英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~

[世界で生きる英語]統制された世界。中国のインターネット


カテゴリー: 2017年12月25日
==========================
英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~
      ■第314号■
==========================

おはようございます。しゅうこです。

メリークリスマス!今年もあと1週間で終わりですね。


◎メルマガを初めて読まれる方へ◎

本メルマガの簡単な説明を、文末に載せています。
ぜひご確認ください。

■タイトル(内容を想像してみてください)

China closes more than 13,000 websites in past three years

■本日のニュース

中国、過去3年で1万3千以上のウェブサイトを閉鎖

引用:2017.12.24 Reuters


■トピックセンテンスをまずは読んでみましょう!

China has closed more than 13,000 websites since the beginning of 2015 for breaking the law or other rules and the vast majority of people support government efforts to clean up cyberspace, state news agency Xinhua said on Sunday.

The government has stepped up already tight controls over the internet since President Xi Jinping took power five years ago, in what critics say is an effort to restrict freedom of speech and prevent criticism of the ruling Communist Party.


■解説

<まずは単語とフレーズ>

●critic:評論家、批評家

動詞はcriticize(批評する、非難する)。

名詞の「批評・評論」はcriticismです。

例)People criticized the government
  人々は政府を批評しました。


●communist:共産主義の、共産主義者

これは意味を覚えておきたい単語。

「民主主義の」は?

democraticです。


<スラッシュリーディング>

China has closed / more than 13,000 websites / since the beginning of 2015 / 
for breaking the law / or other rules / 
and the vast majority of people / support government efforts / to clean up cyberspace, / 
state news agency Xinhua said / on Sunday.

中国は閉じた/1万3千以上のウェブサイトを/ 2015年の始め以来/ 
法律を破ったとして/ もしくは他の決まりを/ 
そして多くの人々が/ 政府の努力を助ける/ サイバースペースを片付けるのを/ 
国営通信社のXinhua(新華社)は伝えた/ 日曜に。


■記事全文

https://www.reuters.com/article/us-china-internet/china-closes-more-than-13000-websites-in-past-three-years-idUSKBN1EI05M


■まとめて復習!

China has closed more than 13,000 websites since the beginning of 2015 for breaking the law or other rules and the vast majority of people support government efforts to clean up cyberspace, state news agency Xinhua said on Sunday.

中国は2015年の始め以来、法律やその他の規則を破ったとして1万3千以上のウェブサイトを閉鎖しており、大多数の人々は政府がサイバースペースをクリーンアップするのを手助けしていると国営新華社通信は日曜報じた。


The government has stepped up already tight controls over the internet since President Xi Jinping took power five years ago, in what critics say is an effort to restrict freedom of speech and prevent criticism of the ruling Communist Party.

政府は既に5年前習金平主席が権力について以来、インターネットに対する厳しい締め付けを行っており、評論家たちはこれは言論の自由を妨げるものであり共産党政権に対する批判を防ぐものだという。


■記事概要

中国は周金平主席が権力について以来インターネットに対する制限を続けており、2015年の始めから今までに1万3千以上のウェブサイトを閉鎖している。

評論家たちは、これは言論の自由を奪うものであり、かつ共産党政権に対する批判を防ぐためだという。

政府は、すべての国はインターネットに制限をかけており、同国における規則はポルノや暴力的なコンテンツの拡散を防ぎ、国の安全と社会の安定を守るものだという。


中国のインターネット統制はよく話題に上がりますね。

Google、フェイスブック、ラインももちろん中国では使えません。

がしかし、Googleが中国にAI研究拠点を作ると発表するなど、人口の多さという強みもあり変化の渦中にある中国。

中国がどのように力を増していくのか、変化は未知数ですね。

==================

来週の月曜はもう元旦!!

みなさんNew Years Resolutions(新年の誓い)の準備はどうでしょうか?


■編集後記

◆決断は難しい。(その2)◆

前回からの続きです。

AとBという2つの選択肢があって、どちらもよさそうな時。

どっちを選ぶか、選択することには苦渋が伴うという話をしました。


では、

●Aという選択肢をやるか、やらないか

というときはどうでしょう。

前回も書いたのですが、

「やらずに後悔するより、やって後悔したほうがいい」と言いますよね。


変化するほうを選ぶのか、変化しないほうを選ぶのか。


この、「変化しない」ほうを選ぶのが明らかにラクだとわかってるときには「やらずに後悔するよりやって後悔しろ」論になるかもしれませんが、

「変化しない」ほうを選ぶことによってさらに今の自分を追いつめることも場合によってはあるんですよね。


例えば、より給与が良くて労働環境もいい会社に転職するのか、今の会社に残り環境を変えるために奮闘するのか、とかです。

今の会社に残ると決める、というと、周りからは何も変わっていないように見えるのですが、

実はその決断って自分を改めて逃げられない状態に追い込むものだったりもします。


だから選択って難しいんですよね。

周りからは変わっていないように見える状態で、自分だけが頑張ると改めて頑張るという先が見えない感じ。

明らかにガラッと変わる環境で、明らかに頑張らないといけない状態。


どっちを選ぶのが自分にとって良いのか、

メリットデメリットを十分に吟味する必要があり、

その決断をした後でも、「やっぱりあっちの方が良かったのかも…」と疑いながら奮闘する。

自分にとって何が一番大事なのか。

時間?

環境?

お金?

成長?

仲間?


あなたにとって大事にしたいものは何でしょうか?

年末年始、そして年度替わりの時期でもありますから、ちょっとこんな話をしてみました。


≪このメールマガジンの友人へのご紹介大歓迎です≫
http://www.mag2.com/m/0001665015.html

≪バックナンバーはこちら≫
http://archive.mag2.com/000166515/index.html


■ご意見・ご要望募集します!

こんなテーマやニュースを扱ってほしい、というものがあ
ればお寄せください!!
英語に関するご相談も募集しています。
(下記お問い合わせより)


■本メルマガについて

当メールマガジンでは、最新の英語ニュースの中の1~2文を引用し、英文の読解と単語やフレーズの解説を行うとともに、世界のビジネスニュースについて知ることができるようになっています。

話題のネタにするも良し、ガッツリ読解するもよし、ぜひ楽しみながら世界のビジネスニュースに触れてみてください。

編集後記では、英語学習に関する話題を中心に、しゅうこの考えや手法をお伝えしています。


なお、メルマガの構成は以下のようになっています。

■タイトル(ニュースの英語タイトル)
■本日のニュース(タイトル和訳・出展記載)
■トピックセンテンス(ニュース原文1~2文)
■解説(トピックセンテンスについて、以下を解説)
 単語とフレーズ
 文法
 スラッシュリーディング
■記事全文(記事URL)
■まとめて復習(トピックセンテンス和訳例)
■記事概要
■編集後記


読者の皆様が、宇宙一幸せになることを心よりお祈りいた
します。ありがとうございました。

===========================
英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~
発行システム:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/
お問い合わせ:readtheworld.2015@gmail.com

英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/02/19
部数 533部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/02/19
部数 533部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング