ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.6-10 17.05.16


カテゴリー: 2017年05月16日
□━・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・━□ 
   A S T R O  S c i-T e c h  N E W S    
□━━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━━□ 
                           2017.5.16 VOL.6-10
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
┌                                    ┐ 
  宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
  ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
└                                    ┘
┌                                    ┐
  ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
       http://npoastro.blog.shinobi.jp/
└                                    ┘
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
 目 次   
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 

 ◆宇宙技術

  火星有人探査へは2ステップ?! 火星上基地より軌道上拠点の整備が先だ!!

 ◆先端技術

  老舗企画の空飛ぶクルマの販売開始?! 予約 遂にスタート!!

 ◆天文科学

  太陽活動探査の切り札は?! 進む 表面スレスレ飛行する探査機開発!!


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


 ▼火星有人探査へは2ステップ?! 火星上基地より軌道上拠点の整備が先だ!!
      
    related blog
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E9%81%82%E3%81%AB%E6%9D%A5%E3%81%9F%E7%81%AB%E6%98%9F%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%B8%E7%A4%BE%20%E7%8B%99%E3%81%86%E3%81%AF%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%8C%96%E3%81%A8
 
  月に、火星に、探査計画が目白押し。米ロッキードマーチン社が、火星軌道上に、
  探査拠点となる宇宙船基地の詳細計画を、専門家ミーティングの場で発表した。
 
   <計画を説明するトニー・アントネルリ氏 元スペースシャトルパイロット>
    https://www.gannett-cdn.com/-mm-/8dd28076bbb746535934b62910e3756671bd1cc0/c=177-0-2006-1375&r=x408&c=540x405/local/-/media/2017/03/14/Brevard/Brevard/636251095723412092-antonelli-nscfl-031417.JPG
 
  2028年までに整備するとしているのは、6名の研究者が1000日も過ごせる
  火星軌道上の宇宙船火星研究所、Mars Base Camp だ。
 
   <Mars Base Camp イメージ図>
    http://www.lockheedmartin.com/content/lockheed/us/ssc/mars-orion/_jcr_content/center_content/image.img.jpg/1488378610541.jpg
 
  大きくは左右対称、2機の宇宙船から構成される。ドッキングにより、中央部には、
  突合せ状態で、研究室と住居室が配置される。
 
   <各部の機能>
    https://futurism.com/wp-content/uploads/2017/04/Mars-Base-Camp-2.jpg
 
  中央の結合部には、近くの衛星探査に宇宙飛行士を運んでいく EXCURSION module
  (着陸船)も装備される。無人機を用いた、火星上からのサンプル確保計画もある。
  
  Mars Base Campは、火星上に有人基地を作るまで、火星を研究するのが主目的だ。
  有人基地が出来たら、火星上までのトランジット基地にも使えるだろう。
 
  更に外側には、燃料タンク・宇宙船オリオン・リビング居室・貨物室・推進装置が
  続き、太陽光発電装置やラジエターも配置、快適な環境を実現する。
 
  この Mars Base Camp までにも、各種のプロジェクトが計画され、それらの経験の
  上で2028年を迎えるが、全て現在の技術で計画され、実現性は高いとの事だ。
 
   <2028年までのプロジェクト計画>
    http://www.lockheedmartin.com/content/lockheed/us/ssc/mars-orion/_jcr_content/center_content/image_1.img.jpg/1488378619551.jpg
 
 
  勿論、火星の前には、月近傍への探査基地の設置計画もある。着実に進む宇宙探査
  に巨額費用は付き物。ビジネスにもなる派生系を生みながら、達成を見たいものだ。
 
 
  日本語情報
   http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/052300028/
  英語情報
   http://www.floridatoday.com/story/tech/science/space/2017/03/14/lockheed-martin-says-mars-base-camp-possible-2028/99123052/
   http://www.nextbigfuture.com/2017/04/lockheeds-mars-orbiting-base-proposal.html
   https://futurism.com/we-could-have-six-astronauts-in-mars-orbit-by-2028/
   http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4325692/Lockheed-Martin-says-Mars-Base-Camp-2028.html
  
  Mars Base Camp 構想書
   http://spirit.as.utexas.edu/~fiso/telecon/Jolly-Bailey_7-27-16/Jolly-Bailey_7-27-16.pdf
 
 
  動画:Florida Todayニュース報道(2分半)
   http://on.flatoday.com/2nnb0vu  
 
  動画:プロモーションCG(約1分)
   https://youtu.be/RsOvixkzZ_E
 
  動画:CNBC報道 宇宙船オリオンの開発状況(6分弱)
   https://youtu.be/sswxVtxWfo4
  
  動画:TomoNews 発射ロケットSLS・宇宙船オリオンの開発状況(7分半)
   https://youtu.be/iOIMZZ6C-7k


 ▼老舗企画の空飛ぶクルマの販売開始?! 予約 遂にスタート!!
    

  空飛ぶクルマの現実味が一段と増してきた。スロバキアのエアロモービル社が注文
  の受け付けを開始した。まず500台の受注を狙い、出荷は2020年が目標だ。
  
   <エアロモービル>
    https://cdn.prezly.com/c8/f7e550276c11e78057fb4a835b9200/AeroMobil2017_Airplane_Config_Studio_34view.jpg
  
  価格は1億3千万円からという、高級製品だ。小型機の代名詞 セスナ社の172、
  新型機価格4-5千万円に対し倍以上だが、一緒に事業を育てて欲しいという。
  
  約3分で、自動車-飛行機への変態する。離陸できる貨客重量は240kgだから
  2-3名乗りというイメージだが、現状では2シートだ。
  
   <室内イメージ>
    http://tabkul.com/wp-content/uploads/2017/04/aeromobil4_06.jpg
  
  最高速度は、自動車モードで160km/h、飛行機モードで360km/h。航続
  距離は、700km以上は大丈夫、という内容、実用性には問題はなさそうだ。
  
  エンジンは、電子制御装置も付いた最新式。4気筒水平対向、排気量2000cc、
  ターボチャージャー付きで 300馬力を誇る。
  
   <搭載予定のROTAX社エンジン>
    https://hum3d.com/wp-content/uploads/2015/02/10/20.jpg  
  
  
  今回のモデルは4.0というエアロモービル。1990年の1.0から四半世紀以上
  の歳月を掛け、いよいよ量産段階だ。老舗の企画、なんとかモノにしてもらいたい。
  
  
  日本語情報
   http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7510.php
   http://tabkul.com/?p=139097
  英語情報
   http://newatlas.com/aeromobil-flying-car-pre-order/49237/
   https://press.aeromobil.com/aeromobil-unique-limited-edition-flying-car-launched-at-top-marques-show#
  エアロモビール社について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%AB_(%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BC)
  
  
  動画:エアロモビール4.0 プロモーションCG(1分弱)
   https://youtu.be/g5wMFtawn7I
  
  動画:AP報道 トップ・マルケス・モナコモーターショー発表(2分弱)
   https://youtu.be/wnScXddcVNE
  
  動画:エアロモビール3.0 実利用評価記録(1分半)
   https://youtu.be/D86S1gK37Zw
  
  動画:エアロモビール開発中の事故(2015年 1分弱)
   https://youtu.be/nbJ5yewS-8c
 

 ▽太陽活動探査の切り札は?! 進む 表面スレスレ飛行する探査機開発!!
  
    
  太陽活動は、地球やそこで生きる生物の生存そのもの礎である。直観的な話では、
  大きなフレアーが発生すると、地球の電気インフラに大きな影響を及ぼしている。
  
  これほど大切な存在ではあるが、その活動は十分解明されていない。太陽の高温は、
  如何なるモノも寄せ付けず、望遠鏡等、遠眼観測だけでは分からないのは当然だ。
  
  事態を挽回するための計画 ソーラー・プローブ・プラス が進行中だ。いきなり、
  最近接点が太陽表面より600km、という表面スレスレの観測を行うと言う。
  
   <巨大フレア 高さ60万Kmの場合>
    -In Deep(旧)より link-
    http://oka-jp.up.n.seesaa.net/oka-jp/image/sun_earth.jpg?d=a1
   <ソーラー・プローブ・プラスのイメージ図>
    -前面の白い部分が熱防護シールド部-
    http://www.spaceflightinsider.com/wp-content/uploads/2016/08/VenusFlyby-e1470296813917-655x203.jpg
  
  太陽の大きさは地球の109倍、通常数万Kmに及ぶ大きさと言われるフレアから
  見れば、600kmは常に 炎 コロナ の中だ。1400℃近いと言う。
  
  探査機軌道は、楕円軌道。長径では1億Kmの地点となり、600kmの地点での
  速度は200km/hに達する。7年間で24周の計画だから、時間は限られる。
  
   <軌道軌跡と向き 最近接点では シールド正面>
    http://solarprobe.jhuapl.edu/Spacecraft/images/concept-of-operation.png
  
  当然、装備は万全を期す。厚さ11cmもの複合材料シールドが、計測装置を守る。
  周辺電磁場の計測、太陽風の電子・陽子・イオンの計測、各種データを収集する。
    
   <ソーラー・プローブ・プラスの詳細>  
    -実際のシールド部-
    https://3c1703fe8d.site.internapcdn.net/newman/csz/news/800/2014/140318_1_lg.jpg
    -細部説明 太陽光パネルの冷却装置もある-
    http://solarprobe.jhuapl.edu/Spacecraft/images/Anti-Ram-Facing-View-sm.png
  
  
  近年太陽活動は変化し、低活動期が続く。一方、再活性しキルショットという巨大
  フレアー発生の警戒も必要とされる。探査結果が、太陽解明に繋がる事を願いたい。
  
  
  日本語情報
   http://sorae.jp/030201/5480.html
   http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/3119/?ST=m_news
  英語情報
   https://www.universetoday.com/134803/solar-probe-plus-will-touch-sun/
  
  ソーラー・プローブ・プラスHP
   http://solarprobe.jhuapl.edu/
  太陽フレアについて
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A2
   https://www.cfa.harvard.edu/news/2017-12
  
  
  動画:WSJ報道 ソーラー・プローブ・プラス 探査イメージ(2分半)
   https://youtu.be/Xv9-IvDrLnI
  
  動画:ソーラー・プローブ・プラス噴射装置 試験風景(2分)
   https://youtu.be/1w_b7CNP6oc
  
  動画:太陽フレアの大きさと影響(3分)
   https://youtu.be/eKyJhBfP9w4
  
  動画:最近の太陽フレア(1分半)
   https://youtu.be/b0avDc48hPM
   
    
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
<発行にあたり> 
--------------------------------------------------------------------------- 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
〓                                     〓
 ◇ASTRO Sci-Tech NEWS         創刊;12.04.17 
 ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
     Advanced Science-Technology Research Organization 
     http://npoastro.wixsite.com/toppage
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/ (ブログ形式)
 ◇ご意見などは、こちらのアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
〓                                     〓 
 ◇お断り:本メールは、現在見切り発車中のメールマガジンです。体裁を整えて 
      週1回の発行を目指し努力しておりますが、当面は月1回+号外です。 
     :本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人 
      のコメントを付記した程度のものです。よって、紹介している情報の 
           正確性・信頼性は保証できません。これを読む各人の責任でのご利用 
      をお願いします。 
     :本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されておりま 
      す。従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する 
      全ての損害に関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00045)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00057)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    End 17.05.16 VOL.6-10 End 17.05.16 VOL.6-10 End 17.05.16 VOL.6-10 End 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/08/08
部数 44部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/08/08
部数 44部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング