ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

【嶌信彦】時代をよむ 対立に向かう? 米中のモデル


カテゴリー: 2017年11月21日
2017年 11月 21日 vol.197

=================================
対立に向かう? 米中のモデル
==================================

 中国は10月18日から開いた5年に一度の共産党大会で「21年までに小康(ややゆとりのある)社会を完成させ、今世紀半ばに富強民主の強国を建設する」と宣言。さらに建国100年(2049年)に向けた国家目標として、まず第一段階の35年までに「法治国家の基本的な建設」「都市と農村の格差の顕著な縮少」などを実現させる。第二段階の2050年までに「総合国力と国際的な影響力で世界をリードする国家になる」と表明した。

 習近平主席の演説は3時間半に及び不自由な身体ながら出席していた江沢民元主席は何度かあくびをしていた。習近平主席の"一強支配"の源泉となった苛烈な腐敗追及は、今後も手を緩めることなく維持するとし、提唱する政治理念「治国理政(国家統治、政策運営)」も党規約に盛込む考えを示した。さらに党の指導力がない民族復興はあり得ないとし、共産党による政治や思想の指導力を絶えず強化する一党独裁体制を今後も維持してゆくことを強調している。欧米流の民主主義や法治のあり方とは一線を画した大国を目指すというのである。

 中国は1949年の共産国家樹立以来、毛沢東、トウ小平(※)、江沢民、胡錦濤ら4人の指導者によって経済成長と軍事強化を図りアメリカと並ぶ大国化に追いつき始めてきた。習近平主席は自分の手で何としても世界一のリーダー国となる国家の基盤作りを完成させ、自らを中興の祖となる意思をはっきりと内外に示し始めたのだ。

 しかもその方法は、あくまでも中国的社会主義と中国的大国外交で実現する野心を明確化し、党指導者の中でも別格を意味する"核心"と呼ばせるように仕向けた。もしトランプを凌ぐ権威を国際社会で認められるようになれば、毛沢東に匹敵する歴史上の人物に擬せられることになろう。

 一期目の習近平主席は江沢民、胡錦濤元主席ら長老たちに遠慮していたせいか、自らの思想、政策を明解に語ることがなかった。しかし腐敗追及で有力政治家や軍幹部、地方官僚を次々と放逐し、自らの側近を重要ポストに抜擢するにつれ習近平思想が明確になり、一強支配の基盤を固めたのである。

 残る5年間で習近平の唱える"中国の夢"を実現し、大国外交で新興国の支持を取り付けられるか──グローバル世界の中で新しいモデルを作るためのアメリカとの本格的競争が始まった。

 経済では自由競争社会の中に身を投じながら、あくまでも中国的社会主義を貫く道をどのようにして実施するのか。時として自由主義社会の理念やルールと衝突しても構わないということなのだろう。その時、自らの国力と相手の出方によって対応を変えれば、本当のリーダーにはなれまい。
【財界 2017年11月14日号 第460回】
(※)漢字が反映されないためカタカナにて記載しております。ご了承下さい。

◆お知らせ
・12月9日(土)にメールマガジン「まぐまぐ」の人気投資家 山崎和邦様とのトークショーを開催
  山崎様の講演と山崎様と私のトークショーを開催。
 主な内容
 ・今回の選挙の意義
 ・世界の動向、時事話題
 ・選挙と相場
  など
 http://peatix.com/event/313677

・19日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』音源掲載(来週水曜正午までの限定公開)
 ゲスト:高田宏治様(極道の妻たちシリーズ、仁義なき戦いなどさまざまなヒット映画の脚本家)二夜目
 「極道の妻たち」シリーズなどで、女優が主役を演じるようになった経緯や、シナリオライターとして女優に云わせる啖呵を考案したときのエピソードなど。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/20171120

 次回は、直木賞など様々な賞を受賞されている作家の宮城谷昌光様をゲストにお迎えする予定です。

==================================
嶌信彦オフィシャルサイト   http://www.nobuhiko-shima.com/

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」特設サイト
http://navoi.nobuhiko-shima.com

嶌信彦公式ツイッター https://twitter.com/shima_nobuhiko

嶌信彦公式Facebook    https://www.facebook.com/nobuhiko.shima.1

NPO法人日本ウズベキスタン協会サイト http://homepage2.nifty.com/silkroad-uzbek/
==================================

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/12/08
部数 1,587部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/12/08
部数 1,587部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング