みどりの暮らしin東海

持続可能な生活を東海から


カテゴリー: 2016年11月01日
==================================================================
  …■ ・ ■ ・ ■… みどりの暮らし in 東海…■ ・ ■ ・ ■…
=== 2016.11.1 =============================================(第56号)

地域代表協議会:日本特殊陶業市民会館(金山の市民会館) 第一会議室
           (名古屋市中区金山一丁目5番1号 電話:052-331-2141)
*	会員・サポーターは傍聴可
11/12(土)
   13:30 開会、成立・進行確認など
   13:40-16:30 政策など議論
 17:00-19:00(120分)政策フォーラム
緑の党の今後の経済政策について対談(白川、長谷川羽衣子、井奥、中山)
   19:20-21:00 懇親会
   (これをもって、11月のグリーンカフェとしますから、ぜひ皆さんご参加ください)
11/13(日)
 09:00-10:50 意見交換・議論
   11:00~12:00(60分) 地元企画
      岐阜県のウラン鉱床・超深層研究・核融合研究のレクチャー
講師:井上敏夫さん(多治見を放射能から守ろう!市民の会代表)
   12:00~12:15(15分) 給食キャンペーン調査結果発表&表彰式
13:15-15:00 議論
 
━━━━━━━━━━━━━━━━≪ 目 次 ≫━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 緑の党に候補者を! 鍵は、ミニオリーブの木と三宅洋平     
■2■ 緑の経済政策、侃々がくがく    グリーンカフェ
■3■ 現代社会が突き進む先とは違う、もうひとつの未来       中の島の試み
==================================================================
■1■ 緑の党に候補者を! 鍵は、ミニオリーブの木と三宅洋平       尾形慶子
緑の党はなぜ必要か?
緑の党に何が必要か ?
候補者が必要だ!
  市民運動だけやるなら、緑の党は 要らない
  緑のライフスタイルを広めるだけなら、緑の党は要らない
  よその党を応援するなら、よその党に入党すればいい     
やるべきことは3つ
(1)	緑の党の理念を体現する最有力候補として、三宅洋平を推薦する 
(2)	統一名簿「オリーブの木」を実現する。ミニでいい。
民進党、共産党は、あまりメリットがないので消極的。生活の党、社民党と
その他の政治グループが組む「ミニオリーブの木」で十分、意味がある。
(3)当選 させられるような組織を作る。  
(4)統一名簿 「オリーブの木」とは?
        比例区を闘うために、複数の野党が一つの政治団体を結成。(公職選挙法の
規定で、10人以上の候補者が必要) 一つの名簿に、 各党の候補を並べる。   
選挙が終わったら、元の政党に戻る。国会内で会派を組んでもよし。     

共闘の動きは始まっている。緑の党の政策部・選挙対策部は、オリーブの木作りに  噛ま
なきゃいけない。パイプを作り信頼を勝ち取らなくてはならない。
2014年衆議院選挙で、もしオリーブの木を作っていたらあと3人当選できた。
         東北ブロック    南関東ブロック  東京ブロック
   生活の党   18万       17万      15万
   社民党   13万       13万      13万
   合わせれば 31万       30万      28万
      (比例区は25万票で1議席)

■2■ 10月15日のグリーンカフェ
  初めに参加者の近況報告。その後で、地域代表協議会と「ミニ・オリーブの木と三宅
 洋平」についての説明。これは、地域代表協議会で尾形さんが「三宅洋平を当選させる
3ヵ年計画」を提案する予定である。
地域代表協議会では、緑の党の今後の経済政策についての対談が予定されていて、脱
経済成長についての扱いが議論になるとのこと。これについて、侃々がくがくの議論に
なった。 
「もう経済成長は望めない。昔の夢を求めて、箱物や輸出拡大に金を突っ込もうとする
のは間違い。」というのは、皆の意見が一致するが、「脱経済成長」という言葉を使うか
否かでは意見が様々。
・	経済が衰退し、明日の生活もままならない若者たちに対して、今、「脱経済成長」と
いうのは受け入れられない。 
・	選挙のために「脱成長」をおろすのはいかがなものか?
・	脱経済成長を目指すのではなく、脱経済成長になってしまう、それを前提にどうする
かの問題提起が必要。
・	若者は絶望している。頑張れば何とかなるなんて思えない。頑張ったら殺されちゃう
じゃないですか、会社に。
その後に、なぜ20歳台に自民党支持が多いのか、とか、2025年問題が話題になる。
2025年に、団塊の世代が全員75歳を超えて、国民の5人に一人に達する。(現在の1.3
倍の2200万人)医療や介護の必要性も急増し、財政の不足から現行の社会保障制度が行き
詰まる。
・	一人暮らしの75歳以上は447万人(15年の1.4倍)
・	認知症の高齢者:462万人(12年)→700万人前後
・	社会保障給付費:148兆円(15年度の1.3倍)
政府やマスコミがあおっている、在宅介護にシフトすれば解決できるという声もあったが、
どうであろうか。
国も医療から介護へ、介護施設から在宅介護へとシフトしようとしている。しかし、在宅
介護は、家族の負担が増える。仕事と介護を両立させる仕組みづくりをしないと、介護離
職が増える。(年間約10万人)安倍政権は、「介護離職ゼロ」として、来年1月には、
社員が介護のための残業免除を請求できる制度、介護目的の短時間勤務やフレックスタイ
ム制も最大3年間使えるなどを考えている。
介護職員不足も深刻だ。そのひとつに、介護職員の待遇問題がある。全産業の平均賃金30
万4千円(月)に対し、ホームヘルパーは21万1千円、ケアマネージャー25万1千円(15
年)である。潜在介護人員に働いてもらうための最大20万円を貸し付ける制度や海外から
の人材が考えられている。
死亡者も154万人(15年の129万人)と増え、みとりの場の不足で在宅でのみとりが課題
になっている。認知症を支える仕組みづくりも必要だ。
 健康寿命の延伸と高額医療費など医療費の抑制が必要だが、財政的には、保険料の引き
上げということになる。大変な時代になると思うのだが。

■3■ 中の島の試み
島根県隠岐諸島の一つ、中の島(島根県海士町)は、アイガモ農法の無農薬米や岩ガキ
の殻と隠岐牛の堆肥を使った減農薬の「本気米」で島の再生を図っている。
きっかけは、2004年。町財政は赤字転落の崖っぷち、山内道雄町長が町長給与の30%カ
ットを宣言した。管理職、組合も続く。町長50%、議員40%、職員16~30%のカット。
 ごみ回収の有料化にも住民の反対はない
ここへやってきたのが、「巡の環」代表の阿部裕志。研修、地域づくりコンサルタント、
デザイン、特産品販売、資料館の指定管理者の合わせ技で運営している。海士MCA大学
院も考えている。MBAではない。Cはコミュニティである。その彼の言葉。

自分のやっていることが、どう自分に返ってくるのかという連鎖。海士はこのチェーン
がすごくちいちゃい。だから島全体のことが、自分ごとになりやすい。社会のことを自分
ごとにできる。自分のしたことが、社会にすぐ跳ね返る。それは巨大都市と正反対の位置
にある。正反対だからこそ、現代社会が進む先とは違う「もう一つの未来」が見えてくる。
【editor's note】
◆ 久しぶりにフィデロ・カストロが発言した。
オバマがヒロシマへの原発の謝罪をしなかったと非難したが、私はアメリカ世論のこと
を考えるとオバマは精いっぱいの発言と行動だと思っている。
◆ 自民党の二階氏が「女性尊重の時代に天皇陛下だけはそうはならんというのはおかし
い」と発言。退位問題と並んで、憲法改正問題に発展するかも知れない。前原氏が「9条も
緊急事態条項もすべて含めて、党内で議論することが大事だ」と言い、蓮舫氏は、「9条は
絶対に守る」と言う。憲法問題をどう戦うのか、我々も議論すべき時にきている。
◆ 安倍が今後3年間で官民あわせて3兆円をアフリカに投じると発表した。2050年に人
口が約25億人に増え、「最後の巨大市場」と呼ばれているが、最後のフロンティアとなる
かどうか。テロや内戦といった治安が最大の難関だ。
◆ 原発を争点にすれば、野党は自民党に勝てると小泉氏。民主党はこの声を聞いてほし
い。
◆ 松尾匡(立命館)氏の「安倍政権に勝てる経済政策」について、我々がきちんとした反論をで
きなかったことが私の中でずっと尾を引いている。(メルマガ50号参照)もう一度、脱経済成長経
済の勉強をしようと思った。ベストセラーになったピケティの「21世紀の資本」と水野和夫氏の「資
本主義の終焉と歴史の危機」を読んでみた。
しかし、彼も「その先にどのようなシステムをつくるべきなのかは、私自身にもわかりません。…
それを支える政治体制や思想、文化の明確な姿は、21世紀のホッブスヤデカルトを待たなければ
ならないでしょう」と言っている。「<脱成長>は世界を変えられるか?」の著者ラトーシュも、2013年
の来日の際、その具体的な方法を聞かれて、「それぞれの地域で考えてもらうしかない」と答えて
いる。
 それこそ、われわれ緑が考えることではないだろうか。

◆皆さんの意見をお寄せください。
・HP「緑の党・東海」のしゃべり場ページ http://greens-tokai.jp/opinion/
・メルマガ投稿先 ogata@greens-tokai.jp 
・緑の党・東海のHPはこちら http://greens-tokai.jp/
・facebook pageはこちら https://www.facebook.com/greens.tokai
・twitterはこちら   https://twitter.com/greenstokai

みどりの暮らしin東海

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/08/01
部数 67部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

みどりの暮らしin東海

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/08/01
部数 67部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング