ローマから吹く風

ローマから吹く風(第12号)「ミケランジェロのローマ/ローマの復活祭の食卓」


カテゴリー: 2016年04月05日
イタリアンビテオコレクション・メールマガジン“ローマから吹く風”(第12号)
「ミケランジェロのローマ/ローマの復活祭の食卓」
目 次
1.はじめに
2. ミケランジェロのローマ
3. ローマの復活祭の食卓
4.ポンペイ人の楽しみ
5. 旅の情報「主要駅のプラットホームの入場規制」
6.あとがき

1.はじめに
 イタリアでは老人を介護するときヘルパーさんを雇うことが一般的です。この場合、安い賃金で雇えるウクライナやモルディーバの移民女性が住み込みで介護というケースが多いです。当然食事も作ります。もちろん住み込みの女性達は奴隷ではないのですが、低賃金で働いてもらうことには、少し違和感があります。
 長生きは医療が科学の面からのみ、臓器の寿命引き伸ばしをいたずらにしているだけのような気がします。ただ生きていていいのだろうか、と何をするにもヘトヘトに疲れ、気力を無くしてただテレビの前にいるようになった舅を見てると思います。人はパンのみにて生きるにあらず。生きることもそうですが、他のあらゆる面で質を問わなくなってしまったような気がします。

2. ミケランジェロのローマ
 美術史においてルネサンスの最盛期は、1450年から1527年のローマ略奪迄と言われています。このうち前期はメディチ家の支配するフィレンツェで、後期は教皇をパトロンとしたローマで展開されました。フィレンツェで青春を過ごし、1496年に活動の場をローマに移し、88歳で亡くなる迄ローマで活躍したミケランジェロは、最も最盛期のルネサンスを体現した芸術家です。
 ルネサンス期の3大巨匠としては、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロが挙げられます。このうち、ラファエロは有り余る天分に恵まれながら夭折し、レオナルドは天才であるが故に、ふさわしい場所を得られず,自己実現が十分出来ませんでした。
 これに対してミケランジェロは、ルネサンスの万能人として、彫刻家、画家、建築家、詩人として大きな足跡を残しています。実はルネサンス,マニエリスムがあって,バロックの花が咲くという西洋美術史上の流れの中で、ミケランジェロは、芸術のあらゆる分野で、大きな影響を与えるという画期的な役割を果たしています。
 ルネサンス期芸術家の評伝を書いたフィレンツェの画家で建築家のジョルジョ・ヴァザーリ(ヴァザーリの回廊でも知られる)はミケランジェロをルネサンス期の芸術における頂点として絶賛し、その作品は何世紀にもわたって西洋美術界で通用するだろうと語っています。ヴァザーリの予言は、的中したと言えるでしょう。
 ローマを歩いてみると、様々な場所で、ミケランジェロの作品やミケランジェロが感動を得た美術品が、今も残されていることを感じます。如何にミケランジェロが残した足跡が大きく、その現物を目に出来る幸せを、ローマにいると感じます。
 ローマで見ることの出来るミケランジェロの主な作品は次のようです。
システィーナ礼拝堂の「システィーナ礼拝堂天井画」、祭壇壁画「最後の審判」、サンピエトロ大聖堂にある「ピエタ」、サンピエトロ大聖堂の改修設計、サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会のモーゼ像、サンタ・マリーア・デリ・アンジェリ教会の設計、カンピドリオ広場の設計、ピア門の設計。
ミケランジェロのローマは→http://www.ivc-net.co.jp/guide/rome/miche.html

3. ローマの復活祭(イースター)の食卓
 復活祭はイエス・キリストが処刑され復活したといわれることにちなんだお祝いです。その年のイースターは春分の日のあとの最初の満月から数えて最初の日曜日と定められていて、2016年は3月27日になります。この日は、イタリアでは、クリスマスと同様家族でごちそうを食べる日です。
 チーズパンとCorrarinaと言うサラミがローマでは定番。お正月のお雑煮が各地で違うように復活祭の定番もイタリア各地で違います。ノンナ(姑)は自分では食べないけど、これが無いと機嫌が悪いから、必ず用意します。
 メインの肉についてはローマでは子羊に決まっています。そして復活祭定番のパンケーキ。クリスマスのパネットーネに似ています。上にメレンゲとアーモンドがついているのがパネットーネと違うところ。
 中におまけが入った卵型チョコレートも定番。定番がたくさんあることが季節のお祭りの条件です。子供はいくつもらったかでワクワク度が違います。息子は既にその時期を過ぎたけれど「わー!おまけはなんだろう!」と演じてくれる、家族のお祝いです。

4.ポンペイ人の楽しみ
 火山灰に覆われて滅びたポンペイは、もともとはローマの国際交易都市であったことから、復元された街並は、ローマ時代の生活を生き生きと、残しています。この中で、ローマ時代の人々が何を娯楽にしていたかが良くわかります。
 生活の楽しみの中で「性」は古今東西変わらずに重要な位置を占めていました。ここ、ポンペイでも同じ。ポンペイでは当時の売春宿が復元されています。入ってすぐの壁の上方に「メニュー」が絵で描かれています。ポンペイは国際都市だったので言語の問題もあったのでしょう。どのようなサービスがされるか絵で表現されています。入り口近くにある小さな部屋。一階は値段が安く、高級客はお二階ヘ。声が漏れたりしないのか…と余計な心配をしてしまうけど、それも客の呼び込みの一環になったようです。かなりおおらかなようでした。
 テアトロと呼ぶ劇場は、当時の大事な娯楽の一つのようです。ポンペイにも劇場が二つ有ります。自然の傾斜地を利用して建設された大劇場。5000人収容できたということです。大理石部分は当時のものがそのまま残っています。小劇場は人工的に傾斜を作って建設。舞台部分から客席に向かって喋ると声が響くのがわかります。
 ローマ人の楽しみは何と言ってもお風呂。壁が二重になっていて、その間を蒸気が通って部屋全体を暖める構造になっています。大きな銅製の鉢。炭を大量に置いて水をかけ、蒸気を大量に出してサウナのようにしていました。
 1センチ角の白黒の石でモザイク。これはローマのカラカラ浴場で発見されたものと同じ様式。後に、ムッソリーニが建設した競技場にも、同じやり方でモザイクを施した広場があります。Duce(ムッソリーニ総督の別の呼び名)のモザイク。古代ローマ時代は電気というエネルギーがなかっただけで、生活の文化的水準はずいぶん高かったと、遺跡をめぐるたびに思います。
ポンペイ人の楽しみ→http://www.ivc-net.co.jp/cult/kaze/261.html

5.旅の情報「主要駅のプラットホームの入場規制」
 ローマのテルミニ駅など主要駅のプラットホームに入ることができなくなりました。中に入る為には列車のチケットを提示しなければならなくなっています。これまでイタリアにこの種の改札は無かったのですが,テロ対策強化の一貫として導入されています。今までは待ち合わせを駅にすることは普通だったのですが,これ以降駅の構内で待ち合わせするのは非常に困難になっています。
プラットホームの入場規制→http://www.ivc-net.co.jp/guide/info/traffic.html#info10

6.あとがき 
 日曜日の復活祭の翌日、月曜日はPasquettaという「小さな復活祭」で祭日です。この日もイタリアではみんなが集って食べることになっています。お祭り=お食事。いかにも食いしん坊のイタリアです。
 自然に恵まれたイタリアでは、4月の終わり頃からTond a grappolo(房状の丸いトマト)が市場に出回り始めます。そして夏の終わりに出回り始めて10月位まで収穫されるトマトソース作りには欠かせないサンマルツァーノでトマトの季節が終わります。半年近くにわたって、それぞれのおいしいトマトをイタリア人は楽しんでいます。次回はこのトマトのお話とイル・ポスティーノの島プロチダ(Procida)島を報告します。

山根さんのページは→http://www.ivc-net.co.jp/trans/yamane/index.html

ご意見・お問合せ・旅行のご相談は→info@ivc-net.co.jp

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/06/05
部数 27部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/06/05
部数 27部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング