九雀通信

師弟奮闘


カテゴリー: 2015年09月23日
九雀です。
すっかり秋になりました。

家内・高橋まきにお囃子の弟子さんが来て、早や半年が過ぎました。
これを6回繰り返したら、噺家で言うところの年季修行が終わるわけで、周りの人間からすればあっと言う間です。

ちなみに枝雀一門は2年で年季明けでしたので、これよりもさらに短かかったのです。
但し、修行中の本人には、めちゃくちゃ長く感じられるのです。
2年でそうでしたから、3年の内弟子は相当に長く感じられたのではないでしょうか。

でもね、でもね。言い訳がましいですが、枝雀家はお内儀さん(我々はねえさんと呼びました)も内弟子経験者なので、師匠とお内儀さんのダブル教育システムです。
期間は短いですが、英才教育、短期集中講座だったと思っています。
有り難いことでした。

さて、本題に戻りまして、師匠・高橋まきと弟子・岡野鏡の師弟は、まことに良え感じで修行が進んでおります。

ここで言う「良え感じ」とは、「仲良く」でもなければ「和気藹々」でもありません。
弟子は、師匠の動作、心理にビクビクして、物を言うのにもタイミングを計っております。
師匠は、他人が我が家へ入って来たことになんとなく理不尽さを感じ、自分が思うほどキビキビしない弟子にイライラする毎日です。

そう。これぞ師弟関係です。昨日まで他人だった者同士が、疑似家族になるんです。そんなすぐになれるはずがない。
昨日まで学生だった子が、師匠の思い通りに動けるわけがない。

内弟子を置いた経験のある師匠ならわかります。内弟子になった者も、今ならわかります。
この期間を経て、うちの息子達と兄弟になり、行儀も芸もなんとか一人前になった頃、いつの間にか家族になっている。
そういうものです。

私には弟子がおりませんが、昨今の噺家の師弟関係を見ていると、師弟が仲良すぎます。
師匠が怖くなさ過ぎます。弟子さんたち伸び伸びしすぎです。関係が平等すぎます。会社の上司と部下みたいです。
それで芸が伝わるなら、とっくの昔にそうなってるはずです。
師匠・枝雀曰く「疑似親子にならないと伝わらないものがあるからこそ内弟子制度がある」
私はこの言葉を信じています。
「まき=鏡」のケースはお囃子の師弟ですが、側で見るにつけ、週1回とか通って、技術だけ習いに来ても、まぁ伝わらんかったやろなぁ、とつくづく思います。

とは言え、よく言われる言葉。
「弟子を置く師匠のほうが大変」
ほんまその通りです。
師匠のほうは、今まで考える必要もなかった「他人を受け入れる度量」を試されるわけですから。
弟子が「自分を捨てて」修行に励むのは当たり前ですが、師匠もある意味、自分を捨てないとできません。

というわけで再び、よく言われる言葉。
「弟子を取ると師匠が成長する」
当たり前です。自分を捨てるわけですから。
再び枝雀曰く「まず自分より他人を先にしなさい」
これを実践しているわけですから。

自分の時間を弟子の稽古に割きます。
自分が怠けたいと思っても弟子の手前できません。
自分が体でなんとなくわかっていることを、子どもにわかる平易な言葉で伝えないといけません。
これで成長しないはずがない。
でも弟子が来ないと、これはなかなか実践する機会は訪れません。

冒頭に「本人にとって年季修行は長く感じる」と書きました。
感じたのは事実なんですが、「そらぁ何を抜かすねん」と今の私は、10代の私を叱りたい。
「弟子」という一途そうな、美化された言葉にごまかされていますが、
つらつら考えてみるに、
勝手に押しかけて、一生食える飯の種の技術を、タダで教えて貰て、
どうかすると将来は師匠の存在すら脅かす、
そしてそれを「恩返し」なんぞという綺麗事で済ます
というとんでもない存在です。
そこまでして受け継いだ芸なのですから、自分も弟子を育てないことには、これは芸泥棒です。
いわば奨学金の未返納状態です。

と、ここまで書いて気付きました。私は今だに芸泥棒のままだったことに。
1人でも育てた人は偉いなぁ。

明日も高橋まきの奨学金返納が続きます。
鏡ちゃんが育ったら、満期。
あと2年半で完済の予定。
ガンバレ師弟。

<ツイッター>
公演情報 @hataraku_kujaku

<facebook>
「桂 九雀」の名前にて。

<ホームページ>
http://www.rakugokobo.jp/ 落語工房 

九雀通信

RSSを登録する
発行周期 月に2回程度発行します。
最新号 2017/11/01
部数 513部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

九雀通信

RSSを登録する
発行周期 月に2回程度発行します。
最新号 2017/11/01
部数 513部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング