週刊READING LIFE

【号外】「本気でベストセラー作家になるプロジェクト」を特別公開!新設「エージェント制度」の狙いとは?《連載第2回》


カテゴリー: 2017年12月17日
************************************

天狼院書店公式メールマガジン無料版
『週刊READING LIFE』
【号外】「小説家養成ゼミ」リニューアル記念・特別号/第2回

書店が発行する“読める”デジタルマガジン
(12月17日配信)

************************************

いつもありがとうございます!
天狼院書店スタッフの川代です。

2018年1月14日からスタートする新生・小説家養成ゼミ。
店主三浦が登壇することになったこのゼミ、参加者は徹底的に鍛え上げるハードモードのゼミになりそうです。
というのも、ついに天狼院で「エージェント制度」がスタートすることになったから。

「エージェント制度」とは一体何なのか?
どうして三浦は今回、そこまで小説家養成ゼミに力を入れているのか?

12月16日に開催されたキックオフイベント「本気でベストセラー作家になるプロジェクト」の内容を、特別に公開いたします!

***

【本格的な取り組みはほぼ初? 新設「エージェント制度」】

三浦:今回ね、「エージェント制度」っていうのをはじめようと思って。エージェント契約をして、どこでも出版できるという状態になったら、出版社さんに売り込みをしていきます。今回はDiscover21さんに限らず、色々なところに持ち込むことになりますね。作品の質とかじゃなくて、作品にもカラーがあるし、それによって合う出版社、合わない出版社がありますから。

林さん(Discover21編集者):書店さんもどの出版社から出るかによって、売り方変えますからね。

三浦:そうそう。だから、そういう風に「エージェント制度」というのをやることにしました。
今回は、ここが肝になると思います。たとえば野球でも、メジャーリーグに大谷翔平さんがチャレンジするっていうとき、たぶんそこってエージェントがいるんだよね。松坂が海外に行くときも、すごい辣腕のエージェントがいて契約を引き出したっていう話がありましたけど、日本の小説の業界はエージェント会社ってほとんどないですからね。
天狼院は今回、本格的に弁護士が入ってやりますから。
ちゃんと出版社さん側にも良いオファーを出しながらやります。販促用の拡材はこういうのやるよ、とか、取次さんと協力するよ、とか。
本格的に入ったエージェント制度は、もしかしたら初めてかもしれない。それが今回の新しい肝ですね。
エージェントの契約をしてもらえれば、受講料はかかりませんが、そのかわり、書けよ、っていう条件ですね。
ちゃんと書いてもらえれば、雑誌『READING LIFE』、劇団天狼院、WEBメディアとかで拡散したり、様々な形で世の中に広めていきます。
出版社にとってはありがたいですよね。PRも全部やるので。

【なぜ「ベストセラー作家」にこだわるのか?】

三浦:たとえばですけど、初版(最初に刷られる部数)5,000冊とかだと、ちゃんと食べていくためには年間8冊とか出さないといけないんですよね。
そうすると粗製乱造っていう感じで、あんまり力が入ってない作品が乱発されることになる。
これ本人にとっても業界にとっても全然よくないので、エージェントになって、契約してもらったら、そこのコントロールもしようと思っています。
年に1冊、2冊でも食べていけるように。なので、「最大3冊くらいしか書かなくていいよ! 逆に書くな!」って言うかもしれない。
で、この作品だったらDisicoverさんがいいね、とか、この作品は講談社さんの方が良いかな、とか見分けつつやっていくと思う。
僕も、ポプラ社さんとは『殺し屋のマーケティング』やってるんですけど、今ダイヤモンド社さんとやっている別の企画もありますから。
テイストによって分けていいと思う。あとは、関根さんの繋がりでやったり。

新人作家だと、初版が5000冊っていうのが多いんですよね。
このエージェント契約をすると、1,000冊は天狼院で買い切ります。こうなると、出版社側としても、出版リスクが減るんですね。最低でも、儲かるところからスタートできるので、安心して出版してもらえる。
新人賞だと、そうはいかないんですよね。新人作家は、本当に大きい賞じゃないと、サポートされない。
だから、宮部みゆき、東野圭吾、あなた、辻村深月、みたいな並びで生き残らないとダメなんですよ笑。
そういう不確実なところで、戦っていかないといけない。恐ろしい世界ですよね。なので、出したらヒットさせたいっていうのが出版社としては、正直なところ。
だから、今回のゼミを立ち上げるとき「絶対に入れろ」って言ってたワードは、「ベストセラー作家を目指す」。ベストセラー作家じゃない限りは、生き残っていけないんですよ。
ただの「記念で小説を出しました」は絶対にやめてほしい。売れてもらわないと困る。だからこそ、このエージェント制度なんですよね。

【首根っこ捕まえて……「書かせる」ための仕組みとは?】

三浦:だから、今回のゼミではしっかりと書ける仕組みを考えました。
どこの時間に書けるか、何日に何枚書いたかとか、コミュニティで発表してもらいます笑。もう書かないとか絶対に許さないんで。
このゼミに入ったら、何が何でも書かせますから笑。

なんでそこまでやるかっていうと、正直に言って、天狼院の中でもこの小説家養成ゼミの部署って赤字なんですよ。
他のやつでカバーして、ここをまかなってるんです。じゃあどうやったら僕らが黒字になるかっていうと、作家を出さないと黒字にならない仕組みなんですよ。デビューしてもらって、印税を3割もらわないと。
だから、みなさんが努力しなくて損するのは、みなさんだけじゃないんです。もし「自分が受講費を無駄にするだけだからいいじゃん」とか言われても、それだけの問題じゃなくて。
みなさんが書かないと、僕らのゼミの存続も危うくなるんですよ笑。
デビューしないと僕らもきついっていう運命共同体みたいなものなので。だから、「飲み会、二次会まで行きましたー」とか本当やめてほしい笑。
二次会行かなかった時間で、5枚かけたよね、っていう。その辺の指摘は厳しく講師陣やスタッフからあると思います。

だから、フェードアウトしそうになった人がいたときも、首根っこ捕まえて「書くって言ったよね? 最初に」って言って、引きずり戻すんで笑。本気でやりたい人は徹底的にサポートします。逆に言うと、なんとなく小説家になりたいっていう人は、うちのゼミは合わないかもしれないね。

***

【新設「天狼院エージェント制度」】

天狼院書店(運営:株式会社東京プライズエージェンシー)は、エージェント契約の制度を開始致します。天狼院書店が投資をするに価すると判断した作品を書いた方、あるいは書く能力があると思われる方とエージェント契約を結び、出版社への企画交渉・および出版後のマーケティング・サポートやマネジメントを行います。

*エージェント契約をした場合の印税の配分について
書籍が出版された場合、基本的には印税の7割を作家の方、3割を天狼院書店(エージェント料で分配致します。

*マーケティング・サポートとマネジメント
エージェント作品が書籍として出版された場合、天狼院書店が1,000冊買い切り、全国の天狼院書店で大々的に販売いたします。また、天狼院のメディア(WEB天狼院書店、雑誌『READING LIFE』、メルマガなど)での情報拡散を行います。さらには、マス・メディアへのPR活動もいたします。

*「天狼院エージェント制度」を利用しない場合
もちろん、作品が仕上がったあとエージェント契約をせず、そのまま作品を賞に応募するなどしても構いません。ただし、エージェント契約をせずに本が出版された場合は、当方でのマーケティング・サポートおよびマネジメントは残念ながら行えなくなりますので、ご了承ください。

次回の配信は、明日12月18日(月)20時。どうぞ、お楽しみに!

【予告】2017年12月18日(月)12:00 リリース/募集開始!

本気でベストセラー作家を目指すための「小説家養成ゼミ」。
『殺し屋のマーケティング』の発売を一つのタイミングとして、天狼院書店・店主三浦が小説家養成ゼミ講師として登壇致します。

ーーー本気でベストセラー作家を目指すための「小説家養成ゼミ~ABCユニットで小説を創る~」ーーー

『殺し屋のマーケティング』は、おかげさまでご好評をいただいており、発売即重版、発売から1ヶ月も経たないうちに、重版が決定いたしました。
この小説を書いたときには、どんな理論を使ったのか?
どうやってクライマックスを作り、読者を引き込むリーダビリティを保ち続けることができたのか?

参加されるゼミ生も習得できるように、再現性の高い講義内容を構築、また書き続けられるスタミナをつけるための新要素を組み込みました。
この2018年1月から、本気でベストセラー作家を目指してみませんか?

 ★ 2017年12月18日(月)12:00 リリース・募集開始! ★

募集開始まで、毎日、詳細を順次公開いたします!! 乞うご期待くださいませ!

******************************
有料版お申し込みはこちら!
一回参加費5000円のイベントの書きおこし原稿が読めます!
天狼院プレミアムLIVE実況中継・完全テキスト
http://www.mag2.com/m/0001650944.html

週刊『READING LIFE』

発行:天狼院書店
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618 / F AX:03-6914-3619
営業時間 平日12:00~22:00 / 土日祝日10:00〜22:00
http://tenro-in.com/

******************************

週刊READING LIFE

RSSを登録する
発行周期 毎週月曜日
最新号 2017/12/17
部数 2,137部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

週刊READING LIFE

RSSを登録する
発行周期 毎週月曜日
最新号 2017/12/17
部数 2,137部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング