ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.6-23 17.11.14


カテゴリー: 2017年11月14日
□━・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・━□ 
   A S T R O  S c i-T e c h  N E W S    
□━━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━━□ 
                           2017.11.14 VOL.6-23
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
┌                                    ┐ 
  宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
  ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
└                                    ┘
┌                                    ┐
  ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
       http://npoastro.blog.shinobi.jp/
└                                    ┘
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
 目 次   
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 

 ◆宇宙技術

  遂に日本も最先端推進技術に口火?! レーザー核融合ロケットのコアとは?!

 ◆宇宙技術

  賑わう月面探査?! インド 2度目の探査機計画 3月にも打ち上げ!!

 ◆天文科学

  太陽系外小惑星をキャッチ!! それは 天文学では 超一大事件だった?!


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


 ▼遂に日本も最先端推進技術に口火?! レーザー核融合ロケットのコアとは?!
  
  
  火星探査を越えた、深宇宙、恒星間航行までも睨むと、化学ロケットの出番はない。
  世界中では、新しい推進装置が開発される。レーザー核融合ロケットもその一つだ。
  
   - 核融合ロケットのイメージ図(東北大学) -
    http://www.ecei.tohoku.ac.jp/inuta/souzoukougaku/kodate/kodate2.htm
    核融合炉にプラズマ噴射用口を付けたイメージ
    http://www.ecei.tohoku.ac.jp/inuta/souzoukougaku/kodate/kodate2.files/image001.jpg
  
  その超最先端技術の一歩を刻む報道があった。九大がプラズマの噴射制御に成功した
  という。阪大、パデュー大、光産業創成大学院大、広大、明石高専。主に日本チームだ。
  
  レーザ核融合ロケットは、高速膨張する核融合プラズマを、強力磁場で制御し排出、
  このプラズマの排出方向を制御する事が、重要技術となる。
  
  この研究ではプラズマを制御する磁場を、4つのコイルで構成する磁気ノズルと称
  する部品で制御した。コイルに流す電流を制御し、プラズマの放出方向を制御する。
  
   - 4つのコイルを組み合わせた磁気ノズル -
    灰色の四角形(矢印付)がコイル
    http://engineer.fabcross.jp/wp-content/uploads/2017/10/20171030_2.jpg
  
  プラズマはレーザー光で生成、磁気ノズル内に放出され、強力磁場により方向制御
  されて、思う方向に出て行く。これで ロケット噴出方向を決める訳だ。
  
   - 磁場によりプラズマが押し返される(=制御された)実験の一コマ -
    http://www.optronics-media.com/wp-content/uploads/2017/10/1-107.jpg
  
   - レーザー光源として用いた 阪大 EUVデーターベース小型レーザー用真空容器 -
    http://art.aees.kyushu-u.ac.jp/research/LFR/DSCN2576.JPG
  
  
  原子力を用いた推進技術に関する研究は、日本では盛んなようだ。レーザー技術も
  先端を行くという。相乗効果で、次世代の推進技術をモノにしてもらいたい。
  
  
   - 現在のレーザー核融合ロケットのイメージ図 -
    http://engineer.fabcross.jp/wp-content/uploads/2017/10/20171030_1.jpg
  
   - こんな研究も:磁気プラズマセイルの研究概要(明石高専) -
    http://www.akashi.ac.jp/~kajimura/assets/images/ancte-image/fig1.png
  
  
  日本語情報
   https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/188
   http://news.mynavi.jp/news/2017/11/01/083/
   https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00448675
   http://www.akashi.ac.jp/~kajimura/research.html
  
  
  当該論文(Scientific Reports)link
   https://www.nature.com/articles/s41598-017-09273-3
  大学プレス pdf
   https://www.kyushu-u.ac.jp/f/31658/17_10_27%E2%91%A1.pdf
  九大 山本研究室 HP 羽田研究室 HP
   http://art.aees.kyushu-u.ac.jp/index-j.html
   http://www.esst.kyushu-u.ac.jp/~space/
  九大 有人惑星飛行を目指すレーザー核融合ロケット解説HP
   http://art.aees.kyushu-u.ac.jp/research/LFR/laser_fusion.html
  
  
  動画:NASA 熱核融合ロケットCG(3分強)
   https://youtu.be/xawFKfqiI4g
  
  動画:パルス式核融合ロケットCG(1分強)
   https://youtu.be/XBVSlMrTAq0
  
  動画:NASA 核融合ロケット研究の歴史(24分弱)
   https://youtu.be/vs3zNwXhzSA
  
  動画:光産業創成大学院大 小型レーザー核融合炉紹介(5分強)
   https://youtu.be/Ubk4unV1WG0
  

 
 ▼賑わう月面探査?! インド 2度目の探査機計画 3月にも打ち上げ!!
  
   related blog link 1, 2
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%82%E5%8F%82%E6%88%A6%20%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%BE%80%E9%82%84%E6%A9%9F%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%E7%81%AB%E6%98%9F%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E8%A1%9B%E6%98%9F%E3%81%AB%E7%B6%9A%E3%81%8D
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E7%99%BA%E5%B0%84%E3%81%AE%E7%81%AB%E6%98%9F%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E8%A1%9B%E6%98%9F%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E7%84%A1%E4%BA%8B%E3%81%AB%E7%81%AB%E6%98%9F%E5%88%B0%E7%9D%80%20%E5%91%A8%E5%9B%9E
  
  
  宇宙大国へ邁進するインドの月探査計画、来年3月にも、月探査の第2弾の打上げ
  が予定される。来年は、08年のチャンドラヤーン1号から10年目となる。
  
   - インド宇宙開発を強力にリードする ISRO chairman Alur Seelin Kiran Kumar -
    ISRO:Indian Space Research Organisation
    http://tech.firstpost.com/wp-content/uploads/2017/01/as-arun-kumar-isro.jpg
  
  チャンドラヤーン2号の最大のミッションは、1号で失敗した着陸船を無事に着陸
  させて、次のステップ 月面探査車を展開していく事だ。リベンジには熱が入る。
  
   - 月探査機チャンドラヤーン2号のイメージ図 -
    着陸船(上)と周回船(下)から成る
    http://tech.firstpost.com/wp-content/uploads/2017/05/chandrayaan-2-1.jpg
  
  6輪の月面探査車は、着陸船に搭載され、下ろされたスロープを下っていく。地球
  だと、自動車の陸送車から自動車を下ろすイメージだ。
  
  二の舞とならないソフトな着陸が絶対条件。人工クレーターや専用試験棟で、各種
  センサーチェックや高度100kmからの落下・着陸プロセスを評価している。
  
   - 着陸船と月面探査車のテスト風景 -
    http://tech.firstpost.com/wp-content/uploads/2017/05/chandrayaan-2-rover-test.jpg
  
   - テスト用に準備された人工クレーター -
    http://www.firstpost.com/tech/news-analysis/all-you-need-to-know-about-chandrayaan-2-isros-second-mission-to-the-moon-3703437.html
  
    
  インドの宇宙開発は、衰えを知らない。グーグルのXプライズにも TeamIndus が
  先陣を競っている。上手くいけば、インドローバー2台が月面を走るかもしれない。
  
   - TeamIndusのローバー -
    http://www.racingjunky.com/wp-content/uploads/2016/12/team-indus-rover-google-lunar-x-prize-1024x684.jpg
  
  
  英語情報
   https://www.nextbigfuture.com/2017/10/india-will-orbiter-and-rover-to-the-moon-in-2018.html
   http://www.nature.com/news/india-gears-up-for-second-moon-mission-1.22870
   http://www.dailymail.co.uk/indiahome/indianews/article-4967354/Private-sector-mission-new-chapter-India-space-foray.html
   http://www.firstpost.com/tech/news-analysis/all-you-need-to-know-about-chandrayaan-2-isros-second-mission-to-the-moon-3703437.html
  
  
  チャンドラヤーン1号について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%B31%E5%8F%B7
  チャンドラヤーン2号について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%B32%E5%8F%B7
  ISROの将来計画 pdf
   http://www.unoosa.org/documents/pdf/copuos/2017/copuos2017tech30E.pdf
  
  
  動画:チャンドラヤーン2号プログラムの紹介(2分半)
   https://youtu.be/81jmj0x6Haw
  
  動画:チャンドラヤーン1号のCG(2分弱)
   https://youtu.be/Gs-04UvCcfQ
  
  動画:TeamIndusのローバー開発(3分強)
   https://youtu.be/_aI8-w6AeHE
  
  動画:TeamIndusのプレゼンテーション(18分強)
   https://youtu.be/SVDrW-BofAw 
 


 ▽太陽系外小惑星をキャッチ!! それは 天文学では 超一大事件だった?!
  
  
  長い間、彗星は 太陽系内で生まれるとされてきた。惑星ができる過程で、氷と岩
  の固まりを形成、何らかの力で押し出されると予測してきたようだ。
  
  その常識が覆される観測があった。太陽系外から飛来したとされる A/2017 U1 だ。
  10月19日発見、直径数100mのこの天体は、太陽引力を振り切る速度で遠ざかる。
  
   - A/2017 U1 を捉えた映像 (Queen's University) -
    https://www.nature.com/polopoly_fs/7.47435.1509472623!/image/WEB_A.2017%20U1%20-%20AlanFitzsimmons-univbelfast.jpg_gen/derivatives/landscape_630/WEB_A.2017%20U1%20-%20AlanFitzsimmons-univbelfast.jpg
  
  太陽系の上方向から進入してきた、というのもポイントだろう。誕生したであろう、
  そのエリアには、太陽系の天体は ほぼ存在しない。
  
   - 小惑星 A/2017 U1 軌跡:太陽系を横から見たところ -
    http://www.astroarts.co.jp/article/assets/2017/10/9424_orbit2.png
  
   - 小惑星 A/2017 U1 軌跡 -
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/103100124/ph_thumb.jpg?__scale=w:500,h:281&_sh=04b0120790
    https://www.jpl.nasa.gov/images/comet/20171026/comet20171025-16.gif
  
  小惑星には符号が付けられるが、恒星間の天体については新たに、Interstellar の
  頭文字「I」が用いられる様だ。即ち A/2017 U1 から 1I/2017 U1 になる見込みだ。
   * 1I の 1 は、新発見を意味する模様
  
  加えて、‘Oumuamua という命名もされた。ハワイ語に由来、‘Ou=手を伸ばす、mua
  =最初の、という事だ。
  
  
  さらっとは こんな感じだが、発見以降、天文学会はテンヤワニヤの大騒ぎ。遠のく
  天体を観測しようと最後まで努力が続いた。約10日で70ものデータが集まった。
  
  専門家の間では、重力波観測に匹敵するという声もある。それだけ天変地異だった。
  地球から遠く問題なかったが、コースに乗っていたら、映画の騒ぎでは収まらない。
  
  
  日本語情報
   http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/103100124/
   http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9480_a2017u1
   http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9498_oumuamua
  英語情報
   https://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?feature=6983
   https://www.imo.net/a2017-u1-first-interstellar-asteroid-ever-detected/
   https://www.nature.com/news/astronomers-race-to-learn-from-first-interstellar-asteroid-ever-seen-1.22925
  当該論文(arxiv) pdf
   https://arxiv.org/pdf/1710.09977.pdf
  
  
  動画:A/2017 U1 の紹介(3分半)
   https://youtu.be/-yt1h87pxf8
  
  動画:NASA 地球近傍天体の特定手順(1分強)
   https://youtu.be/53Js-_vo3mo
  
  動画:ANN 小惑星 2014JO25 接近時のニュース(28秒)
   https://youtu.be/DHrLLsb0-9g
  
  動画:東大木曽観測所 2012 TC4 観測映像(18秒)
   https://youtu.be/Bzisa8rM85s
 

        
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
<発行にあたり> 
--------------------------------------------------------------------------- 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
〓                                     〓
 ◇ASTRO Sci-Tech NEWS         創刊;12.04.17 
 ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
     Advanced Science-Technology Research Organization 
     http://npoastro.wixsite.com/toppage
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/ (ブログ形式)
 ◇ご意見などは、こちらのアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
〓                                     〓 
 ◇お断り:本メールは、現在見切り発車中のメールマガジンです。体裁を整えて 
      週1回の発行を目指し努力しておりますが、当面は月1回+号外です。 
     :本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人 
      のコメントを付記した程度のものです。よって、紹介している情報の 
           正確性・信頼性は保証できません。これを読む各人の責任でのご利用 
      をお願いします。 
     :本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されておりま 
      す。従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する 
      全ての損害に関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00046)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00060)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    End 17.11.14 VOL.6-23 End 17.11.14 VOL.6-23 End 17.11.14 VOL.6-23 End 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/10
部数 49部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/10
部数 49部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング