ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.6-08 17.04.18


カテゴリー: 2017年04月18日
□━・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・━□ 
   A S T R O  S c i-T e c h  N E W S    
□━━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━━□ 
                           2017.4.18 VOL.6-08
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
┌                                    ┐ 
  宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
  ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
└                                    ┘
┌                                    ┐
  ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
       http://npoastro.blog.shinobi.jp/
└                                    ┘
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
 目 次   
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 

 ◆宇宙技術

  化学ロケットから太陽電気推進へ!! 高効率宇宙船で火星探査を制覇?!

 ◆宇宙技術

  新しい深宇宙時代に Gateway を月近傍へ!! 月は勿論 火星への拠点に!!

 ◆天文科学

  次のサンプルリターンは火星の惑星!! 世界初を狙って24年に打上げ!!


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


 ▼化学ロケットから太陽電気推進へ!! 高効率宇宙船で火星探査を制覇?!
    
    related blog 1, 2
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/80-%20related%20news%20-%20info/%E2%96%BC%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%96%8B%E7%99%BA%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%96%8B%E7%99%BA%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%84
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/80-%20related%20news%20-%20info/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%8E%A8%E9%80%B2%E6%A9%9F%E3%80%81%E6%B0%B8%E5%B9%B4%E3%81%AE%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E3%81%AB%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%81%AE%E9%81%93%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%8E%A8%E9%80%B2%E6%A9%9F%E3%81%AE
  
  月や火星が飛び交う時代、推進装置にも新技術の開発が進んでいる。これまでは、
  化学反応で推力を得るロケットだったが、これからは太陽光で推力を得るのだ。
  
  正確には、推進材として キセノン と呼ばれるガスを用いる。そのガスを太陽光
  による電磁気エネルギーで、プラズマ化して噴射する。
  
     e- + Xe0(キセノン) => Xe+ + 2e-
  
   <その仕組み>
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/2d/Wfm_hall_thruster.svg/400px-Wfm_hall_thruster.svg.png
  
   <最新の5kW ホールスラスター  XR-5A >
    http://www.satnews.com/images_upload/1662651642/Aerojet_XR-5.jpg
  
  数年前から、NASAが Aerojet Rocketdyne社(AR社) に開発委託しているが、
  その開発品を発表した。従来は1列の噴射口に対し、3列にして出力を高める。
  
   <NASA開発中の13kW ホールスラスター>
    - 噴射口は 1列(=1チャンネル) -
    http://sservi.nasa.gov/wp-content/uploads/2016/04/sep_contract_award_image.jpg
  
   <RT社開発中の100kWクラス ホールスラスター>
    - 同心円状に3重に噴射口を配置(=3チャンネル) -
    http://www.nextbigfuture.com/wp-content/uploads/2017/04/x3thruster-730x430.jpg
    - 試験中の様子 出力30kWレベル -
    https://www.nasa.gov/sites/default/files/styles/side_image/public/thumbnails/image/aerojet-x3-plume-nextstep.jpg?itok=ulWLEQJj
  
  既に、衛星制御にも用いられている技術だが、その規模・性能が段違いなのだ。
  これまでは精々が5kWだったところ、100-200kWの出力を狙う。
  
  しかも、その効率の高さは驚きだ。比推力*(specific impulse; Isp)と呼ばれる
  数値が、これまでの推進装置に比べて、圧倒的に高く 2000秒 という。
   *;単位質量の推進剤で単位推力を発生させ続けられる秒数
  
   <推進装置の飛行速度と比推力値>
    - 通常 ロケットは200-500秒 -
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c5/Specific_impulse_%28Turbojet%2CRocket%2Cetc%29.PNG/300px-Specific_impulse_%28Turbojet%2CRocket%2Cetc%29.PNG
  
  絶対的な力の大きさでは、ロケットの比ではないが、持続的推進には向いている。
  物資を火星まで持ち込むなど、数ケ月の航行を狙って開発が進む。
  
    
  太陽系にいる限り、太陽エネルギーは無尽蔵だ。それを上手く使う事が、宇宙の
  開拓を効率よく進めるコツとも言える。これからのカギとなる技術になりそうだ。
  
  
  日本語情報
   http://jp.techcrunch.com/2016/04/25/20160422nasa-invests-67-million-into-solar-electric-propulsion-for-deep-space-exploration/
  英語情報
   http://www.nextbigfuture.com/2017/04/disruptive-space-technologies-from.html
   https://phys.org/news/2016-02-hall-thruster-contender-humans-mars.html
  
  Aerojet Rocketdyne社HP(太陽光電子推進)
   http://www.rocket.com/sep
  当該論文
   https://www.researchgate.net/publication/281101539_30-kW_Performance_of_a_100-kW_Class_Nested-channel_Hall_Thruster
  比推力値について
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E6%8E%A8%E5%8A%9B
  
  
  動画:NASA 太陽光電子推進装置の紹介(3分強)
   https://youtu.be/js1r4stQbXs  
  
  動画:火星向け太陽光推進衛星のイメージCG(1分弱)
   https://youtu.be/tfz1x4ioCpc
 
  動画:NASA ホールクラスター開発の様子(2分)
   https://youtu.be/N6lPlyMUtf4
  
  動画:ホールスラスター技術解説(1分強)
   https://youtu.be/cppouvwd-vA
  
 
 ▼新しい深宇宙時代に Gateway を月近傍へ!! 月は勿論 火星への拠点に!!  
  
    related blog
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E6%9C%80%E6%96%B0%E9%8B%AD%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%EF%BC%B3%EF%BC%AC%EF%BC%B3%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%E5%85%88%E9%80%B2%E7%9A%84%E7%AC%AC%EF%BC%91%E5%8F%B7%E3%83%9F%E3%83%83
  
  ボーイング社を筆頭とするNASAのパートナー6社は、これからの宇宙開発を
  担っていく新しいコンセプトを発表した。
  
  その名も Deep Space Gateway と呼び、従来の国際宇宙ステーションから一歩先
  に進んだ印象だ。月より遠い、正に深宇宙への入り口として体制を整える基地だ。
  
  月の近くの空間に位置し、火星や月面などの更なる深宇宙に向けての経験を積み、
  結果として新しい技術の開発を促進していく基地になるのが、目指す姿だ。
  
   <Deep Space Gateway のイメージ図 フェイズ1>
    https://fsmedia.imgix.net/b1/4b/05/e2/1114/4b4c/9d8d/b36007566627/the-deep-space-gateway.png?auto=format%2Ccompress&w=700&q=70
  
  電源供給機能も有し、他の宇宙船ともドッキング、月探査へ準備する間、乗員の
  滞在も可能だ。探査基地としても機能し、長期滞在時の放射線防護も十分にある。
  
   <Deep Space Gateway のイメージ図 フェイズ2>
    https://fsmedia.imgix.net/ec/1d/11/d1/f0f0/4898/9e93/4c53f4d21f04/the-deep-space-transport.png?auto=format%2Ccompress&w=700&q=70
  
  ソーラー電気推進装置を有し、自船の位置を制御する。ロボティックミッション
  展開にも活用され、更には、宇宙船のメンテや組み立て等にも使われる見込みだ。
  
  開発中の大型ロケットシステム SLS* で、4回ほど物資輸送すれば実現する。
  2020年初頭に完成を目指し開発が進んでいる。キャパシティは4名分だ。
   *;Space Launch System
  
   <SLSのイメージ図>  
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/e/ee/Orange_tank_SLS_launch_through_clouds_-_Post_CDR.jpg/300px-Orange_tank_SLS_launch_through_clouds_-_Post_CDR.jpg
  
  
  更に将来には、火星近くへの配置も想定されており、先々の宇宙開発には大きな
  一歩となる計画だ。着実な進捗を期待したい。
  
  
  日本語情報
   http://moonstation.jp/blog/lunarexp/boeing-annouces-new-deep-space-transit-and-transport-system-for-future-moon-and-mars-missions
   http://sorae.jp/030201/2017_04_05_boeing.html
  英語情報
   https://www.inverse.com/article/29948-nasa-deep-space-gateway-transport-architectures-mars-travel
  
  SLS プレゼン資料
   http://www.boeing.com/assets/pdf/defense-space/space/sls/docs/sls_mission_booklet_jan_2014.pdf
  
  
  動画:Deep Space Gateway 連続静止画(5分半)
   https://youtu.be/hUYe84Rx-9E
  
  動画:開発中NASA宇宙船オリオンの紹介(16分強)
   https://youtu.be/DlkjMnWNjic
  
  動画:NASA 月探査への回帰(13分強)
   https://youtu.be/0n0q_Q7Em3k
  
  動画:欧州 月面基地の研究(9分弱)
   https://youtu.be/6_yIsLwI0H4
   

 ▽次のサンプルリターンは火星の惑星!! 世界初を狙って24年に打上げ!!   
    
  火星への探査衛星投入、世界初を狙うJAXA発表があった。ローバー等が投入
  されているが、意外にも探査機投入は失敗が続き、成し遂げれば世界初だ。
  
   <1998年打上げの 日本の「のぞみ」 2003年に投入断念>  
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e9/Nozomi-spacecraft-1998-artistconcept.png/300px-Nozomi-spacecraft-1998-artistconcept.png
  
  このミッションでは、火星の衛星 フォボス 或いは ダイモス に着陸、数グラム
  のサンプルを持ち帰る サンプルリターン を実施する。
  
   <フォボスとダイモス>
    - 長径:フォボス 約27km ダイモス 約16km -
    http://i.huffpost.com/gen/3053698/thumbs/o-MARS-570.jpg?4
  
  仏 国立宇宙センター(CNES)と共同事業、センサー類等の提供を受ける見込みだ。
  小惑星 イトカワ からのサンプルリターン、はやぶさ に続くプロジェクトだ。
  
   <JAXAとCNESとの調印式の模様>
    http://i.huffpost.com/gen/5230544/thumbs/o-JAXACNES-570.jpg?7
  
  2024年9月に打上げ、25年8月 火星到着、その後 3年掛けて衛星を観測、
  着陸と離陸を繰り返し、最終的にサンプル採取し、帰還は29年9月を予定する。
  
   <火星探査衛星のイメージ図>
    http://kawakatsu.isas.jaxa.jp/images/MMXimage.bmp
   <探査ルートイメージ図>
    http://www.air-cosmos.com/upload/18/pics/2017/04/paper/58ecd6cc750b0.jpeg
  
  火星の衛星を調べることで、地球や火星に水が運ばれた仕組みを探り、引いては、
  地球の生命環境が如何に作られたかを探れる。また、衛星の起源にも近づける。
  
  
  ロシアが先行する兆しもあるようだが、このサンプルリターンは、日本の十八番。
  なんとしても計画通り成功させて欲しいものだ。期待して見守りたい。
  
    
  日本語情報
   http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/10/phobos-deimos_n_15911168.html
   http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00354985.html
   http://www.jaxa.jp/press/2017/04/20170410_cnes_j.html
  仏語情報
   http://danielmarin.naukas.com/2016/06/06/mision-mmx-una-sonda-japonesa-para-traer-muestras-de-las-lunas-de-marte/
   http://www.air-cosmos.com/le-cnes-et-la-jaxa-reflechissent-a-phobos-93141
    
  
  火星探査衛星 のぞみ について
   http://www.isas.jaxa.jp/missions/spacecraft/past/nozomi.html
  JAXA 火星探査衛星(MMX:Martian Moons eXploration)HP, PDF
   http://mmx.isas.jaxa.jp/index.html
   http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/event/2016/0729_open/image/leaflet/1-3.pdf
  
  
  動画:火星探査機 のぞみ の全概要(3分)
   https://youtu.be/cQiNuVVHUqQ
  
  動画:フォボスとダイモスについて(アニメ: 2分弱)
   https://youtu.be/Pw0IZg7_4mo
  
  動画:キュリオシティが見上げるフォボス・ダイモス(30秒)
   https://youtu.be/DaVSCmuOJwI
   
  動画:はやぶさ の軌跡(13分強)
   https://youtu.be/WIZ23hke-FA
  
  
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
<発行にあたり> 
--------------------------------------------------------------------------- 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
〓                                     〓
 ◇ASTRO Sci-Tech NEWS         創刊;12.04.17 
 ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
     Advanced Science-Technology Research Organization 
     http://npoastro.wixsite.com/toppage
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/ (ブログ形式)
 ◇ご意見などは、こちらのアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
〓                                     〓 
 ◇お断り:本メールは、現在見切り発車中のメールマガジンです。体裁を整えて 
      週1回の発行を目指し努力しておりますが、当面は月1回+号外です。 
     :本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人 
      のコメントを付記した程度のものです。よって、紹介している情報の 
           正確性・信頼性は保証できません。これを読む各人の責任でのご利用 
      をお願いします。 
     :本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されておりま 
      す。従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する 
      全ての損害に関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00045)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00056)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    End 17.04.18 VOL.6-08 End 17.04.18 VOL.6-08 End 17.04.18 VOL.6-08 End 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/10/17
部数 45部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/10/17
部数 45部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング