バートランド・ラッセルの言葉366

n.1180 ラッセル『権力』(Power, 1938) 第8章 経済力(経済的な権力) n.1


カテゴリー: 2017年08月31日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」
      n.1180 (2017年08月31日/ 木曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 公式メールマガジン: http://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: http://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: http://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             http://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: http://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: http://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作
  からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'
  に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
  読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありま
  したら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるい
      は,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由で
      ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックした
      アマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品
      のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入
      入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.)
      収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッ
      セル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『権力』(Power, 1938) 第8章 経済力(経済的な権力) n.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 第8章 経済力(経済的な権力) n.1

 経済力(経済的権力)は,軍事力(軍事的権力)の場合と違って,主要なもの(第
一義的なもの)ではなく,派生的なもの(権力)である。一国家内においては,経済
力は法律に依存している。国際的な商取引においては(注:international dealings
 東宮氏は「国際間の交渉」と誤訳),経済力が法律に依存するのは小さな問題につい
てのみであり,大きな問題に巻き込まれた場合には,経済力は戦争あるいは戦争の脅
威に依存する(ことになる)。経済力を,何の分析もしないでそのまま受け入れるの
が慣例になってきたが,このことは,現代において,歴史を因果的に解釈する場合,
戦争や(政治的)宜伝カと対立したものとして,経済の不当な強調へと導いてきた。
 労働(自体)のもつ経済力は別として,他のすべての経済力は,どこまでも分析し
てゆくと,誰が一定の土地に立ってそこにものを持ち込み,そこからものを取り出し
て良いかということを,必要とあれば武力(軍事力)を用いてでも,決定することの
できることにある。(注:消費財の生産・売買に関する限りの話。現代においては,
土地を所有しなくても,サイバー空間でソフトウェアという「もの」をつくったり,
それらを売買することによって,経済力を持つことができるようになっており,事情
が異なってきている。) このことは,若干の事例においては,明らかである。南ペ
ルシャの石油が,英国ペルシア石油株式会社(注:Anglo Persian Oil Company/現
在のBP:British Petroleum(英国石油))の所有物になっているのは,英国政府
が,同会社以外のいかなるものもこれに近づいてはならないと,法令で布告したから
であり,英国政府は,今日まで,その意志を強いるに十分なほど力が強いままであっ
たからである。(つまり)仮に,大英帝国が重大な戦争で敗北すれば,(油田の)所有
権は多分変わるであろう。(南アフリカの)ローデシアの金鉱が若干の金持のものとな
っているのほ,英国の民主政治(British democracy 民主政体)がこれらの金持をロ
ーベングラとの戦い(注:Lobengula はマタベレランドに勢力を持つンデベレ族の王)
に行かせることによって裕福にさせることはやってみるだけの価値があると考えたか
らである(詳細はローデシアの歴史参照 https://www.kaho.biz/rhodesia/a.html)。
アメリカ合衆国の石油が若干の会社の所有物になっているのも,これらの会社が石油
に対する法律上の権利をもっているからであり,米国の軍事力(軍隊)がこの法律を
強制するために控えているからである。もともとこの石油地帯はアメリカインディア
ンに属していたが,インディアンに法律上の権利がないのは,彼らが(米国へやって
きた移民との)戦争に敗けたからである。ロレーヌの鉄鉱石が,,最近の戦いで勝利
することによって,フランスあるいはドイツの独仏いずれかの所有物となる(なっ
ている)。その他,いろいろ。

Chapter VIII: Economic Power, n.1

Economic power, unlike military power, is not primary, but derivative. 
Within one State, it depends on law; in international dealings it is only 
on minor issues that it depends on law, but when large issues are involved 
it depends upon war or the threat of war. It has been customary to accept 
economic power without analysis, and this has led, in modern times, to an 
undue emphasis upon economics, as opposed to war and propaganda, in the 
causal interpretation of history.
Apart from the economic power of labour, all other economic power, in its 
ultimate analysis, consists in being able to decide, by the use of armed 
force if necessary, who shall be allowed to stand upon a given piece of land
 and to put things into it and take things from it. In some cases this is 
obvious. The oil of Southern Persia belongs to the Anglo Persian Oil 
Company, because the British Government has decreed that no one else shall
 have access to it, and has hitherto been strong enough to enforce its will;
 but if Great Britain were defeated in a serious war, the ownership would 
probably change. Rhodesian goldfields belong to certain rich men because the
 British democracy thought it worth while to make these men rich by going to
 war with Lobengula. The oil of the United States belongs to certain 
companies because they have a legal title to it, and the armed forces of 
the United States are prepared to enforce the law; the Indians, to whom the
 oil regions originally belonged, have no legal title, because they were 
defeated in war. The iron ore of Lorraine belongs to the citizens of France
 or Germany according to which has been victor in the most recent war 
between those two countries. And so on.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/POWER08_010.HTM

====================================

<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&index=aps&keywords=%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89366&linkCode=ur2&tag=russellj-22">「ラッセルの言葉366」</a><img src="https://ir-jp.amazo
-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />好評発売中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2017/11/18
部数 66部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2017/11/18
部数 66部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング