ASTRO Sci-Tech NEWS

ASTRO Sci-Tech NEWS Vol.6-16 17.08.08


カテゴリー: 2017年08月08日
□━・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・━□ 
   A S T R O  S c i-T e c h  N E W S    
□━━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━━□ 
                           2017.8.8 VOL.6-16
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
┌                                    ┐ 
  宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
  ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
└                                    ┘
┌                                    ┐
  ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
       http://npoastro.blog.shinobi.jp/
└                                    ┘
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
 目 次   
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 

 ◆宇宙技術

  遂に 月面探査に民間プロジェクト!! 月面輸送には料金表も!!

 ◆宇宙技術

  宇宙船だけじゃない!! 開発進む 新たな生命維持装置はこれだ!!

 ◆天文科学

  月には予想以上に水がある?! 新しい分析結果は 宇宙開発を変えるかも?!


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


 ▼遂に 月面探査に民間プロジェクト!! 月面輸送には料金表も!!   
  
  
  Google Lunar X Prize。月面着陸・探査一番乗りを目指していた Astrobotic 社は、
  期限切れでレース参加を諦めたが、2年後 2019年の発射を決め 発表した。
  
   <Astrobotic社の月面着陸船 Peregrine 月面到着イメージ図>
    http://businessnewsline.com/news/images2/201707272157580000w.jpg
  
  全高1.5m、全巾 直径2.5m というサイズ。ペイロードは、現状では35kg
  となっているが、徐々に上げて175kgまでを最終目標としている。
  
  推進・着陸用ロケットは、Aerojet Rocketdyne 社の次世代型 ISE-100 を5基 搭載。
  月面着陸の他 軌道修正や軌道離脱、ブレーキ等 航行中フル活動する。
  
  打上げロケットは、United Launch Alliance (ULA) 社の Atlas V。ロシア開発の
  エンジンを積むが、打上げ成功率は非常に高く、信頼性のあるロケットとされる。
  
   <Atlas V 400シリーズ>
    http://www.ulalaunch.com/uploads/images/atlas_V_schema2.jpg
  
  打上げは、単独での発射ではなく、相乗りとなる予定だが、実は、この月面着陸船
  Peregrine の利用料金は、打上げロケット分も含め、既に決まっている。
  
  月面上への輸送は、kg当たり 1億3-4千万円。ローバーを使って配達すると、
  倍近く、2億2-3千万円程となる。
  
   <Peregrine 詳細イメージ図 横張平面板の下にローバー搭載>
    https://www.astrobotic.com/assets/peregrine-lander-26299122ae375093c04ed8f28a7af62d.png  
  
  現時点では、月面着陸・月面探査の民間1号機は、このAstrobotic社の計画となる。
  ロケット打上げビジネスについで、月面探査が民間サービスとなるのだ。
  
  
  時間が掛かるが、着実に価格も下がる。そうなると、個人目的でも月面探査の実行
  が可能だ。月面の秘密を明かしたい、スキモノ団体も名乗りを上げるかもしれない。
  
  
  日本語情報
   http://businessnewsline.com/news/201707272157580000.html
   http://japanese.engadget.com/2017/01/24/google-lunar-xprize-5/
  英語情報
   https://www.space.com/37633-astrobotic-private-moon-rover-launching-2019.html
  
  
  Astrobotic社 HP
   https://www.astrobotic.com/
  Peregrine 利用ガイド(スペック表)
   https://www.astrobotic.com/payload-user-guide
  ISE-100 開発論文
   https://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/20150016541.pdf
  
  
  動画:Peregrine プロモーションCG(1分半)
   https://youtu.be/Kkjt1YulJWE
  
  動画:Astrobotic社 X Prize 参加時のプログラム紹介(8分)
   https://youtu.be/YHo8k2IGwHE
  
  動画:Astrobotic社の自動着陸装置の評価風景(1分)
   https://youtu.be/-gw3i9f_eEE
  
  動画:Astrobotic社 着陸船 Griffin の組立風景(7分半)
   https://youtu.be/rT20htOEi6c

 

 ▼宇宙船だけじゃない!! 開発進む 新たな生命維持装置はこれだ!!
    
    related blog link
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E7%81%AB%E6%98%9F%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%89%8D%E7%B7%9A%E5%9F%BA%E5%9C%B0%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%EF%BC%AE%EF%BC%A1%EF%BC%B3%EF%BC%A1%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%A3%9B
  
  
  宇宙探査に於いて 重要システムとは何か、ロケットか 探査ロボットか。なかなか
  表舞台に出てこないが、人間が住居する環境を創り、維持するシステムだろう。
  
  即ち、これ無くては生きていけない ECLSS*(環境制御生命維持システム)だ。
  様々な計画が報道される中、このECLSSも着実に進歩しているようだ。
   *;Environmental Control and Life Support Systems
  
  まずは民間用。先頭を走る SpcaeX Doragon用は、既に評価を開始。
  通常は、建造途中に確認・評価するが、今回は モジュールを製作して評価する。
  
   <Doragon ECLSS用モジュール 全体 内側>
    http://www.spaceflightinsider.com/wp-content/uploads/2017/03/ECLSS-test-2016-11-09_129a1635_rsz-1600x1067-655x437.jpg
    http://www.spaceflightinsider.com/wp-content/uploads/2017/03/ECLSS-interior-view_rsz-1600x1600-e1490135353919.jpg
  
  例えば 密閉された室内に、酸素と窒素の人口空気を供給しながら 4時間の長時間
  評価を行っている。勿論その間、技術者はモジュールの中だ。
  
  更に、新たなシステム開発も行われようとしている。それは、民間と共同開発中の
  月軌道船や火星などの深宇宙 ディープスペース宇宙船の居室用 ECLSS だ。
  
   <新しいディープスペース探査用宇宙船のカットイメージ図>
    http://news.lockheedmartin.com/image/HabCutawayGraphic-large.jpg
  
  これまでに構造等の基本設計が完了した。次は、フルスケールで居室モジュールを
  製作する。その際、ECLSSも含め 全ての装置を開発・製作・ビルトインする計画だ。
  
   <ISS ECLSSの一部 :水再生システム>
    -尿の蒸留水、湿気の除湿回収水、使用済み水 を ろ過・浄化処理-
    http://iss.jaxa.jp/iss/ulf2/mission/payload/mplm/images/wrs.jpg
  
  
  人間は真空では生きていけない。新しい宇宙時代には、この宇宙空間で可能な限り
  軽装で活動できるよう、技術が進化・開発されるだろう。その一歩が始まっている。
  
  
  日本語情報
   http://sorae.jp/030201/2016_08_10_nasa.html
   http://businessnewsline.com/news/201707260245280000.html
   http://iss.jaxa.jp/iss/ulf2/mission/payload/mplm/
  英語情報
   https://www.nasa.gov/feature/eclss-put-to-the-test-for-commercial-crew-missions
   http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4295210/NASA-SpaceX-test-moon-mission-life-support-systems.html
   http://www.deathrattlesports.com/nasa-reveals-six-concepts-for-its-deep-space-habitat/173
   http://news.lockheedmartin.com/2017-07-20-Living-in-Deep-Space-Lockheed-Martin-to-Build-Full-Scale-Prototype-of-NASA-Cislunar-Habitat
  こうのとり後継機 HTV-Xの開発状況 pdf
   http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/071/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2017/01/27/1381512_3.pdf
  
  
  動画:Doragonの内部プロモーションCG(1分)
   https://youtu.be/xjSb_b4TtxI
  
  動画:軌道上のDoragon プロモーションCG(1分弱)
   https://youtu.be/a1EB5BQpm7w
  
  動画:NASA ISS内のECLSS紹介(4分弱)
   https://youtu.be/5f8__VvFQoQ
  
  動画:NASA NextSTEP ディープスペース宇宙船 プロモーション(1分強)
   https://youtu.be/wspXK8sd52E

 

 ▽月には予想以上に水がある?! 新しい分析結果は 宇宙開発を変えるかも?!
  
  
  太陽系の惑星や衛星には、水資源が眠っている。探査衛星などから、新しい事実が
  次々と発見されているが、身近な衛星 月もそうだった というのだ。
  
  見かけでは太陽と同じ大きさで、最も観測しやすい天体だが、望遠鏡を通した観測
  では、荒涼な砂漠に岩山が目立ち、永久影に 少し氷として留まる程度とされていた。
  
  その後、月の南極クレーターに衛星を衝突さた実験や、採取された岩石の詳細分析
  などで、水の痕跡の発見が続き、月は予想以上に水が豊富という分析がされていた。
  
   <アポロ11号採取の岩石:国立科学博物館展示分>
    http://stelo.sakura.ne.jp/img/blog/20140426ueno084.jpg
  
  そして最近の研究で、更に多くの水を保持していると分かってきた。それは、火山
  噴火で作られたガラス粒子の内部に、水を閉じ込める形で結晶化しているという。
  
  このガラス粒子の存在自体は、以前より発見されていたが、その分布が予想以上に
  広がっている事が分かってきたのだ。
  
   <ガラス粒子 直径0.1-0.2mmという微小サイズ>
    https://www.scientificamerican.com/sciam/cache/file/8D6F651D-3BA7-4C1F-B31CA8E4BD56E957.jpg?w=690&h=460&856C15F8-6817-4C5F-B073BF732CF124E2
  
   <ガラス粒子の分布分析 豊富な部分-赤・黄色>
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/072600284/01.jpg?__scale=w:500,h:232&_sh=0450910810
  
   
  月の水資源は、人類のこれからの宇宙探査のキーとなる。宇宙で水が得られれば、
  地球より運び出す必要がないからだ。生命の基は、見かけだけでは分からない。
  
  
  日本語情報
   https://www.cnn.co.jp/fringe/35104731.html
   http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/072600284/
  英語情報
   http://newatlas.com/wet-moon-interior-water/50601/
   https://www.scientificamerican.com/article/moon-once-harbored-water/
   https://legacy.gl.ciw.edu/moons_apatite_for_water
   http://www.popularmechanics.com/space/moon-mars/news/a27439/surface-water-trapped-rocks-moon/
   
  
  動画:United News International 報道(1分)
   https://youtu.be/jnku0uXTmAA
  
  動画:月面採取の岩石より水の痕跡を発見(2010年 2分弱)
   https://youtu.be/nwOmmdg5OBs
  
  動画:月面の水資源について(2013年 2分弱)
   https://youtu.be/qYW4rTrAA5I
  
  動画:NASA 月面 水資源探査ロボット開発(2分弱)
   https://youtu.be/yOh5-ZgfUKA
  
         
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
<発行にあたり> 
--------------------------------------------------------------------------- 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
〓                                     〓
 ◇ASTRO Sci-Tech NEWS         創刊;12.04.17 
 ◇ 発行人 NPO法人ASTRO 
     Advanced Science-Technology Research Organization 
     http://npoastro.wixsite.com/toppage
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/ (ブログ形式)
 ◇ご意見などは、こちらのアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com  
〓                                     〓 
 ◇お断り:本メールは、現在見切り発車中のメールマガジンです。体裁を整えて 
      週1回の発行を目指し努力しておりますが、当面は月1回+号外です。 
     :本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人 
      のコメントを付記した程度のものです。よって、紹介している情報の 
           正確性・信頼性は保証できません。これを読む各人の責任でのご利用 
      をお願いします。 
     :本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されておりま 
      す。従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する 
      全ての損害に関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。 

 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00045)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00059)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    End 17.08.08 VOL.6-16 End 17.08.08 VOL.6-16 End 17.08.08 VOL.6-16 End 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/08/08
部数 44部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ASTRO Sci-Tech NEWS

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/08/08
部数 44部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング