ローマから吹く風

ローマから吹く風(第22号) 「ビ・スポークの街フィレンツェ/世界一のステーキ・フィオレンティーナ」


カテゴリー: 2017年02月05日
目 次
1.はじめに ビ・スポークの街フィレンツェ
2. ビスポークテーラーのリベラーノ&リベラーノ
3. セレブ御用達の靴屋ステファノの店
4. 旅の情報 世界一のステーキ・フィオレンティーナ
5.あとがき

1.はじめに ビ・スポークの街フィレンツェ
 ルネサンス発祥の地として知られているフィレンツェは、職人の街としても知られています。
ルネサンスを支えた織物や宝飾品の生産が、トスカーナの職人の起源と言われています。それが発展していまやフィレンツェは、世界的な高級ブランドの生産地として名を馳せています。イタリアはもとより、フランス、ドイツなどの高級ブランドが、ここで生産される他、アウトレット、ストックハウス、セレクトショップといった多種多様なファッション産業が隆盛を誇っています。このファッション産業を支えているのも、世界最高の技術を持つと言われているイタリアの職人たちです。
 しかしファッション関係だけでなく、フィレンツェには伝統の技術を引継いだ各種の職人たちがいます。
銀製品、金細工、靴、バック、スーツ、陶器、革製品、宝飾品、アクセサリーと言ったものでも、フィレンツェは世界的に知られています。顧客がテーラーに「話しを聞かれながら = be spoke」服を仕立てていくことをビ・スポークと言います。このことを語源として、職人が個別の客の要望を聞きながら、オーダーメイドの製品を作ることも、ビ・スポークと呼んでいます。つまりフィレンツェは、その人に応じた最高のものを作るビ・スポークの職人の街として、世界中に知られているのです。

2. ビスポークテーラーのリベラーノ&リベラーノ
 アントニオ・リベラーノ ( Antonio Liverano )と ルイージ・リベラーノ ( Luigi Liverano )の兄弟が創設したビスポークテーラーとして有数のブランド、リベラーノ&リベラーノ(Liverano & Liverano)は60年代に最初のショップをフィレンツェのVia Panzini通りにオープンさせています。これ以降、着実にセレブの顧客を増やしています。いまやリベラーノ&リベラーノはスーツ造りではNo.1のビスポークテーラーとなっています。現在、リベラーノ&リベラーノのショップは、アルノ川近くのVia dei Fossi通りに移転しています。
 リベラーノ&リベラーノでは、スーツについては中世時代からつくられ続けてきたイタリア伝統産業が作り上げてきたカセンティーノ・ウールを使用しています。髪の毛と同様にスケール(うろこ)がある羊の毛が緻密に絡まっているため空気を含み外気をシャットアウトし、体の熱で暖められた空気を外に逃がしません。生地の裁断は、いまでもアントニオ・リベラーノ氏が担当するといったことは、ビスポークテーラーの面目躍如と言えます。
リベラーノ&リベラーノの半月型のカーブを愛して、1着数十万円するにもかからわず、顧客がひきもきらないことが、その製品が高品質であることの証しとも言えます。
 現在、リベラーノ&リベラーノは日本でも、日本橋三越でもオーダーできるようになっていますが、リベラーノさんとビスポークするために訪れる日本の顧客も多いと聞きます。このような方達のために、リベラーノ&リベラーノでは、日本人のマネージャーが配置されており、日本の顧客へのサービスを行っています。

Liverano & Liverano
住所:Via dei Fossi 43R
電話:055 2676436

3. セレブ御用達の靴屋ステファノの店
 フィレンツェの街角に何気なくたたずんでいる店があります。知る人ぞ知る店、ステファノの靴屋です。ステファノ・ベメールの靴はヨーロッパにおいて五指に入るシューズブランドです。ステファノの靴は、顧客がテーラーに「話しを聞かれながら = be spoke」服を仕立てていくことに由来していると言われるビスポークの逸品で、多くのオーダーメイドシューズがファッションブランドに飲み込まれる中、今も健闘しており、高く評価されています。
 デザインもさることながら、靴の命は、軽さとフィット感。ステファノの靴は、各部材に極上のパーツを惜しげなく使い、見えないところまで丁寧に作り込んでおり、それこそ靴を履いていないような感覚で履くことができます。
 私がたまたま寄ったときは、ステファノの工房では「ラスト・オブ・モヒカン」や「ギャング・オブ・ニューヨーク」などで知 られているアカデミー主演男優のダニエル・デイルイスの靴を作っていました。(ちなみに、このダニエル・デイルイスは一時期、俳優業を休業して靴屋になる ためにイタリアで修行していたくらいなので、かなりの靴こだわり屋で有名ですが、彼はいつもステファノの靴をオーダーしています。)
 残念ながらステファノは数年前に亡くなっており、ステファノの靴は、弟子たちに引継がれております。現在はビスポーク方式だけでなく、オーダー方式のプレタポルテで手軽に注文できるようにもなっています。採寸は1回で終わり、仮縫い後もまた通う必要なく、靴を日本まで発送してくれます。レディースもメンズも取り扱っています。

Stefano Bermer
住所:Borgo San Frediano 69 - 50124 Firenze
電話:05055660483

4.旅の情報 世界一のステーキ・フィオレンティーナ
 ビステッカ・フィオレンティーナは、フィレンツェ子が世界一と自慢するほどの名物です。確かにビステッカ・フィオレンティーナをメニューに載せる店は多いのですが、専門店でなければ本当に美味しいフィオレンティーナの肉は食べられません。このステーキで使われているのがキアーナ牛という独特のトスカーナ産の牛肉です。キアーナ牛は有名ですが、今では生産量も減っているようです。一つには値段が高いことが理由とされています。このようなことから、キアーナ牛の肉を使った本物のステーキは実はあまりお目にかかれないと言われてます。
 でもそんなことは決してありません。食いしん坊のフィレンツェ子の食欲を満たすため、フィレンツェにはキアーナ牛を提供するレストランがちゃんと存在しているのです。Osteria Osti(オステリア・オスティ)もそのようなお店のひとつです。メニューには、キアーナ牛のビステッカの他にも神戸牛風の牛のビステッカ・フィオレンティーナもあり、牛の写真入りのパンフレットも用意されていて、ビステッカには力を入れている店と言えます。
 牧場で手塩をかけて生育させたキアーナ牛を食肉工場で丁寧に処理してレストランに持ち込みます。レストランでは最も美味しい状態になるまで冷蔵庫で熟成させます。そして、お客様から注文が入った時点で、Tボーン付きの肉を勢いよく、分厚く叩き切ります。切ったばかりのキアーナ牛、合計3キロの肉を焼く前に、私達のテーブル席まで生肉を運んできて見せてくれました。
 パスタ、野菜サラダ、そして1.5キロのキアーナ牛のTボーンステーキをミディアムレアとレアで焼き加減を変えて2つ注文して分けあって食べました。
 写真から、指三本分の高さは十分にある、分厚く、ジューシーで柔らかく焼き上げたビステッカ・アッラ・フィオレンティーナの美味しさが伝わってきます。
 ビステッカは冷めないように、熱々の鉄板の上に乗せて運ばれてきました。赤ワインとの相性も抜群です。キアーナ牛の赤身肉は、ジューシーで、肉も柔らかく、本場フィレンツェのキアーナ牛のビステッカにお客様もたいへん満足していただけたようです。皆で分け合って、合計3キロのビステッカを完食しました。食べ終わった後の鉄板には、正にTボーンステーキの名の通り、Tの字型の骨が残っています。
 皆様もフィレンツェを訪れた際には、是非世界一のステーキ・フィオレンティーナをお試しになってください。

5.あとがき 
 ヨーロッパではエノガストロミーツアー ― 風土の美しさを眺めるだけでなく、それぞれの地域の食文化に根ざした食材を食して五感をより豊かなものにする旅行 ― が人気を集めています。
このターゲットとなっているのがフィレンツェを中心としたトスカーナ地方です。トスカーナ地方はイタリア有数のワイナリーが軒をつらねており、ワイナリーツアーも盛んです。エクストラバージンオリーブオイルの収穫体験もでき、マーケットでは溢れんばかりの食材がところ狭しと並べられています。食器屋さんも実用的であるばかりでなく、お洒落でスマートな調理器具や食器類が目につきます。ルネサンスの文物を楽しむだけでなく、食材も探訪されては如何でしょうか。
 次回はローマにあるカエサルゆかりの観光スポットと、ローマで春と秋に開催されるコミックスフェアーROMICSを紹介します。

エノガストロミーツアーは→http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/foodlogue.html
山根さんのページは→http://www.ivc-net.co.jp/trans/yamane/index.html

ご意見・お問合せ・旅行のご相談は→info@ivc-net.co.jp

ついでに読みたい

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/02/05
部数 27部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング