ローマから吹く風

メールマガジン“ローマから吹く風”(第20号) 「チョコレートの街トリノとピエモンテ州のお祭り」


カテゴリー: 2016年12月05日
目 次
1.はじめに
2.チョコレートの街トリノ
3.トリノのお薦めのチョコレート菓子
4.ピエモンテ州のお祭りサローネグスト
5.アルバのトリュフ見本市
6.あとがき

1.はじめに
イタリアのチョコレート発祥の地は、北イタリアのトリノです。ミラノから電車、又は車で1時間余の距離です。トリノは1861年、イタリアが初めて統一したときの首都であった町、国王サヴォイア家の町です。毎年11月〜12月にチョコレート祭りが開催されていて、街はチョコレート一色になります。

 トリノではジャンドゥヨットとビチェリンをお試しください。又、重厚なカフェテリアで飲むマロッキーノ。これはモロッコ風のエスプレッソコーヒーという意味で、トリノ以外の都市ではエスプレッソコーヒーに泡立てて温めたミルクとカカオを振りかけたミニカップチーノですが、トリノで飲むとそこにチョコレートクリームが入っています。ということで第19回はチョコレートの街・トリノとピエモンテ州の特集です。

2. チョコレートの街トリノ
 中南米原産のカカオがヨーロッパに持ち込まれたのは、コロンブスのアメリカ大陸発見後で、16世紀後半のことです。イタリアにはサヴォイア家のエマヌエーレ フィリベルトへの貢物として入ってきたので、今でも彼が当時住んでいたトリノの町がヨーロッパのチョコレートの中心地と言われる由縁です。トリノの一番重要な広場には彼の騎馬像がたっています。
 カカオは、当初は貴族の間で飲み物として楽しまれていました。今のような固形物、チョコレートが生まれたのも、実はこのトリノの町です。19世紀初めのことになります。当時、最新技術を備え、チョコレートを製造していた会社にやってきたスイス人がその技術を自国に持ち帰り、チョコレートを生産し始めたため、チョコレートはスイス生まれという印象がありますが、、、、、、、

 ナポレオンがカカオの輸入に圧力をかけた19世紀、トリノの人々が地元でふんだんに採れるへーゼルナッツをトーストしてカカオの代用として使ったのが“ジャンドゥヨット”と呼ばれるものです。
 イタリアではチョコレートブームが巻き起こっています。大量生産のチョコレートではなく、小規模な作り手のこだわりのチョコレートが脚光を浴びています。有名シェフたちが、そのビターチョコレートを隠し味として作ったソースや、カカオ入りのパスタで、よりクリエイティブな料理を作り上げていますし、今まではラム酒以外にはマリアージュが不可能といわれたチョコレートと、イタリアの各地のワインを合わせるというセミナーまで催されています。秋にはトリノでチョコレート祭りが開催されています。
 さらにイタリアでは品質の高いビターチョコレートを使った料理(デザートではなく)が脚光を浴びています。昨年はミラノの五つ星のホテル“Principe di Savoia”でカカオを使ったお料理の特集が3週間ほど開催されました。女性シェフの手による“生牡蠣とチョコレート風味の薄いパンケーキ”、“フィレ肉にチョコレート風味のソースを添えて”などが、大好評をでした。また、チョコレートという120種のレシピを載せた本がイタリアのGribaudo社から販売される等イタリアのチョコレートはいわばブームとなっております。

北イタリアのチョコレート→http:// www.ivc-net.co.jp/food/shokuji/chocola.html

3. トリノのお薦めのチョコレート菓子
<Caffe Bicerin(ビチェリン)>
 チョコレートの中心地といわれるトリノでこの店を知らない地元の人はいません。1763年創業。イタリア初代首相もお気に入りだったビチェリンという温かい飲み物はミルク、ビターチョコレート、砂糖、エスプレッソコーヒー、ホイップクリームで作ります。
 ピエモンテ州の本当に小規模の手づくりチョコレートもここで購入できます。
Caffe Bicerin
Piazza della Consolata, 5 10122 Torino, Italia
URL:http://www.bicerin.it/

<Torteria Dolce e Salato(トルテリーア ドルチェ エ サラート)>
 チョコレートベースのタルトが有名な店。それらのタルトと合うワインも1本売りしている。ちょっとセクシーな浮き彫り入りのチョコレートにはドッキリ。塩味のタルトもある。持ち帰りのみ。
Via Mercanti, 8 10122 Torino, Italia

4.ピエモンテ州のお祭りサローネグスト
 ファストフードに対抗する形でスローフードが生まれたのは、北部ピエモンテ州で、ブラ(Bra)には1989年にスローフード協会の本部がおかれています。そんなスローフードのお膝元で開かれる、世界一規模の食材の祭典(サローネ・デル・グスト Salone del Gusto)が、ピエモンテ州の州都トリノにてこの秋開催されます。
詳しくは→http://www.salonedelgusto.it
 イタリアの数多くある伝統的な食材の中でも、消滅の危機にさらされている少数の生産業者がその製法を後世に残していくため、スローフード協会は食材に対するお墨付き(プレシーディオ Presidio)マークをつけて認定しています。この認定食材を中心に様々な食材が並べられ、試食が出来ます。そのような食材の中には、次のようなものがあります。
・ 絶滅しかけた幻のチーズ、モンテーボレ
http://www.vallenostra.it/il_montebore/formaggio_montebore.html
・3代目の女主人ミリアムおばあちゃんの、絶品パルマの生ハム
 http://www.trattorialabuca.com/culatello.htm

5.旅の情報 アルバのトリュフ見本市
 フォアグラ、キャビアとともに珍味の一つとして重宝されているトリュフ。その中でも高価なホ ワイトトリュフの世界的な祭典が、ピエモンテ州のアルバで毎年秋に開催されます。
詳しくは→http://www.fieradeltartufo.org/2014/it/index.php

6.あとがき 
 ルネサンス発祥の地として知られているフィレンツェは、職人の街としても知られています。ルネサンスを支えた織物や宝飾品の生産が、トスカーナの職人の起源と言われています。それが発展していまやフィレンツェは、世界的な高級ブランドの生産地として名を馳せています。次回はこの職人の街フィレンツェを報告します。

山根さんのページは→http://www.ivc-net.co.jp/trans/yamane/index.html

ご意見・お問合せ・旅行のご相談は→info@ivc-net.co.jp

ついでに読みたい

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/02/05
部数 27部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング