F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-

【F.M.Letter No.131】


カテゴリー: 2017年11月18日
◇フード・マイレージ資料室 通信 No.131◇
 2017年11月18日(金)[和暦 神無月朔日]発行
────────────────────
◆ F.M.豆知識    避難者の推移と現状
◆ O. カレント   までいライフ
◆ ほんのさわり 守友裕一ほか『福島 農からの日本再生』
◆ 情報ひろば    ブログ更新、イベント情報等
────────────────────
 雨模様の週末となりました。初冬にしとしとと降る雨を「時雨」(しぐれ)といいます。神無月は、紅葉を染める時雨月でもあります。
 時の流れを体感するため、和暦の朔日(新月の日)と十五日(ほぼ満月の日)に配信している本メルマガ、今回は神無月朔日の配信です。先日、訪ねてきた福島・飯舘村の特集になりました。

◆ F.M.豆知識
 食や農に関連して、特に私たち消費者にちょっと役に立つ、あるいは考えるヒントになるようなデータの断片を、毎回一つずつ、コツコツと紹介していきます。

-避難者の推移と現状-

 2011年3月11日(金)14時46分に発生したマグニチュード9.0の大地震は、東北を中心に死者15,894名、行方不明者2,546人(2017年9月8日現在、警察庁)等の甚大な被害をもたらしました。
 津波や地震に加え、東京電力福島第一原子力発電所の事故により、発災直後には約47万人が避難を余儀なくされました。それから6年半が経過し、避難者数は減少しましたが、現在もまだ13万人が避難しています。
 グラフは、福島県の避難者の推移です。
 http://food-mileage.jp/wp-content/uploads/2017/11/86_hinansha.pdf
 
 これによると、2014年5月の時点では約16万9千人が避難していましたが、2017年7月には約5万7千人にまで減少しています(うち県内避難者2万2千人、県外避難者が3万6千人)。
 しかし、減少の程度は全体に比べると緩やかで、これは、原発事故による避難指示等の影響を受けているものと考えられます。

 いずれにしても、大震災から6年半以上が経過した現在においても、全体で約13万人、うち福島県だけでも6万人近くが避難生活を強いられているという現実はしっかりと胸にとどめておく必要が売あります。

 なお、東日本大震災による負傷の悪化等により避難先等で亡くなられた方(震災関連死)の数は3,591人(2017年3月31日現在)で、うち福島県が2,147人(59.8%)を占めており、さらにその90.1%(1,935人)は66歳以上の方です。

[出典等]
警察庁「平成23年(2011 年)東北地方太平洋沖地震の被害狀況上と警察措置」
 https://www.npa.go.jp/news/other/earthquake2011/pdf/higaijokyo.pdf 
復興庁「東日本大震災からの復興の状況と取組」(2017.1)
 http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat7/sub-cat7-2/201701_joukyoutotorikumi.pdf
福島県「ふくしま復興のあゆみ<第10版>」(2017年8月)
 https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/230879.pdf
復興庁「東日本大震災における震災関連死の死者数」(2017.6)
 http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat2/sub-cat2-6/20170630_kanrenshi.pdf
ウェブサイト「フード・マイレージ資料室-F.M.豆知識」
 http://food-mileage.jp/category/mame/

◆ オーシャン・カレント -潮目を変える-
 食や農の分野について先進的かつユニークな活動に取り組んでおられる方や、食や農に関わるトピックスを紹介します。

-までいライフ-

 「までい(真手)」とは、左右揃った手、両手という意味の福島県北部地方の方言です。
 例えば「食べものはまでいに(大切に)食べなさい」「子どもはまでいに(丁寧に)育てなさい」「仕事はまでいに(しっかりと)しなさい」等と使われるのだそうです。

 福島・飯館村(いいたてむら)は、2004年に策定した第5次総合振興計画書において、「手間ひまを惜しまず」「丁寧に」「時間をかけて」「じっくりと」「つつましく」暮らす“までいライフ(MADAY LIFE)" を村づくりの基本理念に位置づけました。
 これは、ふるさと・飯舘村が本来持っている歴史や風土を今一度見直し、人間本来の楽しい「暮らしぶり」や「生きざま」をつくりあげようとするものです。
 このような独自の村づくりに取り組んでいるさなか、2011年3月の福島第一原発事故により、全村避難を余儀なくされたのです。

 それから6年後の今年(2017年)3月31日、一部の区域(帰還困難区域に指定されている長泥地区)を除いて飯舘村の避難指示が解除されました。これを受けて、まだ数としては少ないものの、帰村して農業や暮らしを再開する人が徐々に増えています。その一方で、帰村政策に批判的な村民の方たちもおられるのが現状です。
 経済優先・効率優先への反省として出てきた「スローライフ」の日本版とも言える「までいライフ」に基づく飯舘村が再生していく姿を、これからも注目していきたいと思います。

[参考]
飯舘村 第5次総合振興計画書「大いなる田舎までいライフ・いいたて」
 http://www.vill.iitate.fukushima.jp/soshiki/1/39.html
ウェブサイト「フード・マイレージ資料室-オーシャン・カレント」
 http://food-mileage.jp/category/pr/

◆ ほんのさわり
 食や農の分野を中心に、考えるヒントとなるような本の「さわり」だけを紹介します。

-守友裕一、神代英昭、大谷尚之『福島-農からの日本再生:内発的地域づくりの展開』(2014/3、農山漁村文化協会)-
 http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54013207/

 代表編著者の守友裕一先生は1948年富山県生まれの農学博士。
 宇都宮大学教授等を経て、現在は福島大学特任教授として「ふくしま未来食・農教育プログラム」等に携わっておられます。

 守友先生によると、原発被害は、フローの損害、ストックの損害、社会関係資本の損害(以上は福島大・小山良太教授の整理)に加えて、循環の破壊の損害、自給(恵み、文化、豊かさ)の破壊による損害を与えたとのこと。
 そして「農業を軸として、自然と暮らしと経済の循環に目を向けていくことが、地域再生の不可欠の条件となっている」とされます。

 また、飯館村に関する章においては、もともと飯舘村では村民参加の村づくり活動が活発に行われてきたという歴史があることを紹介されています。
 そして、原発事故により役場も全ての村民も避難を余儀なくされるという非常事態下においても、全村民アンケートの実施、行政区懇談会(行政区ごとのワークショップ)の連続開催、住民主体による放射線計測等に取り組んできており、守友先生は「これまでの村民主体の村づくりの伝統が、今、この困難な局面から地域の再生を目指すなかで生かされている」と評価されています。

 さらに守友先生は、原発災害が人の心を分断する危険性を踏まえつつ、「ひとそれぞれ の生き方の選択を尊重し、それを相互に認めあって、互いに補い合いながら進んでいくと いう考え方を、原発被災地のみならず、これからの地域の再生、日本の再生に生かしていくことが重要」とされます。
 震災以前から、そして震災後も、飯舘村の方たちに寄り添ってきた守友先生ならではの言葉です。

[参考]
福島大学・ふくしま未来食・農教育プログラム
 http://shokunou.net.fukushima-u.ac.jp/
ウェブサイト「フード・マイレージ資料室-ほんのさわり」
 http://food-mileage.jp/category/br/

◆ 情報ひろば
 拙ウェブサイトやブログの更新情報、食や農に関わる各種イベントの開催情報等をお届します。

▼ 拙ブログ「新・伏臥慢録」更新情報
○ までいの里・飯舘村の今と未来(CSまちデザイン市民講座)[11/4]
 http://food-mileage.jp/2017/11/04/blog-54/

○ 映画『日本と再生』[11/5]
 http://food-mileage.jp/2017/11/05/blog-55/

○ 銀座農業コミュニティ塾[11/9]
 http://food-mileage.jp/2017/11/09/blog-56/

○ フード・マイレージ(番來舎、江戸コン総合講座)[11/17]
 http://food-mileage.jp/2017/11/17/blog-57/

▼ 筆者が参加予定または関心のあるイベント等を勝手に紹介します。
 既に満席の場合等がありますので、参加を希望される際には必ず事前に主催者等にお問い合せ下さい。

○ 大豆収穫 in 横田農場
  日時:7月2日(日)9:30~
  場所:東武東上線・小川町駅前集合(埼玉・小川町)
  主催:(有)USP研究所
  (詳細、お問合せ等↓)
   http://uspeace.jp/user_data/event.php#taikenkai

○ 脱成長ミーティング 第14回公開研究会
 日時:11月25日(土)18:00~
 場所:ピープルズ・プラン研究所(東京・文京区関口1)
 主催:脱成長ミーティング
 (詳細、お問合せ等↓)
  http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou/tuo_cheng_zhangmitingu/di14hui_kai_cui_jiang_zuo.html

○ 福島の農業の現場からー放射能汚染と向き合う
 日時:11月27日(月)18:45~21:00
 場所:光専寺本堂(東京・武蔵野市吉祥寺本町1)
 主催:フクシマを思う実行委員会
 (詳細、お問合せ等↓)
  https://www.facebook.com/events/993708017442929/

○ 宮沢賢治研究会 第296回例会
 日時:12月2日(土)13:30~16:30
 場所:氷川区民会館(東京・渋谷区東2 )
 主催:宮沢賢治研究会
 (詳細、お問合せ等↓)
  http://kenji-society-1.sakura.ne.jp/wp02/archives/2477/

────────────────────
*今号のコツコツ小咄。
「地元産って聞くと、なぜか引き付けられるのよね」
「地場(磁場)野菜だからね」

「コツコツ小咄」は拙ウェブサイトにも掲載しています。
  http://food-mileage.jp/category/iki/

* 次号No.132は、12月2日(土)[和暦 神無月十五日]の配信予定です。
 より有用な情報の発信に努めていきたいと改めて考えていますので、読者の皆さまのご意見、ご要望をお聞かせ頂ければ幸いです。

* 和暦については、高月美樹さん『和暦日々是好日』を参考にさせて頂いています。
いつもありがとうございます。
  http://www.lunaworks.jp/

* 本メルマガは個人の立場で配信しているものであり、意見や考え方は筆者の個人的なもので、全ての文責は中田個人にあります。
────────────────────
◆ F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-【ID;0001579997】 
 発行者:中田哲也
 ウェブサイト「フード・マイレージ資料室」
  http://food-mileage.jp/
 ブログ「新・伏臥慢録~フード・マイレージ資料室から~」
  http://food-mileage.jp/category/blog/
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-

RSSを登録する
発行周期 月2回(和暦の1、15日:新月とほぼ満月の日)に発行します。
最新号 2017/11/18
部数 124部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

F. M. Letter -フード・マイレージ資料室 通信-

RSSを登録する
発行周期 月2回(和暦の1、15日:新月とほぼ満月の日)に発行します。
最新号 2017/11/18
部数 124部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング