしたら、丸山元気騎手の大ファインプレーなんでしょうけど。

◆年・年月別集計
騎手:丸山元気
  集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 2.13
  限定条件:ダートのみ
-------------------------------------------------------------------
年・年月    着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
-------------------------------------------------------------------
2018年       3-  4-  2- 31/ 40    7.5%  17.5%  22.5%    235     82 
2017年      15- 22- 20-220/277    5.4%  13.4%  20.6%    175     86 
2016年      18- 14- 13-216/261    6.9%  12.3%  17.2%     74     71 
2015年      14- 15- 10-236/275    5.1%  10.5%  14.2%     79     49 
-------------------------------------------------------------------
2018特別     0-  1-  0-  6/  7    0.0%  14.3%  14.3%      0     44 
2017特別     1-  7-  3- 40 /51    2.0%  15.7%  21.6%    591    180 
2016特別     2-  1-  1- 40/ 44    4.5%   6.8%   9.1%     37     67 
2015特別     4-  3-  1- 34/ 42    9.5%  16.7%  19.0%    101     84 
-------------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/yosou-201802/#i-52

確かに今年の出だしは、おいおいどうした?と言いたくなるような良い成績です。
さすが腐っても鯛と言いますか、御父様は北関東競馬(高崎)の名ジョッキー・丸山候彦氏ですもの。。

ただ「蛙の子は蛙」とならずに芝でこその騎手になっています。
ダートの特別戦でもっとシャカリキに頑張らなきゃいけないんですが、まぁ・・・今回は全てが上手く行って2・3着ってところが現実的じゃないでしょうか。

 ◇京都11Rの狙い目・買い目
(予想)
◎14コウエイエンブレム
○4ヒカリブランデー
▲13ゴーインググレート
△9ヤマニンアンプリメ
△3ドリームドルチェ
△8ナンチンノン

(買い目)
馬連または馬単1頭軸ながし(5点)
14ながし→4・13・9・3・8

3連複1頭軸ながし(10点)
14ながし→4・13・9・3・8

3連単1・2着2頭軸流し(推奨4点)
14→4ながし→13・9・3・8


【3】フェブラリーステークス
昨年のチャンピオンズカップ時に「状態が回復した」と書いて、◎にしたゴールドドリーム。
今回はその当時より状態が良くなっていると言うことですし、連覇は十二分に考えられます。

ちょっと面白くないかもしれませんが、堅いなりにキッチリと当てられれば良いと思っています。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
  集計期間:2015. 1.31 ~ 2018. 2.12
  限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
戸崎圭太 10- 9- 4-24/47   21.3%  40.4%  48.9%    149    107 
C.ルメー  7- 4- 3-17/31   22.6%  35.5%  45.2%     81     71 
田辺裕信  7- 3- 4-19/33   21.2%  30.3%  42.4%    220    127 
内田博幸  6- 6- 5-35/52   11.5%  23.1%  32.7%    118     89 
武豊      3- 3- 3- 7/16   18.8%  37.5%  56.3%     91     92 
------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/february-stakes-2018-entry/#i-9

特別戦の実績だけで言えば、4割を超える騎手がずらっと勢揃い。
ただ、GIで馬券になったことがあるのは4名だけで、2連覇中のM.デムーロ騎手が参戦していませんから全く今までとは違う騎手の台頭もあって然るべきでしょう。

武豊騎手     2015
戸崎圭太騎手   2015・2017
内田博幸騎手   2015
C.ルメール騎手 2016

この4名ですけど、所感としましては

武豊騎手
→騎乗馬に余力がもうないでしょ、あって3着。

戸崎圭太騎手
→ようやく本格化。勝ちきるかと言われるとごっつぁんじゃなきゃ無理かも。

内田博幸騎手   2015
→勝てる力を持っているけど、反動と乾燥した馬場がネック。

C.ルメール騎手 2016
→さすがに今年も罰ゲーム、石坂先生のところで一度闘魂が消えたら終わりでしょ。

と言うところです。まぁ、普通に考えれば南関東出身の二人だけ別格ですし。

そうなると気になるのは、人気上位の2名。
R.ムーア騎手のデータが気になるところですが、ダートの数字はそんなに良くないです。
でも、理由はちゃんとあるんです。
平田厩舎以外が無用な騎乗馬にもダートでいっぱい乗せてしまったからなんです。

堀先生が悪いのか?って言われると、それは違うかな?と。
オーナーの自己満足で仕方なくお願いしたんでしょうし。

◆クラス別集計
騎手:R.ムーア
  集計期間:2015.11.14 ~ 2018. 2.12
------------------------------------------------------------
クラス    着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
芝 平場  24- 6- 6-36/72   33.3%  41.7%  50.0%     96     74 
芝 特別  13-13- 6-38/70   18.6%  37.1%  45.7%     68     79 
芝 重賞   6- 4- 2-10/22   27.3%  45.5%  54.5%     78    106 
------------------------------------------------------------
ダ 平場  14-12- 5-20/51   27.5%  51.0%  60.8%     71     89 
ダ 特別   4- 4- 2-22/32   12.5%  25.0%  31.3%     68     55 
ダ 重賞   1- 0- 0- 6/ 7   14.3%  14.3%  14.3%    185     71 
------------------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/february-stakes-2018-entry/#i-10

普通に考えてダートの平場で複勝率6割って、おかしいですよ。
コレでR.ムーア=ダートが下手だって言う論は、聞き入れなくて良いと思っています。
だって、そうでしょ?
6割って、J.モレイラ騎手以外だとまず敵う騎手が居ませんよ。

勿論差し損ねる可能性だってあるし、JRA騎手が結託して酷いスローペースに持ち込む可能性だってあります。
ゲートが開いてみないと判らん事があるのが競馬ですからね。

で、古川吉洋騎手。
これはデータでは、東京コースで用ナシの騎手。
騎乗馬のレベルが違うので少々見直しは必要ですが、得意の「末脚を残して前に行き、末脚をしっかりと出し切る」が出来ないコースでもあります。だから、用ナシとまで表現が出来るんです。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
  集計期間:2015. 1.31 ~ 2018. 2.12
  ソート:着別度数順
---------------------------------------------------
騎手      着別度数             勝率  連対率 複勝率 
---------------------------------------------------
古川吉洋   0-  0-  0- 10/ 10    0.0%   0.0%   0.0% 
---------------------------------------------------
平地・先行  0- 0- 0- 2/ 2      0.0%   0.0%   0.0% 
平地・中団  0- 0- 0- 3/ 3       0.0%   0.0%   0.0% 
平地・後方  0- 0- 0- 5/ 5       0.0%   0.0%   0.0% 
---------------------------------------------------

参照URL → http://jockeykeiba.com/february-stakes-2018-entry/#i-11

騎乗馬のテイエムジンソクは、重いダートよりは軽いダート向きでしょうし芝スタート自体は問題ないでしょう。
ただ、この時期のダートでトップクラスとぶつかったら、さすがに厳しいかと。
何かの間違いでR.ムーア騎手の進路が無くなったとか、そう言う漁夫の利であればなんとかなるかもしれませんが、同じように逃げたい相手が

・スーパーハイペースメーカーの三浦皇成騎手
・昨年5着に持ち込んだ横山典弘騎手(しかも今年は最内枠、逃げない訳がない)
・玉砕覚悟で好スタートだけは決める福永祐一騎手

これでしょ。
見た目の数字以上に消耗しますし、チャンピオンズカップや東海ステークス以上に道中のスタミナロスは大きくなります。
ぜんそうだってあのペースで逃げて、結局丹内祐次騎手に0秒1差ですから、単勝の3倍とか4倍台ってかなりやり過ぎです。
良くて5倍代後半~6倍とかでしょう。

さすがにフルキチ先生じゃメッキが剥がれますって。
一応相手には入れますけど、トリガミ覚悟で。

 ◇東京11Rの狙い目・買い目
◎14ゴールドドリーム
○16サンライズノヴァ
▲12ノンコノユメ
△2ケイティブレイブ
△6インカンテーション
△10テイエムジンソク

(買い目)
馬連または馬単1頭軸ながし(2点)
14ながし→16・12

3連複2頭軸ながし(重複含む8点)
14-16ながし→12・2・6・10
12-14ながし→16・2・6・10

3連単1・2着2頭軸流し(推奨4点)
14→16ながし→12・2・6・10



※馬券購入の際は、自己責任にてお願いします。※

競馬予想の記事は以上です。
本日も的中馬券が、みなさまの財布の中を潤してくれますように!

キシュランガイド 覆面調査

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週末刊
最新号 2018/02/18
部数 213部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

キシュランガイド 覆面調査

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週末刊
最新号 2018/02/18
部数 213部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング