いまココ

川端康生メルマガ『いまココ』2017年2月3日号


カテゴリー: 2017年02月03日
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
川端康生メールマガジン Vol.17

『いまココ』 2017年2月3日号
―――――――――――――――――――――――――

◆冒頭の御挨拶

 お久しぶりです。カワバタです。みなさん、お変わりありませんか。
 前回発行が昨夏@北海道からでしたから……半年も間が空いてしまいました。夏が終わり、秋が過ぎ、大晦日を過ぎて、年が改まり、始まったと思った2017年もすでに1ヶ月が過ぎ……。
 年齢を重ねるにつれ、時間の流れを速く感じるようになるのは、分母が大きくなるから、という話を聞いたことがありますが(6歳の子供にとっての1年は6分の1だけど、52歳の大人にとっては……という話です)、最近、本当に時間が立つのが早過ぎて。僕はとてもとてもついていけません。

 と言っている間に、今年も12分の1を浪費してしまっているわけで。そう、浪費、無駄遣い。本当にダメ人間を改めないと、最後の最後に後悔しそうな。
とにかく反省しきりの52歳1ヶ月。今日から頑張ります。人生の最終日も一日一日と近づいているわけですから。

■時代は実はもう変わっているのかもしれない

 それにしてもトランプ大統領。すごいことになってます。それを伝えるメディアも、拡散するソーシャルメディアも、やっぱりすごいことになっています。
 もしかしたら、もう時代は変わっているのかもしれません。僕たちは<これまで>の続きを生きているつもりだし、<これまで>の価値観で物事を判断しようとしてしまいますが、実はもう<次の時代>が始まっているのかもしれない。

「われわれはじぶんたちの生きている現在と決して同時代にいることはない。歴史は仮面をつけて進行する。歴史は前の場面の仮面をつけたまま次の場面に登場するのだが、そうなるとわれわれはもうその芝居がさっぱりわからなくなる」(レジス・ドブレ「革命の中の革命」)

 拙著でも何度か引用したことがあるドブレの言葉です。
もう次の芝居が始まっている、そんな気がします。

■Jリーグは25年目です

 時間と時代を引きずりつつ続ければ、Jリーグ、今年で25年目です。早いですね。新しく始まったプロサッカーリーグ!と思っていたのに、もうまったく新しくない。30歳くらいの人までは、物心ついたときにはJリーグはすでにあったということです。
つまり、あって当たり前。僕らにとってのプロ野球みたいなものでしょうか。

 そして同じ文脈で、パソコンにしても、インターネットにしても、スマホにしても、僕らにとってのテレビや電話のような、と言うことができるわけで。
 同世代とだけ付き合っていると時代ばかりか社会も見失いますね。特にこの20年くらいは技術革新がいろんな分野に及んだので、変化というより、まったく別の世界が新しく生まれたようなもので。
 気をつけないと。先入観と固定観念に捉われないようにしないと。

■ベルマーレ、来年50周年です

 ベルマーレも来年、クラブ創設から50周年を迎えます。1968年、藤和不動産サッカー部として創設し……という歴史は「Yahooニュース個人」で連載中。関心のある方はぜひ。
 50周年を機に、過去と未来のために様々なことをやるべきだし、やるチャンスだと思うので、ベルマーレには真剣に、そして早目に取り掛かってほしいと思っているのですが。
 元来、そういう仕事が得意な会社ではないので、ちょっと心配。ぎりぎりになってバタバタとこなして、一生懸命とか熱い思いとか、自画自賛というか身内内誉め合いで満足してしまうには、さすがに今回はもったいないと思います。
 なんせ50年ですから。ここでやらないとクラブに関わった人はみんな死んでしまう。次チャンスはもうない。
 そのあたり、僕もこんこんと説いていくつもりですが、さて。

◆今後のカワバタの予定

 冬の間、自宅に留まっていたので、そろそろ旅の虫が騒ぎ始めています。Jリーグが始まる2月の終わりか、「3月11日」の東北行か、そのあたりから旅を再開するつもりです。
 あちこちに再会したい人もいるし、初めての人との出会いも楽しみ。
 旅に関しては、今年は海外にも行きたいなと思っています。世界の東の端っこの島国にいては感じられない「世界」を体感したいので。あ、パスポート。切れてるんでした。再発行してもらいに行かないと。

◆いつものシンプルなお知らせ

 上記のJリーグをはじめとしたスポーツ記事、「Yahooニュース個人」に掲載しています。
また来年50周年のベルマーレについては、「有料版」で「Jリーグ百年物語――ベルマーレ編」を相変わらず連載中。現在の回では、まさにJリーグに昇格するあたりです。

 カワバタのトップページはこちら↓↓
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/kawabatayasuo/


◆これで「月刊カワバタvol.17」はおしまいです。
いつもながらの不定期発行ですが、引き続きよろしくお願いします。

◆ご意見・ご感想・ご質問などは ⇒ post@teamknet.com
―――――――――――――――――――――――――
『いまココ』vol.17(2017年2月3日号)
発行者 川端康生
http://www.teamknet.com
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

いまココ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/02/03
部数 16部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

いまココ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/02/03
部数 16部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング