ローマから吹く風

ローマから吹く風(第11号) 「アマルフィーの”ゴー


カテゴリー: 2016年03月05日
イタリアンビテオコレクション・メールマガジン“ローマから吹く風”(第11号)
「アマルフィーの”ゴージャスな宝石”陶器の街・ヴィエトリ/聖なる年」

目 次
1.はじめに 中華帝国の侵略
2. アマルフィーの”ゴージャスな宝石”陶器の街・ヴィエトリ
3.お薦めの陶器屋さんCeramica Pinto
4. 鎮魂ポンペイ
5. 旅の情報 聖なる年
6.あとがき ナポリの朝食

1.はじめに 中華帝国の侵略
 日本でも中国人の爆買いが有名になっていますが、イタリアでも各地で中国人が席巻しています。
 まず,庶民の味方となるマーケットの安い衣料品は、すべて中国製です。中国製だと、売れ行きが悪い事から、ヨーロッパブランドの生産地フィレンツェでは、中国人の金持ちが、工場を買い取り、品質の劣る安いメードインイタリーの衣料品を生産しています。
 ベネチアングラスは、高級品以外は中国製に変わっています。イタリアでも人気のすし屋さんは、ほとんどが中国人の経営です。
 そしてミラノのブランドショップでは、セールの広告を出さなくなりました。セールの広告を出すと、店が中国人であふれて、店の雰囲気を壊すのだそうです。恐るべし、中華帝国。

2. アマルフィーの”ゴージャスな宝石”陶器の街・ヴィエトリ
 アマルフィー海岸の東端にあるヴィエトリは、時刻と気象によってオレンジ、緑、赤、深い青などに変化する紺碧の海を持ち、町中がカラフルな陶器であふれていることから、アマルフィーの”ゴージャスな宝石”にたとえられた美しい街です。この街は、15世紀から地中海貿易の拠点として陶器を生産してきました。町中がカラフルな陶器であふれ、街歩きすると発見の連続です。いまでもここから国際的なアーチストが生まれ、ヴィエトリの名前を世界に高めています。
 ヴィエトリはナポリから車で1時間、アマルフィ海岸の終点となるサレルノからも程近い小さな町です。ヴィエトリの語源は「海の上のガラス」という意味です。ヴィエトリの街を散歩して気がつくのは、陶器の店が多いことばかりではありません。名前の通り、街のあちこちに手描き、手作り陶器による看板や標識、ベンチなどがあり、歩いていて何とも楽しい雰囲気です。
 駐車場で車を降りると、駐車場を囲む柵には、壼と青い色した陶器のロバさんが乗っている(この意味不明)。それだけではない。駐車場の一角に置かれた四角い陶器の芸術品?。なんと水飲み場。漁師さんが網を使って魚穫りする背景画。その下の水飲みのボウルは、タコさんが泳いでいる。これを支える台には人魚が2人(匹?)。街の花壇やベンチも、もちろん陶器作り。街角の装飾は、ヴィエトリの街の風景を陶器にしたもの。そう言えば、この教会はどこかに…あった!街のまん中に陶器張りした教会の丸屋根が見えました。
 このヴィエトリの伝統的な柄はソリメーナ社のマークにもなっている鳥がデザインされたものです。街の外れにある、ヴィエトリ最大のセラミック工場ソリメーナの外観は、ガラス張りと陶器張りが組合わさった、ウルトラモダン。未来のユネスコ世界遺産候補なのです。
陶器の街・ヴィエトリ訪問→http://www.ivc-net.co.jp/cult/kaze/248.html

3. お薦めの陶器屋さんCeramica Pinto
 ヴィエトリでは、陶器攻めに遭い、参りました!と頭をたれつつ否が応でも陶器屋さん散策となるのでした。Vietriは陶器の町。陶器の町だから陶器屋さんだらけ。数ある店を覗いていくと、始めはどこも同じように見えていた陶器の風格とか品格の違いを感じてくるようになってきます。伝統工芸を模した大量生産品は、やや品格に欠けます。安いけど。モダンアートのような陶器は、私はあまり気に入りませんでした。一番気に入ったのはここ、Ceramica Pinto
 かなりの大型店で、床タイルや壁タイルの大型注文も受けつけるとのこと。フローラルで若干の東洋趣向が入った古典柄で色味の品が良く、模様が繊細。店主らしき人に聞いたら、伝統技術を継承していくのが店(工房)のモットーとのことでした。
 この店が気に入ったので、日本からのリクエストがあったヴィエトリの壼は、Pinto工房で購入。これを何に使うのか判らない。でもバブルの頃は、こんな壼がイタリアン・デザインのリゾートマンションから大量注文があったとのこと。恐るべし、ニッポン。
 店の表の飾りは、ポンペイの遺跡で有名な「猛犬に注意」のタイルに出てくる犬です。
 ベネツィアのガラスも同様、観光客が記念に買うには熟練した職人が作った「本物」はチョと高い。結局、大量生産品があちこちへばら撒かれることになります。それだけ見ていると、それはそれでよく見えてきます。ベネツィアの屋台のものはほぼ中国製とのこと。安さが一番ということで、中国の侵略はミラノの高級ブランドショップから、朝市の衣料品店まで広がっています。ヴィエトリの陶器は、まだ中国製に侵されてないだけマシともいえます。イタリアさん、イタリアを無くさないでーー、と念じつつヴィエトリを後にしました。
Ceramica Pinto
住所:C.so Umberto I, 31 84019 Vietri Sul Mare (SA)
Telefono:+39 (0) 89 210271 Fax:+39 (0) 89 212299
ヴィエトリの陶器屋さん→http://www.ivc-net.co.jp/cult/kaze/249.html

4. 鎮魂ポンペイ
 火山灰に覆われて滅びたポンペイ。灰は時を経て固まり、中に閉じ込められた有機物は腐敗して空洞を残した。 その空洞にチューブを何本も挿し、セメントを流し込んでそこにあったものを再現した。。。
 仰向けに倒れて窒息死した奴隷。腰に巻いているベルトの跡から奴隷と推測された。頭のアップ。歯と頭蓋骨が見える。これは空洞ではなく本物。
 うつ伏せに倒れた婦人。お腹が膨らんでいる。これは妊婦と想定される。
 しゃがんだ人。鼻と口を抑えている様子がありありと分かる。ポンペイの被害者は灰に埋もれてしまう前に、火山灰から出るガスによって窒息したらしい。
 ベスビオは休火山。ポンペイ遺跡の頃に比べて火山や地震の研究が進んでいる。でも、山の麓にびっしりと建てられた家を見ると、科学が救えることに限りを作る行政…という思いが強くなる。ポンペイ遺跡で埋まった人を見ると、鎮魂の思いにかられます。
鎮魂ポンペイは→http://www.ivc-net.co.jp/cult/kaze/261.html

5. 旅の情報 聖なる年
 聖なる年(Anno Santo, Giubileo)とは、西暦1300年に始まったカトリックの行事です。この年にローマに巡礼すると特別な赦しを与えられるとされます。今回の聖年は、新教皇の選出から2年を経過したとのことで開催される「いつくしみの特別聖年」と呼ばれ、2015年12月8日から始まり、2016年11月20日まで続きます。昔は50年に一度でしたが、現在は、特別聖年を除き、25年に一度となっており、カソリックの信者や巡礼者が大挙ローマを訪れます。
聖年の年には、普段は閉じられているバチカン4大バジリカ(サンピエトロ大聖堂、サンパオロ大聖堂、サンジョヴァンニ大聖堂、サンタマリア・マッジョーレ大聖堂)の聖年の扉が開かれ、ここをくぐるのが巡礼者のお決まりとなっています。くぐった巡礼者にはラテン語の証明書が発行されます。
 数十年に一度のカトリックの行事「聖年」には、世界中から多数の巡礼者がローマを訪れ、信者ではない観光客にとっても、通常は閉まっている聖年の扉が 開いたり、記念品やコインが発売されたりしており、カソリックの信者や巡礼者に混じって、その神聖な雰囲気を感じることができます。その一方で、教会が大混雑し、宿もとりにくくなって、観光に支障が出ることも多いようなので、注意が必要です。またあまり芳しいことではないのですが、この聖年を狙ってスリや盗難が続発しているようです。

6.あとがき ナポリの朝食
 アマルフィへ行くのに、太陽高速道路 A1を南下する。家を出る前に当然朝ごはんを食べてきてるが、所詮イタリア式の簡単朝食。1時間も経つと小腹が空いてくる。
 SFOGLIATELLA、スフォリアテッラという、ナポリ独特のお菓子。これを食べずして、太陽道路A1をナポリへ向かう意味が無い!
 薄く伸ばしたパイ生地を少しづつずらしながら何重にも巻いて貝の形を作る。中にはリコッタチーズのクリームが入っている。ここのスフォリアテッラは、そうであるべき姿だった。皮がパリパリと香ばしく、食べるたびにかけらがコートに降り注ぎ、クリームはリコッタもどきではなく、ちゃんとミルクの味がするクリーム。プレハブの店だけど、コーヒーも濃い味で表面にクリーム状になった泡が乗ったナポリ式エスプレッソでコーヒー好きを満足させてくれました。
 次回は久々にローマに戻り、ルネサンスの華、ミケランジェロのローマを報告します。

山根さんのページは→http://www.ivc-net.co.jp/trans/yamane/index.html
ナポリの朝食は→http://www.ivc-net.co.jp/cult/kaze/257.html

ご意見・お問合せ・旅行のご相談は→info@ivc-net.co.jp

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/12/06
部数 29部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/12/06
部数 29部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング