ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

【嶌信彦】時代をよむ ウルトラマン50年の人気と秘密 ―円谷プロの特撮の努力と歴史―


カテゴリー: 2017年07月04日
2017年 7月 4日 vol.170

=================================
ウルトラマン50年の人気と秘密
 ―円谷プロの特撮の努力と歴史―
==================================

【ゴジラが1954年にスタート】
 怪獣映画「ゴジラ」は、今も多くのファンをもつ。当初は日本の街を歩きながら踏み潰す大怪獣だった。しかし第5作「三大怪獣 地球最大の決戦」で、ゴジラは人類の味方として戦ったため、単なる恐怖の対象ではなくなっていきエンターテインメントとして迎え入れられる。また時には正義のヒーローとして描かれたこともあって、時代とともにゴジラ像も変化しつつある。特に元巨人の松井秀喜選手がゴジラの愛称で呼ばれるようになり、ますます親しみをもたれるようになった。最近は「シン・ゴジラ」が新作として公開され話題を呼んだ。

 このゴジラを1954年に世に送り出したのが、円谷プロダクションの特殊技術や特撮のノウハウをもったスタッフたちだった。人間(俳優)がゴジラなどの着ぐるみを身にまとい、実像の25分の1に作られた街や建物を巨大怪獣が踏み潰していくシーンが圧巻だった。時に大爆発が起こり街やビルが吹っ飛ばされるシーンもあるが、ゴジラのタイミングにあわせ爆破スイッチを入れるのが大変だったという。模型の街並みなので1回爆発させたら二度と使えないので、ゴジラの歩くシーンと爆発のタイミングを合わせるのは、まさに職人技を要したという。

【1956年ウルトラマンがTV放映】
 その円谷プロが満を持して制作をスタートさせたのが、1966年の「ウルトラマン」だった。宇宙からやってくる怪獣から地球を防衛するという筋立てで、地球防衛のヒーローが、ウルトラマンなのだ。TBSで放映されると、またたく間に子供たちの人気シリーズとなり、以来途中に休止期間があったものの、昨年の2016年で50年を迎え、今もテレビ東京系で毎週放送されている。TBSの玄関にはウルトラマンの立像まで立てられているほどだ。

 ウルトラマンはシリーズで放送され、たとえば1966年に「ウルトラQ」、66-67年「ウルトラマン」、67-68年「ウルトラセブン」、71-72年「帰ってきたウルトラマン」といった具合で、その後もウルトラマンA、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、ウルトラマン80などが次々と放映された。
90年代に入るとウルトラマンティガ(96-97年、この時からCGも導入)、ウルトラマン・ダイナ、ウルトラマン・ガイア、2000年代になるとウルトラマン・コスモス、ウルトラマン・ネクサス、ウルトラマン・マックス、ウルトラマン・メビウスなどと続きついにはウルトラマン列伝、新列伝なども放映された。

【特撮の神様・円谷英二】
 円谷英二氏は特撮の神様と呼ばれ薫陶をうけた職人たちが寝ずに頑張って特撮に工夫を重ねていった。着ぐるみのウルトラマンと怪獣が25分の1のセットで戦う映像をとるわけだから大変な現場だった。
怪獣の新しいデザイン作り、怪獣が暴れて壊すセットの作り直し、着ぐるみの猛暑の中で動き回る俳優さんの苦労、重さを表現するために当時流通し始めたばかりのウレタンを土の下に埋め込み、怪獣が歩くと一歩ごとに重みで地面が沈む仕掛けを作るなど、「特撮には絶えず工夫と勉強が必要で、新しい技術や素材をいち早く使いこなす努力をした。現場はもう大変でしたね」と円谷プロでウルトラマンに長く関わった大岡新一・現円谷プロダクション社長は当時を振り返る。
大岡氏は主に特撮のカメラマンとしてウルトラマンにかかわってきたが、その後、制作部長などを経て2008年から社長となった。現物の25分の1の模型ミニチュアセットの現場で2m、10m、40mと変身したウルトラマンが怪獣と戦う実写を撮るわけだから並大抵の技では撮影できないし、そこに爆発シーンなどが入り、タイミングが合わないとすべてがムダになってしまうので、現場は真剣そのものだったという。まさに実写とミニチュアセットの組み合わせを、いかにリアリティあふれる形で撮影するかが勝負だったのだ。

【ウルトラマンたちの個性、経歴】
 ウルトラマンにはそれぞれの個性、プロフィールがあり、それを意識することも重要だった。

 たとえばウルトラマンは、身長40m、体重3万5,000トン、年齢2万歳、出身M78星雲・光の国、走行速度時速450km、飛行速度マッハ5、ジャンプ力500~800m、腕力10万トンタンカーを持ち上げる、といった具合だ。必殺技はスペシウム光線、ウルトラスラッシュなど。職業は宇宙大学教授、宇宙警備隊銀河系局長。家族は父が宇宙保安庁長官、母はウルトラ学校先生――といった具合で、ゾフィー、ウルトラセブン、ウルトラマンジャックなどもそれぞれ詳細な経歴、役割の設定と経歴があるのだ。

 こうした個人履歴があることもリアリティを持たせ、子供たちの人気の背景となっているようだ。

 ウルトラマンのTV制作には1本2,000~3,000万円、しかし局から出る支払は数百万円程度で、結局良いものを作るため円谷プロが持ち出し負担となっていた。このため、円谷プロは何度か経営危機に陥っている。しかし、日本の誇る特撮技術には外国も敬意を表していたから手を抜くことができなかったのだ。

 ただ、ウルトラマンは魅力的なキャラクター製品としての可能性がまだまだあることや、年間2,500件以上のライセンス商品が発売されることで維持されているのが実情だ。

【アジアへの展開へ】
 大岡社長は「ウルトラマンのメインのファンは4~5歳から小学生だが、成年、大人になっても時代を超えたウルトラマンの哲学――正義があり、それが時代ごとに少しずつ正義の意味も変化してくるので、50~60代の人もファンとして残ってくれているし、正義について子供と語りあってくれているようだ。こうした哲学のようなものがなければ、ウルトラマンは消えていたかもしれない。今後はアジア市場にもっと展開していきたい」と語っている。
すでに、日本の生んだウルトラマンというキャラクターは欧米にも迎えられているが、今後はインバウンドの旅行客も増えているアジアがアニメとともに大きな市場ターゲットとなっていく可能性があるのだ。
【TSR情報 2017年6月26日】

ブログにはTBS社屋にあるウルトラマン像とウルトラマングッズの画像を掲載しています。
興味をお持ちの方は合わせて以下を参照ください。
http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/20170704

◆お知らせ
・まぐまぐ有料メルマガ「虫の目、鳥の目、歴史の目」(毎月第二金曜配信)
 昨日増刊号を配信
 「欧州の政治家に見送られたコール元首相 ―東西ドイツを奇跡的に統合したステーツマン―」
  ドイツの故コール首相は大男だった。そのせいか、いつもゆったりとした動きに見え、意地の悪いマスコミの中には「大男、総身に知恵がまわりかね」などと皮肉る向きもあった。そんなコール首相だったが、東西ドイツの統一を巡る動きは素早かった・・・

 有料会員の方のみごらんいただけます。初月無料ですのでぜひごらんください。
 http://www.mag2.com/m/0001678876.html 

・2日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30-22:00)
 ゲスト:綾戸智恵様(ジャズシンガー) 
 3歳の頃、紙の鍵盤のピアノとの出会いから「ピアノごっこ」を始めたという綾戸様。小学生の頃、音楽に興味を持つキッカケになった曲についてや、恩師との出会いなどについてお伺いいたしました。

次週も綾戸様をゲストにお迎えし、アメリカに憧れ費用を稼ぎ反対する母親を説得して渡米、20年近く日本とアメリカを行き来する生活をしているうちに結婚、出産、そして離婚。34歳で帰国後、色々な職業を転々としながら、デビューするまでの日々についてお伺いする予定です。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/20170703

・7月16日(日)BS朝日「ザ・インタビュー」にインタビューアーとして出演し、ゲストにファイティング原田様(日本プロボクシング協会終身名誉会長)をお迎えする予定です。
http://www.bs-asahi.co.jp/interview/index.html

==================================
嶌信彦オフィシャルサイト   http://www.nobuhiko-shima.com/

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」特設サイト
http://navoi.nobuhiko-shima.com

嶌信彦公式ツイッター https://twitter.com/shima_nobuhiko

嶌信彦公式Facebook    https://www.facebook.com/nobuhiko.shima.1

NPO法人日本ウズベキスタン協会サイト http://homepage2.nifty.com/silkroad-uzbek/
==================================

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/12/13
部数 1,587部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/12/13
部数 1,587部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング