週刊READING LIFE

【vol.075】週刊READING LIFE


カテゴリー: 2016年11月14日
************************************

天狼院書店公式メールマガジン無料版
 『週刊READING LIFE』

 書店が発行する“読める”デジタルマガジン
(11月14日vol.75)

************************************

おはようございます!

最近、細々と防寒グッズを集めております。
来るべき冬を待ち受けよう大作戦です。
寒さへの耐性は人それぞれだと思いますが、
できるだけ防寒しながら冬を楽しみましょうね~~っ。
一緒に寒さに打ち勝ちましょっ。

それでは、今日も元気にいってみましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~
 <もくじ>
1.【今週の天狼院カレンダー】
2.【ココハナ@福岡天狼院 】ジブリな週末
3.【Web天狼院 過去の記事発掘!!! 】あなたにとっての「ふるさと」は?
4.【天狼院スタッフセレクト「思い出の一冊」】大山英輝の一冊
5.【京都でぼんやりひとりごと】逃げるは恥だが役に立つっていい言葉ですよね!
~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━
1.今週の天狼院カレンダー
━━━━━━━━━━━━━━━━
今週の天狼院のイベントをご紹介!
部活は飛び入り参加大歓迎です♪
ゼミも、ぜひホームページなどを
覗いてみてくださいね♪

★カレンダーはこちらから!ぜひご覧くださいな♪
http://tenro-in.com/calendar

★注目イベント紹介!
↓↓

「もう少し仕事が落ち着いて時間ができたら、な」

この言葉に、ドキっとする方、いませんか??

……います!!!
私です!!!!!

おはようございます、三宅です。

この世に生を受けて22年間。
「時間はつくるものだ」
……この言葉に何度ぶち当たったことでしょう。

っていうか生きるのに時間って少なすぎますよね!
忙しい、忙しいと言い続けて
一体わたしたちはどこに行ってしまうのか。

時間があったらやりたいアレコレ。
一気に集中してほんとはやりたいあのこと。
ああ、時間さえあればなぁ。

……そんな風に思っている方はいませんか?

忙しいけど、実は集中して取り組みたいアレがある。
あなたのために、天狼院が「集中の旅」を用意いたしました。

なんと湯河原温泉に行って、
一日、雑念なしで「集中」タイムを作ってしまいます!

なんと、10名限定。
しかも残席、6名。

ああっ、私も行きたい。
日常から離れて、あれこれやりたいっ。

行けない私のぶん、
ぜひ集中してきてくださいませ~~~~!

☆【10名限定→残席6!】湯河原温泉で学びと癒しを満喫する大人の休日~日常から離れて自分の学びに時間を使う贅沢旅~《15時〜20時の間で途中帰宅可。お一人参加歓迎!ゼミ受講生割引あり!講座受講料・温泉入浴料・ランチ代・懇親会費込み》
http://tenro-in.com/event/28481
(担当:三宅香帆)


━━━━━━━━━━━━━━━
2.ココハナ@福岡天狼院
━━━━━━━━━━━━━━━
【ジブリな週末】

先週のテレビは何かとジブリの番組が多かった。
金曜日は金曜ロードショーで「紅の豚」。
日曜日はNHKスペシャルで宮崎駿のドキュメンタリー。

昔のジブリ作品を観て、
その後にいまの制作現場を見れるという。
この二つの番組を短い期間に見れて嬉しかったです。

そんな中、「紅の豚」を観て、ある発見がありました。
それは、糸井重里さんのつけた、この映画のコピーについてです。

ジブリのコピーと言えば、糸井さんですよね。
「もののけ姫」の『生きろ。』だったり、
「魔女の宅急便」の『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。』だったり、
多くの方がご存知のコピーが多いです。

では、「紅の豚」のコピーは覚えていますか?

『カッコイイとは、こういうことさ。』

ですね。

このコピー、確かにこの映画を一言で言い表している
と思っていましたが、
僕は大きな見落としている点がありました。

カッコイイのは、ポルコだと思っていたのです。

ポルコとは、この映画の主人公である、
つまり飛べる豚のことです。
豚なのに、凄腕のパイロット。
しかもゲキ渋ボイスでハードボイルド。
カッコイイ。中学生のとき、
本気でポルコみたいになりたいって思ってました。
(僕にとっての中2病の病原菌はこの豚でした。)

でも、気づいたのです。
久しぶりに、この映画を見て気づいたのです。

あれ、この映画に出てる人(豚を含め)、みんなカッコイイぞ。

まず、カッコイイと思ったのが、フィオです。

フィオはポルコの飛空挺の設計を担当する少女です。
若干17歳にして、
飛空挺の設計をこなす時点でスゴイのですが、
その仕事に対する姿勢がカッコイイ。
男に負けず言葉巧みに仕事をもらう度胸。
若さから出る熱意。夢を追いかける姿。

フィオは僕から見て、
カッコイイ女性であり、カッコイイ若者でした。

また、男が誰しも憧れるマダム・ジーナ。
男の友情を見せつけてくれるフェラーリン。
バカだけどまっすぐなカーチス。
豪快で粋なマンマユート・ボス。
(誰が誰だかわからないでしょうが、
気になったら是非見直して見てください!)

そう、この映画に出てくる人物が、
みんなカッコイイのです。
それでいて、
それぞれのカッコよさがそれぞれに違っていたのです。

特に僕が気に入っているのが、
飛行艇の設計シーンで働く女性が本当にカッコイイ。
名前も出てこないキャラクター達ですが、
働く姿ってこんなにカッコイイのかと感じました。

このコピーの真意(僕の勝手な想像ですが)に気づいた僕は、
すでに関心しきっていたのですが、
そもそもこのことをこの短いコピーに落とし込んでる、
糸井さんがカッコイイなと思いました。

あぁ! カッコイイとは、こういうことなんですね!

(担当:大山英輝)


━━━━━━━━━━━━━━━
3.【Web天狼院】
 過去の記事発掘!!! 
━━━━━━━━━━━━━━━
【あなたにとっての「ふるさと」は?】

おはようございます。
スタッフの野呂です。
みはるに代わり、
今週は私が過去の記事を発掘してお送りしたいと思います!

先月、ついに始まりました。ふるさとグランプリ。
先日、記念すべき1st season 第1レースの結果が発表されていましたね。
【結果発表!】ふるさとグランプリ 1st Season 第1戦(10/20~10/26)《TENRO-IN GRAND-PRIX》
http://tenro-in.com/mediagp/28393

私はこのグランプリが開催されるのが、
ずっと楽しみで楽しみで仕方ありませんでした!
ふるさとグランプリの文章を読むだけで、
旅行をしているような気分になれたり、
その街に溶け込んだようになれたりします。
また、その人の人格の核に近い部分に触れることができると思うんです。

それを感じたのが、この記事。

【予告】仙台天狼院、まもなくオープンいたします。
http://tenro-in.com/articles/team/18126


……
東北に、天狼院ができる。
胸が高鳴った。
東北は、私のほとんどを形作ったであろう、大事な故郷である。
故郷の地域に天狼院ができるなんて、変な感覚だった。
実家の両親に、大切な人を紹介しに戻るときは、
きっとこんな感じなんじゃないだろうかと思う。……

現在、福岡天狼院で店長をしているスタッフの山本の記事です。

初めて読んだ時、
海鈴さんの胸の中にあるふるさとへの思いが、
読んでいる私の中でじわーっと熱く広がったのを覚えています。

そんな熱意と夢を持って仕事をしている海鈴さんが
とてもかっこよくて仕方ありませんでした。

私はまだ埼玉の実家から出ていないので、
故郷として強く思いを持つことがなく、
「故郷の地域に天狼院ができるなんて、
変な感覚だった。
実家の両親に、大切な人を紹介しに戻るときは、
きっとこんな感じ」
の、こんな感じがよく分かりませんでした。

でも今は、実家を出なければならない時期が
少しずつ近づいているんだと思うと、
今までほとんど自分と一体だった埼玉や自分の家族を
ふるさととして意識するようになってきました。
実家を出るとは、独立するとは、働くとは、生計を立てるとは……
今の私を包んでいる透明なふるさとを、
中からでも少し見えるようにしてくれた記事。

みなさんのふるさとに対する気持ちにも、
刺激を与えてくれる記事だと思います。

(担当:野呂美紗貴)


━━━━━━━━━━━━━━━
4.天狼院スタッフセレクト
「思い出の一冊」 
━━━━━━━━━━━━━━━
【大山英輝の一冊】

★『職業としての小説家』(村上春樹・新潮社)★

オリジナリティー【originality】
独創性。創意。 「 -に富む作品」(大辞林 第三版より)

欲しい。オリジナリティー。
誰が見たって、僕だってわかる何か。僕だけの何か。

アイデンティティーとも言えますよね。
これも欲しい。アイデンティティー。
サカナクションも歌ってます。
(アイデンティティがない。生まれない。ららららー)

クリエイティビティーとも言えますよね。
あぁ、欲しい! クリエイティビティー。
なんかカッコイイもん。クリエイティビティーって。

その中で、オリジナリティーという言葉は、
それらの根源となる言葉です。

しかし、そのアイデンティティーやオリジナリティーって
そもそも何なんだって疑問がありました。
どうすればオリジナリティーがあるのか。
どうなればオリジナリティーがあるのか。

こういった「自分探し問題」を僕は抱えて生きていました。

そんな折に偶然、「自分探し問題」について目からウロコの本がありました。

「職業としての小説家」

という本です。

題名からして、
小説家になりたい人が読む本だと思っていたし、
あの村上春樹さんの著書だったので、
難しそうだと思ってました。

ただ、表紙はいろんな書店で見てましたし、
気にはなっていました。
(余談ですが、
あの表紙の村上春樹さんのポーズが独特なんです。
一度真似してみてください。
見た目より変なポーズなんですよ)

読んでみて、まさかが晴れるとは思いませんでした。

具体的にはその第四章に当たります。
「オリジナリティーについて」
というそのまんまの章題なのですが、
ノーベル文学賞候補にあがるほど
世界的に評価されている村上春樹さんにとっての
オリジナリティーをここで知ることができます。
しかも、流石のプロの文章家であるだけあって、
めちゃめちゃわかりやすく解説してくれています。

なるほどこれがオリジナリティーか!

わかったところでオリジナリティーがどれだけ高尚なものか知り、
努力の必要性を感じました。

でも、この章だけ読むのも、
とても価値があると思います。

他の章も面白いんです。
何となく手に取った僕が、
夢中になって読み終えるくらい。

例えば、村上春樹さんが毎年話題にあがる
ノーベル文学賞について
本人はどう思っているのか書いてある
第三回の「文学賞について」も
個人と世間との関わりを考えさせる、興味深い話です。

また面白いのが、
今年ノーベル文学賞を受賞したボブディランさんが
オリジナリティーの代表として第四回に登場しています。
何とも複雑な状況ですよね。

ちょうどこの書籍自体も文庫化されましたので、
みなさん興味がございましたら、是非手に取ってみてください。
この2016年に読むのがいちばん、
楽しく読める本だと思います。

(担当:大山英輝)


━━━━━━━━━━━━━━━
5.京都でぼんやりひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━

今週のメルマガは、
福岡の大山くん大活躍でしたね♪
大山くんいつもありがとー!!!
(実はLineのやりとりのみで、一回も会ったことがないという……笑)

大山くんが挙げてましたが、
村上春樹のエッセイはどれも面白いですよねぇ。
村上春樹の小説があんまり合わない方も、
エッセイとか人生相談とか、おすすめですよ~っ。

はいっ今「村上春樹~? うーん私好きじゃない」って思った女性の方!
あのですねっ、
村上春樹苦手な女性の方に言いたいんですが、
村上春樹を嫌いな女は、村上春樹が嫌いなわけじゃないんですよ!
村上春樹を好きな男が嫌いなんですよ!!
昔天狼院の記事に書いたんですがね。
http://tenro-in.com/articles/team/23648
というわけで村上春樹嫌いな女性は
ぜひ食わず嫌いせずにエッセイ読んでみてください。
案外いけるかも、って思う方多いはず。

ちなみに何でこんなに布教するかって、
個人的な話すぎるんですが、
村上春樹はね、私と誕生日が同じなんですよ!
そして彼はエッセイで
「山羊座A型」がいかに占いにおいて冷遇されているか(※)
という話を書いてくれてたんですよ!!
そっから私は村上春樹を好きになりました(笑)
単純です! ええ! 
それまであんまり好きじゃなかったんですけどね。
今では応援サイドです(笑)

そういやこないだ映画の『ノルウェイの森』を見たんですが、
衝撃だったのが、
登場人物ほとんど私より歳下!!!!!!!ってこと。
嘘だろっと叫んでしまいました。
ノルウェイの森、原作はじめて読んだ時は私、高校生だったのに……。
授業中に読んでた思い出……。(先生ごめんなさい)
そういやあれ大学生の話だったわ。
年齢を重ねると驚くことも増えますね。

うーん、なんだかいつも以上に
取り留めのないひとりごとになってしまいましたね。
スミマセン。こんな日もある。

あなたが好きな村上春樹作品がありましたら、
ぜひ教えてくださいね♪

(※山羊座A型は占いで大抵「頑固」「真面目」しか書かれないんです。
私は至って頑固でも真面目でもない人間です。残念だ。)

*

さてさて、
今週も読んでくださってありがとうございました!

メルマガに関するご意見ご感想、
こちらに返信して頂く形で
なんでもお気軽にメールしてくださいませ。


それでは最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 今週も、よい7日間になりますように。
 気をつけていってらっしゃいませ!


******************************
有料版お申し込みはこちら!
 一回参加費5000円のイベントの書きおこし原稿が読めます!
 天狼院プレミアムLIVE実況中継・完全テキスト
http://www.mag2.com/m/0001650944.html

週刊『READING LIFE』
 編集長:三宅香帆

発行:天狼院書店
 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
 TEL:03-6914-3618 / F AX:03-6914-3619
営業時間 平日11:30~22:00 / 土日祝日10:00〜22:00
http://tenro-in.com/

 ******************************

 ◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎週刊READING LIFE
   のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001650050/index.html



ついでに読みたい

週刊READING LIFE

RSSを登録する
発行周期 毎週月曜日
最新号 2017/01/16
部数 2,147部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、好きなことを仕事にする「お金の心理学」
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

司法書士くりりんの事件簿
現役司法書士による法情報や出版した電子書籍に関する情報提供です。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング