週刊READING LIFE

【vol.073】週刊READING LIFE


カテゴリー: 2016年10月31日
************************************

天狼院書店公式メールマガジン無料版
 『週刊READING LIFE』

 書店が発行する“読める”デジタルマガジン
(10月31日vol.73)

************************************

おはようございます!
はっぴーはろうぃーーーん! ですね!
私の通う大学では、毎年ハロウィンの日は
仮装して授業受ける人がちらほら現れます。
スパイダーマンとか馬とかがただ授業を受けている……
先生方はスルーして授業を進めます。
シュール……。

みなさんもよきハロウィンをお送りくださいませっ。
それでは今日も元気にいってみましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~
 <もくじ>
1.【今週の天狼院カレンダー】
2.【メゾン・ド・天狼院】ゆうきroom
3.【月刊天狼院レポ】【10月号SF特集】ゴールデンスランバーが読めない
4.【京都でぼんやりひとりごと】ディストピア小説から見る……
~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━
1.今週の天狼院カレンダー
━━━━━━━━━━━━━━━━
今週の天狼院のイベントをご紹介!
部活は飛び入り参加大歓迎です♪
ゼミも、ぜひホームページなどを
覗いてみてくださいね♪

★カレンダーはこちらから!ぜひご覧くださいな♪
http://tenro-in.com/calendar

★注目イベント紹介!
↓↓

今回、天狼院では、リーガルマインド(法的思考)を高めるために、
現役の若手弁護士・河野冬樹先生を招いて、
「法学」のプロフェッショナル・ゼミを開講することに致しました。

今回は、そのキックオフ・イベントとなります。
本講義が始まる前に、ぜひ、この会に参加してください。

法学がなぜ必要なのか。
リベラルアーツとしての法学とは何なのか。
本講義では何を学べるのか。

河野弁護士を招いて、詳しくお聞きします。

また、ご参加される皆様には、
ぜひとも法律のことでお困りになったケースがありましたら、
その実例を挙げていただき、
それについて、河野弁護士と皆さんとで解析していきたいと思っております。

そして、本講義で開催予定の「模擬裁判」とは、
どういうものなのか、説明致します。

起業家の人も、アーティストの人も、どんな方でも、
実は生きる上で法学とは切っても切れない関係にあります。
人生で損をしないために、
また、リーガルマインドを見につけ、攻めに転じられるように、
楽しみながら学んでいきましょう。

どうぞよろしくお願いします。


☆【東京11/5 法学ゼミ・キックオフ】世の中の「仕組み」を解き明かす「天狼院法学ゼミ」〜新進気鋭の現役弁護士が教えるリベラルアーツとしての法学〜《天狼院プロフェッショナル・ゼミ》
https://www.facebook.com/events/899766233458957/


━━━━━━━━━━━━━━━
2.常連さんに訊け! 
━━━━━━━━━━━━━━━

第3回『常連さんに訊け!』は
前回に引き続き、あっきーさんです。
天狼院のイベントによく参加いただいてるあっきーさん。
小耳に挟んでいたのですが、
バリスタになるのが夢だそう。
僕と同じ23歳の彼女が、
そんな大きな夢を持っていることが眩しく思ってました。
今回はそんな話をしています。

**
大山 うん。
川代さんもおれも、あっきーだって、結構若いじゃん。みんな20代前半だから、就職とか働くことを考えてたりする事が多いよね。その中でバリスタを選んだあっきーはどんな事を考えてたりするのかなって。

あっきー  あー、なるほど!
そうだなあ、、、

わたしは元々教師になりたかったんだけど、
病気がきっかけで
バリスタになろうって
決めたんよね。

わたしの病気は完治しないから、
一生付き合っていかなきゃいけなくて、
でも教師ってほんとに体力勝負だって
実習でわかって、
私は自分の体を犠牲にしてまで
教師にはなれないなぁって
思ったのをきっかけに
将来について考え直そう!って思った。

大山 そこで将来を考え直す勇気もすごいね。
でも、バリスタとか飲食だって、体力勝負なんじゃない?

あっきー  そうなんだよ。
でも、自分の体を少し酷使してでもできること
それだけの熱量でできることって
なんだろうって考えたら
それが私にはコーヒーで、バリスタだった
って感じかなあ?

大山 それだけコーヒーに思い入れがあるのか。

あっきー うん。
入院中、私はコーヒーとかカフェに
本当に救われてて、
多分コーヒー屋さんがなかったら、
いまの自分はなかったんじゃないかなぁ
って思うくらい!笑

おいしいコーヒーのおかげで
元気になれたから、
そんなコーヒーをいれれるようになりたいし、
バリスタの方のおかげで
私は前向きでいられたから
そんな存在になれたらいいなぁ、
私のお店がお客さんの居場所になれればいいなあ
って思ってるかなあ!

大山 なるほど。でも、やっぱり葛藤とか悩みとかないの?
こうやってバリスタになる事を文章で読めば綺麗にまとまってて、流石だなって思うんだけど、本当はそうじゃない部分だってあるよね。

あっきー そりゃあいっぱいあるよ!笑

教育大なんて、ほぼ教師か公務員になるひとばっかりだから、異色中の異色だし、
大学以外でも、まわりのひとで
お店開業する人なんていないし!笑

だから情報だって全部自分で取らなきゃいけないし、手段だって限られてくるし!笑

お店開くのはお金いるから
貯金だって相当しなきゃだし!笑

悩みとか葛藤とかありすぎて、
すごいよ!笑
書ききれないよ!笑
ほんとにこれで大丈夫かなぁ?って不安になることなんて、何回もあるし。笑

でも、
なんだろう、
それを乗り越えたいと思うし、
それを乗り越える価値があると思えるかなあ。

だって、
誰にも譲りたくないとか
私があっち側(作るがわ、バリスタ)
にどうしても行きたいと思える職業なんて
ひとつしかないもの~~笑

そうじゃないと
コーヒー屋なんて目指さないし!笑

コーヒーの師匠みたいなひとが
私は何人もいらっしゃって
たくさんのひとに話聞いてもらって
背中押してもらって
応援しつづけてもらって
っていう環境があるから、
そう思えるのかもしれんけどね!笑

大山 あっきーは『耳をすませば』の雫みたいだね。

あっきー わたし耳をすませばをあんまりちゃんと見たことがないんだよね......笑

大山 あ、そうなんだ。見た方がいいよー。
主人公が雫っていうんだけど、似てると思う。彼女は健康だし、中学生だけど。
雫も夢を追いかけるんだけど。雫は小説家を目指すんだ。夢を両親に伝えた後にお父さんが言ったセリフが良くてね。
 『雫、人と違う生き方はつらいぞ』
ってね。
おれも中学生の時にこれを聞いて、何も夢を持ってなかったけど、夢を持つにはそれ相応の決意が必要なんだ、って思ったなぁ。

あっきー  ふあああ
そのセリフ、いまの私にはぐっとくる~~~
見てみらんといけん><

そうだねえ、覚悟がすごくいると思う。
私も覚悟はしてるつもりではいるけど、
これからどんどんその覚悟は大きくなるんだろうなぁ……

**
……といったところで次回に続きます。彼女の話を聞いてると、「耳をすませば」が観たくなってきました。夢を持つことって、勇気と思い切りと少しのわがままが必要なんですかね。続く。

(担当:大山英輝)


━━━━━━━━━━━━━━━
3.【Web天狼院】
 過去の記事発掘!!!
━━━━━━━━━━━━━━━
今回はいつもの担当、みはるに代わり、
東京天狼院スタッフのありさがこのコーナーを担当します!


誰の記事にするかは、
私にこのコーナーを書く役割が回った時にはもう決めていた。
きっと、このコーナーでは紹介されたことがない女の子のスタッフ。

ふわふわした髪が可愛くて、
いつも周りのメンバーを引っ張る
頼れるお姉さんタイプ。

私はのらりくらりとしていて威厳のかけらも無いので、
彼女の周りを巻き込む力、率先して何でも頑張る姿は
私から見てもかっこいいなあと思う。

彼女はゼミの後輩であり、
天狼院で共に働く同期でもある。
それは、このコーナーの担当、みはるです。

彼女がこの記事を書いていたのは、
ちょうど去年の今ぐらいのこと。
11月のとても寒く、
厚手のコートと手袋が欠かせない冬真っただ中で読んだ記事だった。

最初の三文くらいを読んで、
ああ、と察しがついた。
彼女は何をテーマにしているのか。
誰の事をこの記事の中に書いているのか。

最初はゲームの世界に飛び込んだような軽快な走り出し。
テンポの良い会話。
彼女のもつ熱い想いの伝わる表現。
記事の中にある要素によって、
みはるが精一杯の想いを込めて
この記事を書いたことを強く感じた。

そして後半に差し掛かったころ、
彼女が書いたテーマが
私が予測したことがその通りであることに気づく。
ふふふ、やっぱりね。
私はひとりニヤニヤして記事を読む。
彼女がこの時期に
このテーマで記事を書いたことがんとなく嬉しくて、
誰かに言いたくなってしまう気持ちを押さえられず、
これをあの人と、あの人にも読んでもらおう、と決めた。
そして、記事を読み終わる頃には、
私も頑張ろう、という決意ができていた。

あれから、1年の時が経った。
私は大学三年生から四年生、
みはるは二年生から三年生へ。
立場もやり方も一生懸命になっていることも
昨年までの自分とはそれぞれ違うと思う。

今、彼女はどのように活躍しているのだろう。
想像でしかないけれど、
きっと彼女は持ち味のパワフルさによって
周りを奮い立たせるような役割を担っていることだろう。

こんなことを言える立場ではないのかもしれないが、
今度彼女に会ったら
過去のこの記事を自分で読んでみることをお勧めしたいと思う。
あの時頑張ったから、きっと大丈夫。
そう思うためには自分の過去の行動が効くはずだからである。

みはる、頑張ってね。

この記事の詳しい内容はこちらのURLのものです!
みなさんもぜひ読んでみてくださいね。
【何か違和感を抱く所以は】みはるの古筆部屋
http://tenro-in.com/articles/team/15416

(担当:伊賀有咲)


━━━━━━━━━━━━━━━
4.京都でぼんやりひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます!
ハロウィンフィーバーですね~。
かぼちゃ使ったお菓子やお料理がとても好きなので、
かぼちゃシーズンが終わっちゃうのは寂しいなぁ。
しかもこれから寒くなるばかりっ。ひええ。

こないだですね、エッセイを読んでると
「秋が嫌いな人はいない」
って書いてあって、
「えっそうなの」と驚きました。

春は花粉症、
夏は暑すぎ冬は寒すぎ。
その点、秋は涼しいし食べ物はおいしいし、
そんなに忙しくないから皆好き、
とのことでした。

み、みなさんいかがですか?

ちなみに私はですね……秋、得意じゃないです。
「秋はみんな好き」ってうそだぁっ!!!

寒いのと日が落ちるのが早いのが苦手なのですが、
秋は「あああだんだん寒くなって日が短くなるうううう」
と、冬の訪れをじわじわ感じるんですよねぇ。
真綿で首を締められるとはこのことかと思います、毎年……。

ああ、今年も冬がやってくる……かなしい。

季節は春が一番好きですね。
「あったかくなったぜーーー!」と思うのが好き。
前もこの話した気がしてきた。あぶない。

みなさんはいつが一番好きですか??

*

さてさて、
今週も読んでくださってありがとうございました!

メルマガに関するご意見ご感想、
こちらに返信して頂く形で
なんでもお気軽にメールしてくださいませ。


それでは最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 今週も、よい7日間になりますように。
 気をつけていってらっしゃいませ!


******************************
有料版お申し込みはこちら!
 一回参加費5000円のイベントの書きおこし原稿が読めます!
 天狼院プレミアムLIVE実況中継・完全テキスト
http://www.mag2.com/m/0001650944.html

週刊『READING LIFE』
 編集長:三宅香帆
 副編集長:伊賀有咲、小島夏海、児玉千裕、酒井未晴、野呂美紗貴

発行:天狼院書店
 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
 TEL:03-6914-3618 / F AX:03-6914-3619
営業時間 平日11:30~22:00 / 土日祝日10:00〜22:00
http://tenro-in.com/

 ******************************

 ◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎週刊READING LIFE
   のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001650050/index.html



ついでに読みたい

週刊READING LIFE

RSSを登録する
発行周期 毎週月曜日
最新号 2017/02/27
部数 2,184部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング