ヨッキー牧師からのメッセージ

新宿コミュニティー教会 日曜日の礼拝メッセージから☆No.244


「太っ腹には恵みがいっぱい」(2コリントの信徒への手紙8章1〜9節)

1 兄弟たち、マケドニア州の諸教会に与えられた神の恵みについて知らせましょう。
2 彼らは苦しみによる激しい試練を受けていたのに、その満ち満ちた喜びと極度の貧しさがあふれ出て、人に惜しまず施す豊かさとなったということです。
3 わたしは証ししますが、彼らは力に応じて、また力以上に、自分から進んで、
4 聖なる者たちを助けるための慈善の業と奉仕に参加させてほしいと、しきりにわたしたちに願い出たのでした。
5 また、わたしたちの期待以上に、彼らはまず主に、次いで、神の御心にそってわたしたちにも自分自身を献げたので、
6 わたしたちはテトスに、この慈善の業をあなたがたの間で始めたからには、やり遂げるようにと勧めました。
7 あなたがたは信仰、言葉、知識、あらゆる熱心、わたしたちから受ける愛など、すべての点で豊かなのですから、この慈善の業においても豊かな者となりなさい。
8 わたしは命令としてこう言っているのではありません。他の人々の熱心に照らしてあなたがたの愛の純粋さを確かめようとして言うのです。
9 あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです。


今日のメッセージのタイトルを見て、ダイエットを即座にやめようと早とちりをしないでいただきたいと思います(笑)。

アメリカでのお話しです。ある宅配ピザ店の従業員が、ピザの注文の配達に行こうとしました。
届け先は教会でした。到着して教会に入っていくと、牧師と思しき人が出てきまして、「たいへんなことばかりでしたか?」といきなり言ったのです。
届け先で話すような内容ではありません。けれどもこの従業員はそっと頷きました。
牧師と思しき人はそれを見て、チップを持ってきました。何とそれは日本円にして8万円ほどあったというのです。
実はこの教会では、ピザを注文する時に、「経済的に一番困っている従業員に配達させてください」と頼んでいたのです。
この従業員は呆然としたのは言うまでもありません。けれどもこれで滞納していた家賃を払うことができたということです。

イスラエルに死海があります。大量の塩分が水の中に含まれていますから、たとえ泳げない人でも浮くことができるんですね。
私も死海で浮遊体験をしたことがありますが、世界中からの観光客が訪れます。死海はヨルダン川からの水が流れ込んでいますが、死海からほかのところへ流出する河川はありません。
つまりヨルダン川からどんどん水は入ってきますが、出て行くことがないのです。
水は蒸発していきますが、水が流れ出さない湖というのは「どぶ」のようなものです。水は汚れて、当然飲むことはできません。

これは誰かからもらうことばかりを考えて、誰にも与えることをしない人間の姿に似ています。
人間はため池のようではなく、絶えずきれいで新鮮な水が流れるようになっていなければなりません。
もらうことばかりを考え、与えようとしない人は、少しずつ澱んで、けがれて行きます。
自分からは何一つ流れ出していかないからです。私たちは神さまの恵みをたくさん受けています。
その恵みを溜め込んでおいて使わなければ、腐って行く一方です。
反対にどんどん外へ流して行く、他人に与えていく人は、自分自身を清く保つことができるでしょう。
私たちに与えられているすべてをこの世の中に流し出して行くのです。
私たちに与えられている力、時間、友情、愛情を惜しみなく誰かとわかちあいましょう。
うれしいことが起こったら、それを誰かとわかちあいましょう。
もし皆さんが何かを与えられたら、それをほかの誰かとわかちあいましょう。
今すぐにどんどんそれをして行かなければ私たちの心も身体も澱んでいく一方です。
きれいで新鮮な活きた水が私たちの中を流れていけばいくほど、私たちは豊かにされていくのです。

今日の聖書の箇所はパウロがコリントの教会に宛てて書かれた手紙の中に、今やパウロの伝道活動だけでなく、あらゆる慈善、募金に関して模範的になったマケドニア州の諸教会のことが最初に語られています。
なぜならパウロはこのときマケドニアの諸教会、私たちが聞いたことのあるフィリピとかテサロニケといった教会のある地方に滞在してこの手紙を書き送ったのです。

2節のところには、「激しい試練と、…極度の貧しさ」がこの教会の人々を襲っていたにもかかわらず、「人に惜しまず施す豊かさとなった」というのです。
マケドニア州は農産物や鉱産物で豊かではありましたが、ローマ帝国の支配のもとで、クリスチャンたちは貧しい人たちであったのです。
迫害されていたから貧しくなっていたということもあるでしょう。
にもかかわらず「惜しみない心」が与えられていました。なぜでしょうか? 
パウロはフィリピの信徒への手紙4章の中でもこう言っています。

フィリピの人たち、あなたがたも知っているとおり、わたしが福音の宣教の初めにマケドニア州を出たとき、もののやり取りでわたしの働きに参加した教会はあなたがたのほかに一つもありませんでした。
また、テサロニケにいたときにも、あなたがたはわたしの窮乏を救おうとして、何度も物を送ってくれました。
贈り物を当てにして言うわけではありません。むしろ、あなたがたの益となる豊かな実を望んでいるのです。(15~17節)

なぜ貧しいマケドニア州のクリスチャンたちが惜しみなくささげたのか? それを読み解く言葉は1節に戻りますが、「神の恵み」という言葉にあります。マケドニア州のクリスチャンたちが、「与えること」によって受けた神さまのお恵みについて書かれているのです。2節を読んでいて不思議だとは思いませんか。
「その満ち満ちた喜びと極度の貧しさがあふれ出て」、言い換えれば喜びと苦しみが一緒になってあふれ出ているといったようなものです。マケドニア州のクリスチャンたちは今持っているものだけでも分け与えることによって神様のお恵みがたくさん受けられることを知っていたのです。それが「満ち満ちた喜び」になっていたのです。

具体的には次の3,4節に記されています。
わたしは証ししますが、彼らは力に応じて、また力以上に、自分から進んで、 聖なる者たちを助けるための慈善の業と奉仕に参加させてほしいと、しきりにわたしたちに願い出たのでした。

「聖なる者たち」というのは、エルサレムでやはり困難な状況にあったクリスチャンたちでした。
「彼らは力に応じて、また力以上に」とは自分たちの経済力に応じて、またはそれ以上に力を注ぎたいと願ったのでした。
自分たちだってたいへんなはずです。けれどもマケドニア州のクリスチャンたちが会ったこともないエルサレムの同じクリスチャンを援けたいと願ったのです。
それはなぜなのかというと、先週お話した中で「もやい」の人たちが今教会にできることは失業者やホームレスとなった人たちに「つながり」を提供することだと言いましたけれども、マケドニア州のクリスチャンたちも与えることによって「つながり続ける」ことができるんだ、エルサレムのクリスチャンたちを孤立なんかさせるものか、という意気込みがここ箇所からうかがえるのです。

パウロだって貧しいマケドニア州の人たちから、何かをもらおうなんて思ってもいなかったでしょう。
貧しいのだから献金しなかったとしても何も非難されることなどなかったでしょう。
しかしマケドニア州の人たちはそういう中からこそ、与えることによってますます豊かにされていくのだということを知っていたのです。
先週私はある記事のなかで素敵な言葉を見つけました。それは「危機的な状況にある時にこそ、一歩前に進むのだ」という言葉です。


「備えあれば憂いなし」です。将来、私たちだって苦しいことがあった時のために、今多くのものを多くの人に与えておくべきだということです。
簡単に言うとこういうことです。皆さんが人に何かを与えていくごとに、神さまの恵みが蓄えられていくのです。
今さしずめ何か大きな問題に直面していないかもしれません。それでも与え続けるのです。
今から未来に向けて神の恵みを蓄え続けておくのです。そうすれば苦しい目に遭ったときに必ず神さまは助けてくださるのです。
もしかしたらこういう人がいるかもしれません。ひたすら与え続けているのに、ちっとも受けることがない、与えるばかりで受ける側になったことがない、という人です。
しかし、それは杞憂に終わるでしょう。
今、皆さんは神さまの恵みを蓄えている最中ですから、これから先、これまでにないような苦しみに遭った時に、それは皆さんのもとに返ってきます。

また神さまは皆さんの行いをすべてご覧になっています。たとえ誰も気がつかない小さなことであっても神さまは見ておられます。
そして私たちの苦難のときにそれを恵みのかたちで与えてくださいます。
皆さんが誰かを助けてあげたこと、微笑みかけたこと、自分を犠牲にしてささげたお金などなどすべて神さまの記憶のうちにあります。
もしかしたら私たちの心の中にもう一人の自分の声がして、「そんなことをしても無駄だ」というかもしれません。しかし神さまの力は偉大です。
皆さんが与えたものはどんなに小さなものであっても、皆さんのもとに恵みとなって戻ってきます。

最初にお話しした宅配ピザ店の従業員の話です。もう感激していろいろな人にこの神さまからの「恵み」の話をしたそうです。
そして教会の行動に倣って、教会でいただいたチップ以外のその日のチップ全額を貧しい人のために捧げたということです。
太っ腹は太っ腹を呼びます。神さまも天において微笑んでおられることでしょう。

祝福がありますように

ヨッキー牧師からのメッセージ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/09/16
部数 97部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ヨッキー牧師からのメッセージ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/09/16
部数 97部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7300人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング