中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも?

中国の難しい立場~東アジア、中国、朝鮮半島と更に


カテゴリー: 2017年05月02日
中国も日本も~大旅游時代に?増えた実感は・・

2017年05月02日 09時52分21秒 | 日中イベント~中国を読み解く~
  


現地では~??現地ということは、今現在、

日本に滞在中でのことだが、この 「現地・・

とか・・あっち・・・とかいう言葉」はやはり

良くない。 「あっちも、こっちも、現地も、日本では

・・・」という言葉は確かに「差別」用語にもあたる。

 

先般の元大臣が、 あっちでは・・という言葉を使い、

大顰蹙を買ったが、 いかにも「あっち」という言葉は

「あちらの地域、地区」を軽んじている。

 

この狭い地球、平たい世界においては日本も中国も北朝鮮

もみな地球上の地域であり、 まさに「世界はひとつ」で

ある。

 

このところのメディアの過度な煽り方も良くないと感じる。

「日本の空気は最高だが、あちらは最悪だ」という言葉

をよく目にしたり聞いたりする。

いかにも「あちら」を差別したり、敵視しているように

みえる。敵視というより明らかな差別そのものだ。

要は、あちらでは国も、政府も、そしてもう一方の主役

でもある民をも差別していることにもなる。

 

なにげなく、漠然と使いまわしている私たちだが、少し

は配慮しながら言い回しにも気を遣う必要がある。


ますます混沌とする東アジア情勢だが、更に一段と不透明
となってきた。

連日のTwitter による小出しのコメントを書き綴るトランプ。

そして、ますます過激に反応する北朝鮮メディア。 誰が一体
その原稿を書いていて、どのような本心とウラがあるのか、
短すぎるアナウンサーの発表と声では 判断もできない。


更には、中国外務省報道官の発表も党の本音がどこまで含まれている
のか、その心が読みにくい。

そしてまた、というよりも まだそのほかに複雑なウラのウラが
あるのか、と思われるような各種メディアの論評が次々と発せられる。

その一つとして 中国の更に背後に、(中国の・・というよりは
北朝鮮のそのまた背後にロシアの影があるということなので)
ややこしい。

そしてまた、 トランプの発言のとおり「北朝鮮とのトップ会談」が
本当にあるのか…と報道されている。

なんとも摩訶不思議な現在の状況だ。


話は、また 本来の旅の話にもどりたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回の、大量の旅游時代の到来にあたっても、日本でも

話題となった「爆買い」も明らかに蔑んだ言葉だ。

もう少し「上品」な言い回しはなかったものだろうか。

 


◆到来!大旅游時代!庶民も中産階級も

富裕層も皆、外へ!国内外へ・・

豊かさ(お金よりも心の安らぎを)求めて

急速に拡大・膨張へ・・。

そういえば東京も人が増えた:1千万から2千万人
の交流人口へ/////という時代になったのかも。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さすがに北京から広東省迄やってくると、広州地区の駅

に着いて4,5分程で顔から汗が、

ワイシャツの下ではしっとりと~いや、べったりと胸のところや

背筋のところまで汗の出る直前のホットな感じを覚えた。

 

流石に20度を超えると誰でもがそのような土地の季節の変化

を感じるはずです。

 

今回は、当然ながら北京から上海への鈍行の夜行列車を、そし

て上海から広州(東)へは特急の夜汽車を選択しました。

お陰で、長旅とは言え、いつものせわしない東京の生活から離れ

心の洗濯もしました。

 

人間というもの、ついつい忙しくて旅に出る暇などないよ・・という声

を聞きますが、それはそれは・・そんなことは全くないと思います。

かの、A総理でもアジアを、ヨーロッパを休むことなく飛び回っています。

 

しかし、日頃の仕事を一区切りし現地に行く場合もあります。

今回は、そんなコトもあって中国を縦断した先月の話です~。

 

国内の2,3日旅行の気分で縦断の旅をつづけています。

 

季節ばかりでなく、訪れるその土地、そこの庶民の姿や社会の

変化を見比べることにより(日本とそして1,2年前~あるいは

数年前の姿と比較することにより、)この上もなく自身の勉強と

知識の蓄えにもなります。 

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

  ↑ クリック 無料登録・購読できます。

 

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。



中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース


 

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

 

  ↑ クリック 無料登録・購読できます。

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも?

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2018/01/05
部数 34部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも?

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2018/01/05
部数 34部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング