モテスクールの恋愛ゼミナール

モテスクールの恋愛ゼミナール 第22号


カテゴリー: 2013年09月29日
モテスクールの恋愛ゼミナール 第22号
1. 恋愛ゼミナール「引き際戦略」
2. 恋愛小ネタ「キス中毒」
3. Q&A「メールやラインの返信が・・」


こんにちは。
お久しぶりです。
体調を悪くしてしばらく書けませんでした。
サイトも更新がとまってます。。
みなさんも体調管理にはきをつけてくださいね。

---
1. 恋愛ゼミナール「引き際戦略」

異性を追うときには、どうしても引かざるをえないこともあります。
しつこく誘い続ければ、無視されるだけだったらいいのですが、
最悪の場合ストーカーまがいの扱いを受けることになります。

かと言って、すぐに諦めてしまうと、
逆にチャンスを逃すはめになってしまうかもしれません。
はたして、どのようなときが狙い目で、どのような場合が引き際なんでしょうか。

1.出会って最初にした連絡が返ってこない。
合コンなりパーティーなりで交換したメアドやLINEで最初の「今日はありがとう」とか、
またはそれには返ってきたが、その次からは返ってこないケースです。
これは、あきらめたほうが良さそうです。

その時に、ものすごく盛り上がっていたとしても、
相手がノリノリだったとしても、こういう時はダメな確率が高いです。
その時はしつこく連絡するのは避けましょう。

完全にタイプじゃなかったか、彼氏がいるかのどちらかのケースが高いと思います。
後者の場合だったら状況がかわるかもしれません。
ですので、1ヶ月くらい寝かしておいて思い出した時に
再チャレンジするのはいいと思います。
それでもダメだったら時間の無駄なのでほかの案件を発掘しましょう。

2.雑談は応じるけどデートには応じないケース

これは相手がこちらを恋愛対象とするか迷っているか、
他に同時並行の異性がいる可能性が高いです。
ですので、最終的にデートに応じる可能性も十分にあります。

このケースはとにかく定期的に連絡をとりながら、
たまにデートを誘うというのを根気よく続けてください。

相手が若いと全く意味わかんない断り方をすることがありますが、
それには動じずにさらっとながし、次の機会を狙っていきましょう。

3.一度デートした人からの連絡が途絶えるケース

これは、あなたがなんらかのエラーを犯した、
あるいは、なにかが相手の意に沿わなかった可能性が高いと考えるのが自然です。
これはケースにもよりますが、とにかく時間をおくことが重要です。
しつこくすると相手の態度を硬化させるだけになります。

ある程度時間が経つと、相手が見直すということも考えられますし、
むしろ時間を置かれることで、相手自身が不安になる、ということも考えられます。

いずれの場合にも、時間をおいたり諦めたりするには強い精神が重要です。
そのためには、常に複数の異性を同時並行ですすめながらも、
案件を常に少しでも増やすことに注力していきましょう。


---
2. 恋愛小ネタ「キス中毒」

キスをすることで脳に反応が見られます。
「エンドルフィン」や「オキシトシン」というホルモンが分泌されるそうです。
それは癒しをあたえたり、快感をあたえたりするんですね。

天然のいい意味でのドラッグともいえるかもしれません。
キス中毒になってしまっても、カップルならばラブラブになれますからね。

しばらく冷たい間柄になってしまったカップルは、
たまにキスするようにしましょうね。

---
3. Q&A
質問受付中です!

Q: メールやラインの返信がなく、どうしても気になる場合はどうすればいいですか。

A: 我慢しかありません。
少しでも気を紛らわすために別の事をしましょう。

ほかの異性に連絡する、友達に連絡する、ネットをするなどして、
なるべく何かを待っている心境から逃れられるようにしましょう。
ある程度の時間が経てば、より長い時間待つことに耐えられるようになります。

とにかく、我慢できずに連絡しつづけるのは避けましょう。
どのような理由であっても、しつこく連絡を要求することは自分の立場を悪化させます。

あるいは携帯をカバンの中とかに入れておくのもいいと思います。
目に入ると気になってしまい、ついついいじってしまうからです。

恋愛には試練がつきものです。
今が苦しい時かもしれませんが、なんとか頑張りましょう。

---
メールマガジン「モテスクールの恋愛ゼミナール」

公式サイト: http://mote-school.ip-a.net
Facebook: http://www.facebook.com/moteschool
Twitter: http://twitter.com/moteschool
質問・問い合せ: mote-school@ip-a.net
登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001600331.html

サイト・メルマガに対するご意見ご感想等ありましたら
気軽にメッセージください!

このメルマガは現在休刊中です

モテスクールの恋愛ゼミナール

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2014/05/11
部数 31部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

モテスクールの恋愛ゼミナール

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2014/05/11
部数 31部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング