一万字メルマガ

ハヤトって何者!? ハヤトのすべてを解き明かす特集!


カテゴリー: 2014年04月06日
■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 一万字メルマガ 第3号
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━
             2014.04.06
◆……………………………………………◆
「ハヤトって何者!? ハヤトのすべてを解き明かす特集!」

目次 
 1.インタビュー「妄想のファンタジスタ・ハヤト」
 2.コラム「ひもQのネクステージ」ハヤト
 3.無茶ぶり小説「お題をください!」 第2回 てって
 4.コーナー「僕が電車の中で座りたい10の理由」市村
 5.小説「とんがりのヌエベ」てって
 6.コラム「流水のごときインクフロー」ハヤト
 7.小説「始まりのセロ」てって
 
 
◆……………………………………………◆

■1.インタビュー「妄想のファンタジスタ・ハヤト」

一万字メルマガ創設メンバーとして、主に文具やお菓子にコラムを担当するハヤト。そんなハヤトにコラムの作り方、メルマガへの考え方を聞こうと思った。すると話は思わぬ方向へ逸れていった。

☆☆☆

市村 :メルマガがある生活ってどう?
ハヤト:いやー、おれ文字にまみれてんなって
市村 :(笑)。インタビューだからって狙いに行かなくていいんだよ(笑)
ハヤト:でも前に新聞でインタビューに答えたことあんだけど、まったく言ってないこと書かれてたのよ。だからおれ、それ以来メディアに対して不信感持ってるから。そこはちゃんと頼むわ。
市村 :わかりました。今、三週間に一回くらいのペースであげてるけど大変?
ハヤト:意外とやれる。大概作ってるの三日前だから。
市村 :書こうと思ってからどれくらいでできるの?
ハヤト:一日二日かな。
市村 :ハヤトは題材があるじゃん。3週間は短くない?
ハヤト:まあ文房具なんていくらでもあるし、それ以外でも別ににおれのなんてむりやり伸ばしてるところあるから、なんとでもなるよね。
市村 :じゃあ題材なんてあろうとなかろうと、おれにかかればコラムなんていくらでもできちゃうよと。
ハヤト:まあ、そこまでは言ってないけど。。。
市村 :フフフ、あっそう(笑)
ハヤト:でもコラムって排泄行為みたいなところあるんだよね。
市村 :ほう(笑)
ハヤト:・・・ちょっとかっこよく言おうとしたけど、、汚かったな。
市村 :確かに。「自分のコラムはうんこ」って言ってるようなものだからね。
ハヤト:狙いに行ってミスったわ。。。
市村 :ミスってるね(笑)
ハヤト:全然違う話なんだけど、中学校の同窓会に行ったときに、女の子の好みで「おれとペースを合わせてくれる子がいい」って言ったら「そういう人はなかなかいないよ」って言われたんだけど、それどう思う?
市村 :はやとのペースに合わせてくれる子がいるかってこと?
ハヤト:うん。
市村 :いや、いるかいないかで言えばいるんだろうけど、どういう子が合うかっていうのはちょっと想像つかないなー。
ハヤト:いやでもあれだよ? おれ最近、堀北真希と歩いてる姿をけっこう想像できるんだけど、どう?
市村 :それは想像力の問題じゃ・・・
ハヤト:違う違う! 想像で誰でも隣にはいさせられるけど、全員が全員おれに合うわけじゃないんだよ。その中で最近合うのが堀北真希なんだよ。
市村 :ちょっとレベルが高すぎて分からないというか。
ハヤト:そっかー。
市村 :いろんな女性を横に置いたことないからなー。
ハヤト:いや、横って言ってもそんな横じゃないよ? 頭の中でってことだから。
市村 :わかるけどさ(笑) それもないからさ(笑)
ハヤト:そうか。
市村 :最近は堀北真希がいいの?
ハヤト:やっぱえっちゃん最近結婚しちゃったし。
市村 :チャットモンチーのね。
ハヤト:さすがに家庭を崩壊させることはしたくないから。
市村 :頭のなかで「もう会わないほうがいいと思う」みたいなやりとりあったの?
ハヤト:つーか自然消滅っていうか。結婚を聞いて、もうやめたほうがいいなと。そこに対するけじめはつけたい人だからさ。
市村 :じゃあ堀北真希と出会ったのってどこなの?
ハヤト:なんかのドラマを観てたときかな。シンパシーがきたんだよね。
市村 :テレビ観てるときから、横で歩くまではどんな間があったの?
ハヤト:それはいきなり横にいるんだよ。
市村 :そこらへんはふわっとしてるんだ(笑)
ハヤト:大体テレビ観て可愛いなと思った子は一回は妄想で横に置いてみるよね。
市村 :それで合うか合わないかを確かめるの?
ハヤト:まあ喋ってみてというか、やりとりを安易に想像できるかどうか。おれ新垣結衣とか戸田恵梨香とか合わなかったから。
市村 :そうなんだ(笑)どこが合わなかったの?
ハヤト:新垣結衣は天然というか、なんかどこかズレてるんだよね。それでちょっとイライラする部分があったり。
市村 :戸田恵梨香は?
ハヤト:あいつけっこう怒ってくんのよ。多少ならいいけど、けっこう言われるとおれも我慢できないから。
市村 :どんなこと言われたの?
ハヤト:ご飯食べたときの会計とかをグズグズしてるときとか。「遅えなぁ」とか言ってくる。
市村 :堀北真希は良かったんだ?
ハヤト:そうだね。怒り方も優しく怒ってくれるからさ。だからもし出会えてたら、たぶん結婚するね。
市村 :出会いがなかっただけなんだ(笑)
ハヤト:そう、結局は出会いなんだよ。だからおれはフリーを貫いてる。
市村 :堀北真希のために!?
ハヤト:ちゃんと枠は空けてある。


☆☆☆

インタビューをしてみて。
まあ読んで分かる通り、妄想が凄い(笑)
最初はコラムの作り方とか、メルマガに対する思いとか聞こうと思ってたんだけど、最終的にそういうのがどうでも良くなるくらい、ハヤトの妄想トークは面白かった。
ひとまずハヤトっていう人間の"人となり"が分かればいいかなって感じ。
この"妄想力"は活かしていかない手はないので、今後コーナーとかにしていくかもしれません。
そんなハヤトの"妄想力"を活かしたコラムをよろしくお願いします。

●ハヤト @haccyo18
ウォッシュレットの真ん中の強さに耐えられる肛門が欲しいです。
ブログ「ハッチョの聖域」
http://haccyo18.seesaa.net/

+++++++++++++++++++++++

■2.コラム「ひもQのネクステージ」ハヤト

その出会いは偶然であった。
毎週末に、スーパーでまとめて1週間分のお菓子を買いだめて消化していくのが私のライフスタイルだ。
そのなかには大抵グミが含まれている。今週は何にしようかと物色していると、それは目に飛び込んできた。

ひもQである。
ひもQと言えばロングセラー商品であり、小さい頃は口にしたことがある人は多いと思う。驚異的な長さがもたらす自由度の高さは、子供心のクリエイティビティを刺激する。
大人になってからは、金銭的な余裕がもたらした”リッチ食い”をするようになった。その名の通り、両端を揃えて厚みを出したり、グジャグジャな状態のまま食べたりできるのは大人の特権であろう。

今回選んだのはただのひもQではない。『超不思議!?もこもこひもQ』である。ひもQと言ったら普段目にするものしか見た事がなかったので、迷わずカゴに入れたのだった。

袋を空けると、まずその太さに驚かされる。通常の1.2倍ぐらいある重量感。長さは通常のモノよりも短いが、ひもQとしての体裁は保っている。味はラムネ&メロンソーダだ。
いざ口に運んでみると、何とも言えない食感が味覚を驚かせる。確かにもこもこだ。「どーっすか、むっちゃもこもこじゃないっすか!」とチャラい後輩がドヤ顔で聞いてきそうなぐらいもこもこである。
ただ固いのではなく、ふわっとしつつ、グミの芯が余韻として残る、そんな感じだ。

そして味は、噛めば噛むほど、炭酸風味が口の中いっぱいに広がっていく。シュワッとするあの感覚がかなりでている。独特の食感との関係性は実に良好だ。
ハッキリ言って、未体験ゾーン突入だ。ひもQであると同時に、これはひもQではない。これは『超不思議!?もこもこひもQ』なのである。


翌週、4個これを購入し、2個続けて食べた。

飽きた。

どーやらこれは1日1個が適量のようだ。いくら50円ぐらいだからといって、普通のグミの値段に合わせて食べていい訳ではない。考えが浅はかだった。
それぐらい、このグミの充実感は春季キャンプでしっかりと仕上げられた野球選手と同じぐらい、ギュッとしているのだ。



●ハヤト @haccyo18
ガムを噛んだあとに飲む水は何故冷たいのか。
誰か教えて下さい。
ブログ「ハッチョの聖域」
http://haccyo18.seesaa.net/

+++++++++++++++++++++++

■3.無茶ぶり小説「お題をください!」 第2回 てって

これは、市村から出される3つのお題を守りながら、てってが一本の小説を書くという企画です。今回市村が設定したお題はコチラ。

1.ケンカに決着をつけること
2.主人公の特技を明らかにすること
3.ボーガンという単語を出すこと

一応、前回からの続きとなっています。是非バックナンバーを読んでからこの作品を読んで頂ければと思います。てってがどうやってお題を乗り越えるかに注目です。

☆☆☆

 小説「月に住むオチョ」

 待ちすぎていたことが功を為したのか、その日彼女のバイトが終わった後に二人で近くのレストランで話しをすることが出来た。あのカフェでバイトを始めたきっかけや様々な客が持ち込んだストーリィ、その一部として待ち合わせの日を間違えて彼女を待っているときの僕の様子などを話しているとき、彼女は楽しそうだった。
 それらを聞き終えて僕は、いままで通りとはいかないかもしれないが、お互いの悪い部分を知っているからこそ、いままで以上にいい関係が作れるのではないかと、そんなような意味の言葉と共に仲直りがしたいことを告げた。

 考えさせて。

 それが昨日の彼女の結論だった。

 本当の待ち合わせの日であった今日、川にはやたらとボーガンという文字が流れる今日、僕はまたあのカフェに来ていた。というのも、バナナストライクが飲みたくなったから、ではなく。彼女との待ち合わせである。彼女がどんな結論を出してここへ来るかはわからない。緊張して、何度目かの時計を見る。注文したバナナストライクがテーブルに届く。
 今日は店員が一人しかいないようで、厳ついおじさんだった。恐い。そういえば昨日もこの人店にいた気がする。昨日はカウンターの奥で作るほうを任されていたみたいだったから少ししか顔を見なかったが、もしかしてこの人がこのバナナストライクを作っているのだろうか、だとしたら、急に僕は一言でもいいから感謝の意を伝えたくなった。

 あの・・・

 声をかけると、ものすごい顔つきと目つきでこちらを見る。恐い。バナナストライクがとてもおいしいと礼を言うと、ふんっと鼻を鳴らし、あたりまえだというような顔をしカウンターに戻っていった。恐い。ちらっと盗み見た名札には、店長であることが記してあった。それはそうか、あんなに厳つい定員、採用された瞬間店長に決まりである。

 僕は密かに特技としているストローで飲み物をぶくぶくさせることで暇をつぶしていると、入り口のちいさな鐘を鳴らし彼女が入って来た。昨日とは違う雰囲気の彼女。緊張が一気に高まる僕。彼女は向かいの椅子に腰掛けると、いま話題の弩について話し出す。しかしその話題は永くは続かず、ちょっとすると僕と彼女の間に沈黙が訪れた。それを機に彼女が、

 仲直りしましょう。

 そう、言ってくれた。
 
 
●てって @tete_LHF
この足を選んでくれる新しい靴が欲しい。
ラジオ「LHFポッド"TAKEOUT"」
http://left-hand-flemings.seesaa.net/
 
+++++++++++++++++++++++

■4.コーナー「僕が電車の中で座りたい10の理由」市村


都会で生活していると電車は欠かせないもの。
毎日電車に乗る人もいる中で、
乗ったときはなんとかして座りたい。
そんな僕が電車で座りたい10の理由を紹介します。

☆☆☆


1 立ってると疲れるから

疲れたときは是非座りたいもの。
電車で立っていると、想像以上に足に披露が溜まります。
疲れているのなら座りたいと考える人は多いでしょう。


2 眠いから

眠い時こそ座りたい。
立ったまま眠っている猛者も中にはいますが、
基本的には座って寝たいと考えるはずです。


3 本を読みたいから

つり革に捕まっていると、本が読みにくい。
そういうときは座ることで両手を自由に使いたいものです。
片手だと腕が疲れるのもネックですね。


4 古くからの言伝え

家に代々伝わる言伝えがある場合ね。
「電車に乗るときは座る」
という言伝えがあったら、座るしかありません。


5 譲りたいから

おばあちゃんが乗ってきたときに、席を譲りたい。
そのためにはまず座っていなければ譲れません。
譲るために、事前に席を確保しておくという発想です。


6 イスへの配慮

イスは何のために作られたか。
それは座られるためです。
ここはそんなイスのためにも座ってみてはいかがでしょうか。


7 綺麗な人が隣に座っているから

綺麗な人が座っていたら、
是非お隣に座らせていただきたい。
こんなに密着して座って良い機会なんてそうそうありません。


8 イス取りゲームとして

電車を大きなイス取りゲームとして考えている場合。
そういう人はイスが空いたら座るのでしょう。
ゲームとして通勤を楽しめます。


9 つり革が苦手

潔癖症か何かなのかな。
つり革に捕まりたくない人も中にはいるはず。
そういう人は座りたいと考えるでしょう。


10 座るために生まれてきたから

それならもう座っていいよ。
そのために生まれてきたなら。
逆に立つなって話ですよ。
座りなさい。


●市村 @ichimura_LHF
ランニングを始めたら膝を痛めました。
整骨院の先生に苦笑いされました。
ブログ「市村の感想」
http://ichimura11.seesaa.net/
ラジオ「LHFポッド"TAKEOUT"」
http://left-hand-flemings.seesaa.net/

+++++++++++++++++++++++


■5.小説「とんがりのヌエベ」てって


 鉛筆ですぅと線をひく。

 その先に君の右手が置いてある。しかし止まらずに、僕の鉛筆はその右手の上をそっとなぞる。君が右手を持ち上げ、黒くひかれた線を見つめた。そして細めた目の奥に、喜びの感情が見えた。
 こういうのが好きなの。

 線のひかれた方の手を、僕に見せる。そのまま一歩、彼女は前に進む。手が僕の唇に触れる。そう軽く触れたまま、あの線の端から端までを僕の唇に滑らせた。一歩下がった僕が反射的に嘗めた自分の唇は、仄かに黒煙の味がした。

 苦い?

 顔をしかめている僕に、君は尋ねる。頷く僕を見ると満足そうな表情を浮かべ、そして少し恥ずかしがるような顔をした後、目を瞑った。

 次は、ここにひいて。

 君は、自分のちいさな唇を指差す。



 起きろ。

 乱暴な言葉で目が覚めた。ここはいったい? 辺りを見回すが、見覚えが無い机、見覚えが無い壁色、見覚えの無い棚、見覚えの無い人が二人。いや、見覚えがあった。ただしテレビでだ。警察? ここは、取調室?

 先程の声と同じ声色の男が再び話しかけて来た。どうやら、目の前に座っている彼が僕の家で発見された死体について僕に質問しているようだ。急に起こされた所為かまだ僕は頭がぼおっとしていた。だからうまく相づちも打てず、しまいには彼を怒らせてしまった。

 お前が殺したんだろ。

 そうだ。僕が殺した。

 ようやく声が口の外に届いた僕はそう言った。隠すつもりは無かった。

 怒鳴る目の前の彼。僕は瞼を下ろして、また君を思い出すことにした。
 

●てって @tete_LHF
好きな必殺技は牙突!
ラジオ「LHFポッド"TAKEOUT"」
http://left-hand-flemings.seesaa.net/
 
+++++++++++++++++++++++

■6.コラム「流水のごときインクフロー」ハヤト

 
「そろそろ万年筆とか使ってみたいなーでも手入れとかちょっと面倒くさそうだなー」

なるほど、君の今の悩みはそれかねリチャード君!私は君の本名がリチャードと分かって晴れ晴れとしている(前号までの文房具コラムを参照)んだがね。
悩みというのはお金持ちになってもあるし美人だろうとイケメンだろうと程度の差はあれどついてまわるものなのだよ。まあそんな些細な悩みをわざわざ相談するとは君もなかなか満ち足りた生活を送っているんだろう。
・・・え?私が勝手に話しかけてくるだと?まあ私も寛大な男だ、そういうことにしといてあげようではないか。

何はともあれ、君にピッタリのがあるぞ、
PERKERの5thテクノロジー搭載のペンが!
そもそも5thってなんだ!と思ったかもしれない。おそらく君はiPhoneを頭に浮かべただろうし、大抵の人もそうだろう。だが、	PERKERの5thというものはiPhoneとはなんら関係がない。
鉛筆、ボールペン、シャープペン、万年筆に続く新たな筆記具として「第5世代」と位置づけられたペンのことなのだよ!

万年筆は使えば使うほどペン先がその人の書き癖に馴染み、他では得られない書き味が魅力だ。しかし一方でインクの漏れや乾きの遅さ、書き出しのインクのかすれなどの問題もある。それらをひっくるめて愛せればいいが、皆が皆そういうわけにはいかない。
しかし!5thはその万年筆の問題点を解消したのだ!5thが搭載されているペンは一般的なボールペンと同じようにリフィルを入れて使用するのだが、このリフィルが画期的なのだ。
書き味はペンを置いただけで流れるようなインクフローをかすれることなく楽しめ、それでいながら乾きが早い。

おまけにキャップをせずに一晩放置しても問題無く書けるのだ!現代においてパソコンは必需品になっているが、キャップを外したままでも問題ない5th搭載のペンなら、パソコンをしながら使うのにももってこいなのである!5thが搭載されたペンはデザインも高級があるから、万年筆に入る前の一歩として、また、万年筆がいまいちしっくりこなかったユーザーにとってもオススメできるモノなのだよ!

「あーでもやっぱちゃんとした万年筆かお」
リチャァアアアアード!



●ハヤト @haccyo18
僕は靴紐しっかり結ぶ派です。
いつでも全力で走れます。
ブログ「ハッチョの聖域」
http://haccyo18.seesaa.net/


+++++++++++++++++++++++


■7.小説「始まりのセロ」てって

 ・・・僕の「願い」は、「元に戻すこと」だよ。

 私が全てを燃やし尽くした後。ここに残った黒い地面の上にただぼぉっと立っていると、そこに、しかし、そんなことはどうでもいいというふうに、彼は私に話しかけてきた。

 ・・・君の「願い」が知りたかったんだ。

 ・・・この世界はが始まると君は最初に「願い」を叶えていた。そして一気に君の周りが燃え始め、君以外の人たち、つまり僕もここから遠くへ逃げるしかなかった。そうして逃げて、逃げた先で他にも「願い」を叶える人が出てきて、しかしそれは「食べ物を手にいれること」だったり「人を殺すこと」だったり、そういえば、僕の友達は「音楽を奏でること」を願っていたり。
まぁ、その「願い」を聞いたときは暢気なやつだなと笑いながら尊敬したけどね。そしてそのどれもが魔法のような形で叶った。でも考えてみれば、最初からやり直そうとしたこの世界に。人間を百人ほど残してそれ以外全部を無くしたこの世界に、魔法以外が何が出てくるんだって話だけどね。

 ・・・まぁ、魔法じゃなくて「願い」だったけど。

 黒くなった地面は温かい。当然だ、私が熱し続けているのだから温かいどころか熱いはずである。この世界が始まって、私が願った瞬間からずっと、私の周りは燃え続けている。なぜこういう形で私の「願い」が叶えられたか、最初はわからなかった。しかしこの一年、一人ここで生きてきてようやく解った。私の願いはちゃんと叶えられていたと。

 ・・・それでいろいろな「願い」を見ていくうちに、そういえばと思ったんだ。そういえば、始めになにかしらの「願い」を形にした君の「願い」は何だったのだろうかと。君の「願い」はこんなだから誰とも会えないだろう。でも「願い」は一つしか叶えられないみたいだし、誰とも会わないのに君が生きていられることが不思議だった。
とくに食べ物が手に入らないだろう? いまここ以外の場所では「願い」で「食べ物を手にいれること」を選んだ人たちが食べ物を分けてくれるおかげでなんとか残った人たちは生きているんだ。もちろん、他の「願い」で周りの人を助けている人もたくさんいる。すばらしいね。まぁ、炎が燃え続けているだけで君は既に死んでしまっているということも考えていたのだけれど、遠くから覗いたら生きているようだったから。

 ・・・だから、聞きに来たんだ。

 私の周りは、炎が燃え続けている。それも見渡す限り全てが、空さえも。だからそんな気軽に、聞きに来るなんてことは出来ないはずだ。きっと、そうすることが出来るのが彼の「願い」の形なのだろう。でもそれは、その「願い」は、私の「願い」を無駄にすることだ。私はここに来た彼を見たとき、泣いてしまった。すぐに涙は蒸発したが、いままで私がただここにぼぉっとしていたことが無駄だと言われた気がした。結局、「願い」など願うだけでは叶わないのだ。

 彼を睨みつける。

 そうすると彼はちょっと目をそらし、言葉を続けた。

 ・・・あぁ、いきなり「願い」を聞くのは失礼だったかな? 名前と一緒で、相手のが知りたかったらまずは自分からかな? 誰だって強く願ったことほど、他人には知られたくないかもしれないね。君の炎を見れば解るけど、ずいぶん強い願いだっただろう。
だから知りたかったんだ。僕の友達も妻を捜したいと強く願うことで、とても便利な「願い」の形を発現させていたし。僕を殺されたことへの復習で「願い」を形にした友人も、復讐を果たし終えたあともその「願い」の形を使って上手く生きていけるようなものだった。強い「願い」ほど、強力な形で発現される。じゃあ、ざっと見た中で一番大きな形で発現している君の「願い」は? ちなみに、

 ・・・僕の「願い」は、「元に戻すこと」だよ。

 彼は目をそらしたまま、少し恥ずかしそうに話し続ける。

 ・・・僕は、いい友達がいてね。それにいまの自分にも満足している。好きなものも沢山ある。だけど、それらは全部いつか必ず無くなるだろう。それが嫌なんだ。たまらなく嫌なんだ。思い始めてからその仕組みを、必ず無くなるというその常識を、憎まなかった日はないほどに。だから願ったんだ。失うなら、元に戻したいと。何度失っても、元に戻せますようにと。

 そう言うと、彼はまた私のほうに目を向ける。

 私はため息を吐く。

 私も話そうと思った。

 そうすれば、彼はもうここに来なくなってくれるだろうと思って。

 そうすれば、また私の願いは叶え続けられると思って。




 私の「願い」は、「ひとりになること」よ。

 この世界が始まる前から、周りにある全てのものが嫌いだったわ。ちいさい頃から、草も、虫も、動物も、人間も、石ころさえも、見るだけで気持ちが悪かった。前に世界が終わったとき、ようやく終わったと思ったのに、まだ何人も人が残ってるのを見て、もうひとりにしてほしい、ひとりになりたい、ひとりでいたい、ひとりになれますように。そう願ったわ。

 彼はこわいくらい集中して、私の話を聞いていた。そして話しが終わって少しすると、周りの炎を眺めて、また私に目を戻す。

 ・・・



●てって @tete_LHF
うちに新たな家族が来ました。
ラジオ「LHFポッド"TAKEOUT"」
http://left-hand-flemings.seesaa.net/


+++++++++++++++++++++++
◆編集後記◆

はいはい、第3号でございます。今回はなんといってもハヤトのインタビューじゃないですかね。昔から一緒に遊んでますけど、ハヤトの妄想力は凄い。ここには書けないけど、その類のハヤトのエピソードは何個でもあります。
実は今回なかなか記事が揃わなくて、ヤバいかなとも思ってたんですけど、各記事の文字数が多くなってるのもあって、意外と一万字に届くなーって感じです。
ひとまず僕ら3人のインタビューを一周した感じなので、これから僕ら以外の人へのインタビューなんかもやってみたいなと思います。
個人的には市村名義の記事が少ないので頑張らないとヤバいですな。。。
次号も是非よろしくお願いします!
編集長・市村

+++++++++++++++++++++++

■アンケート

1.今回面白かった記事を教えてください

(   )(   )(   )

2.今後取り上げて欲しいこと、書いて欲しいことを教えてください

(                         )

3.その他

(                         )

●アンケートの回答はこちらのメールまで!
lhfpod@yahoo.co.jp

+++++++++++++++++++++++

●市村・てってのラジオ
「LHFポッド"TAKEOUT"」
http://left-hand-flemings.seesaa.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
□ 発行元:一万字メルマガ
□ お問い合わせ先:lhfpod@yahoo.co.jp

■ Twitter
市村 @ichimura_LHF
てって @tete_LHF
ハヤト @haccyo18
 
メルマガの解除はコチラから
http://www.mag2.com/m/0001626561.html 

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

一万字メルマガ

RSSを登録する
発行周期 月1~2回
最新号 2014/07/21
部数 17部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング