「教養」としての不動産取引

住宅ローンの仕組み 第96号


カテゴリー: 2017年09月30日
────────────────────
平成29年9月30日 
「教養」としての不動産取引 第96号

■住宅ローンの仕組み

きねや不動産株式会社 取締役
不動産活用コンサルタント 楯岡悟朗
http://fudousan-katsuyo.com/
http://kineyafudousan.co.jp/
────────────────────

*公式メルマガご登録はこちら↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=311665

◎情報があふれるこんな時代だからこそ!

不動産や不動産取引に関するその場限りではない
本当の知識

<教養>

が、人生で必ず幾度か不動産取引を
行うみなさんにとって必要となるのです。

 不動産会社の取締役として、
 売った・買っただけではなく、
 相談者自身が気づいていない悩みや問題点までも
 浮き彫りにし、依頼者の利益を最優先に考え
 ベストな解決策を提案する不動産活用のプロで
 あるそんな著者が、
 
---------------------------------------------
知識ゼロから専門家以上の不動産&不動産取引に関
する知識を学び、人生を豊かにする<教養>として
の知識をみなさんの頭脳にインストールしてもらう
---------------------------------------------

 ことを目的とし、週に一度のペースでお届けして
 いる、不動産業界に携わる人間が発行するものと
 しては異例のメルマガです。

 教養というのは、文学、音楽、哲学、科学、数学
 などのように、知識を学べばすぐに役に立つとい
 うものではありません。
 しかしふとした瞬間に内面からにじみ出てくるも
 の、それが「教養」です。

 肩肘張らず自由な形で

 「不動産(取引)の知識」

 という<教養>を是非学んでいって下さい。

 ★楯岡悟朗プロフィール 
  http://fudousan-katsuyo.com/greeting/


<先週の活動ダイジェスト>

■賃貸借契約1件

■税理士と会食

■マンション、戸建ての活用相談

■管理物件の排水管清掃立ち合い

■テナントの内見立ち合い

■測量の立ち合い

など

────────────────────

■自宅の近所に
 最近はやりの24時間フィットネスが
 1年前ほどまえにオープンしました。
 自宅からそのジムまでは
 歩いて30秒もしません(笑)

 別室のトレーニング部屋に行く感覚で
 気軽に行けるのが最大のメリットです。

 やはりジム長続きのコツは、
 行きやすさ、気軽さが最強です。
 
 会員もそれほど多くなく、
 いつ行っても空いていて快適なジムライフだったのですが、
 最近はいついっても混んでくるようになりました。

 まあ既存会員にしてみたら、
 空いていて快適な状態も、
 ジム側からすると困った状況ですから、
 会員増加のためさまざまな施策を行うのは当然のことです。

 それは分かるのですが、
 最近は自分のやりたいマシンを他の人が使っていると、
 それが空くまでやりたくもない他のトレーニングをしてみたり、
 一旦帰ってまた行ってみたり、
 無為な時間を過ごすことが多くなってきました。

■そんなジムライフに辟易してきたこともあり、
 新たなトレーニングに取り込もうとしていたところ、
 とある伝手からパーソナルトレーナーを紹介され、
 先日、体験に行ってきました。

 トレーナーの個人宅でマンツーマンでやってくれるので、
 いままで自己流でやっていたものに、
 細かいチェックが入るようになりました。

 いままで自分がいかに効果的でないやり方で
 トレーニングを行ってきたのかが白日の下にさらされ、
 軽いショックを受けた次第です。。。

■費用もお高いのではないかと思ったのですが、
 そんなこともありません。
 
 今までのジムのように、
 週に何度も行くことはできませんが、
 週に一度、集中的にトレーニングを見てもらい、
 あとは自宅トレーニングを行えば、
 問題なくやっていけます。

■私のトレーニング事情をながながと書いて、
 結局のところ何がいいたいのかというと、
 やはり

 「その道のプロに聞くのが一番効果的で早い」

 ということです。

■賃貸や売買、活用で相談を多く受けますが、
 いまはインターネットでさまざまな情報を見つけることができます。
 本当のこともあれば、
 信憑性の全くないニセの情報まで、
 玉石混交です。

 私のもとに相談に来るお客様にも、
 
 「え?そんな情報どこから拾って来たんですか?」

 的な質問をする人も多くいます。
 ネットで拾ってきた情報のことが多いのですが。

■不動産活用、取引のプロフェッショナルとして、
 
 「最初から楯岡さんに聞いておけばよかった」

 と言われるような、
 高い専門性をこれからも蓄積していくべきだと、
 そんなことを実感しました。  

■さて、2週空いてしまいましたが、
 今回の記事は

 「住宅ローンの仕組み」

 についてです。

 住宅ローン関連の記事を
 何週かに渡って投稿してきましたが、

 「そもそも住宅ローンってなんなん?」

 的な記事となります。
 
 冷静になって考えたことがないテーマだと思いますので、
 ぜひこの機会に読んでみてください。

 それでは

 『今週の「教養」としての不動産取引』

 をどうぞ。

────────────────────
平成29年9月30日
「教養」としての不動産取引 第96号
■住宅ローンの仕組み
────────────────────

「住宅ローン」というワードは耳慣れた言葉です。

住宅ローン=マイホーム購入時に利用するローンのこと

恐らくこのようなイメージを持つ人が多いと思いますが
実際その通りです。

それ以上でも以下でもありません。
そういう認識さえもっておけば問題ないでしょう。

そんな中、今回はあえてより突っ込んだ、
住宅ローンの仕組みについて解説したチャレンジングな記事となります。

■金融機関がお金を貸してくれる理由

マイホーム購入は多くの人にとって
人生で一番高い買い物のはずです。

世の中には無用の長物としか思えない古城を、
キャッシュでポンと買うような桁違いのお金持ちがいますが、
一般的には何千万のお金を現金で用意出来る人など
(*少なくとも私の周りには)ほとんどいません。

マイホームが欲しいと思ったら、
現状は金融機関から購入資金を借りて購入することになります。

では、そうした購入資金を貸してくれる金融機関は、
国民のマイホーム購入を推進するための
慈善事業としてお金を貸してくれるのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

公的資金という名の、
国からの救済措置を受けることがあるので、
まるで国営企業のように振る舞いますが、
金融機関も世の中に多くある営利企業の一つに違いありません。

営利企業の使命は

「企業の存続」
「利益を上げる」

ことに他なりません。
マイホーム購入のための資金を貸してくれるのは、
貸すことが利益になるからです。

■金融機関の利益とは?

マイホーム購入資金を、
住宅ローンという名のもとに貸してくれる金融機関は、
貸したお金に利息を付け、
それを利益とします。

例えば以下の条件で融資を受けたとしましょう。

・金利・・・2%
・借入金・・・3,000万
・借り入れ年数・・・35年

総返済額は41,739,108円です。

3,000万が35年後には41,739,108円となって返ってくるので、
単純計算で約1,100万円、
1年あたり約30万円が利益となります。

そう考えると、住宅ローンを借りる人というのは、
金融機関にとって大口なお客さんのはずです。

しかし、取引のクライマックスである融資実行時でさえ、
お茶さえ出してこないのは、以前にも書いていますが

「サービス業」

という観点からみると、本当にどうかしてると思います。
いや、お茶を出してほしいわけではないんですが、
サービス業としての心構えとしての話ですけどね。

【関連記事】
→→→ 決済(けっさい)http://fudousan-katsuyo.com/103/

外車のディーラーとか行くと
(*私は行ったことないですが)、
手厚いサービスが受けられるじゃないですか。

■金融機関が損をしない仕組み

金融機関はお金を貸すにあたり、
借りる人の審査を行います。
長期に渡って返済していける人なのかを、

・収入
・勤務先
・勤続年数
・資産内容
・家族状況
・過去の借り入れ履歴
・購入物件の資産価値などなど

様々な要素を勘案し、
融資可否を決定します。

このような厳密な審査を行い、
貸したお金がちゃんと返ってくる確率か高い(であろう)と
判断を下したうえでさらに、
金融機関は購入する不動産、
マイホームを「担保」に取ります。

「担保に取る」

という行為を簡単に説明すると、

「万が一、貸したお金を返さなかった場合、その不動産は没収される」

ということで、
簡単にいうと人質みたいなものです。

金融機関はこれだけの保全措置を取ったうえでお金を貸し、
利息を得ます。

仮に返済が滞ったとしても、
担保に取った不動産を売却し、
貸したお金を回収するのです。

金融機関がマイホーム購入にお金を貸してくれるのは、
このように貸す側が損をしないこれだけの仕組みがあるからです。

■まとめ

以上、住宅ローンの仕組みついに解説してきましたが、
いかがだったでしょうか?

こうした知識を知ったうえで
融資を受けるのと受けないのでは、
住宅ローンを利用する際の
取り組む姿勢にも表れるのではないかと思います。

明日から即、役立つ類の知識ではありませんし、
知っていたから有利な金利を受けられるというわけではありません。

しかし、自らの教養を育むつもりで、
肩ひじ張らず、読み返してもらうことで、
より主体的に住宅ローンについて
考えていけるのではないでしょうか。

そうであるよう期待しています。

────────────────────

【 不動産売却に成功するための7つの秘訣 】
登録はこちら↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/kineyafudousan

【 土地を有効活用する4つの方法 】
登録はこちら↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/tochikatuyou

────────────────────
■あとがき
────────────────────
今回の

『「教養」としての不動産取引』

はいかがでしたか?

トレーニングの結果、
筋肉はついたのですが、
相関関係があるかどうか分かりませんが、
お腹のお肉も増えた気がします。

椅子に座ると
ベルトの上にお肉が乗ってくるのですが、
その感じが、
たまらく不快です。

また次回、お会いしましょう。

■■■みなさんへのお願い■■■

メールマガジンのよいところは、
私からみなさんへの一方向の
メッセージで終わるのではなく、
みなさんから私への方向にも
メッセージを送れるところです。

ご感想やご意見を送っていただ
ければ、次第に

「自分が読みたいメールマガジン」

に育っていきます。
本メルマガのより良い発展に、
ご協力頂けるとこんなに
うれしいことはありません。

このメールマガジンについての
ご意見やご質問はどうぞお気軽
にお送り下さい。

こんなことを聞いてみたい、
これってどうなの?
ちょっと長いからもう少し短く
逆にもっと長く。
文章を固く、柔らかく・・・などなど。
ご要望も大歓迎です。

以下のメールフォームから、
お送りすることができます。

http://fudousan-katsuyo.com/free-mail/

みなさんからのメールを
読むのがとても楽しみです!

それでは、また!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
いつもの不動産取引に安心をプラス
きねや不動産株式会社 楯岡悟朗
E-mail:goro_tateoka@kineyafudousan.co.jp

宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
(資産設計提案業務)

Facebookやってます! 
http://www.facebook.com/gorotateoka
メッセージ添えてのリクエストは大歓迎です!

初めての著書、「ここで辞めたらただの負け犬!」
好評発売中!ご購入は大手書店、アマゾンで!
http://www.amazon.co.jp/dp/4046003650/

メルマガ発行中。登録はコチラ
【 「教養」としての不動産取引 】
http://www.mag2.com/m/0001666496.html

【 All About公式ガイド 】
「土地査定・不動産査定」
「土地の売却・土地売買」
「土地活用のノウハウ」
「アパート・マンション経営」
http://allabout.co.jp/gm/gp/1180/ 

【 運営サイト 】
■不動産活用コム   
http://fudousan-katsuyo.com/

■空き家管理センター 
http://akiya-center.com/

(社)東京都宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業保証協会
東京都世田谷区等々力2-20-12
メープルハウス尾山台
宅地建物取引業免許 東京都知事(5)第75508号
きねや不動産株式会社 
http://www.kineyafudousan.co.jp/
TEL:03-5707-7650 FAX: 03-5707-7651

単純売却、相続・離婚・債務整理・買い替えに伴う
売却、空室・空き家対策、賃貸管理サポート等、
不動産に関する悩みや不安を確かな知識で解決!
町医者的な不動産コンサルティング会社です。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「教養」としての不動産取引

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/12/09
部数 1,093部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「教養」としての不動産取引

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/12/09
部数 1,093部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング