ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.6-18 17.09.05


カテゴリー: 2017年09月05日
□━・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・━□ 
   A S T R O  S c i-T e c h  N E W S    
□━━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━━□ 
                           2017.9.5 VOL.6-18
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
┌                                    ┐ 
  宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
  ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
└                                    ┘
┌                                    ┐
  ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
       http://npoastro.blog.shinobi.jp/
└                                    ┘
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
 目 次   
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 

 ◆宇宙技術

  電気推進に新たな進化!! 中国がリードする開発最前線!!

 ◆最新技術

  あのデロリアンに新モデル!! 空飛ぶクルマがラインナップに?!

 ◆天文科学

  火星の最新事情!! 意外と厳しい極気候に 有人探査は耐えられるか?!


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


 ▼電気推進に新たな進化!! 中国がリードする開発最前線!!
    
  
  年々改良が進む、電気推進の分野。主には衛星用として用いられるが、推力増強が
  進行中、ロボット探査機程度なら火星への推進器の期待ができる時代になってきた。
  
  それを、中国が先鞭するかもしれない。中国東北 ハルビン工業大学 の研究成果が
  発表され話題の様だ。研究では、推力電力比が10%から63%へ大幅UPする。
  
  電気推進の一つ ホールスラスター(HS)を一歩進めた、シリンドリカルHSの改良
  技術の試算結果だ。キセノン燃料に渦回転が起こるように、噴出口を構成した。
  
   <ホールスラスターの概念図:燃料をイオン化・電界加速し噴射する>
    http://art.aees.kyushu-u.ac.jp/research/Hall/inspace/princi13.jpg
   <改良前後の燃料の流れ 右が渦回転型>
    http://aip.scitation.org/na101/home/literatum/publisher/aip/journals/content/php/2017/php.2017.24.issue-8/1.4986007/20170812/images/medium/1.4986007.figures.online.f2.jpg
  
  この渦回転の噴射方式は、燃料が不十分な状況での低出力時にも有効な設計という。
  これにより電極に近い側のガス濃度を上げ、推進性能を向上する。
  
   <米プリンストン大学での実験事例 右がシリンドリカルHC>
    http://htx.pppl.gov/Pictures/anu_cyl_op.png    
  
  この様に燃料噴射を渦回転させる方式は、自動車エンジン燃焼室にスワール(横渦)
  を発生させる先例があり、燃焼効率の向上や出力UPへ繋がっている。
  
   <自動車エンジン燃焼室でのスワロール発生の例>
    http://www.westatic.com/img/dict/dshar/E382B9E383AFE383BCE383ABE382B3E383B3E38388E383ADE383BCE383ABE38390E383ABE38396.png
  
  
  本研究では、概念的な確認に留まる。何を どのように設計すれば、最適な設計と
  なるかは、まだまだ先の技術のようだ。日本でも、更なる飛躍を望みたい。 
  
   <研究者 Liqiu Wei博士>
    https://i1.rgstatic.net/ii/profile.image/AS%3A527845107527680%401502859488120_l/Liqiu_Wei.png
  
  
  英語情報
   https://futurism.com/new-thruster-design-increases-efficiency-for-future-spaceflight/
   https://www.nextbigfuture.com/2017/08/improved-ion-thruster.html
   https://www.rdmag.com/article/2017/08/novel-thruster-design-could-enable-deeper-travel-space
  
  
  ホールスラスターについて
   http://art.aees.kyushu-u.ac.jp/research/Hall/inspace/principle.html
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF
  当該論文
   http://aip.scitation.org/doi/full/10.1063/1.4986007
  
  
  動画:ホールスラスターの原理CG(2分弱)
   https://youtu.be/TCLJe_lE58A
  
  動画:AerospaceCorp 電気推進技術の紹介(4分半)
   https://youtu.be/QXqHDDC9BVU
  
  動画:EUのホールスラスター試験風景(2分弱)
   https://youtu.be/hTlcYbIrgmQ
  
  動画:エンジン燃焼室でのスワロール発生イメージ(5秒)
   https://youtu.be/5XKdEduWt5U
  


 ▼あのデロリアンに新モデル!! 空飛ぶクルマがラインナップに?!
  
  
  デロリアンと聞いて何か思い起こせるなら、SF好きは間違いない。既に30年も
  経ってしまったが、バック トゥ ザ・フューチャー に登場するスポーツカーだ。
  
   <デロリアン:映画ではタイムマシンに改造される>
    https://img.apmcdn.org/17781e37ea54bc7161cc91effaf18ea1c3d9ff77/uncropped/6bfe54-20151020-delorean02.jpg
  
  そのデロリアン開発者の甥なる人物ポール・デロリアンが、新たなる空飛ぶクルマ
  を開発するという。浮上と推進用に、前後にダクトファン2基を備える。
  
   <ポール・デロリアン氏>
    https://img.apmcdn.org/a3d9619d10e792a26642cd498571ac01e5a0a848/uncropped/a6b1c1-20151020-delorean04.jpg
   <DR-7>
    http://www.deloreanaerospace.com/uploads/1/0/0/9/100996360/flyby3_orig.jpg
  
  まだ詳細は分からないが、全長9m、全幅5.6mもある。翼は折畳みもできる様
  なので、専用車庫を作れば、なんとか収まるかもしれない。
  
   <スケールモデル>
    https://pbs.twimg.com/media/DDZuQbnWAAACQnD.jpg
  
  全自動で、電動駆動のVTOL機というのが正確だが、航続距離は200km弱と
  いうスペックは、米国ではちょっと短い気もする。
  
  今後、1年で飛行可能なプロトタイプを仕上げ、5年程度で実用化に進めるという
  目標。織込まれる要素技術は、安全を向上する先端技術という特記がある。
  
  オスプレーの前例にもある通り、この手のVTOLは、結構 飛ばす事が難しい。
  特許にはフライトパスも描かれ、既にシミュレートされているようだ。
  
   <特許より>
    https://i0.wp.com/evtol.news/wp-content/uploads/2017/06/DeLorean-patent-fig2.jpg
   
  
  空飛ぶクルマの申し子とも言えるデロリアン未来版、期待が募るばかりではあるが、
  早く実機を造って 期待に応えてもらいたい。後1年、待ち遠しい。
  
  
  日本語情報
   http://jp.autoblog.com/2017/08/15/delorean-dr-7-to-the-future/
  英語情報
   https://www.wired.com/story/delorean-aerospace-flying-car/
   https://www.engadget.com/2017/08/14/delorean-aerospace-flying-car/
   
  開発会社(De Lorean Aerospace社)HP
   http://www.deloreanaerospace.com/
  
  
  動画:DR-7 全周イメージCG(6秒)
   https://youtu.be/W-luRl48t94
  
  動画:DR-7 前後のダクトファンアクションCG(33秒)
   https://youtu.be/CiUUmld85MQ
  
  動画:Back to the Future Part 2 より(3分弱)
   https://youtu.be/fCjsUxbNmIs
  

  
 ▽火星の最新事情!! 意外と厳しい極気候に 有人探査は耐えられるか?!
    
  
  火星の夜には 何が起こっているのか。そんな思いに ひとつの仮説が発表された。
  夏の夜、北極あたりでは 吹雪が発生している かもしれないという。
  
  最新の観測結果を大気シミュレーションしたところ、従来想定よりも激しい対流、
  即ち 嵐が起きているという結果だったのだ。
  
   <シミュレーション事例 激しい対流が見て取れる>
    http://www.nature.com/ngeo/journal/vaop/ncurrent/images/ngeo3008-f2.jpg
  
  これには、実際の観測結果による傍証もある。2012年、探査機が雪を降らせる
  雲を撮影している。即ち、吹雪であった可能性も高いのだ。
  
   <南極上空で二酸化炭素の雪を降らせる雲を確認>
    https://www.jpl.nasa.gov/spaceimages/images/largesize/PIA16138_hires.jpg
  
  ただ雲の高度は高く、落ちてくる水の氷粒のうち、地表まで到達できるのは、然程
  多くはないようで、雪だるまができるほどではない というコメントだ。
  
  
  これら成果は火星探査が進んだお陰だ。火星の気候シミュレーション精度が上がる
  と、有人探査にもプラス、惑星研究への寄与も大きい。未知の探求が人間の根源だ。
  
  
   <1840年の 世界初 火星マップ>
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/112100446/02.jpg?__scale=w:1190,h:673&_sh=0730e05f09
  
  
  日本語情報
   http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/082300317/   
  英語情報
   https://phys.org/news/2017-08-mars.html
   https://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2012-286
  
  当該論文アブストラクト(Nature Geoscience)link
   http://www.nature.com/ngeo/journal/vaop/ncurrent/full/ngeo3008.html
  
  
  動画:United News International 報道(1分)
   https://youtu.be/AGGH7BqtOdo
  
  動画:火星の雲(6秒 4分の動き)
   https://youtu.be/yVs9ecdDbvg
  
  動画:VOA報道 火星探査機フェニックスによる雪の発見(2分半)
   https://youtu.be/ZW2-UFrfgm4
  
  動画:火星地図の歴史(1分半)
   https://youtu.be/du-cHttM8xo
  
  動画:火星の最新地図(1分弱)
   https://youtu.be/0O1-V3AehR8
    

         
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
<発行にあたり> 
--------------------------------------------------------------------------- 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
〓                                     〓
 ◇ASTRO Sci-Tech NEWS         創刊;12.04.17 
 ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
     Advanced Science-Technology Research Organization 
     http://npoastro.wixsite.com/toppage
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/ (ブログ形式)
 ◇ご意見などは、こちらのアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
〓                                     〓 
 ◇お断り:本メールは、現在見切り発車中のメールマガジンです。体裁を整えて 
      週1回の発行を目指し努力しておりますが、当面は月1回+号外です。 
     :本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人 
      のコメントを付記した程度のものです。よって、紹介している情報の 
           正確性・信頼性は保証できません。これを読む各人の責任でのご利用 
      をお願いします。 
     :本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されておりま 
      す。従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する 
      全ての損害に関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00044)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00059)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    End 17.09.05 VOL.6-18 End 17.09.05 VOL.6-18 End 17.09.05 VOL.6-18 End 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/10
部数 49部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/10
部数 49部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング