「ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40」メルマガ★おしゃべり詰め合わせ

<地震の備え(2) 人間編>


カテゴリー: 2017年04月12日
 どうする?Over40★おしゃべり詰め合わせ          2017年4月12日号
 
 
                                    
             http://dosuru40.com/              
        Facebook  ◇ http://www.facebook.com/dosuru40       
□■――――――――――――――――――――――――――――――――■□

こんにちは!カリーナです。前号にひきつづき、熊本地震を体験した「平島さん
に地震について尋ねる」メルマガをお届けします。

今回は、「これがあれば!と思ったものは何?」「家具の転倒予防は意味があ
る?」「手回し式の乾電池って役立つ?」「人間のトイレはどうした?」「ベ
ッドまわりに準備しておくものは?」などなど、わたしたちが日ごろから疑問に
思っているあれこれを質問しています。

すべて具体的かつ詳細に答えてくださっているので、わたしは、「役に立ったも
の」の部分をプリントアウトしました)。なかには「使っていません」「不可能
だと思います」ときっぱり答えてくださっている箇所もあり、そんなところにも
とても説得力があります。

まとめとして最後に今の気持ちを書いていただきました。地震という圧倒的な現
実に巻き込まれたとき、それが圧倒的であるがゆえに希薄になる現実感と疲労と
恐怖と感謝…それらが混然となる様子がヒリヒリと伝わってきます。

では「地震の備え(2) 人間編」。最後までゆっくりとお読みください。

               ┌┐┌┐
               └■└■


【質問】地震の影響が続いている中で、役に立ったもの、欲しいと強く思ったも
のは何でしたか?(ミカス)


【平島】
役に立ったものは、水タンク、大量の空きペットボトル、携帯電話、その充電バ
ッテリー、洗濯ネット(猫用)、体を拭くシート、ウエットティッシュ・割り箸、
ラップ…ほかにもいろいろあるはずなのですが…。

以下、車に入れていたものを書き出してみますね。

・布団・袋に入れることができるダウン(寒い時期だったので就寝時に着用)・
クッション・外履き用のスリッパ(ずっとスニーカーでは不便できつい)・水
(2Lペットボトルを常時5本)・透明の使い捨てコップ(紙より透明)・紙皿・
小さな肩手鍋・卓上コンロとそのガス・簡易トイレ・ペーパータオル・トイレッ
トペーパー・いろんなサイズのビニール袋・折りたたみ傘・ラーメンやお菓子や
缶詰などの食料品・新品のTシャツと新品の下着(開いていたコンビニで購入・
新品は、使って!と人にあげやすい)着替え・猫のトイレ&ごはん・ネコ砂。

簡易トイレは、地震後にマンションの管理事務所が配布してくれました。その他、
500ミリのお水や乾パンも。

つねに持ち歩いていたもの(ナイロンの機能性バッグ2つに入れていました。2つ
をクロスさせて肌身離さずに持っていました)は、以下。

貴重品(通帳や印鑑なども)・現金(5万円ほど。やっと見つけた開いている
スーパーでカードは使えなかった)薬・充電器・携帯・生理ナプキン・使い捨て
コンタクト・ティッシュ・ウエットティッシュ・ハンカチタオルなど。

機能性バッグを使ったことがあまりなかったのですが、地震で使ってみてとても
便利だと思いました。チャックや小分けがたくさんあるやつです。うちはオット
のバッグで、肩ひもも太くラクで本当に助かった。
※ブリーフィングのバッグ(音が出ます) http://www.briefing-usa.com/

つくづく思っていたのは「革のブランドバッグはなんの役にも立たん!」でした。
いまは可愛くていいなーと思う気持ちに戻りはしましたが、本当に心底役に立た
ん、と思ってました。


【質問】家族との連絡はどうしましたか?ここで落ち合おうと決めてましたか。
(プリ子)


【平島】決めましたよ、集合場所。でもそのときに、それぞれがどこにいるかに
よって決めた場所へ行くのが困難な場合もあるよね…と話しています。

車は渋滞しますし、車がそもそも使えるかもわからないので。今回の熊本地震で
は携帯電話は大いに活躍し、人々を助けました。電話はつながらなかったですが
LINEがつながったのも大きいです。

お店のお客さまで阪神淡路大震災を経験され、東北の地震も熊本の地震も経験さ
れた方がいらっしゃいました。阪神のときは携帯なんて普及していなくて10円玉
を握りしめて列に並んでやっと親戚ひとりに連絡して「とにかく生きてるから、
また連絡するからみんなに回して」と伝えるのが精一杯だったと。「また連絡す
る」といっても1週間~10日後にしか公衆電話も使えず本当に孤独を感じたとお
っしゃっていました。

それに比べると携帯のおかげで情報が入り、孤独も感じにくい時代になったんだ
と思いました。ただ携帯を使わない世代の方はまた違います。


【質問】家具の固定は意味があるんでしょうか。手回しラジオや手回し懐中電灯
は、使いましたか?(プリ子)


【平島】家具の固定はしていたほうがいいのでしょう。が、今回の地震で固定し
ていてもまったく意味がなかったとも聞きました。

たとえば食器棚。天井と棚とをつっぱり棒で固定するとしても揺れでスコンと抜
けた家庭が多かったようです。また壁と棚を太い専用紐で斜めに吊って固定する
のも意味がないところがあったようです。

こんな言い方をしては身もふたもないのですが、わたしは、もう「運」だと思い
ます。わが家は食器棚は倒れませんでしたが、中で食器の雪崩はおきてました。

背の高い洋服ダンスは10センチほど前と横にズレました。同じ部屋にある背の低
い方は、見事に倒れました。背が高いから倒れる、低いから大丈夫、開き戸だか
ら開いて中のものが出る、引き戸だから大丈夫なんてのは、ほんとないと思いま
した。

倒れるものは倒れ、出るものは出る。

縦揺れか、横揺れか、どの方向の揺れかで変わるので、その地震が来てみないと
わからない、完璧に予防するなんてことはありえないと思います。

飲食店の多い街中のビルでは東側に瓶を並べていたお店はすべて落ちてしまい、
北側に並べて置いていた飲食店は落ちなかったという具合です。しかも同じビル
の同じ階でそれだけの違いがあるのです(東・北は例です)。

手回しラジオ・手回し充電。どちらも持っていましたがまったく使いませんでし
た。携帯が使えたことと、わが家は電気の復旧だけは早かったので。自宅にいた
昼間は灯りはいらなかったし、TVで情報を得ていました。夜は車中で過ごしまし
たが街灯や車の灯りがありあました。車内ではナビのTVから情報を得てました。


【質問】人間のトイレが心配です。水が出なくなった場合、どうしたらよいので
しょうか。(ミキティ)


【平島】トイレ、ほんとに大問題です。わたしの家は電気は復旧が早かったもの
のガスは15日、水道の復旧には18日かかりました。ただ、トイレは壊れていなか
ったので用を足すことはできました。

その都度、流すのではなく数回ごとに、お風呂からバケツでくんだものを勢いよ
く流していました(お水は他方からかき集める日々)。わが家のトイレが、たま
たまその方法が可能なタイプだったようで、お店のお客さまのトイレは最新?だ
ったらしく、その方法では流せなかったと聞きました。

夜間は、自宅マンションの近くで車中泊をしていたので管理事務所横のトイレを
使っていました。少し離れた自宅まで行くのはとても怖くて。なにせ人のいない
ゴーストマンション状態で、誰がどこに隠れているかもわかりません。犯罪の話
もよく耳にしていましたので、とても注意していました。

管理事務所のトイレはなぜかお水が出ました。このように同じ敷地内でも差があ
り、水道管が壊れた、壊れていないなどさまざまでした。先に書いたように簡易
トイレセットを管理事務所からもらいましたが使わずじまいです。今は、緊急用
にと車に積んであります。


【質問】寝室のベット周りに常備しておいた方がよいものは?(ミキティ)


【平島】地震前にベッドのまわりに用意していたものはないですが、車中泊を卒
業して自宅に戻ってから常に準備していたものは以下です。

・スリッパ・先に書いた機能性バッグ2つの貴重品・メガネ(これがないと生き
ていけないのでケースに入れて一番近い枕元置いていました、そして今も)・す
ぐ着替えられるように洋服・携帯電話・満タンにしている携帯の充電機・懐中電
灯。

本当に余震が多く、余震に耐え続けている自宅がいつ壊れるかわからない恐怖が
ありました。

いつ車中泊をしてもいいように、いつ車中生活になってもいいように地震後、2
~3ヵ月は先に書いたものを常に準備していました。自宅でも機能性バッグに貴
重品を入れたまま自宅内を持ち歩く感じでした。熊本では、今もお水や簡易トイ
レだけは車に用意している人が多いと思います。


【質問】震災後の復興は進んでいますか。ここ鳥取でもなかなか追いつかず、ま
だ実家はお風呂は入れません(修理の手が足らないのです)。人口の少ないこちら
でも時間がかかっているのに熊本はまだまだだろうなと思います。(権太)


【平島】修理の手が足らないのはよくわかります。間もなく地震から1年ですが、
手つかずのところは本当にそのまんま。つぶれてしまった家屋もそのまま。もち
ろんそこに人は住んでいないので時が止まったままです。

それは地震のひどかった南阿蘇や益城町に限ったことではなくてわたしの住んで
いる街(熊本市内でいわゆる街中)でも今もそうです。震源地のあたりはつぶれ
たり傾いた家屋がもちろん多いのですが、そうではない場所でも同じような家屋
はたくさんあります。

地震の通り道だったところは広範囲で、その範囲にあった家は傾くかつぶれ、
「危険」を示す赤紙か「注意」を示す黄色の紙が貼られています。「注意」の紙
が貼られたまま住んでいる方も多いです。

先日も、建設関係の友人は去年の地震以降まったくといっていいほど休みがない
し、人が足りないと言っていました。今後もそれは続くそうです。

瓦の修理なども材料が高騰して普段の10倍~20倍で請け負うしかないとか。いろ
んな詐欺の話も本当によく聞きました。契約のために手付金を〇百万取っていな
くなる詐欺集団が全国から来ているとか…。本当にいろいろな話を聞きました。


              ★今、思うこと★


「備えること」をまるでしていなかった平島家でした。お水はとにかく集めまし
た。お友だちが分けてくれたり、お客さまが送ってくださったり、市役所に並ん
だりしました。

スーパーの前で配給をいただくのも初めてでした。こんなことが自分の身に起こ
るなんて…と思いながらお水の配給も並びました。市のお水の配給は3日目くら
いには始まったように思います(気がつかなかっただけでもっと早いかも)。

スーパーもコンビニも全部閉まっているので新しい食べものは無いのですが、
電気が大丈夫だったのでご飯を炊きラップでおにぎりを作って食べていました。
大量に作り、仕事をしている友人や親類に車で配りました。(わたしはお店を閉
めていたので)。あ!ガソリンはすぐに満タンにしました、これもとても大事だ
った!

(おにぎりを配ると)「わざわざありがとう」とよく言われましたが、わたしは
それが使命感となって強い余震のなか、ひとり自宅で過ごす昼間に気が紛れたの
です。互いが役目を果たしながら過ごした感じがします。

冷蔵庫(電気が大丈夫だから)にあるものを少しづつ食べていましたが、お水が
ないので調理はほぼできない。そのうち、被害の少なかった地域のスーパーが開
くという情報が入ったので買いにいきましたが、もう買うものがない、というか
わずかに残っていてもお水のないわが家が買えるものがない。野菜も果物も洗え
ないから買えない。買って役にたったのはパンとお菓子、ジュース、ふりかけ、
インスタントのお味噌汁やスープでした。

袋入りのラーメンを買いましたが、貴重なお水で油のある鍋や丼を洗うことはで
きず、結局水道が通ってから食べはじめました。今となってはガスとお水が通る
までの18日間、なにを食べていたのかな。あ、ありがたいことにいただき物が多
かったです。本当に感謝。

1年が経とうとしている今、ランニング中に熊本城や倒壊した家屋を目にしては
「これは熊本だろうか?現実?」と思います。もちろん現実だとわかっています
が不思議な感覚になります。通行止めの道路がすぐ近所にあり、いつも渋滞して
います。元の道に戻るのにはまだまだ時間がかかりそうです。

先日、益城町を通りました。倒壊したままの家屋、はたまた家があっただろう場
所が更地になっています。この差はその場所に住んでいた住人の懐具合によるも
ののようです。懐具合・・ほんと格差というか、そういうものを、ここでもとて
も感じもどかしくなります。

今回、みなさんに御質問をいただいてあの時を思い出し、考える機会になりまし
た。東日本大震災から6年というタイミングに…。東日本大震災についての番組
もここ最近よく観ました。あのとき、わたしはその光景に目を疑いながらも遠い
地の出来事だと感じていたのだと思います。

「なにかできないか、なにかあるはず」と思っても具体的にその「なにか」を行
動に移したわけではありませんでした。

熊本地震で驚いたことのひとつが「地震を経験した方々の具体的な行動」でした。
ツイッターの皆さん、オバフォーの皆さん、1度だけお土産にと買ってくださっ
たお名前もわからないお客さまなど多くの方々が支援してくださいました。お水
や食料がお店に届いたり猫ちゃんにご飯でもとWAONカードが届いたりしました。

これには本当に本当に驚きました。震えるほどに感謝しました。なにかお返しを
しなければと思ったとき「その気持ちは、起こって欲しくはないけれど起こって
しまったときに別の困っている方へ」と言われたことがずっと胸にあります。

次、いや次があってほしくは無いけれど、経験したからこそできることがあると
今は強く思います。


               ┌┐┌┐
               └■└■


震災後に平島さんとは何度かツイッターを通じてやりとりしましたが、「ああ、
こんなふうにして過ごしていたんだ!」「このときに、あんな返事をくださった
のだ!」と改めて思い、ずいぶんとたくさんの「ありがとう」を言わせてしまっ
たと思いました。それどころじゃなかったのになあ。みかさん、ありがとう。

そして、今回、一つひとつの質問に心をくだいて丁寧に答えてくださって本当に
ありがとうございました。つらかった経験を思い出し、「経験したからこそでき
る」アドバイスを惜しげもなく与えてくださって心から感謝します。

みなさん、いかがでしたでしょうか。読者のみなさんのなかにも、さまざまな被
災体験のある方がいらっしゃることと思います。「経験したからこそ」の体験談
をぜひお寄せください。感想やメッセージ、質問などもお待ちしています。今の
お気持ちをぶつけてくださってもかまいません。お待ちしています。

次回のメルマガで掲載させていただきますので、ハンドルネームも書いてくださ
いね。

          メールはこちらまで→→→ http://form1.fc2.com/form/?id=889434

こちらもご覧ください。
★平島さんのお店「月まち」:http://www.tsukimachi.net/
★オバフォーでこんな企画をしました。
 これを機に熊本・月まちさんの器を買ってみませんか(略して「これきに」)
 (コメント欄に「器が届いた。うれしい!」の写真と声がたくさん)
 http://dosuru40.com/bessatsu/41350/


               ┌┐┌┐
               └■└■
┌┐
└■ 募集しています!

毎日掲載の「カレー記念日」。カレー短歌、お待ちしています!
→  http://dosuru40.com/category/curry-kinenbi/

┌┐
└■先週・今週の「どうする?Over40」
読み逃した記事はありませんか。こちらから、どうぞ♪
 
■カリーナからのお知らせです。「今週のどうする?Over40」
http://dosuru40.com/bessatsu/48193/
「友だちにならなさそうな人たち」と、めいめい花をめでる幸せ。

■月亭つまみの「帰ってきたゾロメ女の逆襲」
 http://dosuru40.com/zorome-comeback/47970/
ゾロメ日記 No.68 極私的 危機感やあたりまえ考 

■まゆぽさんの「あの頃アーカイブ」麦茶の味が蘇ってきます。
 http://dosuru40.com/ciritoria-archive/48113/
 エピソード10★大きな店から小さな店へ。

■ミカスの今日の料理・昨日の料理 ニーナさんの料理のまあ、美味しそうなこと!
http://dosuru40.com/mikas-cooking/48205/
ミカス、カナダへ飛ぶ : ニーナの晩餐

■【おしゃれ会議室】「特別編集 眉毛に取り組む」気持ちを伝えるって大事カモ 
http://dosuru40.com/fashionable-meeting-room/eyebrows/48132/
わたしもアナスタシア、行きました!美容院と同じで方向性を考えて行ったほう
がいいのかも。(プリ子)

■「いどばた」眠い時、どうしてますか?皆様、どうしてますか~(笑)
http://dosuru40.com/concierge-san/48006/
今週は爽子ママがお待ちしてますです。おしゃべりに来てくださいねー♪

■れこさんの「着まわせ!れこコレ」れこさん。通販。。止められないよね。
http://dosuru40.com/reco-fashion-collection/48118/
れこコレ春のハン省祭り

■植松さんの「50代、男のメガネは…」。心がほっこり。
http://dosuru40.com/glasses-of-50sman/48079/
おしゃれで、気さくな、関西人。

■買い物の参考になると人気の「これ買った!」。今回はCometさん♪
http://dosuru40.com/korekatta/48046/
花粉症に効くマスク、買った!



*========*========*=======*=======*=======*=======*
★ご感想やご意見、なんでもお気軽に
http://form1.fc2.com/form/?id=889434 までメールをお送りください。
*========*========*=======*=======*=======*=======*
★「メルマガ★おしゃべり詰め合わせ」は、
『まぐまぐ!』から配信しています。 http://www.mag2.com/
配信中止はこちらからどうぞ http://www.mag2.com/m/0001603861.html
*========*========*=======*=======*=======*=======*
★そのほか各種お問合せは、
題名を「メルマガ」として
http://form1.fc2.com/form/?id=889434 までメールをお送りください。
****************************************
 
★「どうする?Over40★おしゃべり詰め合わせ」は、
「ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40」http://dosuru40.com/
が運営しています。無断転載は、ご遠慮ください。
ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40. All Rights Reserved.

ついでに読みたい

「ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40」メルマガ★おしゃべり詰め合わせ

RSSを登録する
発行周期 不定期発行です。
最新号 2017/04/12
部数 840部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング