ローマから吹く風

メールマガジン・ローマから吹く風(第16号) 「ベルベデーレのトルソ/借金王・カエサル」


カテゴリー: 2016年08月05日
目 次
1.はじめに 夏だ!トマトご飯
2. ベルベデーレのトルソ
3. カエサルの逸話 “借金王・カエサル”
4.ポンペイ人の楽しみ
5.あとがき

1.はじめに 夏だ!トマトご飯
 夏になってトマトがおいしくなると、いよいよトマトご飯(Pomodoro e Riso)の季節です。持ち帰りの総菜屋さんでも売っているけれど、ローマのヤマネさんの家では、良く熟したトマトを買ってきて自家製を作ります。取り出したトマトを切り刻み、ニンニクのみじん切り、バシリコ、塩、オリーブオイルを加え、スプーン一杯の生米をいれてマゼマゼします。隙間にジャガイモを小さめに切ったものをいれ、さらに塩とオリーブオイルを足して、まぜまぜ。220度のオーブンで30分~40分。これでさめてもおいしいトマトご飯の完成です。
詳しいレシピはクチーナ・イタリアーナ(イタリアの台所)でご覧下さい。

2. ベルベデーレのトルソ
 ルネッサンスが花開いた頃の芸術家達が古代ローマの作品を見ていかに興奮したかを考えると美術大学出身のヤマネさんも興奮を共有するのだそうです。このトルソはそのシンボル的作品だからです。
 このムキムキな男性像は、法王ユリウス二世(1503~1513)のご時世にローマのカンポ・デ・フィオーリ付近で発見された紀元前1世紀の大理石彫刻。他の多くのローマ時代の大理石彫刻と同じようにギリシャ彫刻(ブロンズ)のコピーらしい。
 ヘラクレスをかたどったものと言われています。現在見られるように四肢と頭が欠けた状態で発見されてからバチカン内のベルベデーレの中庭に置かれ、そこから「ベルベデーレのトルソ」と呼ばれています。力強い筋肉の動き、ダイナミックなポジション。古代から現代を通して彫刻の傑作と言ってよいと思います。
 これが発見された頃はルネッサンスの盛り。著名なミケランジェロやラファエロが活躍していた頃です。ミケランジェロはこの彫刻に惚れ込んで、ユリウス二世が欠けた部分を修復するようにミケランジェロに依頼したけど、ミケランジェロは「いや、このままが美しい!」と言って依頼を断りました。
 ミケランジェロは「彫刻の傑作とは、完成した作品を崖から転がし、あちこち欠けて、それでも美しいものが傑作だ」という言葉を残しているそうだけど、この彫刻を頭に浮かべて言ったものだと思います。なぜルネッサンス期の芸術家たちが古代ローマ美術に興奮したかというと、ルネッサンス様式が始まる前の美術様式のせいです。
 ビザンチン様式は、古代ローマ帝国がものすごく大きくなって、首都をローマからトルコのコンスタンチノープル、今のイスタンブールに移動したことから始まる。ビザンチン様式は千年ほど続く中世時代の美術様式です。
 千年もの間、平面的で人間性を欠いたビザンチン美術を見慣れた目に、当時は地方であったローマだったからこそ残っていた数々の遺跡にあったリアルな彫刻群やフレスコ画を見た芸術家の感動を想像すると、そのことが感動を呼びます。人間回帰の機運が高まるわけですが、ただし、表向きは神の権威は絶対ですから、興味の中心を人間に移した偉大な芸術家達は自分たちの作品の中に人間への興味、そこから来た探求、探求の結果の科学的知識を隠しました。その原点を「ベルベデーレのトルソ」に見ることが出来ます。
ベルベデーレのトルソは→http://www.ivc-net.co.jp/guide/rome/torso.html

3. カエサルの逸話 “借金王カエサル”
 名門であっても資産に乏しいカエサルが、どのようにローマ社会で成功を収めていったのでしょうか。大きな栄誉を得る為には、勇者であるだけでなく、地位を向上させて、軍団を指揮して、大きな戦功を挙げる必要があります。
 その為の活動資金は不可欠です。ユリア家の資産に期待できなかったカエサルは、借金することにより、自分の活動資金を調達し、地位を向上させました。その額は巨額で、借金で身動きが取れなくなったカエサルが、ローマ随一の金持ちのクラッススに債務保証をしてもらい、ヒスパニアに赴任したとの逸話も残っています。この借金は、公共施設の建設・整備や自己投資、選挙活動等に使われたということです。成り上がって豪邸を建てるといったようなことと、カエサルは無縁だったようです。
 借金について見方を変えると、お金に無頓着なカエサルに、あえて資金を貸すクラッススのような資産家がいたということです。カエサルが借金術に優れていただけでなく、それ以上に、資産家クラッススはカエサルの将来性に期待したということです。この膨大な借金は、ガリア制圧まで続きます。ガリア制圧後、ようやくカエサルは資金繰りの苦しさから逃れることができました。
 ちなみにクラッススの借金は、パルティア遠征でクラッススが戦死して、チャラになったようです。カエサルには運も味方していたのだと思います。

4. 旅の情報 ヴィバルディのコンサート(ヴェネチア)
 イタリアの夏にはいろいろな教会でクラシックコンサートが行われています。その中の1つにヴェネチアのサンタ・マリア・デッラ・ピエタ教会で開催されるヴィバルディのコンサートがあります。
 サンタ・マリア・デッラ・ピエタ教会は、司祭であったヴィバルディがこの教会併設のピエタ慈善院(救貧院 兼 孤児院 兼 音楽院)で音楽を教えていた縁のある教会です。今年の8月は5,6,7,12,13,14,15,19,20,21,26,27,28日にヴィバルディのコンサートが開催されています。ヴェネチアにご滞在の方は、音楽の国イタリアで生のコンサートを体験されては如何でしょうか。

5.あとがき 
 夏の終わりから9月にかけてイタリア各地でSAGRA(サグラ)が催さます。収穫の秋の代名詞です。今は町おこしに使われる場合が多いです。イタリア人はお祭りが大好き。そうした各地のおいしいものを楽しむのがイタリア流の楽しみかた。その中でも人気が高いのがイタリア人が目の色を変えて物色するのが秋の味覚ポルチーノ茸をテーマにしたSAGRAです。次回は、山あいのいろんな村でポルチーノ茸をテーマとしたお祭りを紹介します。

山根さんのページは→http://www.ivc-net.co.jp/trans/yamane/index.html

ご意見・お問合せ・旅行のご相談は→info@ivc-net.co.jp

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/08/05
部数 27部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/08/05
部数 27部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング