ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

【嶌信彦】時代をよむ 流通を変えるネット通販


カテゴリー: 2018年04月02日
2018年 4月 2日 vol.224

=================================
流通を変えるネット通販
==================================

 ネット通販(電子商取引、eコマース)が爆発的に伸びている。日本のネット通販の大手3社(アマゾン・ジャパン、ヤフー、楽天)の販売額は2017年に6兆7千億円に達し、全国百貨店の6兆円を初めて抜いた。拡大は依然続いており、スーパー、コンビニを追い上げ、ネット通販の拡大は世界的潮流となっている。

 経済産業省によると16年の個人向けネット通販の売り上げは約15兆円で、大手3社はそのうち約4割を占める。ネット通販を利用した世帯は34%に上り前年比6.5ポイント増。1世帯あたりの毎月の消費額も1万円を超えた。ネットで商品を見て注文すれば宅配業者などが届けてくれるので、忙しい共稼ぎ世帯だけでなく、高齢者や地方の買い物が不便な地域でも増大している。

 こうした動きが特に顕著なのは流通基盤がまだ全国に行き届いていない中国だ。中国のネット人口は16年に7億人を超え、オンラインショッピングの利用者は4億5千万人に達しているという。中国でも急速にスーパーやコンビニが増大しているが、国土が広いためなかなか農村部には店が行き渡らない。そこにネット通販が登場し、爆発的に利用されている。

 中国農村部の人口は全人口の約半分にあたる6億人を超える。これまで発展している沿岸部では小売りが伸びて消費ブームが到来していたが、地方やへき地の農村部は消費文化から取り残されていた。しかし中国でスマホが急増し17年の年間販売台数は15億台を突破。大都市の保有率はほぼ100%で、農村部でも1億人を超したといわれる。こうしたスマホの普及がネット通販を成長させているのだ。

 ネットで商品を見て注文すると、ネット通販と提携するコンビニやスーパーに商品が届けられ、購入者は商品を受け取りに行く仕組みらしい。最近では、石油大手がネット通販と提携することで流通に参入し、ガソリンスタンドに併設するコンビニで商品を受け取れるようになった。中国ではネットの配達先をコンビニなどにすることで新たな流通網ができ、地方も都会と同じように商品を手に入れられるようになったのだ。

 中国のネット企業の最大手はアリババ集団で、家具販売大手や百貨店、スーパーなどに次々と出資し、リアル店舗を傘下に収め始めている。また、電子商取引2位の京東集団はネット企業のテンセントなどと手を組み、急速に流通配達網を確保し始めている。

 一方でアメリカのおもちゃ販売大手トイザラスが国内の全735店を数ヶ月以内に閉鎖すると報じられた。トイザラスといえば、おもちゃの店として一時は隆盛を誇り、日本にも支社を出し人気を博していた。しかし米国のトイザラスはアマゾン・ドット・コムなどのネット販売に押されて業績が低迷し、昨年9月に連邦破産法を申請していた。また英国トイザラスも75店の閉鎖が決まっている。

 アメリカ小売り最大手のウォルマートもアマゾンのネット通販に対抗するため、生鮮品宅配事業のサービスを全米6都市から100都市に拡大し全世帯の40%以上をカバーするという。利用客はウォルマートのウェブサイトや専用アプリで注文すれば最短で当日に商品を受け取ることが出来る。主軸の店舗販売から宅配を始めることで即日配達を強化するというのだ。ネット通販が世界で流通のあり方を変え始めている。 
【電気新聞 2018年3月29日】

◆お知らせ
・昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~) 
 ゲスト:金子兜太様(俳人)音源掲載 来週水曜日正午までの期間限定公開
 2月にご逝去された金子様の追悼企画として2009年11月10日に収録した音源を再編集し、お届けいたします。
 当時100歳まで生きると仰っていた金子様の健康法や、日本銀行に在籍しながら俳人の道を歩んだ人生観などについて、今改めてお聴きいただきます。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/20180402

==================================
嶌信彦オフィシャルサイト   http://www.nobuhiko-shima.com/

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」特設サイト
http://navoi.nobuhiko-shima.com

嶌信彦公式ツイッター https://twitter.com/shima_nobuhiko

嶌信彦公式Facebook    https://www.facebook.com/nobuhiko.shima.1

NPO法人日本ウズベキスタン協会サイト http://homepage2.nifty.com/silkroad-uzbek/
==================================

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/07/19
部数 1,623部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/07/19
部数 1,623部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング