ローマから吹く風

ローマから吹く風第23号ローマのピッツァ/元祖ポピュリスト・カエサル


カテゴリー: 2017年03月05日
イタリアンビテオコレクション・メールマガジン“ローマから吹く風”(第23号)
「ローマのピッツァ/元祖ポピュリスト・カエサル」
目 次
1.はじめに アンジェリーノのフランコ
2. ローマの切り売りピッツァ
3. ローマのお薦めの切り売りピッツァ店:Pizzeria Florida
4. カエサルの逸話 元祖ポピュリスト・カエサル
5. 古くて新しい食べ物ピンサ
6.あとがき

1.はじめに アンジェリーノのフランコ
 イタリアでピッツァは夜の食べ物です。昼間にピッツァを出す店は、観光客相手の店ばかりでおいしくありません。ところがコロッセオの近くに一軒、日本風イタリアの求めに応じてくれる店があるんです。Angelino "ai Fori"といいます。観光のお客さまを案内するのに場所や時間の都合が良く、そして味もいけることから、現地スタッフがよく利用しています。
 ここに愛想が良くていつもニコニコしている名物給仕のフランコがいます。イタリアではチップを出すのが当たり前なのですが、習慣のない日本のお客様はあまり気付きません。それでもフランコは気持ちよくニコニコ変わらないサービスをしてくれます。ガイドのヤマネさんはいつも心の中でフランコに感謝しています。「フランコ、ありがとう!」

2.ローマの切り売りピッツァ
 イタリアのローマより北の地域では、庶民の手軽な昼食や軽食として切り売りピッツァがあります。ワンコインランチのないイタリアでは重宝しています。基本は立ったままで食べること。近くの公園のベンチに座って食べる人もいます。 
 これは一種のファーストフードと言えるものです。しかも今から600年前からナポリでは街角の立ち売りピッツァがあり、庶民に親しまれていたとのことです。切り売りピッツァはこの伝統の系譜をつなぐピッツァだとも言えるのです。
 ローマより北の地方で良く見られるのが切り売りピッツァです。四角い長方形なのでピッツァ・アル・タッリョ(Pizza al taglio)と呼びます。
 小さな店舗(ミスタードーナッツのような感じ)でショーケース様のものに鉄板に乗った様々なトッピングのピッツァが並んでいます。それを好きな大きさに切ってもらいます。少し空間に余裕がある店は店内にカウンター状、あるいは店の外に小さなテーブルを出していて、勝手に持って行って食べることができます。ファーストフードみたいなニュアンスです。イタリアでマクドナルドが進出するのにすごく時間がかかったのはこの切り売りピザがあったからとも言われています。
 飲み物(水、ビール、コカコーラの類)も売っています。中にはピッツァだけでなく、コロッケ、スプリ(トマト味のご飯を丸め中にモッツァレラチーズを入れてパン粉を着けて揚げたもの)、チキンロースト、煮やさい、最近流行りのアラブ料理のケバブを扱っているところもあります。そもそも、ピッツェリアは1800年に出来たのですが、その600年前から街角で立ち売りピッツァがありました。この立ち売りピッツァの系譜をつなぐのが切り売りピッツァだとも言えるのです。
切り売りピッツァは→http://www.ivc-net.co.jp/food/pizza/first.html


3.ローマのお薦めの切り売りピッツァ店:Pizzeria Florida
 ローマで評判の切り売りピッツァ店が紀元前の神殿跡にあります。Pizzeria Floridaと言います。ローマのコーディネータの山根さんによると、一切れづつ買って、真ん前の紀元前の神殿跡遺跡+シーザーが殺された場所である遺跡Torre Argentinaの脇のベンチに座って食べると、すごく気分が良いそうです。ローマを訪れたら、是非試してみてください。

Pizzeria FloridaのDATA
住所:Via Florida, 25, 00186 Roma
電話:06-68803236
営業時間:9:00-22:00

4.カエサルの逸話 元祖ポピュリスト・カエサル
 アメリカではトランプさんが大統領になりました。トランプさんは典型的なポピュリストとも言われています。大衆の支持のもとに既存の体制と対決することをポピュリズムと呼びます。カエサルが属した党派は民衆派と呼ばれ、それが転じてポピュリストと呼ばれるようになっています。
 ローマの多くの官職は、ローマ市民の選挙によって選ばれています。カエサルは、ローマ市民の間で、元老院派が権益を享受していることに対して不満があり、粛清された執政官のマリウスの時代を懐かしむ気配があることを嗅ぎ分け、ローマ市民の支持を集めます。この手法は、一般大衆の利益や権利、願望を考慮して、既存の体制と対決します。カエサルは、ローマ市民の支持を背景に、地位の向上を達成しました。
 カエサルの凱旋式では、戦った兵士達に報奨金を与えました。その額は、兵士であれば実に年間給料の35年分にもあたる途方もないものでした。さらに当時の常識に反して、戦死者の遺族にも報奨金が与えられました。また、見物に来た市民全員(成人男性)に、一人あたり87.5リットルの小麦と、3.27kgのオリーブ油等のお土産が出されたと言います。凱旋式の招宴には6万人が招待されました。凱旋式の合間には、演劇を提供したり、競技場に水を引き込んで模擬海戦を見せたり、400頭のライオン狩りが行われました。元祖・ポピュリストの面目躍如です。
 ちゃきちゃきのローマっ子はいまだにカエサルの遺言でローマ市民全員に遺産わけをしてくれたことを感謝しているということです。そして3月15日(暗殺の日)を忘れないそうです。それだけローマの人々はカエサルに心服しているのですね。カエサルはイタリアの英雄中の英雄なのです。トランプさんもカエサルにならって、財産を提供したらと思うと楽しくなります。

5.古くて新しい食べ物ピンサ 
 見た目、おなじみのピッツァによく似たピンサ。実は古代ローマ起源の食べ物なのだ。
 オリジナルの名前は圧迫するという意味のラテン語「pinsere」。元々はキビ、大麦、オート麦の粉でつくり、楕円形に伸ばしたものを熱した石版の上で焼いて、神々に捧げた食べ物だった。
 このピッツァの原型を2002年から現代によみがえらせたのはコッラード・ディ・マルコ氏。ピンサ用の粉の販売もしている。現在のピンサは小麦、米、大豆の粉で作り、酵母を入れて70時間自然発酵させて作る。この自然発酵のおかげで重くない、消化しやすい「ピッツァ」が出来上がる。トッピングは通常のピッツァと同じ。この店独特のトッピングもある。写真は、給仕さんお薦めの3点。
 奥の白いピンサはトスカーナ産の豚の脂肪分だけのベーコン「ラルド・ディ・コロナータ」と南イタリア・トロペアの赤い玉ねぎのトッピング。
 左の赤いピンサはトマトと水牛のモッツァレッラ。右のピンサは豚の腸詰めとポルチーノきのこ。どれも美味しかった。給仕さんが普通のピッツァより小さいよ、というので、一人一枚の割で注文したら十分大きくて食べきれなかった。隣のテーブルでピッツァを頼んだ人がいて、その大きさを見て給仕さんの言葉に納得。直径30センチはある大きなピッツァだった!余ったピンサはお持ち帰りにしてもらいました。ローマに来たらぜひ試して欲しい逸品です。

詳しくは→http://www.ivc-net.co.jp/cult/kaze/246.html

6.あとがき 
 ヨーロッパではエノガストロミーツアー ― 風土の美しさを眺めるだけでなく、それぞれの地域の食文化に根ざした食材を食して五感をより豊かなものにする旅行 ― が人気を集めています。
 このターゲットとなっているのがフィレンツェを中心としたトスカーナ地方です。トスカーナ地方はイタリア有数のワイナリーが軒をつらねており、ワイナリーツアーも盛んです。エクストラバージンオリーブオイルの収穫体験もでき、マーケットでは溢れんばかりの食材がところ狭しと並べられています。食器屋さんも実用的であるばかりでなく、お洒落でスマートな調理器具や食器類が目につきます。ルネサンスの文物を楽しむだけでなく、食材も探訪されては如何でしょうか。
 次回はエノガストロミーツアーの特集です。

エノガストロミーツアーは→http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/foodlogue.html
山根さんのページは→http://www.ivc-net.co.jp/trans/yamane/index.html

ご意見・お問合せ・旅行のご相談は→info@ivc-net.co.jp

ついでに読みたい

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/03/05
部数 27部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング