「BtoBマーケティング」~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~

5日目「BtoBマーケティング」~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~


☆★☆――――――――――――――――――――――――

「BtoBマーケティング」
~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~

――――――――――――――――――――――――5日目

【5日目】
これまでBtoBマーケティングの特性と課題について
述べてきましたが、そのポイントはフォーカスする事に
あると言いました。
本日はBtoBマーケティングにおいてフォーカスする
意味合いとその着眼点について触れていきます。

その前に

マーケティングとはどのような事か?原点に戻って
みましょう。

私は、
「マーケティングとは、顧客に自社の商品やサービス
を買いたい!と動機付けするための全ての企業活動」と
定義付けています。

そして、その成功ポイントは大きく3点あると考えて
います。

==================================================================
(1)自社の「顧客」を明確にする
==================================================================
企業は欲張りなもので「全ての女性のために」とか
「全国の中小企業」のようにターゲットを広く設定して
いることが多くみられます。
ターゲットを広く設定すると売上が増加するような気が
しますが、競争環境が激しいモノ余り時代においては、
反対に顧客の心に響くインパクトのある訴求ができなく
なることがあります。
自社が提供する商品やサービスを使っていただきたいと
考えるターゲットをより具体的に、そして明確に定める
必要があります。

==================================================================
(2)顧客の使用状況における「ニーズ」を明確にする
==================================================================
商品の提供側では機能面や品質面の説明に終始して
しまう傾向にあります。ところが顧客の関心はその商品
によってどのような良いことが得られるのか
「具体的なベネフィット」のみに関心があります。
ベネフィットをどれだけ有難いと感じるかは、顧客の
困り度合、欲求度合によります。
顧客が潜在的に 感じているニーズを明確に絞り込む
必要があります。

==================================================================
(3)顧客から見た競合商品との「違い」を明確にする
==================================================================
多くの商品カテゴリーにおいて、コモディティ化が進展
している現代においては、顧客の側からみた商品の
違いを明確にしなければ、自社の商品を選択して
いただくことは困難です。機能や品質だけではない顧客
が感じる「違い」を明確にして絞り込む必要があります。

いかがでしょうか?
マーケティングのポイントを整理してみると、おのずと、
顧客の状況を俯瞰的に捉え、多くの可能性・選択肢を
仮説として設定し、その中から最も大きな成果を
もたらすものにフォーカスしていくことの重要性が
浮かび上がってきます。

==================================================================
フォーカスすることの重要性
==================================================================
組織が大きくなればなるほど、この事業もやりたい、
あの事業も魅力的だと拡張していく傾向がみられます。
事業開始当初は非常に尖ったコンセプトで展開していた
のが、ブランド力を過信するあまり、脈絡のない関連性
の薄い分野に分散してしまい、本来事業のコンセプトが
不明瞭になってしまいます。
BtoB企業では、特に1社1案件あたりの受注金額が
大きいので、1案件決まってしまうと、それが当初の
方向と異なっていても、その特定1社の意向に沿う
ように行動してしまうことがあります。
事業を巡る経営環境の変化をしっかりと読み取り、
自社の強みがしっかりと活かせる分野に絞り込んだ活動
に重点を置いていくことが必要なのです。

ではどのようにフォーカスする分野を選定していけば
いいのでしょうか?

==================================================================
強みにFocusしたマーケティング展開
==================================================================
先程マーケティングの定義と重要なポイントについて
述べましたが、マーケティングではビジネスを展開
する顧客と、そのニーズに着目することが、その根底に
あります。
ですので、まずは自社が何故、顧客から選ばれている
のか?そこからフォーカスする分野を見極めていきます。

==================================================================
(1)自社の強みと弱みを顧客視点で抽出する
==================================================================
これまでのビジネスにおいて自社から商品・サービスを
購入してくれた顧客が、何故自社から購入してくれた
のか?競合する企業ではなく、自社を選んでいただけ
たか、ということには何らかの理由・要因があるはず
です。
それを具体的な企業、ケースに当てはめて振り返る
ことを出発点とします。
「価格が安いから」「品質が良いから」「機能が豊富
だったから」などが直感的に浮かんでくると思います。
もちろん直感は大切ですので良いのですが、強みを
抽出するのには、もう一歩踏み込んで考えることが
必要です。その事からどのような良いコトを顧客に
もたらしたのか?どのようなベネフィットを提供
できたのか?と考えていきます。
「価格が安いから」ということから顧客はどのような
ベネフィットを得ることができたのでしょうか?
「最終製品の価格を値下げする事ができ競争力を
つけることができた」ということです。
また「品質が良いから」ということから顧客製品に
どのような付加価値を付けることができたのでしょうか。
ということです。自社を選択いただいた理由を
顧客の立場で、ベネフィットベースで探索していきます。

==================================================================
(2)強み、弱みをQCDで整理する
==================================================================
抽出した「強み」をQCDで整理します。
Qはクオリティです。
顧客の製品の品質を向上させるために貢献した自社の
「強み」は何であるのか?ということです。
同様にCはコスト、Dは納品(デリバリー)です。
顧客のコスト削減にどう貢献したのか、納期短縮や
安定にどのように貢献したのか、という視点で
ベネフィットを整理していきます。
例えば「従来品よりも小さい部品を顧客に提供できる」
というベネフィットは、最終商品の軽量化という
品質向上に貢献しますし、「加工処理が不要な部品は
組立工数を削減することができる」というのは
コスト削減に貢献します。

==================================================================
(3)強みをもたらす経営資源を関連づける
==================================================================
自社の選択理由を顧客ベネフィットの視点で、
顧客の視点でQCDに整理した後は、それをもたらす
経営資源を明らかにしておきます。
例えば「自社独自の技術○○」によって「加工処理を
不要にする」というように、強みをもたらす源泉を
明確にしておくということです。
「自社の物流システム」によって「納期短縮」を
もたらすということです。
強みをもたらす経営資源を関連づけることによって、
逆に経営資源からベネフィットを想定することも
できます。
企業でマーケティング研修やワークショップで、
「あなたの企業の強みは何ですか」と伺うと、
決まって「品質の高さ」や「顧客からの信頼感」
といった答えが多く聞かれます。間違えではないですが
自社にしか提供できないベネフィットを検討
していくのには充分ではありません。
「品質が高い」ということは強みをもたらす要因で
あって、そのことによって顧客に対して、どのような
ベネフィットを提供できるのか?またそのさらに要因
として、どのような経営資源が源泉としてあるのか。
両面を明確にすることが重要なプロセスとなります。

以上のプロセスを経て自社の強みを明確にしておく
ことが、Focusすることの出発点という認識を持って
ください。

次回は強みにFocusしたマーケティング(特に商品企画)
プロセスについてお話していきたいと考えております。

お楽しみにしてください。

☆発行責任者:蛭川速
☆問い合わせ:hirukawa@focusmarketing.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001616223.html

BtoBマーケティング実態調査については、
BtoBコンソーシアムHPまで:http://b2b.biz21.jp/

オフィスクリエイティブズ:http://office-creatives.jimdo.com/
フォーカスマーケティング:http://www.focusmarketing.co.jp/

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング