ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

【嶌信彦】時代をよむ


カテゴリー: 2017年04月05日
2017年 4月 5日 vol.149

=================================
情報発信・分析(コラム)連載にあたって
――虫の目・鳥の目・歴史の目を重視――
==================================

 4月14日(金)から本メルマガとは別に新たにまぐまぐ様の有料メルマガ「虫の目、鳥の目、歴史の目」の配信を開始します。本メルマガは、従前どおり他の媒体等に掲載いただいたものを中心に配信を続けていきます。新たに開設する有料メルマガでしか配信しないコラムを配信します。初月無料ですので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 私がジャーナリズムの世界に入った時、先輩たちに「原稿を書く時は、必ず“虫の目”を持って事実をかぎまわり、ほじくり返し、地を這うようにして取材をして来いよ」と言われたものだ。と同様に、拾い集めた事実をわかりやすく焦点を絞って構成するとともに「“鳥の目”を持って考えることも大事だ」と指摘された。鳥の目とは、大空から鳥が大地を俯瞰して全体像を把握するように、取材した事実をただ並べるだけでなく。全体の中でどう位置付けるかという視点も忘れるなということだった。

【フランス大統領選挙を3つの目でみると】
 フランス大統領選挙の記事でいえば、フランス大統領選挙の現状とどの候補が現段階では優勢か、各候補の特徴と弱点などがさしずめ“虫の目”の視点だろう。
 
 しかし欧州全体に広げるとオーストリアやドイツでの選挙、とりわけドイツがEU結成にあたりフランスと協力しあってきたコンビだけに、フランスにどんな政権が現われ、それがドイツや欧州全体にどんな影響を与えるかを考えることは、フランスの選挙を欧州全体の中に位置づけ、そこから今後のEUの行方を予想することで“鳥の目”の視点が見えてくる。ドイツだけでなく、オーストリアやトランプ政権の類似性もつかめれば“時代の風潮”ともとらえることができる。

 つまり虫の目で集めた事実を欧州全体の中に位置づけ直したり、世界全体の流れの中に置いてみると、フランスの大統領選挙が一時的なフランスだけの現象でなく時代を特徴づける流れの中から湧き出た現象と読み取ることもできるのだ。そうした視点も入れることで、文章に厚みと深さがでてくると思われる。

【歴史の目の重要性】
 私は、この虫の目と鳥の目に加えて、できる限り“歴史の目”も入れたいと思っている。EUはヨーロッパのベネルクス三国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)の関税同盟からスタートしたものだが、第二次大戦で疲弊したヨーロッパにとって、ベネルクスの試みはヨーロッパ復興にも役立つと考え、その後次々と加入してきた。それが関税だけでなくさらに有効な貿易条件、非関税障壁の撤廃などにも広げることでベネルクス三国の関税同盟を基礎にして欧州全体の利益へと広げる構想につながっていったわけである。

 それはペルー、オーストラリア、ブルネイなどの経済協定に目をつけたアメリカが、アジア太平洋諸国全体にひろげ、アジア太平洋の貿易ルールをつくり、各国を巻き込んで成長、発展過程にあるアジア諸国を大づかみしようとしたTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)構想と似ている。TPPはアメリカが強引にアジア諸国を口説いてほぼ成立したかに見えたが、トランプ大統領が登場してTPP離脱を表明したため混乱状態に陥っている。

【歴史が教えてくれる事は多い】
 もうひとつ重要な項目は“歴史の目”を付け加えることだろう。これはジャーナリズムを習う時の基本には入っていない場合が多いが、歴史的視点を入れることでさらに深みを増し、理解もはっきりしてくることが多い。

 ルペン氏の話に戻せば、父ジャン・マリー・ル・ペンが国民戦線を創設した由来や親娘の対立、さらには右派思想の歴史なども書き込むと、独仏の今日的状況がもっとはっきりしてくるのではなかろうか。三度目の大戦は絶対起こさないと誓ったEU結成時の思いが崩れようとしていることに考えが及ぶとフランスの選挙結果が引き起こす重要性にもっと気が付いてくるだろう。

 フランス国民は今日的なポピュリズムに流されて右派政党を選ぶのか、――まさにフランス国民の知性主義とフランス革命の歴史や伝統が問われているといえる。

 今後の有料コラムは、以上のようになるべく「虫の目、鳥の目、歴史の目」の視点を取り入れながら国際情勢や政治、経済、社会、時代などを捉えてゆきたいと思う。

タイトル:ジャーナリスト嶌信彦「虫の目、鳥の目、歴史の目」
 開始日:4月14日(金)
 配信:毎月第二金曜日配信予定
 金額: 540円(税込)
 登録は以下リンクより可能です。(初月無料) 
 http://www.mag2.com/m/0001678876.html

 現在、まぐまぐ様の著名クリエーターの作品を見られる新コンテンツプラットフォームmine(マイン)への寄稿を開始しております。
 今後こちらも活用してまいりますのでご期待ください。
 https://mine.place/user/c95caba7-d0d8-47e7-aab0-df5611cc90e9

◆お知らせ
・恒例のウズベキスタン協会のお花見を開催
 東京も桜が満開となりました。花の命は短くおそらく今週末には見頃を迎えますが、新宿御苑の八重桜の見頃は少し時期がずれ、2回お花見を楽しむ事が出来ます。これを逃すと来年まで待たなくてはなりません。

 私が会長を務める日本ウズベキスタン協会ではその時期に合わせ、毎年新宿御苑でお花見を開催しています。そのお花見には多くのウズベク人の美男美女やかわいい子供たちが大勢参加してくれます。よく官邸主催の桜をみる会と同日になるのですが、今年も同日の開催です。昨年は会員とその知人、友人、ウズベク人が約50人集まり楽しい会でした。一般の方もぜひお気軽にご参加ください。多くの方のご参加をお待ちしています。

 参加費は1500円(会員及び留学生は1000円)でおいしいお弁当やビンゴ大会もあります。準備の都合、4月12日(水)までに下記を参照の上日本ウズベキスタン協会事務局までお申し込み下さい。

 日  時:4月15日(土)集合時間10時30分 / 入園時刻11時 雨天中止
 集合場所:新宿御苑 新宿門前広場 
 参加費:1,500円(当協会会員及び留学生は1,000円)、中学生以下は無料 
 詳細は以下を参照ください。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/201704032

・2日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30-22:00)
 ゲスト:明治大学法科大学院教授の瀬木比呂志様 音源が番組サイトに掲載
 東京大在学中に司法試験に合格し、裁判官になった経緯や、官僚主義がはびこっていると云う裁判所の現状や、日本の司法は欧米先進国のレベルから外れ危うい状況であるなど、リベラルアーツが軽視されている日本の司法の問題点などについてお伺いいたしました。
 次週も引き続き瀬木様をゲストにお迎えし、順調にキャリアを積んできたのに、なぜ法曹界を辞め、その現状を批判するようになっていったのかなどにつきお伺いいたします。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/20170403

・BS朝日「ザ・インタビュー」
 歌手の舟木一夫様へのインタビューが15日(土)18:00-18:54に放送予定
 http://www.bs-asahi.co.jp/interview/

==================================
嶌信彦オフィシャルサイト   http://www.nobuhiko-shima.com/

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」特設サイト
http://navoi.nobuhiko-shima.com

嶌信彦公式ツイッター https://twitter.com/shima_nobuhiko

嶌信彦公式Facebook    https://www.facebook.com/nobuhiko.shima.1

NPO法人日本ウズベキスタン協会サイト http://homepage2.nifty.com/silkroad-uzbek/
==================================

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/07/13
部数 1,573部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/07/13
部数 1,573部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング